ローディング中

Loading...

泡醤油ってご存じですか?お醤油をメレンゲ状に泡立てた調味料の泡醤油のこと。作り方やレシピを覚えれば、使いたい分だけ素材にのせられて、お料理を丁度よい塩加減でいただけます。泡醤油の作り方や保存法まで詳しくご紹介します。

「泡醬油(あわじょうゆ)」って知ってる?

みなさんは、「泡醤油」をご存じですか?名前から想像する通り泡状のお醤油です。以前NHKで放送された「ためしてガッテン」で取り上げられて以来注目されている調味料です。お醤油が泡立つ?泡立てたお醤油なんておいしいの?気になる泡醤油についてまとめてみました。

泡醤油とは

泡醤油は、お醤油の約5倍の水を加え泡立てて作った調味料。誕生のきっかけは、京都の舞妓さんが仕事の前の食事の際に、醤油で着物を汚しては大変だろうという板前さんの心遣いから生まれたと言われています。どこの板前さんがいつ考え出したかなどの詳しい情報についてははっきりとしていないようですが、根強いおもてなし文化の中に生きる、日本人ならではの発想に感じますね。

液体醤油との違い

泡状の醤油は、かけるというよりものせる感覚で使うことができます。例えばお寿司を食べる時に、シャリ(ご飯)まで余分にお醤油がかかってしまったことはありませんか?泡醤油であれば、ネタの上にお好みの量をちょこんとのせて使うことができます。
必要な分だけ使って好みの塩加減で食べられるだけでなく、素材に添えた泡醤油はお料理のアクセントにもなります。付ける、かける、液体の醤油とは違う、のせたり、飾ったりができるんですね。

泡醤油の作り方

メレンゲのように泡立っている泡醤油はどのように作るのでしょうか。板前さんの発想から生まれたと言われている泡醤油ですが、ご家庭でも作ることができます。

材料

・醤油 10g
・水 40g
・ゼラチン 1g(お湯で溶かす)

作り方

ボウルに材料を全て入れ、2~3分泡立れば完成です。

泡立て方のコツ

アク取りに使う網じゃくしを使うと、ゼラチン入りの醤油が短時間で上手に泡立ちます。ハンドミキサーやホイッパーで泡立ててももちろん問題ありませんが、網じゃくしを使うと時短にもなり便利ですよ。

メレンゲを使った作り方

だし汁やメレンゲを加えたレシピは、口当たりや味わいをさらに上品にできるよう。お醤油と同量のだし汁でゼラチンをふやかし、醤油を加えて混ぜます。しっかり泡立てた卵白に少しずつゼラチンと合わせた醤油を加えいき、冷蔵庫で冷やしたら完成です。
すぐできるのに今までにない食感を経験できます。 作る手間がかからないとはいえ、毎日作るのは大変ですよね。 生醤油は何日くらいもつなのでしょう。 一度に食べきってしまうのが一番ですが、冷蔵庫で保存すれば3日ほどもちます。

醤油が泡立たない!どうして?

泡立たない原因はお醤油そのものにあるかもしれません。醤油に含まれる酵素がゼラチンの働きを抑えると、泡がたちにくくなります。
通常、お醤油は殺菌や発酵のために製造の段階で加熱されています。加熱すると、醤油の中に含まれている酵素が壊れてしまうのですが、 最近は酵素の働きを残したまま殺菌できる「生醤油」も出回っています。もしご家庭で生醤油を使っているのであれば、泡立たない原因は醤油の種類にあるかもしれません。
ご自宅の生醤油をそのまま活用するには、氷水にいれたボールの中で冷やしながら泡立て、酵素を活性化させないことがポイントです。

泡醤油の保存方法

泡醤油は残念ながら日持ちしません。作った分は、なるべくその日中に使ってしまうのがおすすめです。どうしても保存したい場合には冷蔵庫で2、3日保存できますが、風味やできたての泡立ちも損なっていきますので、なるべく早めに使い切ってくださいね。

泡醤油で食べたい!いつものメニューをよりおいしく

お刺身

お醤油が欠かせないおさしみ。泡醤油であれば、ちょこんとのせておしゃれに仕上げて食卓へ出せますよ。

卵かけご飯

大好きな人も多い卵かけご飯。泡醤油を使えばおしゃれな見た目に仕上がりますね。かけすぎの防止にもなりそうです。

海鮮丼

彩り豊かな海鮮丼には、角状の泡醤油をのせると泡醤油自体がアクセントに。おもてなしのメニューとしても出せそうな丼になります。

アボカドしらす

泡醤油の上にアボカドとしらすをのっければ、和食にも洋食にも似合うおしゃれな雰囲気の小鉢になります。このまま冷たいうどんにのせてもおいしいひと皿になりそうですよね。

その他、肉類にも

他にも焼肉で泡醤油とわさびを巻いて食べたり、和風ステーキにもおすすめです。普段お醤油を使っているところを泡醤油に変えたり、ほんの少しだけお醤油を足したい場合などにも便利ですよ。

おいしい泡醤油を取り寄せるには?

京の舞妓さん本舗

京の舞妓さん本舗

出典:www.amazon.co.jp

京の舞妓さん本舗 舞妓さんの泡醤油10g×5袋

¥756

Amazonで購入
だし入りの「京の舞妓さん本舗」の泡醤油。小分けタイプになっていることで使い切りやすい形。衛生面でも安心できますね。

もこもこ泡醤油(たまり醤油風味)

もこもこ泡醤油(たまり醤油風味)

出典:www.amazon.co.jp

もこもこ泡醤油(たまり醤油風味)50ml

¥500

Amazonで購入
「もこもこ泡醤油」は、ふんわりとしたやわらかな泡醤油が片手で簡単に素材にのせられます。たまり醤油風味の泡醤油はお刺身やお寿司などによく合いそうですね。

もこもこ泡醤油(ぽんず醤油)

もこもこ泡醤油(ぽんず醤油)

出典:www.amazon.co.jp

もこもこ泡醤油(ぽんず醤油)50ml

¥600

Amazonで購入
こちらは「もこもこ泡醤油」のポン酢醤油。冷やし麺や、お豆腐、お鍋、サラダなどにも応用ができそうですね。

のせたり混ぜたり、楽しめるお醤油

お料理の飾り付けとしてもたのしめる、ふわふわの泡醤油についていかがでしたか?食卓にしばしば登場するお醤油をいつもとは違う使い方ができますよ。うっかりかけすぎてしまうということも防げるので、せっかくのお料理をお好みの状態でおいしく食べられそうですよね。
和食だけでなく、アレンジ次第で洋食にも使えそうな泡醤油。ご家庭でも簡単に作ることができるので、よかったらみなさんも試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

トマト 調味料

カゴメの「トマトでパッとひと皿」シリーズから、『トマトとほうれん草のアンチョビソテー用ソース』と『トマトのピリ辛ナムル用ソース』が発売!手軽に魅力的な野菜の副菜を作れる調味料で、トマトの魅力をたっぷり堪能して…

だし 和食 レシピ

煮物や汁ものなど、和風な料理を作る際にダシとしてよく使われる「いりこ」。ところで、いりこって何か知っていますか?いりこと煮干しって違うもの?今回は、いりこだしの作り方やおすすめレシピについてお話しします。

とんかつ 和食 レシピ まとめ

とんかつを作る時、献立はどうしていますか?キャベツが定番で、おかわり自由なお店もありますね。しかし、キャベツだけでは何となく物足りない…… ひと工夫したいときにおすすめな、副菜やご飯レシピをご紹介します。…

大さじや小さじは料理するときに便利なアイテム。レシピでもよく見かけますよね。でも、大さじや小さじが家にない場合は、どれくらいの量を足したらよいんでしょう?大さじと小さじの分量の違いなど、大さじ小さじがなくても…

天ぷら 和食

天ぷらは時間が経つとしんなりしてしまって、微妙な食感に。揚げ方をひと工夫すれば、揚げたてがサクサクになるのはもちろん、食感をキープできることをご存じですか?今回は、素材別の最適な揚げ方、コツをご紹介します!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ たまご まとめ

とってもかわいい目玉焼きアート♡こんなのが朝食なんかにでてきたら、毎日が楽しくなっちゃいますね!今回はそんなかわいくて、簡単に作れる目玉焼きアートを8つご紹介します♫

レシピ まとめ

通常、21時以降の食事は太るから…と避ける方が多いと思うんですが、人気ブロガー「おおたわ歩美」さんのレシピなら、そんな心配も無用です♡働く女子のための、簡単で美味しいレシピ考案してくださっているので、その中か…

まとめ

就寝前にお腹が減って眠れない!という時は度々あると思います。ですが、カロリーのことなどが気になって食べることをためらわれてしまうことってないですか?この記事ではそんな時に「心苦しくならない」身体に優しいお夜食…

レシピ まとめ 離乳食

1歳の誕生日を迎えて、生まれた頃に比べると体重は約3倍、身長は1.5倍とどんどん成長している時期。運動量が増えるので、体重はあまり増えず体は引き締まってきます。言葉も少しづつ覚えて「ママ」「パパ」など言えるよ…

塩麹 甘酒 レシピ まとめ

今なにかと話題の酵素が豊富で旨みもたっぷりの麹。日本伝統の調味料のもとでもある麹は、体にいいとわかっていても実際どう使っていいかよくわからないという人も多いのでは?そんな麹を使った簡単レシピをご紹介いたします!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スイカ かき氷 和歌山

和歌山・三重の熊野エリアで隠れ名物として知られている「スイカ氷」。スイカ状にしたかき氷のことですが、一部では幻のかき氷ともいわれているのだとか。いったいどんなお味なのでしょう?スイカ氷の魅力や食べられるお店に…

かき氷 和菓子

今年も伊勢「赤福」から夏季限定のかき氷『赤福氷』が登場!販売期間はいつまで?大阪や名古屋、東京でも食べられる?気になる情報をまるっとチェックしておきましょう!この夏、とびきりふわふわな赤福氷で素敵な思い出をつ…

oborotyan

こんにちは。oborotyanです。 お料理は食べるのも作るのも大...

ページTOPに戻る