ローディング中

Loading...

居酒屋のお通しの値段、知っていますか?全て食べ終わって、会計する際に知ることが多いですよね。「こんなに高くなるならお通しなんかなくてよかったのに……」と不満を募らせるあなたに、お通しをカットするコツをお教えします。

居酒屋のお通しをカットできる!?

居酒屋で飲んで、食べて「あぁ楽しかったね!」とお会計を済ませようとしたら、意外と高い!そんなに飲んだっけ?そんな経験、ありませんか?恥かしさをこらえて尋ねてみたら「お通し代です」。あの枝豆が500円だなんて。しかも3人分で1500円……!? 「きいてないよ!」と叫びたくなりますよね。
これまで泣く泣く支払っていたお通し代。実は、支払わなくていいケースもあるのです!今回は、お通し代の意味と、支払い問題についてお教えします。

そもそも「お通し」とは?

お通しとは、席に着いてから注文の品が提供されるまでのつなぎとして出される簡単な料理のことです。
・お客さんを席にお通ししたことを調理場に伝えました
・注文を確かに調理場へ通しました
などの意味から「お通し」と呼ばれるようになったようです。一般的に、関東では「お通し」、関西では「突き出し」と呼ぶことが多いようです。
注文の品がくるまでお客さんを待たせないためのおもてなしの心から生まれた文化です。揚げ物や焼き物は時間がかかるので、作り置きしてしっかり味がしみた煮物などを出してもらえるとうれしいですよね。「これがうちの味です!」と、お店からお客さんへ自己紹介する場でもあります。
明治時代以前の日本では、お客さんから「こんな料理が食べたい」と希望を伝え、お店の方がお客さんの身なりなどを見て品物を出す習慣があったのです。

「席代」の側面

もともとは「おもてなしの心」から生まれたお通しですが、現在では「席代」「チャージ料」として出されていることが多いです。料理のわりに値段が高くなりやすいのはこのため。一般的に、お会計額の1割程度になることが多いようです。
チェーン店の居酒屋をはしごする際、1軒目のお店でしっかり食べたり飲んだりしていると、2軒目のお店では料理もお酒もあまり頼まないことが多いですよね。長時間場所を取るのに注文が少ないお客さんも多いので、お通し代を取ることで売り上げのバランスを保っているのです。

お通しの相場は?

お通しの相場は300〜500円と言われています。会計額の1割程度と考えるとわかりやすいですね。まれに1000円を超えるお通しを出すお店もあるそうですが、何の説明も受けないまま出された料理に1000円以上支払うのはちょっと悔しいですよね。さらに高額なお通しを知らずに食べていたら……と考えると恐ろしくなります。

複雑な思いを抱える人も多い…。

格の高い割烹や、行きつけのお店では満足のいく料理やサービスを期待できることから、お通しを楽しみにしている人も多いようです。しかし、チェーンストアの居酒屋をはじめとした一部のお店では、お通しに対して複雑な思いを抱えている人も少なくないのです。
板前さんとカウンター越しにお話しできるお店では「食べられない食材はないですか?」と聞いてくれることが多いですよね。しかし、すべてのお客さんに同じようにお通しが提供されるお店では、苦手な食べ物の入った料理に遭遇することも多いのです。
さらに、お店によっては「席料」や「チャージ料」と一緒にお通し代まで二重に取っているところも。会計の際に、明細はよく確認したいですね。

外国人のお客さんもお通しにびっくり!

説明を受けないまま無料のサービスだと思ってお通しを食べてしまった外国人客とお店同士のトラブルも発生しています。日本では飲み水が無料で提供されたり、ポケットティッシュが路上で配られたりしているので、安心して食べてしまうようです。
オリンピックに向けて、これからさらに海外からのお客さんも増えるはず。サービスについては、誰にでもはっきりわかるように説明してほしいですね。

法律的には支払わなくてもいい!

値段もわからず、運ばれるままに食べたお通し……。代金は支払わなければいけないんでしょうか?
法律的には、お店の格式やサービスに見合った席代であれば、お店側は「お通し代」として請求することできます。逆に言えば、単純に料理の代金として請求されても、前もって値段を知らされていなかったなら払わなくてもよいのです。

食べた瞬間、契約成立

ただし、これはお通しを食べていない場合の話。お通しを食べた瞬間、お店と客同士で契約が成立してしまいます。お通し代を支払いたくない場合は、料理が提供される前に断っておきましょう。これを巷では「お通しカット」と呼びます。
お店によっては希望を聞いてくれるところもありますが、カットできないお店もあります。席代を払うのに納得がいかないお店であれば、別のお店に変えることをオススメします。気持ち良く席代、サービス料を支払いたいたいと思えるようないいお店が見つかるはずです。

「お通し」をやめるお店も

最近では、お通しを出すこと自体やめるお店や、お通しにも代金が発生することを前もって説明するお店、数種類の中から好みのお通しの品を選べるお店も増えています。前もって値段が分かっていれば安心ですよね。注文していないお料理が運ばれてきたときは、確認してみてください。

納得いかなかったら店員さんへ

お店の個性や心遣いが感じられるようなお通しなら、その先のお料理やお酒にも期待ができますよね。最近では、お皿に盛られた柿ピー、切っただけのきゅうりなど「これがお通し?」とがっかりしてしまうような「お通し」も多く見られるようになりました。値段のわからない料理、注文していない料理にはよく気をつけながら、お店選びを楽しみましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パスタ

警視庁の災害対策課の「水漬けパスタ」のナポリタンレシピが話題を呼んでいます。水漬けパスタといえば、水に漬けたパスタを茹でる調理法ですが、今回はなんと「茹で」の工程は一切カット!災害時に、限られた水、ガスで作れ…

中目黒 お花見 イタリアン フレンチ スイーツ カフェ 和食 居酒屋 まとめ

寒い季節が終わりを迎え始めたときに、最初に楽しめるイベントといえばお花見。都内で特に人気があるスポットは、川沿いに桜並木が広がっている目黒川ですよね。今回は、目黒側沿いの桜を眺めることができるお店を20選ご紹…

お弁当 まとめ

時間も費用も抑えたいときにおすすめのもやし。今回は、時短や節約に繋がるもやしレシピをご紹介します。お弁当にぴったりのレシピを参考にして、パパッ簡単にお弁当のおかずを作りましょう。ナムルやサラダなど、気になるレ…

日本人にとってお正月に飾る鏡餅はおなじみの風物詩となっていますね。でも鏡餅はいつまで飾ればよいかなど正確な知識を持っていない方が多いようです。その秘密を解き明かします!合わせて意味や由来、飾り方についてもお伝…

レシピ

七草粥は1月7日に食べる習慣がありますが、それはどうしてかと考えたことはありますか?日本人なら知っておきたい七草粥の由来や歴史を改めて確認してみましょう。そしてこれを参考に、ぜひご家庭でも七草粥を作ってみてく…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

まとめ お茶

紅茶大好き!という方も多いと思いますが、ダージリンにはファーストフラッシュとセカンドフラッシュがあるそうです。二つにはどのような違いがあるんでしょうか?味の違い、収穫の時期などについて説明していきたいと思いま…

納豆 東京 池尻大橋 定食

目黒区の池尻大橋にある「納豆工房せんだい屋」。店内のイートインスペースでは納豆の食べ放題や納豆ビビンバ丼、納豆そばなどバリエーション豊かな納豆料理を味わうことができます。特に納豆好きは必見のお店です。

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...

ページTOPに戻る