ローディング中

Loading...

あなたは湯船派?それともシャワー派?「日本酒風呂」が女性たちの間で今、たった一度で絶大な効果が期待できると注目を集めています。その名の通りコップ2杯の純粋な日本酒を湯船に入れて、ゆっくり浸かるだけの入浴方法。どんな効果があるのでしょうか!?

日本酒風呂って知ってる?

あなたは毎日湯船に浸かりますか?
もしあなたがシャワーオンリー派だとしたら、今日帰宅したら蛇口をひねってお湯をためてください。なぜなら、保湿・美白・血流アップ・デトックス効果にすぐれた「日本酒風呂」がとにかくすごい、と話題を呼んでいるからです。
厳しい真冬の寒い夜を乗り切る「日本酒風呂」って、一体どんなお風呂?果たして、どんな効果があるのでしょうか。

日本酒風呂とは

今回の主役「日本酒風呂」とは文字通り37〜38度の湯船に、日本酒を入れたお風呂のこと。以前から日本酒は美肌・健康に効果が高い美容アイテムとして、注目を集めていました。
現在は、日本酒をとじ込めたフェイスパックや化粧水の販売も徐々に増えつつあります。とは言え、「あぁ。日本酒で全身ケアできたらな……」なんて、はがゆい思いをしていた女性も多くいるはず。そんな状況での「日本酒風呂」の登場は、もはや自然の流れと言えるでしょう。

日本酒風呂の効果

デトックス効果

血管を広げる働きを持った、「アデノシン」という成分が多く含まれています。湯船に浸かると、アデノシンが体内に入って血管を拡張。血液の量が多くなって体が温まるといつも以上に汗をかくため、要らない老廃物が排出されデトックス効果が期待できるんです。

血行促進

ワインの10倍を誇る豊富なアミノ酸には、新陳代謝を活発にする働きがあります。代謝があがれば、体についてしまった余分なぜい肉を燃やしてエネルギーに変えてくれるから、やせ体質に。さらに、代謝の低下で起こるひどい肩こり、腰痛、手足の冷えからも解放される日はそう遠くはないはず。

美白効果

清酒に含まれる「α-エチルグルコシド(αEG)」には、シミやくすみのもととなるメラニン色素の定着を抑える働きがあります。また、コラーゲンづくりにアプローチして、ハリ・弾力に満ちた肌へ導いてくれるんです。日本酒風呂に入れば、美白・美肌両方を手に入れられるかも。

日本酒風呂のやり方

それでは、実際に日本酒風呂を作って入ってみましょう。日本酒さえあれば、あとは浴槽にお湯が溜まるまで待つだけ。浴槽に溜めたお湯に、コップ2杯分の日本酒を入れてよく混ぜたら、ゆっくりと浸かってリラックスしましょう。

どんな日本酒を使えばいいの?

日本酒風呂として使うときは、「純米酒」がベスト。この純米酒とは、米と米こうじ、そして水のみを使って作られたピュアなお酒のことです。日本酒風呂の効果を高めるためには、よりよいものを使ってください。
ちなみに純米酒の金額は、900円〜8,000円前後とわりと相場にばらつきがあります。飲む用と日本酒風呂用で、うまく使いわけるといいでしょう。

どれくらいの頻度で入ればいいの?

1週間に一度のペースが理想です。感激のあまり毎日入りたい気持ちもわかりますが、肌が慣れて効果が薄れてしまう可能性があります。純粋な米と米ぬかで作られた日本酒を使って、さらに高い効果を実感するためにはおこなう頻度がとても大切。

妊婦さんは入って平気?

妊婦さんは入っても大丈夫なのでしょうか?調べたところ、日本酒を飲むわけではなくあくまで入浴剤として浸かるだけなので、特別何か問題があるわけではなさそうです。
ただ、気になる場合は控えたほうがいいかもしれません。とは言え、日本酒風呂は底知れないパワーを秘めているから、どうしても入りたくなるときもあるでしょう。その日の体調、気分とよくよく相談して決めるのもありだと思いますよ。

酔ったりしない?

もともとアルコールが弱い方の場合は、少量からスタートするといいかも。湯気でアルコールの匂いが立ちこめて、気分が悪くなってしまう場合も考えられるからです。
日本酒風呂は、少量でも効果があると言われているので、心配な場合はコップ半分くらいの量からスタートしてみては?

日本酒風呂は、あなたの冬のパートナー

ほんの少しの量でもデトックス・血行促進・美白効果が期待できる「日本酒風呂」は、1週間に1回おこなうだけで驚くほどの効果を実感できる斬新な入浴方法。これから寒さが厳しくなる冬を迎えるうえで、あなたの心強いパートナーとなってくれることでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

美容と健康におすすめの夏野菜「モロヘイヤ」。アラビア語で「王様だけのもの」という意味をもつモロヘイヤは、まさに王様が独り占めしたくなる高い栄養価を誇ります。その効能は女性に嬉しいものばかり。選び方や保存方法、…

バナナ レシピ

毎日食べているという人も多い身近なフルーツの代表「バナナ」。手軽に食べられて腹持ちが良いので、忙しい日の朝ごはんとしても重宝しますよね。今回はそんなバナナの嬉しい栄養と効能についておさらい!簡単レシピもご紹介…

くるみ レシピ

秋に旬を迎えるナッツ類の中でも、特に人気の高いくるみは小粒ながら高栄養!特に良質オイルやビタミンEなど美肌作りや生活習慣病予防にうれしい栄養が豊富です。そのまま食べるのはもちろん、デザートやお料理にも幅広く使…

納豆 卵かけごはん まとめ

日本食といえば、納豆ですね。今回はそんな納豆を15選し、ランキング形式でご紹介します。あなたのお気に入り納豆は、何位にランクインしてるでしょうか。まだ、お気に入りの納豆が見つかっていないあなたは、この機会にぜ…

おしゃれ

みなさんは「フレーバー」というと何を思い浮かべるでしょうか。また、正しい意味をご存知でしたか?今回は、フレーバーの意味とフレーバーと名の付く飲み物、またそのレシピまでフレーバーについてをまるごとご紹介。今日か…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

台湾 韓国料理 食べ歩き アジア料理

海外旅行が好きな方、食べることが好きな方、ぜひご注目を!このたびmacaroniでは、「DeNAトラベル」の協力を得て、韓国「明洞屋台」&台湾「夜市」の2大食べ歩きエリアを特派員として取材してきてくださる記者…

ファミレス ビュッフェ

サイゼリヤに「朝食ビュッフェ」があるって知っていましたか?なんと一部の店舗で限定の食べ放題を実施しており、店舗によってはレギュラーメニューにはない納豆や味噌汁などの和食メニューも楽しめるのだとか。これはぜひ行…

いちご スイーツ ケーキ

「雪苺娘」の見た目は大きな大福のような、もちもちとした白い求肥にいちごをまるごと1個とほどよい甘さの生クリームをくるんだ和洋折衷のおいしさが楽しめるスイーツ。冬の風物詩として、毎年食べている人もいるのではない…

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。