ローディング中

Loading...

今回は、お菓子作りのプロが教える、本格フィナンシェの基本の作り方やアレンジレシピを紹介します。お菓子屋さんの味を、家庭のキッチンで再現してみてくださいね♩しっとりとした食感にバターの香りが、たまらないおいしさですよ!

人気の焼き菓子「フィナンシェ」

ケーキ屋さんの焼菓子売り場では、必ずといっていいほど置いてある「フィナンシェ」。紅茶やコーヒーとの相性も抜群なので、非常に人気の高い焼菓子の1つです。スーパーやコンビニのお菓子売り場に置いてあることも珍しくありませんよね。

素朴な見た目をしているので、家庭で作るのも簡単そうに見える「フィナンシェ」ですが、実は非常に奥深く、作る人の個性が出るお菓子なんです。

今回は、製菓衛生師の筆者が「フィナンシェ」のオーソドックスなレシピと作り方のコツ、料理サイトで人気の初心者向け簡単レシピやアレンジレシピを紹介いたします。

フランス生まれのフィナンシェ

「フィナンシェ」について知る上で、まずはフィナンシェの原型となった「ヴィジタンディーヌ」というお菓子についてお話しします。

中世のフランスの修道院では、ペンキの安定剤として、卵黄を使っていました。卵白がたくさん余ってしまう中で、卵白を使うお菓子がたくさん作られてきました。その1つが「ヴィジタンディーヌ」です。

「ヴィジタンディーヌ」は軽く泡立てた卵白にアーモンドプードルと焦がしバターを加えて作るお菓子で、外側はカリッと、内側はねっちりとした食感が面白いお菓子です。

「ヴィジタンディーヌ」が誕生して数百年経った19世紀後半、パリのパティシエのLanseさんがヴィジタンディーヌをアレンジしたお菓子を作りました。ヴィジタンディーヌと配合自体はほとんど変わらないのですが、卵白を泡立てずに使用し、形も金塊をイメージした形に変更しました。このお菓子は、フランス語で「金の延べ棒」を意味する「フィナンシェ」と名付けられ、現在では世界中で愛されるお菓子になりました。

マドレーヌやマフィンとは何が違う?

マドレーヌやマフィンなどのバターケーキは、バター・砂糖・全卵・薄力粉をほぼ同量使って作るお菓子です。フィナンシェとこれらのバターケーキの境界が曖昧な方も多いですよね。マドレーヌとフィナンシェとの大きな違いは、以下の3点です。

1. マドレーヌは全卵を使い、フィナンシェは卵白のみを使う

2. フィナンシェはアーモンドプードルを必ず使う
3. フィナンシェは焦がしバターを使う

これらの違いによって、フィナンシェ特有の香ばしさが生まれるんですよ。

本格フィナンシェの基本レシピ

材料

約9個分(8.5×4.2cmのフィナンシェ型)
・粉糖……75g
・薄力粉……20g
・コーンスターチ……5g
・アーモンドプードル……30g
・ベーキングパウダー……1g
・はちみつ……10g
・卵白……85g
・焦がしバター……45g

用意するもの

・フィナンシェ型
・手鍋
・ボウル×3
・茶こし
・ふるい
・ゴムベラ
・絞り袋(※なくてもOK)
・竹串 or つまようじ

下準備(焦がしバターを作る)

1. バターを火にかける
バター60gを手鍋に入れ、中火にかけます。バターの8~9割程度が茶色くなてきたら火を止めます。

2. キッチンペーパーでこす
キッチンペーパーを茶こしに引き、1をボウルにこします。こしたバターは水の入ったボウルを下に重ね、常温にしてください。

3. 計量する
レシピに使う45gを計量します。

作り方

1. 粉をふるう
粉糖、薄力粉、コーンスターチ、アーモンドプードル、ベーキングパウダーをふるって、ボウルに入れます。

2. 卵白とはちみつを加える
1のボウルの中心に卵白、はちみつを加えて、全体をゴムベラで混ぜます。

3. 焦がしバターを加える
2に準備で作った焦がしバターを加え、全体が均一になるまで良く混ぜます。

4. 生地を休ませる
3で出来た生地を1時間程度冷蔵庫で休ませます。

5. オーブンを余熱する
生地を1時間休ませたら、絞り始める前にオーブンを余熱しましょう。180度でしっかり余熱しておいて下さい。

6. 生地を型に絞る
型の8~9分目まで生地を絞り入れます。絞り袋がなければ、スプーンなどで入れてもかまいません。生地が柔らかいので、垂れないように注意してくださいね。

7. 焼成する
180度で11~12分焼成します。

8. 完成
竹串(もしくはつまようじ)を生地の真ん中にさして、何もくっつかなければ完成です。もしくっつくようでしたら、1~2分ずつ焼成時間を伸ばしてください。

ポイント

・バターの焦がし具合
フィナンシェの味の決定打となるのが、バターの焦がし具合です。今回はオーソドックスな作り方ですので、バターの黄色の色が全体の1~2割残るくらいを推奨しますが、慣れてきたらお好きな焦がし具合でやってみてください。

・生地の混ぜ方
生地はしっかりとゴムベラで混ぜるのですが、あまり混ぜすぎるとグルテンが形成されすぎるのでNGです。ボウルを回しながら、生地を切るようにさっくり混ぜ、少ない手数でしっかりと混ざるようにしてください。

簡単♩フィナンシェの人気レシピ5選

1. 卵・乳製品不使用のフィナンシェ

フィナンシェ専用の型ではなくパウンド型で作れるので、手間なく簡単!卵やバターを一切使用していないので、通常のフィナンシェよりもヘルシーに仕上がります。カロリーが気になる方におすすめですよ。

2. HMで簡単時短!3色フィナンシェ

こちらはホットケーキミックスを使用して、材料を計る手間を省いた時短レシピ。3色の色鮮やかなフィナンシェは、プレーン味、抹茶味、チョコレート味です。さまざまな味にアレンジできるので、ぜひオリジナルでも作ってみては?

3. ご飯で作るフィナンシェ

このフィナンシェはなんと五穀米入りご飯を使用したフィナンシェ!通常のしっとりとしたフィナンシェとは違い、五穀の素朴なカリカリ感も味わえるんだとか。普段とは違う食感が楽しめますよ。
アーモンドプードルの代わりにおからをたっぷりと使った、ヘルシーなフィナンシェです。一口サイズのころんとした丸い形がかわいらしいですよね。おからは食物繊維が豊富なので、ダイエット中のおやつにもよいかもしれません。

4. 米粉で作るフィナンシェ

米粉を使うことでヘルシーなフィナンシェに仕上がります。このフィナンシェは、できたてはサクッとした食感ですが、寝かせておくとバターがなじんできてしっとりするんだとか。チョコの風味も増すので、少し待ってから食べるのがおすすめです。

5.焦がしバター不要のフィナンシェ

作るのに手間がかかる焦がしバターを使わない、簡単レシピです。卵白と砂糖を混ぜ、粉類を加え、溶かしたバターを加えるだけで作れるので、あっという間に生地ができちゃいます。時短レシピを探されている方におすすめです。

技あり!フィナンシェのアレンジレシピ10選

1. 紅茶のフィナンシェ

こちらは紅茶の香りが楽しめるフィナンシェです。ティーパックを使用したレシピなので、ご家庭にあるティーパックで気軽に作ることができますね。アールグレイやダージリンなど、紅茶の茶葉を変えるだけで、さまざまな風味を堪能できます。

2. 卵・乳製品不使用のメープルフィナンシェ

外側はカリッと香ばしく、中身はしっとりした食感が味わえます。ボウルや泡立て器などを使わず、フードプロセッサーだけで作れる手軽さが魅力ですね。卵・乳製品不使用のフィナンシェなのでアレルギー対応です。

3. 抹茶のフィナンシェ

抹茶好きにはたまらないこちらのフィナンシェ。抹茶とバターの香りを存分に味わえるひと品ですよ。型に生地を流し入れるときに茶葉を真ん中に飾れば、一気におしゃれに仕上がるのでプレゼントにもぴったり!

4. ピスタチオフィナンシェ

ピスタチオ粉を使用したフィナンシェです。ピスタチオの香りを、思う存分楽しみたい方におすすめですよ。卵白をたくさん使用するので卵白大量消費をしたいときは、ぜひこのレシピで作ってみてくださいね。

5. トリスケルの3色フィナンシェ

見た目のインパクト大な、こちらのトリスケルで作ったフィナンシェ。一色の生地で焼いてももちろんきれいですが、3色使うことでさらに華やかになりますよね。型や色を変えるだけでおしゃれなフィナンシェに大変身しますよ。

6. さつまいもフィナンシェ

こちらはプレーンのフィナンシェの生地を焼く前に、バターで炒めた角切りのさつまいもと、白黒合わせた炒りごまを加えたレシピ。ごまの香りとほくほくのさつまいもがたまらないですよ!プレゼントとしてぴったりですよね。

7. くるみのフィナンシェ

炒ったくるみをトッピングして作ったフィナンシェです。くるみを乗せるだけのシンプルアレンジですが、くるみとアーモンドの王道コンビははずさないこと間違えないですね!他のナッツをのせるアレンジも面白いかもしれないです。

8. オリーブのおつまみフィナンシェ

粉チーズとオリーブオイル、ブラックオリーブを使用するフィナンシェです。塩気があるので、アルコールにぴったりです。おつまみとしてテーブルに置いたら、テーブルの上が華やかになって素敵ですよね。

9. チョコレートとオレンジのフィナンシェ

チョコレートとオレンジという、相性抜群の組み合わせをフィナンシェにしています。粉類にココアパウダーを加え、焼成前にお好みの量のオレンジピールを使用して作ります。ほろ苦いショコラフィナンシェはちょっぴり大人の味です。

10. バニラフィナンシェ

バニラビーンズを1本分使った、贅沢なフィナンシェです。バニラビーンズは粉と一緒にふるって生地に混ぜ込みます。バニラとアーモンドの香りのマリアージュ、考えただけで贅沢な気分になれる幸せな香りですよね。

プロ直伝の本格フィナンシェをご家庭でぜひ!

ちょっとしたプレゼントにお菓子を作るとき、焼菓子を選ぶことって多いですよね。持ち運びがしやすく、日持ちもし、かわいいラッピングもしやすい焼菓子は贈り物にぴったりです。

一方で、焼菓子は奥が深くおいしいものを作ろうとすると非常に難しいです。特にフィナンシェの場合、配合が同じであっても、使う原料を変えたり、バターの焦がし方を少し変えるだけでずいぶんと味が変わります。

まずはオーソドックスな作り方をしっかりと覚えてから、配合の割合を変えてみたり、オリジナルのアレンジを加えて、世界に1つだけの素晴らしい「フィナンシェ」を作ってみてください。

自分でおやつに食べるのはもちろん、ちょっと凝ったラッピングをしてプレゼントすれば、誰からも喜ばれること間違いなしですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

具だくさんな「けんちん汁」は野菜がたくさん摂れるのが魅力。今回は、けんちん汁の基本レシピや、圧力鍋を使った時短レシピ、味付けで楽しむアレンジレシピもご紹介!おいしく作るための下ごしらえのポイントも実践編で説明…

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

おやつ

生活クラブ生協が、「ひとくちだんご(みたらし)」の共同購入を開始!モチモチのおだんごで、甘辛のみたらしタレを包んだひと品です。いつでも作りたての風味が楽しめるよう、冷凍で届けられます。つやとコシのあるモチモチ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

ベジタリアンの彼と同棲を始めた20代女性から相談に対して、国際恋愛専門家のCocoさんが、ベジタリアンの彼向けに簡単につくれるヘルシーベジタリアンレシピを紹介しちゃうぞ♡

花見 お弁当 まとめ レシピ

春はお花見の季節ですが、欠かせないのが食事です。みんなでお花見をするときお弁当や料理を持ち寄るという人も多いんじゃないでしょうか?そこで、お花見のときフタを開けた途端テンションが上がるようなかわいいお弁当アイ…

パスタ レシピ まとめ

春に旬を迎える「グリンピース」。実は苦手ってひとも多い食材ですが、旬のものはやっぱりおいしいんです。そんなグリンピースをつかったオシャレでおいしいパスタのレシピをご紹介!ちょっと苦手って人も、この機会にぜひチ…

レシピ まとめ

ブログで大人気のファーマーズケイコ(Farmer's KEIKO)さん!自ら農業をして作った野菜をたっぷり使ったおかずが大人気だそうです。皆さんもファーマーズケイコさんのヘルシーレシピを参考にしてみ…

レシピ ステーキ まとめ

普段食べている野菜を一工夫で、より美味しく食べられるレシピのご紹介です。野菜ステーキの魅力は、ヘルシーなことと、調理次第で全く違う味を楽しめること!色々な野菜で試せるのでぜひ参考にしてみてください。

レシピ 和食 まとめ

炊きたてのホカホカご飯に合うおかずと言えば、やっぱり「和」のメニューが1番。人気の和食サイト『白ご飯.com』から、ご飯と相性バッチリの美味しい「和おかず」をピックアップしました!サクッとマスターして、料理の…

お弁当 レシピ まとめ

「あ〜るママ」さんは大人も子どももワクワクしてしまう、かわいいお弁当作りで人気のママブロガーさん。見てるだけで楽しい気分にさせてくれます♩凝ってるんですが作り方は意外と簡単。日頃のお弁当がワンパターンと悩みが…

レシピ まとめ 離乳食

1歳の誕生日を迎えて、生まれた頃に比べると体重は約3倍、身長は1.5倍とどんどん成長している時期。運動量が増えるので、体重はあまり増えず体は引き締まってきます。言葉も少しづつ覚えて「ママ」「パパ」など言えるよ…

スイーツ おつまみ まとめ

「薔薇」といえば華やかでゴージャスな花ですが、最近では食べられる「薔薇」を作っちゃう人が急増中♪スイーツやお料理、おつまみまでも「薔薇」の形に可愛く変身させちゃう、目にもおいしいレシピをご紹介します♡

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

バー

お酒に詳しくない人にとっては一見同じようにも思えてしまう、ウイスキーとブランデー。飲んでみれば味が違うのはもちろんですが、その違いはどこから生まれてくるのでしょうか?おすすめの飲み方も紹介しますので、ぜひ実際…

ドリンク

ジュースなどのドリンクを飲むとき、ストローから鳴る恥ずかしい音におびえていませんか?飲む前にひと工夫加えることで、音を抑えることができるんですよ。手軽に取り入れられる、ストローでスマートに飲むコツをお教えしま…

のあ

都内で普通のOLをやりながら、美味しいものを求めて日々探索中。 専...

http://twitter.com/noix0305

ページTOPに戻る