ローディング中

Loading...

フォークとスプーンでパスタをクルクル……この食べ方、一見お上品に見えますが、イタリア人から見ると小さな子どものような幼い食べ方なんだとか!イタリア人のパスタの食べ方は?日本でスプーンが使われるのはなぜ?パスタの食べ方についてお教えします。

「フォークとスプーンでパスタ」は間違い!?

右手のフォークでパスタを巻き取って、左手のスプーンで形を整えて口に運ぶ……このフォークとスプーンスタイルが、パスタの正式な食べ方だと思っている人が多いのでは?ナイフとフォークでステーキをカットして口へ運ぶように、両手を使うとお上品な気がしますよね。
しかし、パスタの本場イタリアでは、スプーンを使わないというのです!正しいパスタの食べ方について、お教えします。

イタリアでスプーンを使うのは幼児だけ

地域により使うところもありますが、一般的にイタリアではパスタを食べるときにスプーンを使いません。スプーンを使うのは、フォーク1本で上手にパスタを食べられない子どもだけなんだとか!スプーンを使うのは「大人なのにフォークを上手に使えない」ちょっと恥ずかしい感覚のようです。日本人が「箸をきれいに持てないと恥ずかしい」と考えるのと似ていますね。

17世紀頃は手づかみだった!

スプーンを使わないどころの騒ぎではありません。なんと、17世紀頃のイタリアでは、庶民はパスタを手づかみで食べていたのです!
イタリア・ナポリの伝統的なパスタ「ヴォイエロ」のパッケージには、手づかみでパスタを食べているピエロの姿がプリントされています。 当時のナポリで、パスタはファストフードとして食べられていました。路上に置かれた大きな釜で茹でたパスタを、誰もが気軽に手づかみで食べる。日本の伝統的なファストフード「寿司」とどこか似ていますね。
▼手づかみイラスト入り「ヴォイエロ」の購入はこちら
http://macaro-ni.jp/37363

出典:楽天市場

イタリア/ヴォイエロ/スパゲッティ(1.9mm)#104【500g】【常温品/全温度帯可】【D+0】

¥356

楽天市場で購入

なぜ日本ではスプーンを使うの?

フォークとスプーンを使ってパスタを食べるのは、1930年以降にアメリカから日本へ入り、広まった文化だと考えられています。「食べやすい」という理由でアメリカで使われるようになり、日本でも広まったんですね。
最近では、日本でも高級レストランを中心に、パスタ用にスプーンを出さず、フォークだけを提供するお店が増えています。テーブルの上にスプーンが出ていたとしても、それは魚料理やスープ用である可能性が高いです。必要な場合はパスタ用のスプーンを頼めば用意してくれるはずなので、遠慮せずに声をかけてみてくださいね。

日本ではパスタに箸も使う

和風の味わいのパスタで人気な「洋麺屋五右衛門」では、「本場イタリア産の食材を使った日本生まれのスパゲッティ」として、お箸で食べることをすすめています。確かに、日本人にとって馴染み深いお箸で食べられると安心しますね。しかし、お蕎麦やうどんのようにすすってしまわないかちょっと心配でもあります。

パスタの上手な食べ方

ロングパスタであるスパゲッティを、フォーク1本で美しく食べるコツをご紹介します。マスターすれば、スプーンが用意されていないお店でも安心して食べられますよ!

巻き取りスペースを作る

お皿にたっぷり盛り付けられたスパゲッティ。少しフォークで押しのけて、巻き取った麺を整えるスペースを作りましょう。スプーンの上でくるくるフォークを回して麺の形を整えていた作業を、お皿の端のスペースで行うのです。

山のてっぺんから巻き取らない

お店では、こんもりと山のように盛り付けられていることが多いですよね。山のてっぺんから巻き取ってしまいがちですが、ここはグッとガマン。山のふもとから数本ずつスパゲッティを引き出して、お皿の端っこのスペースで整えていきましょう。一度にフォークで巻き取る量を調整できるので、口に入らないほど大きなスパゲッティボールを作る心配がなくなります

すくうように斜めにフォークを差し込む

スパッゲッティーに対して垂直にフォークを差してしまうと、一度に大量の麺が巻きついてしまいます。フォークの歯の先で数本ずつスパゲッティをすくうように、斜めに差し込みましょう。

反時計回りにフォークを回すと不幸に!?

イタリアでは、反時計回りにフォークを回すと不幸が訪れるという言い伝えが信じられています。これは、反時計回りにすると、ソースがはねたときに向かいに座っている食事相手の方へ跳ねてしまうためではないかと考えられています。

イタリア式に挑戦してみては?

イタリアの人々はパスタを食べるときにスプーンを使わないとご紹介しました。しかし、元々は手づかみで食べられていたくらいですから、正しい食べ方やマナーは時が経つにつれ段々と変わっていくと言えます。
スープパスタなら、スープをすくうスプーンが必要ですよね。訪れたお店や、一緒に食事をする相手、選んだ料理、自分の食べやすさに合わせて、食べ方も選んでみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

グラタン皿って使う頻度が低いわりに結構な収納スペースをとってしまい、邪魔だと思ったことはありませんか?また、ちょっとよいグラタン皿を買おうと思うと値も張ります。わざわざ買わなくても大丈夫なんです!代用品でグラ…

東京 フレンチ イタリアン 和食 中華 洋食 レストラン まとめ

恋人たちのための日・バレンタインまであと少し。今年はどんな1日にするか、もう計画を立てましたか?まだ計画をしていない!という方のために、今回は東京でバレンタインディナーを楽しめるレストラン(ホテル)を31選集…

きのこ パスタ 〆ご飯 おつまみ

お酒を飲んだ後、ちょっとお腹に入れたいことってありますよね。「でも、カロリーが気になるし……」と躊躇してしまう時は、ローカロリーな和風パスタはいかがでしょう?しめじをたっぷり使用。…

パスタ まとめ

簡単に済ませたい時はもちろん、急な来客でもパパッとできて便利なパスタ。そんなパスタですが、どのように保存していますか。今回は、パスタの正しい保存方法を用途別に詳しく紹介します。これを知ることで、いつものパスタ…

じゃがいも レシピ

じゃがいもは生でも食べられるって知っていましたか?日頃の食卓で煮物や炒め物、揚げ物はもちろん、和風、洋風問わず食べられる身近な野菜ですよね。なじみのあるじゃがいもですが、今回はじゃがいもを生で食べる方法と、お…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです…

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

イタリアン ワイン ワインバー 大阪 ミシュラン

大阪のグルメ激戦区福島にあり、ミシュランガイドに2年連続掲載されたイタリアン肉バル『MACELLERIA di TAKEUCHI』炭火焼メインのこだわり肉料理とコスパの良さで(100種類以上のワインが1杯50…

専門店

「日本には売っていないステキなフランス土産は無いかしら!?」そんな風に迷った時は フランスで大流行、しかも「日本未入荷」の身体に優しくおいしい紅茶はいかがですか?愛らしいパッケージはきっと女友達の心を「ギュッ…

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...