ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

手に入りやすく身近な野菜「じゃがいも」。メインにもサイドメニューにもなって使いやすいですよね。ホクホク感をいかしつつ、甘辛い味でコーティングした「じゃがいもの煮っころがし」のレシピをご紹介します。ビールが止まらなくなること間違いなし!

「強火で一気に」が上手に作るコツ!

煮っころがしは、普通の煮物と違って強火で仕上げるのがおいしさのポイントです。通常、煮物はじっくりと弱火で煮込んで中まで味を浸透させますが、煮っころがしはちょっと違います。

細かな火加減や味の調整がいらず、ダイナミックに作れるんです!一気に仕上げるので、料理初心者さんにもおすすめですよ。

じゃがいもに甘辛い味をまとわせて、じゃがいも本来のほくほく食感を楽しむのが煮っころがしの醍醐味です!きれいな照りが出るので見栄えもよく、食卓のレパートリーにぜひ加えて欲しいひと品です。

出来たてのホクホクした煮っころがしを食べて、お酒でキュッと喉を冷やすと最高ですよ!

『じゃがいもの煮っころがし』の作り方

分量(2〜3人分)

じゃがいも(煮崩れしづらいメークイン等)500g
サラダ油 小さじ1
A 水 200cc
A 醤油 大さじ3
A みりん 大さじ2
A 砂糖 大さじ1
A 酒 大さじ1
じゃがいもは、メークインなどの煮崩れしづらいものを使用しましょう。なるべく小ぶりのものを使用すると形を切りそろえる手間が省けます。

作り方

①じゃがいもは皮をむいて一口サイズに切りそろえ、水に5分ほどさらす。
水にさらしてデンプンを流すことで、煮崩れ防止になります。
②水にさらし終えたじゃがいもは、ザルにあけて水気を切る。
③鍋にサラダ油を熱し、強火でじゃがいも全体に油がまわるように転がし炒める。
④全体に、軽く焼き色がつくまで炒める。
予め焼くことで、じゃがいもの表面に皮膜ができ煮崩れしづらくなります。
⑤Aの調味料を加えて、ひと煮立ちする。
強火で鍋のなかの温度が上がっているので、調味料を入れてすぐに煮えます。
⑥アルミホイル等で落し蓋をし、強火で7〜8分煮る。
調理器具によって加熱時間は調整してください。終盤に汁気が一気に減るので、焦げないように様子を見ましょう。また、5分ほど経過した時点で一度様子を見て、煮汁が足りない場合は水を50ccほどさしてください。
⑦落し蓋を外し、火を止め全体に残りの煮汁をからめる。

出来たてホクホクを頬張って♩

じゃがいもの煮っころがしは、和食の王道メニューですよね。日本酒や焼酎に合う、おつまみにもなります。

また、じゃがいものホクホク食感が楽しめる「煮っころがし」。甘辛い味付けとじゃがいものホクホクとした食感がたまりません。素朴でやさしい味わいが、なんだかホッとしますよ。

煮物と違って一旦冷まして味を染み込ませる必要がなく、出来たてをすぐ楽しめるのもいいですよね。どうぞ、熱々をお召し上がりください。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

白菜 おつまみ

白菜は加熱調理が多いですが、生のシャキシャキとした食感も楽しめる食材です。お漬物よりも簡単な、ほんのり紫色に染まった「白菜のゆかり和え」にするのはいかがですか?今回はさっぱりとした味わいのスピードおつまみレシ…

白菜 ミルフィーユ おつまみ

冬になってくると食べたくなる鍋。そのなかでもミルフィーユ鍋は見た目も豪華なのでいいですよね。今回はレンジで簡単に作れるミルフィーユ鍋風の「白菜と鶏ひき肉の重ね蒸し」のレシピをご紹介します。1/4カットの白菜と…

白菜 おつまみ

冬に欠かせない野菜「白菜」。でも、結構使い切れなくて持て余しちゃうんですよね。今回は、そんな白菜を大量消費もできる「白菜と油揚げの煮物」レシピをご紹介します!クタッとするまで煮た白菜に、甘じょっぱい味が染み込…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

カクテルは名前を見ても見当が付かないものがチラホラあると思いませんか?「カシスオレンジ」ならカシスとオレンジ。「カンパリソーダ」だったらカンパリとソーダ。とすぐわかるのですが、問題は「モスコミュール」や「スプ…

お弁当 サンドイッチ まとめ

お子様が少し大きくなって来て、ママの調理を興味津々に見ていること、ありませんか?もし、そんなお子様がいたら是非お弁当作りに誘ってみてください。自分で可愛い動物のお弁当が出来たらすごく喜んでくれますし、ママも助…

アレンジレシピ お弁当 まとめ たまご

「玉子焼き」はお弁当の人気者。。。しかし、最近なんだか慣れ合いになってきてはいないですか?そんな時はサッと一手間。ちょっとの工夫でいつもの玉子焼きがお洒落に変身☆そんな玉子焼きのレシピをご紹介します♪

レシピ ゼリー まとめ

マシュマロはヨーロッパではのどの痛みや胃腸の炎症を抑える効果があるとして薬として使われていたんですって。そんなスーパーフードのマシュマロには美肌効果もありダイエット中のおやつにも最適!マシュマロを使ってゼリー…

鶏肉 レシピ まとめ ランチ 親子丼

とろっとろの卵の親子丼、個人的にはもう大好きでして。外で食べるより家でつくって食べるほうが好きなんですけども、皆さんアイディアいっぱいに親子丼をアレンジしていますよ。変幻自在の卵ゆえ、いろんな親子丼があります…

レシピ まとめ パンケーキ

今、あのパンケーキで有名なbillsのレシピをおうちで再現することがプチブームになっています。しかも、ただ再現するだけでなく自分好みのアレンジを加え、ちょっとだけオリジナリティを出しています。紹介する中からお…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

みなさん、岡山名物「ひるぜん焼きそば」はご存知ですか?あのB-1グランプリでゴールドグランプリを受賞した人気ご当地グルメです。今回はそんな「ひるぜん焼きそば」のルーツや歴史、作り方や食べられるお店など詳しくご…

レシピ

「チャービル(セルフィーユ)」というハーブをご存知ですか?知らない方も「ケーキの上にのっている緑の葉っぱ」と聞けばピンとくるのでは?ケーキの上のチャービルを食べる人は少ないと思いますが、実は効果効能バッチリで…

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/