ローディング中

Loading...

今回は、ブラウニーの人気レシピを厳選してご紹介します!意外と簡単に作ることができ、外はサクッ、なかはトロ~リ絶品ですよ。ひと口頬張れば、その至福の味に、きっと頬も緩むはず。ブラウニー誕生のきっかけや、ちょっと意外な名前のルーツも必見です。

おうちで「ブラウニー」作りませんか?

しっとりとした食感に、チョコレートの濃厚な味。ブラウニーって本当においしいですよね。アメリカでは「嫌いな子どもなんていない」といわれているほど愛されているお菓子ですが、日本でも嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか?

バレンタインが近づくと作る人も増えますが、クッキーやケーキに比べると、なんだか作られている頻度が少ないような気がします。男性にプレゼントするだけなんてもったいない!実はブラウニーは、もともとは女性のために作られたお菓子なんですよ。

きっかけはシカゴ万博

ブラウニーがはじめて登場したのは1893年、シカゴ万博が開催されたときのこと。シカゴにあるホテルの創業者の奥様が「万博に参加する女性のために、ケーキより小さく気軽に食べられるデザートを作ってほしい」とシェフに頼んだことから生まれたそうです。

当時のブラウニーはアンズ味の砂糖がけがされた、今とは少し違うものだったそうですが、これだけ広まっていったところをみると、きっと大好評だったのではないでしょうか?まさに、女性目線で作られた女性のためのスイーツだったわけですね。

名前の由来は妖精という説も

でもどうして、ブラウニーという名前なのでしょうか?
理由ははっきりとはしていませんが「ブラウニーという全身茶色の妖精の名前からとった」と、一説ではいわれています。なんでも人の家に住み着き、夜な夜なこっそりと家事を行ってくれるやさしい妖精さんだそうですよ。

一見地味なブラウニーも、妖精が由来といわれるとちょっとかわいく見えてくるから不思議ですよね。女性のために作られた妖精の名のお菓子、ぜひ自分のために作ってみませんか?

ブラウニーの基本の作り方

材料(18cm角型1台分)

・チョコレート …… 120g
・無塩バター …… 70g
・グラニュー糖 …… 50g
・卵 …… 2個
・薄力粉 …… 60g
・ココアパウダー …… 15g
・ローストクルミ …… 50g

作り方

1. 細かく刻んだチョコレートとバターを湯煎で溶かします。

2. 卵とグラニュー糖を加えて、よく混ぜ合わせましょう。

3. 薄力粉とココアパウダーをふるい入れ、ゴムベラでサックリと混ぜます。

4. 粉気が無くなったらクルミを入れ、オーブンペーパーを敷いた型に流しましょう。

5. 180度のオーブンで、15~20分ほど焼けば完成です。

簡単においしく作るコツは?

ブラウニーはずっとオーブンに入れておくと、チョコレートの風味が飛んでしまします。焼きあがったらすぐに取り出して冷ましましょう。カットするときは冷蔵庫でよく冷やしてから、お湯で温めたナイフで切るとキレイに切れますよ。

さらにおいしくするには、トッピングをするのがおすすめです!シンプルなレシピですので、ぜひ自分好みにアレンジしてみてくださいね。焼きたてアツアツにアイスをのせて、そのままスプーンですくって食べてもおいしいですよ。

徹底厳選!ブラウニー人気レシピ15選

1. かわいいお菓子の空き缶で

ボウルにチョコ、バター、牛乳を入れて電子レンジで溶かします。砂糖と卵を加えてよく混ぜたら、ふるった粉類を入れサックリと混ぜ合わせましょう。生地を缶に流し、ナッツをトッピングしてオーブンで焼いたらできあがりです。

かわいいお菓子の缶って、なんだかもったいなくて捨てられなかったりしますよね。そんなときは、ブラウニーの型として再利用しませんか?そのまま冷やしてリボンをかければ、まるで売り物のようなおしゃれなブラウニーに。紅茶やコーヒー豆を添えて、女子会の手土産にいかがでしょうか?

2. 電子レンジならお手軽簡単

電子レンジで溶かしたチョコに、サラダ油、温めた牛乳、ホットケーキミックスを加えて混ぜ合わせます。型の底を叩いて空気を抜き、電子レンジで固まるまで加熱しましょう。型のまま、冷蔵庫でひと晩寝かせれば完成です。

すぐ食べたいとき、手間がかかるレシピは敬遠してしまいがち。電子レンジで作るこちらのレシピなら、オーブンで作るよりもずっとお手軽に作れますよ。粉もホットケーキミックスを使うので、トッピングを除けば材料はなんと4つだけ!ちょっとしたおやつにぴったりですね。

3. 生クリームで生チョコ風に

チョコとバターを湯煎で溶かし、温めた生クリーム、砂糖、卵を加えて混ぜ合わせます。粉類をふるい入れ、粉気がなくなるまで混ぜ合わせたら型に流しましょう。トッピングをしてオーブンで焼き、冷蔵庫で冷やせばできあがりです。

生クリームをプラスすれば、まるで生チョコのような食感のブラウニーに大変身!温かい飲み物と一緒に頂けば、フワリと口のなかでとろけますよ。ぜひ、繊細な口どけを堪能してみてはいかがでしょうか?

4. チーズの酸味が絶妙にマッチ

クリームチーズに砂糖と牛乳を混ぜ、生地を作っておきます。湯煎で溶かしたチョコに卵、砂糖、ふるった薄力粉、クルミを加えてよく混ぜ合わせましょう。型にチョコ生地、クリームチーズ生地の順で流し、竹串で軽く表面を混ぜたらオーブンで焼いて完成です。

クリームチーズがたっぷりとのったブラウニーは、ほのかな酸味とチョコの甘みが絶妙にマッチ。見た目もマーブル模様でとってもかわいいので、パーティーメニューとしても重宝しそうですね。まさに、チーズケーキとチョコレートケーキのいいとこどりなレシピです。

5. チョコが無くても作れます

湯煎で溶かしたバターに、砂糖とココアを加えてよく混ぜ合わせます。卵を少しずつ加えたら、粉類、洋酒、ナッツの順でよく混ぜ合わせましょう。型に流してトッピングをし、オーブンで焼けばできあがりです。

「作ろうと思ったらチョコがない!?」そんな時は、ココアで作れるこちらのレシピはいかがでしょうか?チョコが入っていなくても、ココアと洋酒の香りで高級感のあるブラウニーに仕上がっています。お好みで、割りチョコをトッピングして焼いてもおいしいですよ。

6. あんずを入れてさっぱりと

卵とグラニュー糖をよく混ぜたボウルに、電子レンジで溶かしたチョコとバターを加えます。よく混ざったら薄力粉とココアを入れて混ぜ、型に生地を流しましょう。あんずとナッツをトッピングし、アルミホイルをかぶせたらオーブントースターで焼いて完成です。

濃厚なチョコレートはおいしいけれど、それだけだとちょっと飽きてしまいがち。あんずをトッピングすれば、甘酸っぱさがたまらないさっぱりとしたブラウニーになりますよ。ひと口頬張るごとに感じられる酸味と甘みの変化を、ぜひ感じてみてはいかがでしょうか?

7. マシュマロでキュートに

砂糖と卵を混ぜ合わせたボウルに、湯煎で溶かしたチョコとバターを加えて混ぜます。ふるった粉類を加えたらチョコチップ、クルミを入れてよく混ぜ合わせましょう。型に流してオーブンで焼いたら、飾り用のマシュマロとクルミを散らし、さらに焼いてできあがりです。

チョコチップとクルミがたっぷりと練り込まれたブラウニーは、マシュマロトッピングでキュートにアレンジ。焼けたマシュマロのふんわりとした食感と、チョコの濃厚な風味が合わさった、クセになる味わいです。止まらなくなりますので、食べ過ぎにはご注意くださいね。

8. チョコとバナナの黄金コンビ

卵とグラニュー糖を加えてよく混ぜたボウルに、湯煎で溶かしたチョコとバターを加えます。ふるった粉類とつぶしたバナナ、くるみを加えてよく混ぜて型に流し入れましょう。スライスしたバナナとナッツをトッピングし、オーブンで焼けば完成です。

黒っぽくなったバナナ、余っていませんか?普通に食べるにはイマイチですが、生地に混ぜ込めばバナナのコクと風味豊かなブラウニーになりますよ。粗目につぶして、焼けたバナナのトロッとした触感もぜひ楽しんでみてくださいね。

9. オレオを砕いて男前に

卵と砂糖をふんわりするまでよく泡立て、溶かしたチョコレートとバターを混ぜたものを加えてサッと混ぜます。粉類、クルミ、塩を加えたら型に流し込み、砕いたオレオをトッピングしてオーブンで焼いたらできあがりです。

インスタグラムでも話題になったオレオブラウニーは、男前な見た目とザクッとした食感が魅力。手で砕いて生地にのせるだけでいいので、手軽にできるのもうれしいですよね。コーヒーにはもちろん、ホットミルクともよく合いますよ。

10. お豆腐を使えば低カロリー

卵、豆腐、てんさい糖をブレンダーで混ぜ合わせ、電子レンジで溶かしたチョコ、豆乳を加えます。型に流したらドライフルーツとナッツをトッピングし、オーブンで焼いたら完成です。

バターやチョコレートを大量に使うブラウニーは、カロリーが高めなのがネック。こちらのレシピはバターの代わりにお豆腐を使うことで、見事低カロリー化に成功しています。その味わいは、とてもバター無しとは思えないくらい濃厚ですよ。

11. 米粉を使ってしっとりと

ライスミルク、メープルシロップ、なたね油、塩をよく混ぜ合わせます。ふるった粉類、ラムレーズン、くるみを加えて型に流し、オーブンで焼いたらできあがりです。

薄力粉の代わりに米粉を使えば、よりしっとりとした仕上がりに。卵、小麦、乳を使っていないので、アレルギーのある方でも安心ですね。ひと口頬張るとラムレーズンがほんのり香る、少し大人なブラウニーです。

12. オレンジとの相性も抜群

細かく砕いたチョコに温めた牛乳を入れて溶かし、砂糖、卵、ヨーグルトを加えます。粉類を入れゴムベラでサックリと混ぜたら、マフィン型に入れてオーブンで焼きましょう、途中で取り出しオレンジコンポートをのせ、さらに焼いたら完成です。

こちらは、チョコと相性のいいオレンジをトッピングしたレシピです。生地にヨーグルトを使うことで、ふんわりしっとりとした食感に仕上がっています。マフィン型で作っているので、切り分けなくていいところもうれしいですね。

13. まさかの炊飯器で

細かく砕いたチョコを、保温状態の炊飯器に入れて溶かします。粉類以外の材料をすべて入れてよく混ぜたら、粉類を加えサックリと混ぜ合わせます。そのまま炊飯すればできあがりです。

オーブンや電子レンジで作ると、焼いているとき目を離せないのが困りますよね。炊飯器で作れば、焼いている最中は目を離していても大丈夫。家事が終わるタイミングに合わせて、ふわふわのブラウニーを炊きあげてみてはいかがでしょうか?

14. キャラメルナッツで見栄えよく

卵と砂糖をよく混ぜ、溶かしたチョコとバターを加えます。ふるった粉類を入れたらサックリと混ぜ、ナッツを加えましょう。型に入れてオーブンで焼き、完全に冷めてから粉糖、キャラメリゼしたナッツをトッピングすれば完成です。

休日のお茶菓子には、キャラメルナッツのキュートなブラウニーはいかがでしょうか?香ばしいキャラメル味は、コーヒーにも紅茶にもよく合います。ピスタチオのような色味のあるナッツを加えると、さらに見栄えよく仕上がりますよ。

15. りんごの自然な甘さがグッド

油と砂糖を混ぜたボウルに溶き卵を加え、粉類を加えてよく混ぜ合わせます。電子レンジで溶かしたチョコと牛乳を加えよく混ぜたら、薄切りにしたりんご、ココナッツを入れて型に流し、オーブンで焼いたらできあがりです。

りんごの自然な甘さを活かしたブラウニーは、どこかほっこりとしたやさしい味わいに。ココナッツを入れることで生まれた、シャキシャキとした楽しい食感も魅力です。りんごがたっぷり入っているので、一般的なブラウニーよりもカロリーが控えめなところもうれしいですね。

おうちで焼きたての濃厚ブラウニーを

「お菓子作り」というと、なんだか細かい作業の多いイメージですが、混ぜて焼くだけの簡単ブラウニーなら、あまり気負わずに作れそうですよね。

甘いものが食べたくなった時は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?焼きたてのブラウニーならではの、口のなかでホロッとほどける食感。広がる濃厚なチョコレート。ほら、なんだか食べたくなってきませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

非常にスリムで美しい外見のサヨリ。新鮮なものだと「刺身」や「塩焼き」にするとおいしく、とても上品で淡泊な味わいのお魚です。今回は冬から春にかけておいしくなるサヨリの栄養価やさばき方、またさよりを使った人気のレ…

オムライス お弁当

子どもから大人までみんな大好きオムライス。そんなオムライスの進化形がロールオムライス。ケチャップライスを卵でくるっと巻いただけなのに、とってもキュートなオムライスなんです。いったいどんな風に作っているのか、ア…

スイーツ

品川プリンスホテルから2016年のクリスマススイーツが新発売します。今回登場するのは、まるでコスメそっくりなかわいいロリポップスイーツ♩ぜひこの機会にお友達を誘ってスイーツを食べに行ってみてはいかがですか?

スフレ アレンジレシピ レシピ まとめ

スフレチーズケーキでおなじみのスフレは、メレンゲを混ぜ込んでいて、しゅわしゅわした泡のような口どけ。スフレはスイーツだけでなく料理もあるんです。スフレチーズケーキの基本のレシピと、パンケーキまなどスフレの人気…

じゃがいも まとめ

洋食、特にお肉料理の付け合わせとして出てくることの多いマッシュポテト。自宅で作るときは人数分より多めに作ることが多い料理です。もし余ってしまったら、思いつくのが冷凍保存。ですが、冷凍するときにがいくつかのコツ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

トマト レシピ まとめ

トマトをくり抜いて好きなもの詰めるだけの簡単料理「トマトカップ」のレシピをまとめました。焼いてもサラダでもおいしい「トマトカップ」は見た目もかわいく、パーティーにもぴったり!まさに「うまかわ」なんです♪

スイーツ レシピ お菓子 まとめ

話題の「ロースイーツ」のレシピを8選しました♪女性のみなさんにぜひ食べて欲しいスイーツばかりです。「ロースイーツ」という言葉を聞いたことがない方も、どんなものか説明しているので見てみてくださいね!

調味料 レシピ まとめ

タレ一つで料理がグッとおいしくなったり、ダメになってしまったりするものです。そんなときに知っておきたいのが「黄金比タレ」。今回紹介する『黄金比シリーズ』を知っていれば、料理の幅がグッと広がります♪

餃子 レシピ まとめ

餃子を作っていて「タネが余っちゃった!!どうしよう…。」なんて経験ありませんか??あわてる必要はありません!タネが余っても大丈夫☆餃子以外にもいろいろ使えるタネのアレンジレシピをご紹介します!

レシピ 牡蠣 まとめ

これからの時期旬となる「岩牡蠣」。毎年楽しみにしている人もいると思います。でも美味しいけど毎年なんだか変わり映えしない調理法。岩牡蠣はちょっとひと工夫すればこんなにたくさんのレシピがあるのです☆ぜひ作ってみて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ヌテラ おやつ

今や200カ国で愛されている「ヌテラ」。日本でも密かなブームとなっていましたが、ここへ来て急速に人気が高まっています。「あの味がたまらない」「クセになる!」と評判の「ヌテラ」とは一体どういうものか、乗り遅れる…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

レシピ 焼肉 韓国料理

サムギョプサルは、韓国風の焼肉です。少し厚めに切った豚バラの焼肉を、サンチュに巻いて食べるのが一般的。そこに、欠かせないのが「タレ」ですよね!韓国風のコチュジャンが入った基本のピリ辛ダレに加えて、アレンジ用に…

生卵を食べる日本人を見て、海外の方たちが驚いていることを知っていますか?そう、日本人にとって当たり前に食べる生卵が、海外では通用しないんです。今回は品質管理で世界を誇る日本の卵の安全性と海外の生卵の危険性につ…

milkpop

栄養士、製菓衛生師資格持ちのフリーライター。2児の育児に毎日てんや...