ローディング中

Loading...

お酒好きには欠かせないビール。瓶、缶、生などさまざまな種類のビールがありますが、その違いって何なのか知っていますか?誰もが気になりながら、なかなか調べられることのない瓶ビールや缶ビール、そしてその他のビールについてご紹介します!

瓶ビールは缶ビールよりおいしい?

お酒が大好きな人にとって欠かせないのが「ビール」ですよね。始めの一杯は取りあえずビール、もしくは飲む時は最初から最後までビール一択、という方もいるのではないでしょうか。家で飲む際は手軽にコンビニやスーパーで購入できる缶ビールである方が圧倒的に多いと思いますが、外で飲む際には多くの場合サーバーからジョッキに注いで提供される「生ビール」と、瓶のまま提供される「瓶ビール」の選択肢がありますよね。
じつは、瓶ビールは缶ビールよりもおいしい、という説があるんです。缶と瓶、そしてお店で飲むジョッキに注がれたビールにはいったいどのような違いがあるのでしょうか?お酒の席で自慢できちゃうこと間違いなしの、ビールについての雑学をご紹介します!

違うのは容器だけ!じつは中身は同じ

主に瓶、缶、ジョッキのビールがありますが、じつは容器が違うだけでその中身は全て同じです。よくジョッキのビールは「生ビール」、瓶入りのビールは「瓶ビール」とメニューに表記しているお店がありますが、瓶に入っていても、缶に入っていても本当のところは「生ビール」なんですね。
つまり、中に入っているものは一緒でも、容器によって温度や、ガスの充填されている量の違いや、鮮度によって味は大きく変化するんです。よく勘違いされがちなのが、ジョッキのビールが一番おいしいということですが、それはサーバーが毎回しっかりと洗浄されている状態に保たれているときの話であり、しっかり洗浄されていないのであれば、瓶ビールを頼んだほうが衛生的にもおいしさの面でもずっといいのです。

缶ビールが金属臭いと感じるのはなぜ?

「缶ビールは金属臭い」と聞いたことがあるかもしれませんんが、それは大きな間違いです。ビールの容器の缶の内側は特殊な樹脂でコーティングされているため、ビールと金属が直接触れ合うことはありません。つまり、ビールから金属の味がすることはないのです。おそらく、缶から直接飲む時に唇に金属が触れる感覚によって、ビールから金属の味がするという錯覚が起こっているのだと思われます。
そう聞いても何となく缶ビールが苦手……、という方は缶から直接飲まずにグラスに注いでから飲むようにすればよいかもしれませんね。鮮度を保つために充填されたガスがほどよく抜け、炭酸の刺激が弱くなるので、金属っぽさを思い起こさせるキーンとした感覚が弱まるはずです。

味が違うように感じる原因は?

いろいろ説明されても、やっぱり飲んでみると瓶や缶、ジョッキでそれぞれ味が違う……、と思っている方はいませんか?その味の違いはどうやら瓶や缶の注ぎ口の違いにあるようです。
瓶の注ぎ口は細く、その構造上グラスに注いだ際に泡が立ちにくく、さらに炭酸ガスが抜けににくいのです。そのため、飲んだ時の炭酸の刺激を強く感じることが多いようです。一方で缶ビールは瓶に比べて注ぎ口から勢いよくビールが出てくるので、炭酸ガスが抜けやすく、飲んだ時の炭酸の刺激がやや弱く感じることが多いようです。
ちなみに、瓶ビールと缶ビールには長期保存が利くようにサーバーのビールよりもガスが多めに充填されています。そのため、グラスに注いでから少し時間をおいてガスを抜いたほうがおいしく飲めるそうですよ。

こだわるべきは銘柄よりも鮮度!

注ぎ方などの条件にこだわれば、容器に関わらず変わらないおいしさを楽しめるということが分かりましたが、ひとつだけ気を付けたいことがあります。それはビールの鮮度です。どのメーカー、銘柄も大体が「冷暗所に保存すれば9ヶ月ほどもつ」というように賞味期限を設定していますが、ビールは生ものなので、できるだけ製造年月日が近いものを選んだほうがおいしく飲むことができますよ。
鮮度を保つために気を付けたいのが保存方法ですが、暗くて涼しい場所に保存するのがベストです。直射日光に当たる場所などは絶対に避けましょう。賞味期限内であってもおいしさが一気に損なわれてしまいます。
ちなみに、ホームパーティーなどで冷えた缶を冷蔵庫から出したあとに、結局飲まずに温くなった缶をまた冷蔵庫にしまった、というのは誰もが経験のあることだと思いますが、これは2回程度であればおいしさに影響を与えることはないようです。

ちなみに生ビールとビールの違いは?

現在では瓶、缶、ジョッキとのビールはの中身はどれも同じ「生ビール」ですが、生ビールとそうでないビールの違いが何なのか気になるところですよね。まず、ビールは麦芽を酵母の力によってアルコール発酵させることから製造が始まります。この酵母を生きたままビールの中に放置すると、ビールの糖分と結びつき、アルコールと炭酸ガスに変化していきます。ビール内の糖分が無くなれば、発酵は止まり、酵母は死んでいきますが、死んだ酵母や発酵の際に出たカスはビールの中に留まり続けます。昔はそのカスが出るのを防ぐために瞬間加熱することで酵母菌を殺菌処理していたのです。
現在では冷蔵技術の発達によって加熱処理することはありません。この加熱・殺菌処理を施していないビールのことを「生ビール」と呼ぶのです。今でもビールのラベルの注意書きを見ると「加熱処理をしていません」というような但し書きがありますよ。気になる方はチェックしてみてくださいね。

知ればますますおいしくなる!

瓶ビールと缶ビールの違いはいかがでしたでしょうか?長いこと気になっていながらも調べていなかったという方も多かったのでは?何も知らないままでも充分おいしいビールですが、その秘密を知ればますますおいしく、楽しく飲めるような気がしますよね。
これまでお店では何となくジョッキビールしか頼んでいなかったという方も、ぜひ瓶ビールにトライしてみてくださいね。クリスマスパーティーや、忘年会などの場面でみんなでシェアできる瓶ビールでワイワイ盛り上がるのも楽しいですよ。値段を気にして購入している人は、たまには味の違いを比較してみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

味覚が合う人とは上手くいく、というのは恋愛や結婚においてよく言われることですが、それには明確な根拠があったんです。知れば納得の「味覚と性格」の関係をご紹介します。これからの季節は飲み会などで、話のネタとして盛…

レシピ

鮭とばってご存知ですか?北海道や東北地方の人には馴染み深い鮭を使ったおつまみです。そのまま食べたり炙って食べたり、お酒好きの人は目がない一品ですが、実は鮭とばは、お食事としても活用できる万能食材。鮭とばの食べ…

コーヒー

スターバックスイブニングスにビールにエスプレッソを注ぐ「シェイクンエスプレッソブリュー」が新発売します。こだわりのビールにバリスタが目の前でエスプレッソを注いでくれるスタイルの新感覚ビールをぜひお試しあれ!!

スイーツ お花見

神奈川県厚木市の地ビールメーカー「サンクトガーレン」から期間限定で「さくら」のビールが新発売します。本物の桜の花・葉を使用したビールなのでまるで桜餅のような風味が味わえるのだとか。ぜひお試しくださいね!

東京・世界のビール博物館に「世界三大珍味×飲み比べ」セットが登場します。キャビア、フォアグラ、トリュフそれぞれに合うプレミアムビールが楽しめる贅沢なセットは1日10食限定なので、気になる方はお早め…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート デニッシュ パン

イトーヨーカドーの「デニッシュブレッド」がとびきりおいしいデザートパンに大変身!その名も「オリジナル濃厚チョコデニッシュ」。ベルギーチョコがたっぷりと入り、しっとりとした食感になったこのパンの味わいを、発売前…

ホットドリンク

紅茶ブランド「リプトン」から、紅茶にドライフルーツ、ハーブやスパイスを入れた新たなスタイルの提案「グッドインティー」が登場しました!今回は、早くも注目を集めているこのアレンジティーの魅力をお伝えします。

ラーメン 町田 まとめ

「東京・町田市」と言えばラーメン激戦区として有名ですよね♪でも有名なだけにラーメン店がたくさんありすぎて迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?今回は「町田」で人気のラーメン店をまとめてご紹介します♡

ワイン ローストビーフ レシピ

ホテルのビュッフェなどでよく見かけるローストビーフ。あれが、自宅で作れたら食卓も華やぐだろうけど、なんだか難しそう。。。そんな固定概念を覆してくれるようなレシピがココにあります!簡単なので、来客時などに是非、…

shochang

美味しいものと映画がだーいすき。

http://blog.livedoor.jp/shichann/