ローディング中

Loading...

インドカレーを注文すると、必ずといっていいほど付いてくる「ナン」。でも、インド人のほとんどはナンを食べたないという驚きの事実をご存知ですか?訪日したインド人が、日本で初めてナンを食べるのは、珍しくないようですよ。まさか!?の真実をご紹介!

インド人はナンを食べたことがない!?

人気メニューインドカレー。インドカレーには必ずといってよいほど、もちもちふっくらな「ナン」がセットで付いてきますよね。インドといえばカレー、カレーといえばナン、とスムーズに連想するこの流れですが、ナンと!インド人のほとんどが、ナンを食べていないという事実をご存知でしょうか。

訪日したインド人は、日本のインド料理屋で初めてナンを食べることも珍しくないようですよ。カレーを頼めばインド人シェフがテーブルに差し出してくれるナンが、インドでは食べられてないなんて信じがたい話ですが、この事実について詳しくお話します。

ナンで?インド人がナンを食べない理由

もともとは宮廷料理

インドにナンが全くないということはなく、街のレストランや路面店でも売られているのですが、ナンを作るための精製した小麦粉は、一般家庭には贅沢品。ナンの発祥は北インドの宮廷料理で、もともとは富裕層の食べ物でした。街で買えるようになったとはいえ、今でも一般家庭で日常的に食べられるものではないようです。

タンドール窯が必要

ナンを焼くためには、大きなタンドール窯と、それを熱する燃料も必要。一般に窯を買えるような家庭は少ないですし、窯の置き場所がないため、自宅でナンを焼いているインド人は基本的にはいません。

チャパティが主食

現地の一般家庭では、ほとんど食べられていないというナン。実際にインド人の多くが食べているのはチャパティ。全粒粉と水、塩を使って作られたチャパティの生地は、フライパンで焼いてできるため、一般のインド家庭でもよく作られ、「チャパティが上手く焼けないとお嫁にいけない」という言い方もするのだそうですよ。ナンと同じように、ルウや惣菜を巻いて食べます。

ちなみに、ナンやチャパティは北インドで食べられており、お米は南インドで食べられているため、日本のインド料理屋で見るような、カレーと一緒にナンとライスがそろって出てくることは、インドではありません。

日本のインド料理屋にチャパティが少ない理由

インドでは一般的に食べられているチャパティですが、日本にあるインド料理では圧倒的にナンを見かけることの方が多いですよね?日本のインド料理屋にチャパティがが少ない理由は、その調理方法にあります。

タンドール窯を作って作るナンとは異なり、チャパティはフライパンを使って作るため、厨房のコンロをひとつ使ってしまうことになり、他の料理を作る時間を割いてしまうんです。そのため、日本のインド料理屋ではナンの方が多いんですね。

その他の準主食級の食べものたち

バトゥラ

バトゥラは生地を丸く伸ばして油で揚げたインドのパン。ナンと同じく精製した小麦粉で作られるため、全粒粉でつくられる他のインドのパンよりも高級なようですね。揚げたては大きく膨らんでいますが、中は空洞です。時間が経つとしぼんで平たくなります。

プーリ

プーリはパラタととても似た揚げパンです。チャパティよりも生地にふっくらとした感じがあり、食感もやわらかです。北インドでは「アルプリ」がよく食べられているようで、アルはじゃがいものカレーのこと、プーリとの組み合わせで“アルプリ”と呼ばれています。

パラタ

全粒粉と塩と水に、油を加えて生地をつくり、揚げて食べます。揚げていると生地が少しぷっくりと膨らみ、チャパティに比べるとやわらかな食感です。見た目はトルティーヤにも似ています。

まだあった!インドにまつわる意外な食事情

ナンが、ほとんどのインド家庭で食べられていなかったことだけでも驚いたわけですが、実はナンにまつわる驚くことは他にも……。

さらに驚き!日本で見るナンの形はインドにはない

日本でよく見かけるひょうたんのような形のナン。日本のインド料理屋へ行くと、慣れた手つきでインド人シェフが生地を伸ばしているところを見かけますが、実は、本場インドにはあのような大きく縦長のナンはないそうです。実際の現地で売られているナンは、円形が一般的。

あの独特な形がいつ、どの店から始まったのかは調べがつかないところですが、パフォーマンスとして大きく見せているというのが、理由のひとつとしてあるようです。お皿からはみ出るほどのナンを出してくれるお店も多いですよね。

ホントに!? 日本製タンドール窯がインド人の主流

日本にある多くのインド料理店で味わる、ナンやタンドリーチキンなどのタンドール窯を使ったタンドール料理。実は、タンドール料理を提供しているインド人シェフの中で熱狂的な支持を得ているのは、日本人によって作られたタンドール窯。日本製のタンドール窯の完成度は、本場インドの窯よりも耐用年数が3倍近くあり、インド人から大絶賛されています。

日本でタンドール窯を普及させたのは、「有限会社神田川石材商工」の二代目社長、高橋重雄さん。現在では、日本にあるインド料理店のほとんどが高橋さんの開発したタンドール窯を使っているといいます。

おわりに

いかがでしたか?インド人にまさかナンを食べたことがない人がいるとは、驚きましたよね。また、日本の主食お米も、全国各地で生産されるお米があるように、広大なインドでは、住む地域によっても主食が大きく変わるようです。

日本のインド料理店でも、北インド料理や南インド料理など、それぞれに特色があり、提供するお料理もかなり異なりがあるようですから、もし行かれる機会があれば主食を含めて観察すると面白いと思いますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カレー カフェ

白ごはんを雑穀ごはんに置き換えるだけでいつものカレーライスの栄養価がグンと上がる 「#雑穀カレーボウル」を作ってみませんか?カフェ風のおしゃれプレートが手軽に作れちゃいますよ♩人気のテーブルウェアが当たるイン…

シチュー パン レシピ まとめ

シチューに合うパン。どの種類のパンと合わせるのが好きですか?シチューを具と一緒にパンにのせて、生地がしっとりしたところで口に放り込む……想像しただけでもおいしそう。食パンやロールパンなど、種類別におすすめシチ…

パン 食パン 上野

上野といえばパンダの街として有名ですよね。アトレ上野にある「アンデルセン」では、上野動物園にちなんだキュートな『パンダ食パン』が販売されているんです!かわいすぎると話題になっているパンダ食パンの購入方法や特徴…

カレー レシピ スープカレー まとめ

今や国民食となったカレーですが、なかでも豆(ダル)カレーはやさしくて素朴なおいしさが魅力。ヘルシーなうえボリュームもあるんです。今回は、大豆やレンズ豆、ひよこ豆などを使った人気の豆カレーレシピを紹介します。カ…

カレーを作るときも、サラダを作る時も、スープを作る時も、同じ切り方で玉ねぎを切っていませんか?料理に合わせてちょっぴり工夫するだけで、料理の味わいや食感がぐんとアップするんですよ!玉ねぎの基本的な切り方をご紹…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲が減る色といえば青。青色の食べ物の画像を見れば、自然と食欲が減っていくんだとか。食欲をどうしても抑えられないという方には、朗報ですよね!青い食べ物をまとめたので、ダイエット中の方はぜひ参考にしてみてくださ…

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー 六本木

2017年6月22日(木)から期間限定で「ブラックニッカ 香るバー」が六本木ヒルズにオープン!ニッカウヰスキーアンバサダーの玉山鉄二さんと、吉田沙保里選手がオープンイベントに登場しました。イベントの様子や、バ…

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

横浜 カフェ ワインバー サンドイッチ

馬車道を観光していると、ひときわ目立つ建物「YCC ヨコハマ創造都市センター」があります。その建物内の一階に、誰でも気軽に入れて、ホッと一息できる「カフェ オムニバス」があります。おいしいサンドイッチとコーヒ…

カフェ コーヒー カクテル

先日、東京ビックサイトでラテアートとコーヒーカクテルの大会が開催されました。今回、両競技でトップ3に入った方が在籍しているお店を計6つご紹介します。都内から関西、地方と幅広いですが、ぜひトップバリスタさんのコ…

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...

ページTOPに戻る