ローディング中

Loading...

連載:「まかない飯」有名レストランの味をご家庭で

お店スタッフ専用まかない飯をなんと500円で食べられるイベント「anまかないフェス」が、中野で11月10日(木)〜13日(日)の4日間開催中。普段食べられない秘密のメニューが勢ぞろいで、初日から大賑わいです!全店のまかない飯をご紹介します!

15店舗のまかないがワンコイン!「an まかないフェス」開催中!

今大注目の人気店のまかない飯が食べられる「an まかないフェス」が2016年11月10日(木)〜11月13日(日)の4日間、開催中!全15店舗のまかないが、なんとワンコイン500円で食べられるお財布にも嬉しいイベントなんです!
飲食の魅力を知って、飲食店で働いてほしいという願いを込めてバイト情報紙anを発行するインテリジェンスが企画。
今回初日に潜入してきたので、各店舗のまかない飯を一挙ご紹介!また、イベントの応援団長であるフォーリンデブはっしーさんへもインタビューしてきましたよ。どれもおいしいまかない飯にお腹も大満足!

ロメスパバルボア「豚キムチ焼きナポリタン」

「ロメスパバルボア」といえば、極太麺を使った焼きナポリタンで有名な人気店。そんなお店でスタッフが食べているというまかないは、その焼きナポリタンに豚キムチを混ぜ合わせた、まさにガッチリ系フードを絵に描いたような一品です。
とにかく食べ応えがすごい!量よりも風味の強さが満足感をもたらします。豚肉&キムチという存在感の強い食材を使いながらトマトの風味も十分に生かしていて、焼きナポリタンとしてしっかり成立させているあたり、本当にさすが。
ほかでは味わえないだろうこの味と香り、このイベントに足を運ぶすべての人に体験してほしいと思います。

モンスーンカフェ「モンスーン丼」

エスニック料理ブームの先駆けになったといわれる「モンスーンカフェ」。そんなお店のまかないは、グリーンカレーとガパオという代表的なエスニック料理をあい掛けにした一品。
まずはカレーとガパオをそれぞれ別に食べてみたのですが、どちらも結構辛い!ガパオはとにかくスパイシーで、肉々しい食感。カレーは思ったよりも塩気が強く、ふたつを混ぜるとかなりインパクトのある風味となりました。
本来ひとつしか味わえないものを同時にいただくという贅沢感は、このモンスーン丼だからこその魅力といえそう。エスニック料理好きなら、これは試すしかないのでは。

マンゴツリー「マンゴツリー特製生米麺のタイ汁そば」

微笑みの国タイのバンコクに本店を構えるマンゴツリーの「タイ汁そば」は、もちもちツルツルした麺が特徴。タイでは「クイッティオ」と呼ばれるお米で作られた自家製生米麺を使用しており、思わず喉に詰まりそうなくらいツルツルしているそうです。
「そうです。」と前の行を切ったのは、売り切れで手に入らず、実食できなかったから。本当にすごい行列ができていたんです……。せっかく並んだので、残っていた「トムヤムスープ」を購入。いや、こちらもとってもいい味でした。
海老の出汁にレモングラスとパクチーの香りが漂うスープはタイ料理独特な味わいで、口の中だけタイにいるかのよう。ピリ辛でありながら、アサリの出汁の甘さがあって、レモングラスの酸味が心地いい。甘・辛・酸の絶妙なバランスに、やみつきになりそうでした。

格之進「格之進メンチのレタスバーガー」

「格之進」といえば、肉フェスで4連覇を果たして殿堂入りした名店。今回のイベントで食べられるのは、人気メニューであるメンチカツを使ったまかないです。
実はこれ、女性スタッフの一人が、「糖質オフしたいから」考案したんだそうで、ヘルシーな点にも注目したいところ。メンチのどっしりとした食べ応えをレタスのさっぱりとした風味がやわらげていて、味のバランスも取れています。
カロリーは気になるけれど、お肉が!揚げ物が食べたい!という女性ならではの願いに最大限答えてくれる一品といえそうです。

ビオディナミ「釜揚げしらすのペペロンチーノ」

首都圏に6店舗、九州に1店舗を展開する「ビオディナミ(BIODYNAMIE)」からは、豪快な盛り付けのパスタが登場。箱に入っているのでちょっとわかりづらいかもしれませんが、中身はペペロンチーノと、その上に乗せられたたっぷりの釜揚げしらすです。
釜揚げしらすの自然な塩気とペペロンチーノのニンニクの香り……こんな組み合わせは初めてでしたが、驚くほどの相性のよさ。生パスタのモチモチとした食感も楽しく、食欲をそそる香りにうながされて、あっという間に箱を空にしてしまいました。

オーギャマンドトキオ「炙り牛タン塩焼きそば」

独創的なフレンチで知られる「オーギャマンドトキオ」からは、塩焼きそば。「フレンチでどうして焼きそば?」と思う方もいるかもしれませんが、オープンキッチンでの鉄板料理は同店で食事をする魅力のひとつ。その鉄板を使った焼きそばというのは、然もありなんというまかないなんです。
その味のレベルはさすがのひと言。上に乗せられた牛タンはやわらかく、それを炙ることでサクッと軽い食感まで与えています。ひと口かじった瞬間、きっと多くの人が「こんなの初めて!」という感動を味わうはず。
焼きそばには塩昆布とねぎが和えられていて、そんな牛タンに負けない上品さ。熱々でおいしいのは当然ですが、冷めてもおいしい、食べ飽きない焼きそばでした。

肉山「肉山のまかない29カレー」

カレーなんてどこで食べても一緒でしょ?なんて思ったあなた、思い違いもはなはだしい!肉山のまかないカレーはひと味、いやふた味、いやいや3味は違うんです。
吉祥寺にある赤身肉専門店の「肉山」は、半年以上先まで予約が埋まっているという大人気店。そんな肉山で出されているというまかないは、柔らかく煮込んだ牛肉がゴロゴロ入った、コクたっぷりの超贅沢カレーなんですよ。そのとろけるような肉の食感、豊かすぎる旨みは、一度食べたらやみつきになるはずです。こんなおいしい料理をまかないとして食べられるなんて、従業員がうらやましい!
ちなみに、こちらの肉山では、DJKOOさんがアルバイト体験ということで、お客さんへまかない飯を提供!かなり盛り上がっていましたよ。

郭 政良 味仙「味仙まかない丼」

台湾ラーメンの元祖として知られ、2016年8月に東京進出も果たした「味仙」のまかない、気になりますよね!まさに味仙ならではのまかないというそのメニューは、台湾ラーメン秘伝の旨辛ミンチをごはんに乗せ、鶏ガラスープをかけたオリジナル丼。
台湾ラーメンも辛いですが、これもかなり辛いです。辛さばかりが原因ではありませんが、ひと口目が思い切り気管に入り、盛大にむせてしまいました……。それはともかく、ガツンとくるその辛さは、多くの激辛好きをきっと満足させるもの。シャキシャキのレタスの食感もいいし、チーズのまろやかな風味も旨辛ミンチと好相性でしたよ。
台湾ラーメンが好きなら、おそらくはこちらも口に合うはずです。

ハヌリ「旨辛スンドゥブ」

優秀韓国レストラン認定店「ハヌリ」のスタッフが食べているというまかないは、この真っ赤なスンドゥブ。一見でわかるくらいきのこ、卵、貝類がたっぷり入っていて、とっても具だくさんな印象でした。
さっそくひと口食べてみると、予想以上の辛さにびっくり!この日はかなり肌寒かったのですが、だんだん身体がポカポカしてきて、しばらくすると冷えていたことすら忘れてしまいました。そして、白米と一緒に食べたいなぁ……なんて考えているうちに完食。
身も心も温まるおいしいスンドゥブは、辛いもの好きの方にはぜひとも食べてみてほしいひと品です。

気むずかし家「信州名物 山賊焼き」

ラーメンでも有名な長野の「気むずかし家」は、以前唐揚げイベントで日本一を獲得した「山賊焼き」をひっさげて参戦。
山賊焼きとは、ニンニクをきかせたタレに漬けこんだ鶏もも肉を丸ごと揚げたジャンボ唐揚のこと。気むずかし家の山賊焼きはお箸で切れるほどやわらかく、タルタルソースとのバランスが絶妙でした。噛むほど口に肉汁が広がり、カロリーを気にしながらでもついつい箸がすすんでしまいます。
ボリュームもあり、500円でこんなに食べれるのか!と思うほど。インパクト大の信州名物は、「ここで食べなきゃいつ食べるの!」てくらいおいしい、見逃し注意な一品でした。

西麻布けんしろう「必殺!低温調理サガリステーキ」

西麻布の高級焼肉割烹「西麻布けんしろう」が「an まかないフェス」で紹介しているまかないは、低温でじっくりと調理した絶品ハラミのステーキ。
見てください、この肉質。見た目だけでお肉の柔らかさが伝わってきますよね。あぁ素敵……、トッピングになりたいくらいです。
さっそくひと口食べたところ、あまりのおいしさに踊りだしたくなりました。……それくらいテンションが上がる味なんです。ただ柔らかいのではなく、しっかりとした食感もあり、よいお肉を食べている!という満足感がハンパない。質のよいお肉ならではの脂の量も、相性◎なポン酢のおかげでまったく気にならず、重さを感じることなく完食できました。

とらふぐ亭「ふぐうどん」

高級食材ふぐを使用した「とらふぐ亭」のふぐうどん。ふぐのうまみだしと野菜の甘さが溶け込んだスープ、鮮度の高い国産トラフグを使用したフグの唐揚げは上品な味わいで、一緒に食べることでふぐの風味をたっぷりと堪能できます。
ふぐの唐揚げが3つも入ったうどんは、まさに贅沢のひと言。寒い中で食べるふぐうどんは、心も体も温まり、筆者にとっても忘れることのできない味でした。これで500円って本当にどうしてなんでしょう?? ぜひみなさんにも味わってほしいと思います。

赤坂かきごおり 桃源「キャラメルショコラかき氷」

11月の野外イベントでまさかのかき氷投入。正気か!?と思いきや、これが驚くくらいの美味だったんです。「キャラメルショコラかき氷」の存在はまさにこのイベントのダークホース。私的な感想で恐縮ですが、もっとも大きなサプライズでした。
純氷を使った氷はふれるだけで溶けそうなくらいやわらかで、ふわふわとした食感。上には惜しげもなくチョコレートソースとキャラメルソースがかけられていて、グラスの底にはバナナムースがたっぷりと沈んでいました。
食べる場所によって違う味が楽しめて、溶けても味が薄くならない、考え抜かれたかき氷。さすがはかき氷マニアのあまいけいきさんプロデュースという出来栄えでしたよ。

エッグスシングス「ロコモコパンケーキバーガー」

パンケーキの超人気店「エッグスシングス(Eggs ‘n Things)」が野外イベント初出店。これ、決まったときにはグルメ業界に激震が走ったそうです。それくらい超レアな野外で食べるエッグスシングスのメニューは、大人気のパンケーキとロコモコ丼を合体させたバーガー。
パンケーキの間にパティがふたつと目玉焼き、トマト、レタスが挟まっていて、重さにびっくり。両手で持たないと食べられないほどボリューミーでした。
フワッフワッのパンケーキの間にパティ、トマト、レタス。多くの人にとって経験したことのない組み合わせだと思います。でも、これが恐ろしいほどよく合うんです。パンケーキが持つ可能性の大きさに、心から驚かされました。
こんな激レアな、それでいて風変わりなまかない飯を食べられる機会、ほかにはないかもしれません!! これを食べたらきっとあなたもエッグスシングスでアルバイトしたくなるはず。

サルヴァトーレクオモ「ナポリの定番パニーニ〈ジンガラ〉」

「サルヴァトーレクオモ(PIZZA SALVATORE CUOMO)」といえば日本有数のナポリピッツァの名店ですが、このイベントにはそんなお店まで出店しているんです。しかも、日本人で初めて世界チャンピオンになったピッツァ職人、大西誠さんが考案したスペシャルまかない飯を販売するというんだから、これは足を運ばないわけにはいきません。
そのメニューは、ピッツァ生地でイタリアンソーセージ、ブロッコリー、ポテトを入れて焼き上げたナポリ定番のパニーニ「ジンガラ」。クリスピーな生地とジューシーな具材の食感のコントラストが本当にクセになります。その上、イベント全日、大西さん自身がキッチンカーに乗り込んで調理するとのこと。
初日から行列ができていましたが、これはぜひ、並んででも食べてほしいと思います。

応援団長「フォーリンデブはっしーさん」へインタビュー!

「an まかないフェス」の応援団長であり、肉&ごはん担当でもあるフォーリンデブはっしーさん。このイベントの企画から携わったというこの方に、同イベントの魅力を伺いました。

この企画がスタートしたきっかけ

実は今、飲食業のバイト求人が年々厳しくなっているんです。飲食業ってバイトから社員になって店長になってという感じで業界に関わっていく人が多いので、バイトが少なくなっているというのは飲食業界にとって大ダメージ。
飲食が大好きな僕らとしては、そういう状態の業界に少しでも貢献したかったんです。そこで、バイト探しのanさんと組んでバイト求人を活性化させることで、飲食業界を少しでも元気にしようと思ったのが、この企画のスタートでした。
みんなおいしいものを食べたいけど、若い時ってお金がないじゃないですか。そこで、絶品のまかないというものをきっかけに、飲食業に興味をもってもらえたらと考えたんです。

「まかない飯」のここが魅力!

なかなか手が届かないお宝みたいな感じですよね。一般客の僕らにとってはなかなか食べられないものですから。存在は知っているけれど、口にする機会がない。そういうものだからこそ、食べてみたいという気持ちが強いし、それを味わえる機会はきっと、多くの人が飲食業に興味をもつきっかけになると思います。
あと、今回出店している「味仙」さんは台湾ラーメンで有名ですが、あれってまかないから始まったメニューなんですよ。まかないで出したら好評で、お店で出したら人気に火がついて、名古屋のソウルフードと呼ばれるまでになった。ある意味、ここで火がついたらその後の看板メニューにもなり得るんです。来場者の方には、ぜひそういう「可能性」も感じながら楽しんでほしいですね。

このイベントの魅力はここ!

人気店のまかない飯をオール500円で食べられる、今までにないイベントです。本当にこれ、採算度外視なんですよ! anさんが一緒にやってくれているからこそできているんです。
グルメで儲けようなんてちんけな気持ちは毛頭なくて、とにかくまかない飯の魅力というものを感じていただいて、その結果として飲食業界が盛り上がってくれたらと思っておりますので、そういう意義があるからこそ安く美味しく楽しい、デブリシャスなまかないグルメを多くの人に楽しんでいただけたらと思います。

みんな笑顔になれる「まかないフェス」

どれもお店の個性を感じられるまかない飯は、どれも絶品で新しい発見に魅了され続けた一日でした。おいしいまかない飯を500円で食べられる、とっても貴重でめずらしいイベントは今だけ。ぜひ全てのまかない飯を制覇しに、足を運んでみてくださいね。

開催概要

場所:中野セントラルパーク「パークアベニュー」
日時:2016年11月10日(木)~13日(日)
11:00~21:00オープン(13日のみ20:00クローズ)※雨天決行・荒天中止
住所:東京都中野区中野四丁目10番
交通手段:JR中央線、JR総武線、東京メトロ東西線 中野駅より徒歩5分

《「まかない飯」有名レストランの味をご家庭で》の記事一覧

パン 原宿 スープ

原宿にあるパンとエスプレッソとの姉妹店「Sun&Witch サンアンドウィッチ」にて、ダイナミックな燻製ソーセージをサンドしたチリコンカンドックを教わりました。なんと、このまかない飯が食べられる企画を…

アボカド イタリアン まとめ

高田馬場イタリアン「クッチーナカフェ オリーヴァ」で、定番のネギトロ丼に、人気のアボカド、トマトやきゅうりなどの食材を使ったケッカソースをかけて食べる、新感覚丼ぶりを教わりました。わさびを加えて、ピリッと刺激…

レシピ

代官山の超有名店アロハテーブルで、にんにく香るクリスピーチキン・ボウルを教わりました。カリカリな食感で中はしっとり柔らかく、まさに理想の唐揚げ!ポイントを抑えれば、お家でしっかり再現できますよ。今日からクリス…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

原宿 パンケーキ 渋谷 祐天寺 スイーツ まとめ

いま流行りのパンケーキをまとめています!それぞれ違ったパンケーキなので自分のお気に入りを見つけてみてはいかが!

お土産 スイーツ まとめ

帰省や旅行などで東京のお土産を買うとき、デパ地下にはお店がたくさんありすぎて迷ったりしませんか?そこで今回は、東京のデパ地下や東京駅周辺で買えるおしゃれで人気のお土産をご紹介します。贈った相手がよろこんでくれ…

スイーツ まとめ

instagram内では、「パスタ部」「スイーツ部」「サラダ部」のように自分が食べた、もしくは作った美味しいものを「#◯◯部」として投稿するのが定番になっています。さっそく何があるのか見ていきましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

もうすぐクリスマス!macaroniでは、ロッテ「ガーナチョコレート」を使ってクリスマスチョコスイーツを作り、「#手作りチョコガーナ」のハッシュタグをつけてSNSに投稿していただくキャンペーンを実施します。ぜ…

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

カレー まとめ 千葉

今回は千葉で人気のあるカレー屋さんをまとめてみました。本格派の味は絶品と話題でクリーミーでおいしくスパイシー♪皆さんはどんなカレーがお気に入りですか?もしまだ見つかっていない人はお店に足を運んでみてください。

100均の土鍋で炊くご飯が最高においしいと話題になっています。今回はみんなが作っている土鍋レシピを覗いてみました!「土鍋でご飯炊くのは初めてだけど、案外簡単だった」との感想も寄せらています。炊飯器とはまた違っ…

macaroni編集部(ま)

おいしい「まかない飯」を求めてmacaroni編集部がレストランの...