ローディング中

Loading...

フォークとスプーンでパスタをクルクル……この食べ方、一見お上品に見えますが、イタリア人から見ると小さな子どものような幼い食べ方なんだとか!イタリア人のパスタの食べ方、日本でスプーンが使われるのはなぜ?正しいフォークの使い方をお教えします。

「フォークとスプーンでパスタ」は間違い!?

右手のフォークでパスタを巻き取って、左手のスプーンで形を整えて口に運ぶ……このフォークとスプーンスタイルが、パスタの正式な食べ方だと思っている人が多いのでは?ナイフとフォークでステーキをカットして口へ運ぶように、両手を使うとお上品な気がしますよね。
しかし、パスタの本場イタリアでは、スプーンを使わないというのです!正しいパスタの食べ方について、お教えします。

イタリアでスプーンを使うのは幼児だけ

地域により使うところもありますが、一般的にイタリアではパスタを食べるときにスプーンを使いません。スプーンを使うのは、フォーク1本で上手にパスタを食べられない子どもだけなんだとか!スプーンを使うのは「大人なのにフォークを上手に使えない」ちょっと恥ずかしい感覚のようです。日本人が「箸をきれいに持てないと恥ずかしい」と考えるのと似ていますね。

17世紀頃は手づかみだった!

スプーンを使わないどころの騒ぎではありません。なんと、17世紀頃のイタリアでは、庶民はパスタを手づかみで食べていたのです!
イタリア・ナポリの伝統的なパスタ「ヴォイエロ」のパッケージには、手づかみでパスタを食べているピエロの姿がプリントされています。 当時のナポリで、パスタはファストフードとして食べられていました。路上に置かれた大きな釜で茹でたパスタを、誰もが気軽に手づかみで食べる。日本の伝統的なファストフード「寿司」とどこか似ていますね。
▼手づかみイラスト入り「ヴォイエロ」の購入はこちら
17世紀頃は手づかみだった!

出典:楽天市場

イタリア/ヴォイエロ/スパゲッティ(1.9mm)#104【500g】【常温品/全温度帯可】【D+0】

¥356

楽天市場で購入

なぜ日本ではスプーンを使うの?

フォークとスプーンを使ってパスタを食べるのは、1930年以降にアメリカから日本へ入り、広まった文化だと考えられています。「食べやすい」という理由でアメリカで使われるようになり、日本でも広まったんですね。
最近では、日本でも高級レストランを中心に、パスタ用にスプーンを出さず、フォークだけを提供するお店が増えています。テーブルの上にスプーンが出ていたとしても、それは魚料理やスープ用である可能性が高いです。必要な場合はパスタ用のスプーンを頼めば用意してくれるはずなので、遠慮せずに声をかけてみてくださいね。

日本ではパスタに箸も使う

和風の味わいのパスタで人気な「洋麺屋五右衛門」では、「本場イタリア産の食材を使った日本生まれのスパゲッティ」として、お箸で食べることをすすめています。確かに、日本人にとって馴染み深いお箸で食べられると安心しますね。しかし、お蕎麦やうどんのようにすすってしまわないかちょっと心配でもあります。

パスタの上手な食べ方

ロングパスタであるスパゲッティを、フォーク1本で美しく食べるコツをご紹介します。マスターすれば、スプーンが用意されていないお店でも安心して食べられますよ!

巻き取りスペースを作る

お皿にたっぷり盛り付けられたスパゲッティ。少しフォークで押しのけて、巻き取った麺を整えるスペースを作りましょう。スプーンの上でくるくるフォークを回して麺の形を整えていた作業を、お皿の端のスペースで行うのです。

山のてっぺんから巻き取らない

お店では、こんもりと山のように盛り付けられていることが多いですよね。山のてっぺんから巻き取ってしまいがちですが、ここはグッとガマン。山のふもとから数本ずつスパゲッティを引き出して、お皿の端っこのスペースで整えていきましょう。一度にフォークで巻き取る量を調整できるので、口に入らないほど大きなスパゲッティボールを作る心配がなくなります

すくうように斜めにフォークを差し込む

スパッゲッティーに対して垂直にフォークを差してしまうと、一度に大量の麺が巻きついてしまいます。フォークの歯の先で数本ずつスパゲッティをすくうように、斜めに差し込みましょう。

反時計回りにフォークを回すと不幸に!?

イタリアでは、反時計回りにフォークを回すと不幸が訪れるという言い伝えが信じられています。これは、反時計回りにすると、ソースがはねたときに向かいに座っている食事相手の方へ跳ねてしまうためではないかと考えられています。

イタリア式に挑戦してみては?

イタリアの人々はパスタを食べるときにスプーンを使わないとご紹介しました。しかし、元々は手づかみで食べられていたくらいですから、正しい食べ方やマナーは時が経つにつれ段々と変わっていくと言えます。
スープパスタなら、スープをすくうスプーンが必要ですよね。訪れたお店や、一緒に食事をする相手、選んだ料理、自分の食べやすさに合わせて、食べ方も選んでみてくださいね!
▼食事に関するマナーは、こちらの記事もご覧ください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ソーセージ

お弁当に朝食に人気のウインナーですが、ソーセージとの違いはご存じですか?生がソーセージ?焼いたものがウインナー?2つは同じだと思っていた方はぜひご覧ください。今回は、 それぞれの違いや、おいしいソーセージの見…

冷たくてツルツルの食感がおいしい心太(ところてん)ですが、なぜ心太と書くかご存じですか?心に太いと書きますが、心と何か関係があるんでしょうか?今回は、気になる心太の漢字の由来やその意味についてご紹介。各地によ…

レシピ

博多名物「おきゅうと」をご存じですか?こんにゃくのような見た目ですが、こんにゃくではありません。独特の食感が人気のおきゅうととは?名前の由来や作り方、味、食べ方までご紹介。知らなかった人は、食べてみたくなるか…

マスタードと辛子、どちらも辛い黄色い調味料ですが、みなさんはこの2つの違いをご存じですか?おでんには辛子、ホットドックにはマスタードが定番ですが、おでんにマスタードではダメなのか?今回は2つの違いや代用ができ…

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです( ゚д゚) 今回は、そんな自己アピー…

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

スイーツ

新商品の「スモア(S'MORE)」は、マシュマロを焼いたフローズンスモアをイメージしたアイス。こげ風味コーティング、ミルク味アイス、チョコアイス、マシュマロ風アイスの4層構造になっていて、マシュマロ…

まとめ スープ

ジュースクレンズに続いてのデトックス方法として注目を浴びているのが「スープクレンズ」なんだとか。寒い季節にぴったりのデトックスみたいですよ。どのようなものなのか、スープクレンズができるお店やレシピなどと併せて…

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...

ページTOPに戻る