ローディング中

Loading...

ブイヤベースという世界三大スープのひとつをご存じですか?魚介類がたっぷり入っていて高級感のある上品なスープですが、実は家でも簡単に作ることができるのです。食べ終わったあとの締めもいろいろアレンジできて、何回も楽しめるスープなのです。

ブイヤベースをご存じですか?

ブイヤベースはトムヤムクン、フカヒレスープとならんで世界三大スープのひとつとされています。地元の魚介類を香味野菜で煮込む、フランスの寄せ鍋料理です。

南フランスのプロヴァンス地方、地中海沿岸地域の代表的な漁師料理で、始まりは漁師が商品価値のない魚たちを自家消費するために作られた料理だと言われています。17世紀に新大陸からトマトが伝来すると、食材に取り入れられたことから、トマトベースのものが多いそうです。

今回はそんなブイヤベースの基本的な作り方、いろいろなレシピ、おすすめ商品を紹介いたします。

ブイヤベースの基本的な作り方

材料

・お好みのシーフード(イカ、ムール貝、海老は必須)……適量
・セロリ、玉ねぎ、人参……半分
・にんにく……1片
・白ワイン……1カップ(200cc)
・魚のアラ……1パック
・ホールトマト缶……1缶
・水……2カップ(400cc)
・固形ブイヨン……1個
・ブーケガルニ……1袋
・タイム、ローリエ、サフラン(あれば)……適量
・オリーブオイル……少し(約30cc)
・塩こしょう、オリーブオイル、マヨネーズ……適量

1.具材の準備

にんにく、セロリ、玉ねぎ、人参を全て細かくみじん切りにします。アラは洗って適当に切り、海老は頭を残して殻を剥ぎ、ムール貝はヒモを取ってよく洗います。イカは腸を剥いで輪切りにします。ほかにも海鮮や野菜があったら下準備をしっかりしておきましょう。

鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくを炒めます。オリーブオイルはたっぷりといれてくださいね。にんにくがしっかり炒められたら、先ほど準備した、野菜・海鮮類を入れてうす茶色になるまでじっくりと炒めます。

2.材料を入れてコトコト煮込む

炒めたら鍋に白ワインを入れ煮立たせ、アルコールが飛んだらブイヨン、ブーケガルニ、サフランなどの調味料を全て入れます。ホールトマトは鍋に入れる前にザルにあけ、液状になるまで手でしっかりと潰してから入れてください。煮立ったらアクをとり、フタをしてコトコト30分ほど弱火で煮込みましょう。

3.再び煮込む

ザルを使って煮汁をこし、アラと香味野菜を除いて鍋に戻します。煮汁をこすときは、香味野菜を思い切り絞ってください。煮汁にシーフードなどを全て戻し、中火で10分ほど煮込みます。貝が開いたら弱火にして再び5分煮込みます。

4.完成

火を止めて塩コショウで味を整えたら完成です。お皿に盛ったあと、パセリをかければ彩り豊かに。お好みで、アイオリソースも添えてみてください。ますます味が上品に仕上がりますよ。

ブイヤベースの人気レシピ10選

1.タラとアサリのブイヤベース

ブイヤベースは海鮮メインですが、こちらのレシピはカレーに使うようなゴロゴロした野菜をたっぷり入れています。ほっこりとしたやさしい味に仕上がり、ブイヤベースとの相性がとてもよいです。これひとつでたっぷりと野菜、魚介類を摂取できますよ。

2.レモン塩ブイヤベース

ブイヤベースをきくと、とても手が込んでいて作るのが難しそうというイメージがあるかと思いますが、こちらのレシピはとても簡単。そしてさっぱりとしているので、暑い日、食欲のないときでも、ペロリと食べることができます。

3.白身魚とあさりのブイヤベース

トマト缶ではなくて、あえてトマトジュースを使うことによって、濃厚なコクが出ます。ジュースをうまく使うことによって、本格的なブイヤベースが家で作ることができます。素材の旨みがスープにたっぷりと詰まっていますよ。濃厚なのにくどくなくとても食べやすいです。

4.野菜ジュースでブイヤベース

野菜ジュースはセロリを入っているものを使ってください。その野菜ジュースを使うこで、味に」深みが出ます。あとはシンプルに塩で味を整えてください。最後に粉チーズをかけることによって、まろやかになり、やさしい味のブイヤベースに仕上がります。

5.圧力鍋でブイヤベース

ブイヤベースを作ると時間がかかってしまいがちですが、圧力鍋を使えばあっという間にできちゃう時短レシピに。たっぷり作っておもてなしにはもちろん、余ったらパスタ、リゾットなど、次の日にもいろいろなアレンジで楽しむことができます。

6.サバのブイヤベース

簡単にサバ缶を使っても作ることができます。ブイヤベースでは珍しいカレールーを使っているので、味にピリ辛のアクセントがあって、いつもとちょっと違う味を楽しめるのも楽しいです。サバは出汁をたっぷり吸い込むので旨みたっぷりです。

7.魚のアラから作るブイヤベース

固形スープなどは一切使わず、魚の出汁と野菜だけで使っているので、コク・深み・旨みが存分に感じられます。お店の味を家庭でも再現できますよ。魚のアラにふった塩の量で塩加減が変わるので、そのあとに入れる塩の量は味見をしながら調整してくださいね。

8.和風ブイヤベース

ブイヤベースで普通使われているのは白ワイン。そこに醤油を入れることによって、いつもとは少し違った和風のブイヤベースに仕上がります。こちらのレシピでは海老、あさりのほかに、ズッキーニもプラス。ますます食べ応えアップですね。

9.野菜ブイヨンでブイヤベース

野菜ブイヨンを使ったブイヤベースになります。野菜ブイヨンを使うと味が分離してしまいそうと思うかもしれませんが、それが意外にも魚介の味を十分に引き出してくれるので、ますます旨みがアップするのです。ほのかに香るブイヨンの香りがたまらないですよ。

10.ブイヤベースおでん

おでんはどうしてもいつも同じ味になりがち。そんな同じ味に飽きたときは、いつものおでんに少し魚介、トマト、白ワインを加えてみてください。そうするとまた違ったおでんを食べることができます。一度に2つの違った味を楽しめるおでんとはとても新しいですね。

ブイヤベースが余ったときのリメイクレシピ3選

1.リゾット

そのまま温めてチーズとご飯を入れるだけ。チーズのとろとろ具合が、出汁にも、具材にも、ご飯にもよく絡みます。残り物で作ったとは思えない本格的な味なので、次の日が楽しみになるレシピになっていますよ。

2.ファルファッレ

ファルファッレとはちょうの形をしたショートパスタのことです。ブイヤベースの残りを使えばパスタの茹でて混ぜるだけなのでとても簡単にパスタが作ることができますね。ショートパスタなので、全体によく味が絡んでいて濃厚です。

3.ブイヤベース風スープ

スープをスープにアレンジするなんて、想像もつかなかったと思います。こちらのアレンジスープはまろやかで食感もしっかりある、まるでおしゃれなレストランの前菜で出されるような高級感があります。ホームパーティーにもぴったりです。残り物と言われなければ全然わからないですよ。

ブイヤベースの素を使えばもっと簡単に

ハウス食品 ふらんす厨房 ブイヤベース

http://macaro-ni.jp/37278

出典:www.amazon.co.jp

ハウス ふらんす厨房ブイヤベース 72g×5個

¥1922

Amazonで購入
こちらを使えば簡単に極上のブイヤベースが作ることができます。こちらの商品はとてもコクがあるので、最初からしっかり出汁をとったような味になります。香りもとてもよく上品ですよ。

モランボン 地中海風ブイヤベース

http://macaro-ni.jp/37278

出典:www.amazon.co.jp

モランボン 地中海風ブイヤベース 750g×10袋

¥3780

Amazonで購入
こちらの商品はもちろん、上品なのですが、どこか懐かしく家庭の味に寄せてあるブイヤベースの素になります。素材の味をたっぷりと活かしているので主張しすぎないやさしい味にハマること間違いなしです。

ブイヤベースをお家で食べよう!

いかがでしたでしょうか。ブイヤベースは高級、上品なスープなので家ではなかなか再現できないと思われがちですが、お手軽に作ることもできます。もちろん本格的な再現もお家で可能です。具材を変えたり、ちょっと味を変えたりすることもできるので、たくさん楽しむことができます。そしてそのあとの締めも楽しみがいっぱいですよね。

ぜひこれから寒くなる季節、今年はスープにブイヤベースを仲間入りさせてみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

北海道

寒い時期になるとスーパーに並び出す、ししゃも。特に子持ちししゃもなんかは、そのまま焼いてまるごと食べるのが好き、という方も多いですよね。でも、じつはそのししゃもは偽物かもしれません!あなたの食べたそのししゃも…

アボカド おつまみ お弁当 春巻き レシピ まとめ

いまSNSでも「アボカド春巻き」がブームなのを知っていますか?熱することで、トロリとした食感が味わえるアボカドは、春巻きにしてほかの具材と一緒に味わってもおいしく、どんな素材にもマッチするすぐれものなんです。…

レシピ まとめ

非常にスリムで美しい外見のサヨリ。新鮮なものだと「刺身」や「塩焼き」にするとおいしく、とても上品で淡泊な味わいのお魚です。今回は冬から春にかけておいしくなるサヨリの栄養価やさばき方、またさよりを使った人気のレ…

大根 レシピ まとめ

大根おろしは、大根そのままで食べるときよりもプラスなことが増えることをご存じでしたか。そんな大根おろし、ただ食材につけて食べるだけではなく、いろいろな料理に使える万能の食材だったのです。今回は、人気のアイデア…

もつ鍋 レシピ まとめ

居酒屋で人気のもつ煮をおうちでおいしく作るポイントは、もつの下ごしらえを上手にすることです。圧力鍋を使えば簡単に作れますが、圧力鍋がなくても作れるんです。今回は、モツ煮の基本的な作り方や、味噌煮などのアレンジ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

暑い日は火を使わないで調理できるものや辛いもの、冷たいものを食べたくなりますよね。 そこで暑い日に食べたい簡単レシピをまとめてみました。 どれも簡単に作れて美味しそう!夏にぴったりです☆

だし 調味料 まとめ

味楽家から販売されている「幸せだし」。食品添加物も砂糖や塩などの調味料も不使用でまさに安心して食べられるだしなんです。一つ一つパックになっているので、そのまま使えてとっても便利♡今回は「幸せだし」を使ったレシ…

レシピ まとめ

味の素をはじめ、有名な食品メーカーHPでも紹介されている日本冷凍食品協会さんの「ひとくふうレシピ」中でもたったの5分で作れちゃうすぐれもののレシピをご紹介しますね。冷凍食品を上手に利用して時短でおいしく料理を…

グラタン レシピ まとめ

キャラクターや動物など、いつものグラタンにデコレーションを施した、アイデアグラタンが話題です♪誕生パーティやハロウィンなどのイベントでも活躍する可愛いグラタン、お弁当にも使えそうなプチグラタンなどをご紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

ヌテラ おやつ

今や200カ国で愛されている「ヌテラ」。日本でも密かなブームとなっていましたが、ここへ来て急速に人気が高まっています。「あの味がたまらない」「クセになる!」と評判の「ヌテラ」とは一体どういうものか、乗り遅れる…

マシュマロ レシピ まとめ トースト

ネットでも話題沸騰中の「マシュマロトースト」パンの上にマシュマロをのせて焼いたものなんだそうですが、意外に作るのが難しいらしい...おすすめのレシピをご紹介しますね。焦がさないように作る方法ってあるんでしょう…

アイスクリーム まとめ

暑くなってくると、アイスクリームが恋しくなりますね。しかしアイス・ジェラート・シャーベットって具体的に何がちがうんでしょうか?何か基準があるのでしょうかね?ということで、今回は三つの違いについてお話ししていき…

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...