ローディング中

Loading...

うまく作るにはちょっと気を使うハンバーグ。日本ハム「シャウエッセン」の粗みじんを入れると、プロの料理人が作るような、肉汁あふれるプリプリの粗挽きハンバーグができる!とツイッターで話題になっているんです。ウィンナーありかなしで雲泥の差!?

粗挽き感が半端ない「シャウエッセンハンバンーグ」

大好きな人も多いハンバーグ。ハンバーグのレシピには、チーズ入りや豆腐入りなど、ジャンキーからヘルシ系まで、好みや目的に合わせて数多くありますよね。でも、お肉が食べたい時に作るのなら、やはりお肉の風味いっぱいのものを食べたくありませんか?今回は、肉食系女子にも男子にもおすすめのシャウエッセン入りハンバーグについてご紹介!

ツイッターで拡散、絶品バーグレシピ

今回ご紹介するシャウエッセン入りのハンバーグは、ツイッターから拡散した口コミレシピ。「荒く刻んだシャウエッセンを、ハンバーグの種に入れると、肉汁がいっぱいにつまったおいしいハンバーグになるんだよ」といったツイートのコメントを見た女性が、実際に作ってみたところとってもおいしく、一緒に食べた旦那さんがその感想を新たにツイート。あっという間に情報が拡散し、シャウエッセン入りハンバーグファンが、一挙に増加したといいます。

ツイッター内は絶賛の嵐

シャウエッセンハンバーグの情報を得て、試してみる人は今も続々と増加中。実際に作った人の感想を見てみると、いずれも絶賛の声があがっています。ウィンナーを加えただけなのに、普段食べているハンバーグとは段違いなおいしさのようです。
ゴツゴツとした表面からも、粗挽きな食感が伝わってきます。ふたつのハンバーグの間には、ソースに混じる肉汁も見えます。甘辛なソースが絡んだ弾力のあるお肉と白いご飯。想像しただけでよだれが出てきそうです。
食感も味も絶賛している投稿者。ハンバーグの生地の所々にウィンナーのかけらが見えて、粗挽き感いっぱい。スキレットに盛られていると、なおさら鉄板焼き店のような本格度が感じられますね。
ソースをたっぷりかけたハンバーグの下には、お皿にたまるほどの肉汁が。丼に盛ったご飯の上にのっけて、肉汁ごと今すぐに口にほおりこみたい!
よく見ると、ウィンナーの粗みじんが少しはみだしているハンバーグ。投稿者の食べ応え抜群のコメントからも、プリッとした歯触りが想像できます。

肉汁洪水!シャウエッセンハンバーグの作り方

シャウエッセン入りハンバーグは、普段ご自宅で作られているハンバーグレシピにシャウエッセンのみじん切りを加えるだけ。今回は、基本的なハンバーグレシピをご紹介していますが、ご自宅で作られているハンバーグレシピにウィンナーを入れるだけで大丈夫ですよ。

材料

シャウエッセン:4本
合挽き肉:300g
玉ねぎ:2/1個
パン粉:1カップ
牛乳:大さじ2杯
塩こしょう:少々
卵:1個

作り方

1.たまねぎはみじん切りにし、透明になるまで炒めます。挽き肉はすぐに熱を通すので、玉ねぎはひき肉と混ぜる前によく冷ましておきましょう。
2.シャウエッセン4本をみじん切りにします。みじん切りの粗さはお好みで。
3.挽き肉に冷ました玉ねぎのみじん切り、パン粉、溶き卵, 塩こしょうを入れてよく混ぜせます。全体が均等になるように、粘りけが出るまで手でよくこねてください。
4.ハンバーグの種を4等分してまとめます。両手でキャッチボールするように投げあって、ハンバーグの中の空気を抜いてください。空気をきちんと抜いておくと、焼いている時にハンバーグがくずれにくくなります。
5.適量の油を熱したフライパンにひいて、ハンバーグの片面焼きます。ハンバーグの種は、焼く前に中心を少しくぼませておきます。火が弱いとお肉の中まで火が通りません。逆に強火だと焦げやすいので、火加減は中火がよいでしょう。
6.片面にこんがり焼き目がついたら、ハンバーグを裏返してフライパンに蓋をし、蒸し焼きにします。ハンバーグの中まで火が通れば完成ですが、余り長い時間焼きすぎるとハンバーグ内の肉汁がなくなってしまいます。短すぎると半生状態になってしまいますので注意してくださいね。竹串などを刺してみて、透明の肉汁が出てくればOKです。

おいしくなるポイント

・シャウエッセンは、入れすぎてしまうとハンバーグの旨味が感じにくくなってしまうので、ひとつのハンバーグにつき1本がちょうどよいそうです。

・シャウエッセンに限らず、他の粗挽きウィンナーでもおいしくできるそうです。お好みの種類で試してみてくださいね。

シャウエッセンが定番の材料に!?

いかがでしたか?ハンバーグのレシピは、豆腐入りやチーズ入り、きのこのみじん切りなど様々なものが親しまれているようですが、粗みじんにしたウィンナーを入れる作り方は、やったことがある人は少ないのではないでしょうか?
ツイッターの情報から広がっているこのレシピ、実際に作った人のコメントはどれも好評ばかりでした。これだけおいしいなら、ウィンナー入りハンバーグをリピートする人も多いでしょう。ひき肉と玉ねぎのみじん切りで作る定番のハンバーグの種に、今後は粗挽きウィンナーを入れるのが当たり前になる日がくるかもしれませんね。
手軽にアレンジできるシャウエッセン入り粗挽きハンバーグ。よかったらみなさんもぜひ、試してみてください。
▼他にも、シャウエッセンをおいしく食べる方法をご紹介しています

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 豆腐 スコーン チョコレート ホットケーキミックス

サクサク食感が楽しい、「豆腐のホワイトチョコチャンクスコーン」のレシピをご紹介します。抹茶のほろ苦さが、ホワイトチョコレートの甘さとマッチしておいしいですよ♩ホットケーキミックスを使って作るので、楽々です!

サンドイッチ パン

なんとも夢のある名前がついた「魔女のコッペパン」。埼玉県浦和にある、お持ち帰りのコッペパン専門店です。魔女が作るコッペパンとはどんなものなのか、今回はお店のこだわりや、自慢のコッペパンメニューなどを紹介いたし…

レシピ にんにく スペアリブ

下茹でして炊くだけ!「炊飯器バクテー」のレシピをご紹介します。ボリューム満点でお肉も柔らかい、おいしい料理が簡単に作れます♩にんにくがたっぷり入っているので、スタミナが足りない!という方は作ってみてはいかがで…

和食 レシピ

やさしいお出汁の味わいに心もほっこり……♩今回ご紹介する「長芋のキツネ焼き」は、子供から大人までみんなで楽しめる食べ応え抜群レシピです。油揚げのカリカリ食感と長芋のもちもち食感が一…

レシピ

ほどよい食感が残るモヤシの茹で時間は、どれくらいがよいのでしょう…?今回は、シャキシャキのおいしいモヤシにする茹で時間をご紹介!心地よい歯ごたえを残すポイントは、やはり短時間の加熱。白くキレイな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 サンドイッチ まとめ

お子様が少し大きくなって来て、ママの調理を興味津々に見ていること、ありませんか?もし、そんなお子様がいたら是非お弁当作りに誘ってみてください。自分で可愛い動物のお弁当が出来たらすごく喜んでくれますし、ママも助…

レシピ まとめ

どんな料理にも「塩分」が入っていますよね。今「減塩分」が注目されています。塩分をとりすぎてしまうと高血圧やむくみなどといった原因にも繋がるので、「減塩分」で健康で美味しい食事をしましょう☆レシピもいくつか紹介…

レシピ まとめ うどん

4月に入って新しい生活をスタートされた方も多いと思います。親御さんと離れて一人暮らしを開始した方もいるかも。そんな方でも簡単に調理できる冷凍うどんのアレンジレシピをご紹介します。何の具を入れるかによって変化が…

オムライス レシピ まとめ

オムライスはみんな大好き!ケチャップかけたシンプルオムライスはお母さんの懐かしい味♡そして進化系オムライスはひとくち食べたら驚き♪食べた人を幸せにしますよっ♡ケチャップライスの入った基本のオムライスとアレンジ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

レシピ ちくわ

ぷりっぷりのエビと、濃厚なマヨネーズソースの相性ピッタリなエビマヨ。材料となるエビが高価で、自分で作るのを敬遠しがちですが、そんなときはちくわを使って作る「ちくわエビマヨ」がおすすめです。簡単おいしいちくわエ…

サラダ 渋谷

デリバリー&テイクアウト専門店「サラド」が渋谷にオープンします。プロのシェフや管理栄養士のもと考案されたサラダは、糖質を極限まで抑えかつ満腹感を得られるのでダイエットにも最適。おいしく食べられて、しかもダイエ…

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...