ローディング中

Loading...

歯ブラシはいつ交換すればよいのでしょう。替え時って迷いますよね。みなさんはどうしていますか?3週間使用した歯ブラシの毛には、100万個以上の細菌が繁殖しているんです。想像以上の数字にビックリ!また、さまざまなリスクもあるんです。

歯ブラシちゃんと交換してる?

歯ブラシって、いつ交換すればいいんでしょうね。いつも迷います。“毎日口の中に入れるものだから、早めがいいんだろうな”とは思うのですが、タイミングがわかりません。
ずっと使っていると、バイ菌がいっぱい溜まっていそうで、ときどきブラシを熱湯にかけて殺菌しているのですが、このやり方って正しいのか正直分かりません。。。そこで、歯ブラシの買い替えどきや歯磨きしたあとの歯ブラシの保管方法などを調べてみました。

歯ブラシの替え時って?

毛先の広がり、毛の弾力

歯ブラシの開き具合によるプラークの除去率で、新しい歯ブラシを100%とすると、毛先が少し開くと80.8%、毛先が開いた状態では62.9%まで下がってしまうんです。これでは、いくら丁寧にブラッシングしてもきれいに磨けていないことになります。毛先がヘッドの台座よりはみ出して見えたら、それが取り換えのサインです。
毛の弾力もチェックするようにしてください。弾力を失った歯ブラシを使っていると、汚れを落とす力が弱まって、磨いたつもりが、口の中に汚れが残ってしまうことに。歯ブラシの弾力まで気にしている人は、どれくらいいるのでしょう。わたしもそこまで気にしていませんでした、これからは、要チェックです。

汚れ

ふだん使っているほとんどの歯ブラシは透明ですが、使っていくうちにだんだん色が変わっていきます。透明から白く濁ってきたら、交換の時期が来ている証拠です。歯ブラシの色もチェックしてみてください。

交換目安の時期は?

ふつうの歯ブラシは1ヶ月

1日3回歯磨きをする場合、ふつうの歯ブラシは1ヶ月に1回が交換の目安です。しかし、1ヶ月未満でも、先ほど書いたように毛先が開いていたら新しいものと交換してくださいね。

電動歯ブラシは約3か月

それに対して、メーカーが推奨する電動歯ブラシの交換時期は約3ヶ月です。歯に軽くあてて高速振動することにより汚れを落とすのが電動歯ブラシの特徴ですが、ヘッドの部分を強く押し付けたり、ゴシゴシこするように磨いている場合は、交換時期は短くなります。

使い続けると、こんなリスクあり!

歯周病や虫歯

毛先が広がった歯ブラシを使い続けていると、歯の隙間や奥歯などにピッタリくっつかなくなり、歯についた汚れや歯垢を全部取り除くことができません。その結果、歯周病や虫歯になってしまいます。
ちゃんと磨いているはずなのに、歯周病や虫歯になったしまったという人は、使い古した歯ブラシが原因かもしれないので、今使っている歯ブラシをチェックしてみましょう。

歯茎を痛める

毛先が広がった歯ブラシは弾力も失っているので、それを使ってブラッシングすると歯茎を痛めてしまいます。歯磨きのあとに出血したり、熱いものや冷たいものが歯にしみたりする人は、歯ブラシが古くなっているのかもしれません。力を入れてこすらなくても、古い歯ブラシで歯茎を痛めることがあるんですね。

雑菌の繁殖

口の中には300種類の細菌がいます。わたしたちが想像している以上に、口の中は汚れているんです。3週間使用した歯ブラシの毛には、100万個以上の細菌が繁殖しているといわれ、その数はトイレの水に含まれる細菌数の80倍にあたるのです。もうとんでもない数字です!清潔に保つ道具であるはずの歯ブラシで、口の中がバイ菌だらけに。口臭の原因にもなりますよ。

じつはこれも危ない?

職場でお昼ご飯のあと、歯磨きをしている人もいるかと思います。みなさん歯ブラシを携帯用のケースに入れて職場に持っていきますよね。じつは“歯ブラシケース”も危ないんです。歯ブラシをよく乾燥させてからケースに入れないと、ケースの中で菌がどんどん増えることになってしまいます。

長く使い続けるためには?

力加減

ふつうの歯ブラシの場合は、先から4~5列目が歯に触れるぐらいの力で、歯ブラシを動かしましょう。電動歯ブラシなら、ちょこんと歯の上にブラシがのるくらいです。磨き過ぎは、日本人の3人に1人といわれている知覚過敏の原因のひとつでもあります。磨いた気がしないと思うかもしれませんが、これが歯を痛めない正しい磨き方です。

きちんと洗い乾かす

歯ブラシを清潔な状態で保つには、浴室など雑菌が繁殖しやすい湿気の多いところは避けてください。使ったあとは、流水ですすぎ、しっかり水気を切って、歯ブラシの毛先が乾燥しやすいようにヘッドを上向きにして立てかけておきましょう。
家族みんなでひとつのコップに入れていると、乾燥しにくいので、それぞれ別のコップを使用するといいですね。

熱湯除菌はNG!

市販の歯ブラシの熱湯除菌はNG!です。ナイロン製の毛先が多いので、熱湯で除菌すると変質してしまいます。かえって、歯ブラシの寿命を縮めることになります。わたしがやっていた熱湯除菌はダメだったんですね。これは、今すぐにやめないといけません。

歯ブラシの選びかた

虫歯が気になる人は「ふつう」

虫歯が気になる人の口の中は、汚れが溜まりやすくなっています。効率よく汚れを取り除くには毛の硬さや毛が「ふつう」の歯ブラシを選びましょう。また、毛のカットはフラットまたは一部山ギリになっているものが最適です。

歯周病や知覚過敏の人は「やわらかめ」

歯肉炎や歯周病、知覚過敏、歯茎が柔らかい人は「やわらかめ」の歯ブラシを使ってください。また、1日3回以上歯磨きする人や時間が長い人も、歯や歯茎のダメージを防ぐために「やわらかめ」がいいですね。歯と歯茎の間を取り除くには、毛のサイズはふつうまたは細めを選びましょう。「極細毛」のほうがきれいに汚れが取れそうですが、先端が細すぎるので、かえって歯茎を痛めてしまうことになります。

歯茎が健康で、ブラッシング圧が弱め人は「かため」

歯茎が健康でブラッシングをするときの圧力が弱めの人は、「かため」の歯ブラシがおすすめです。磨いた気がしないからと、歯ブラシに圧力をかけて磨いている人が「かため」の歯ブラシを使うと、かえって歯茎を傷つけることになりますよ。

きれいな歯ブラシで虫歯や歯周病を予防

いろいろ調べてみると、“長く使っている歯ブラシってこんな汚いの?”とか、“歯の状態によって歯ブラシを選ぶほうがよい”など、知らなかったこともたくさんあります。みなさんはどうでしたか。今使っている自分の歯ブラシをもう一度見直して、清潔な歯ブラシで虫歯や歯周病を予防しましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

アイスクリーム チョコレート

ローソン限定で、森永製菓から「チェリオ大 人の濃厚ザッハトルテ」が発売中です。アイスの中には生チョコが入っており、とっても贅沢!まるでザッハトルテを食べているかのような食感と濃厚な味わいが楽しめるアイスに仕上…

まとめ

12月に入り、街中はすっかりクリスマスムード。クリスマスに向けて準備は進んでいますか?クリスマス当日に欠かせないのが「クリスマスケーキ」。今回は、味もセンスも抜群なお取り寄せクリスマスケーキをご紹介します。

アボカド おつまみ お弁当 春巻き レシピ まとめ

いまSNSでも「アボカド春巻き」がブームなのを知っていますか?熱することで、トロリとした食感が味わえるアボカドは、春巻きにしてほかの具材と一緒に味わってもおいしく、どんな素材にもマッチするすぐれものなんです。…

オムライス お弁当

子どもから大人までみんな大好きオムライス。そんなオムライスの進化形がロールオムライス。ケチャップライスを卵でくるっと巻いただけなのに、とってもキュートなオムライスなんです。いったいどんな風に作っているのか、ア…

イタリアン パスタ レシピ イタリア

春巻きのように大きな「カネロニ」は、オードブルにもメイン料理にもなるおしゃれなパスタで、パーティーメニューにもおすすめ。おうちでもカンタンに作れるんですよ。ここではイタリアで定番のレシピから、気軽に作れるアレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

もうすぐクリスマス!macaroniでは、ロッテ「ガーナチョコレート」を使ってクリスマスチョコスイーツを作り、「#手作りチョコガーナ」のハッシュタグをつけてSNSに投稿していただくキャンペーンを実施します。ぜ…

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

コカコーラファンの方、必見!最近話題を集めている「アイスコールド コカ・コーラ」は、振るだけで液体からフローズン状態に変化するという、新感覚のコーラです。衝撃的なおいしさは足を運んででも飲む価値あり!買える場…

パスタ

「パスタ」と「スパゲッティ」このふたつの言葉に疑問を感じたこと、ありませんか?違いなんてあるのでしょうか。もしあるとしたら、太さ?食感?形?分からない疑問は、解明してみましょう!違いや種類、正しい食べ方まで、…