ローディング中

Loading...

日本人にはお馴染みの魚、「鮭」。読み方にも「サケ」と「シャケ」のふた通りあり、川で生まれて海で育ち、また川に戻って産卵をするという不思議な生態の魚です。ここでは、そんな不思議な魚、鮭の謎に迫っていきたいと思います!

「サケ」と「シャケ」?

おにぎりの具材としてもなじみ深い「鮭」。ところで、この魚の名前、皆さんはどう読んでいますか?「サケ」、それとも「シャケ」でしょうか?そして、「サケ」と「シャケ」に、何か違いはあるのでしょうか?それから、スーパーや寿司屋で目にする「サーモン」とはどこが違うのでしょうか?川で生まれて海で育ち、また川に帰って産卵をすることで知られる鮭。ここでは、身近な魚であるにも関わらず不思議がたくさんある魚、鮭の謎に迫っていきたいと思います!

「サケ」と「シャケ」の違いって?

「鮭」を「サケ」と読まれる方も「シャケ」と読まれる方もいらっしゃるでしょう。しかし、あの広辞苑に載っている読み方は「サケ」のほうです。では、なぜ「シャケ」という呼び方が存在するのでしょうか。それには諸説ありますが、以下、代表的な説を紹介していきます。

方言説

最も有力な説が、この「方言説」です。方言説とは、江戸時代に江戸弁を使う人たちが「サ行」をうまく発音することができず、「サケ」のことを「シャケ」と訛って読んだという説です。江戸弁は、関東地方に限らず、全国のさまざまな地域で話されていたことから、全国的に「シャケ」という呼び方が定着した、と考えることができるのです。

鮭の状態で呼び方が変わる説

鮭の状態で読み方を区別するという説もあります。牛を例にとっても、生きている状態は「うし」と読み、食用の状態では「ぎゅう」と読むように、その状態によって読み方を区別するのではないか、という説です。この説では、生きている状態の鮭が「サケ」で、加工されて食用にされたものが「シャケ」と読む、とされています。確かに、鮭弁当のことを「シャケベン」と言ったりすることもありますよね。

その他の説

ほかにもさまざまな説があります。例えば、鮭の語源は、アイヌ語の「シャケンベ(夏食)」からきていて、アイヌ語には「サ」と「シャ」の発音の区別がなかったため、それを聞いた和人が両方の呼び方を使った、という説です。確かに、鮭の産地といえばなんといっても北海道なので、アイヌ民族にとっても馴染み深い魚と考えると、この説も信憑性がありそうです。
また、「塩ジャケ」・「紅ジャケ」のように「鮭」の前に何か付く場合、単純にその方が呼びやすいということから、「シャケ」という呼び方が生まれたという説もあります。とりあえず、どちらかの呼び名が間違っているということではなさそうですね。

鮭とサーモンはどう違う?

呼び方は人それぞれですが、同一の魚ではある「サケ」と「シャケ」。それでは、「鮭」と「サーモン」については、どのような違いがあるのでしょうか。
実際、鮭の英語名が「サーモン(Salmon)」というだけで、鮭とサーモンはまぎれもなく同一の魚です。しかしながら、回転寿司などで寿司ネタとして使われるサーモンは、鮭ではないことがほとんどなのです。
寿司ネタとして一般的に使われているサーモンの正式名称は、「サーモントラウト(トラウトサーモン)」と言い、本来は淡水魚であるニジマスを海で養殖したものなのです。実際、鮭には「アニキサス」と呼ばれる寄生虫が多く、本来生食には適さないのです。しかし、サーモントラウトは病害にも強く、生食が可能です。そのような事情から、多くの寿司屋ではサーモントラウトを「サーモン」という略称で提供していて、見た目もまるで鮭のような艶やかなピンク色をしていることから、寿司屋の「サーモン」を鮭であると誤解している人も少なくないのです。

鮭って川魚?それとも海魚?

「サーモントラウト」が鮭であるという誤解を生んでしまうほど、サケとマスは同じサケ科の魚であり、種族としてはかなり近い生き物なですが、英語では海と川を行き来するのを「サーモン」、淡水だけに暮らすものを「トラウト」と区別していたため、日本でも前者を「サケ」、後者を「マス」と呼ぶようになりました
この海と川を行き来する鮭は、日本の川で生まれ、アメリカやロシア近くの海まで行って大きくなり、3~4年経ったら卵を産むために自分の生まれた川に戻ってきます。これを母川回帰(ぼせんかいき)といい、なんと98%のサケが自分の故郷を間違えないそうです。なぜ自分の川に戻れるのか、その仕組みにはまだ多くの謎が残されています。
そんなサケは、海水魚と淡水魚のどちらに分類されるのでしょうか。実際、生まれた場所が淡水であることから、サケは淡水魚に分類されるのです。海の中で一生の大半を過ごすにも関わらず、サケが淡水魚だなんて、ちょっと意外ですよね。

謎がいっぱい「鮭」の魅力

今回は、身近ではあるけれど謎の多い魚、「鮭」について、さまざまな観点から解説してきました。そんな鮭は、塩焼きにしても、鍋に入れても、ムニエルなどの洋食にしても、あらゆる調理でおいしく食べられる万能食材のひとつです!今度食卓に鮭が並んだときには、ぜひここで紹介した雑学を思い出してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハンバーガー おしゃれ 中目黒 目黒

2016年12月、フィッシュバーガー専門店「deri fu cious(デリファシャス)」が中目黒にオープン。ミシュラン2つ星を獲得した経験を持つ鮨職人がプロデュースする、独創的なフィッシュバーガーは必食!編…

割烹 寿司 天ぷら パイ まとめ

人気番組『ヒルナンデス!』で4人の食通有名人が、2016年で最もおいしかったお店を紹介してくれました。美食家、料理愛好家、プロのシェフが自信を持っておすすめするグルメ、気になりませんか?絶品メニューをお店の情…

スイーツ 中華

新宿・小田急百貨店に節分の日に合わせた恵方巻が約100種類も大集合!今年は、海鮮を使用した豪華な恵方巻をはじめ、スイーツや、お肉、中華、サラダなど様々な種類がラインナップ♩あなたのお気に入りはどの恵方巻?

チョコレート スイーツ パン 寿司

回転寿司チェーン「くら寿司」から1週間の期間限定で「シャリチョコパン」が登場。「シャリカレーパン」に続く「揚げたてパン」を使用した新感覚バレンタインスイーツです。食感も楽しい、お寿司屋さんならではのバレンタイ…

皆さんはカペリンという名前を聞いたことがありますか?大人から子供まで親しまれている、お酒のおつまみにもなるあの魚。あなたがいつも食べているのは、実はカペリンという魚かもしれません。今回は、カペリンの正体や食べ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート デニッシュ パン

イトーヨーカドーの「デニッシュブレッド」がとびきりおいしいデザートパンに大変身!その名も「オリジナル濃厚チョコデニッシュ」。ベルギーチョコがたっぷりと入り、しっとりとした食感になったこのパンの味わいを、発売前…

ホットドリンク

紅茶ブランド「リプトン」から、紅茶にドライフルーツ、ハーブやスパイスを入れた新たなスタイルの提案「グッドインティー」が登場しました!今回は、早くも注目を集めているこのアレンジティーの魅力をお伝えします。

八王子 ランチ まとめ パン カレー うどん

高尾山を擁し、緑豊かな丘陵地帯に囲まれている八王子。ラーメン激戦区として知られており、八王子でランチといえばラーメンを思い浮かべる人も多いと思いますが、この記事では女性どうしで行きやすいカフェなど八王子エリア…

チーズ スイーツ

kiriを使ったアイスバー「クリームチーズアイス」がおいしいと話題になっています。さっぱりとしたクリームチーズ味のアイスの中には、とろりとした濃厚なチーズソースが入っています。新鮮でクリーミーなのが特長のki…

エターナルライス

はじめまして。エターナルライスと申します。 東京都在住、美味しいも...

https://eternalrice.cookpad-blog.jp/