ローディング中

Loading...

「ストローでお酒を飲むと酔いがまわりやすい」と言われることがありますが、それにはどのような理由があるのでしょうか。諸説あるようですが、その根拠までは詳しく知らないのであれば、この記事を読んでちょっと物知りになってみません?

お酒をストローで飲むと酔うのなぜ?

「ストローでお酒を飲むと酔いがまわりやすい」と言われているのをを聞いたことはありませんか?言われてみれば確かにそのような気もしますが、それには何か科学的な根拠はあるのでしょうか。また、なぜそのように言われるようになったのか気になりますね。
ここでは、「ストローでお酒を飲むと酔いがまわりやすい」と言われる代表的な理由を3つ紹介しながら、その謎に迫っていきたいと思います!

なぜストローで飲むと酔いやすい?

「ストローでお酒を飲むと酔いやすい」と言われている主な原因としては、下記の3つの説が挙げられます。
①科学的には証明されているわけではない、いわゆる「迷信」
②ストローで飲むお酒にはカクテルなどの飲みやすいお酒が多いという説
③「ストローで飲むと酔いやすい」という思い込みからくる「プラシーボ効果」
この中に自分が信じていた説はありますか?3つの説について詳しくお話ししていきますよ。

科学的には証明されていない「迷信」説

じつは、「ストローでお酒を飲むと酔いやすい」ということに関して、科学的には何も証明されてはいないのです。そもそも、「お酒に酔う」ということは、アルコール血中濃度が上がり、脳に運ばれたアルコールによって脳が麻痺することで引き起こされるので、アルコールの摂取量によって左右されるのです。従って、ストローを使って飲んだか否か、という飲み方の点については問題にはならないのです。同じ量のお酒なら、グラスから直接飲んだとしても、ストローを使って飲んだとしても、体内に入るアルコール量は同じだからです。
確かに、ストローで一気にお酒を吸い上げてしまうと、一瞬フラッとするような感覚に陥ることがあります。そのような事から、「ストローで飲むと酔いやすい」と錯覚されるようになったのかもしれません。しかし、これにはれっきとした科学的な根拠や裏付けは無く、前述の通り、酔いはアルコールの摂取量に左右されるので、「ストローで飲むと酔いやすい」というのは「迷信」と言っても過言ではないでしょう。

ストローで飲むお酒は飲みやすい説

居酒屋やバーなどでお酒が出てくる時、あらかじめストローがささっているお酒というのは、たいてい甘くて飲み口のよいカクテルなどです。そのような飲みやすいカクテルは、まるでジュースを飲んでいるかのような感覚で、つい次から次へ、何杯も飲み干してしまうこともあるでしょう。
しかしながら、カクテルには、飲みやすいわりにはアルコール度数が高いものも数多くあるのです。例えば、「マティーニ」や「マルガリータ」といったメジャーなカクテルでも、アルコール度数は25度前後あり、ビールのアルコール度数が5度前後、日本酒でも15度前後であることを踏まえると、これらのカクテルはかなりアルコール度数が高いことがわかります。そのため、これらのカクテルを何杯も飲んでいたら、相当のアルコールを摂取することになります。
このように、ストローで飲むお酒が飲みやすいことから、うっかり許容量を超えて飲んで酔っ払ってしまう人が多いということも、「ストローでお酒を飲むと酔いやすい」と言われるようになったひとつの原因と考えることもできるでしょう。

思い込みからくる「プラシーボ効果」説

ストローでお酒を飲むとき、「ストローで飲むと酔いやすい」という思い込みを抱いているが故に、実際に酔いやすくなってしまうということも考えられます。このような現象を、「プラシーボ効果」と言います。
プラシーボ効果とは、薬効成分を含まない偽薬を、効果のある薬だと偽って投与されると、患者の病状が良好に向かってしまうような治療効果を言います。プラシーボ効果というものは、生理学的にも心理学的にも、もっとも奇妙で理解し難い現象のひとつと言われていますが、「効く」と思い込んで薬を飲んでいると、実際に効いてしまうように、「酔いやすい」と思い込みながら飲んでいると、通常より酔いやすくなってしまうことがあってもおかしくはありません。
従って、「ストローで飲むと酔いやすい」という思い込みも、通常より酔いやすくなってしまう原因のひとつではないかと考えられます。

結局、お酒は適量を楽しむのが一番!

このように、「ストローでお酒を飲むと酔いやすい」と言われている原因はいくつかありますが、結局のところ、アルコールの摂取量が多いから酔うのであり、その飲み方にはほとんど関係が無いのです。
アルコールの分解能力などには個人差もあり、寝不足の日は通常よりも酔いやすいなど、その日の体調に酔いやすさを左右されることもあります。そのため、節度を保ちつつ、自分にとって適量といえる量のお酒をたしなむようにすれば、たとえストローで飲んでも、酔いやすくなるということはないでしょう!
また、「酔う」と思い込んでいると、通常より酔いやすくなることもあるので、いっそのこと思い込みは捨ててしまったほうが、お酒の席がより楽しくなりますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

〆ご飯 豚肉 レシピ

一日頑張った自分にご褒美〆ご飯を作ってあげませんか?今回は飲んだあとにちょっとだけ食べたい!そんな欲求を満たしてくれる、あると嬉しいちょっとご飯「〆そぼろご飯」の作り方をご紹介したいと思います。

スイーツ

チョコレートもお酒も大好きというそこのあなたにぴったりなイベント「酒フェスバレンタイン」が東京・青山「EDITION(エディション)」で開催されます。アルコールと4種のチョコレートファウンテンが思う存分楽しめ…

チョコレート

今回ご紹介するのは、ミニマルビーントゥバーチョコレートとヘネシーXOがコラボレーションして誕生した限定チョコレートです。カカオの深い苦味と、お酒の効いた大人な味わいが楽しめるひと品。チョコレートが奏でる魅惑の…

チョコレート スイーツ

イタリアの伝統的なリキュール「リモンチェッロ」が愛を伝えるハート型ボトルの「チョコチェッロ」になって新登場!お酒としてはもちろん、ホットミルクに入れたり、フルーツやアイスクリーム、ケーキにかけたりカスタマイズ…

ワイン まとめ

ワインをオーダーする際、よく耳にする「フルボディ」。聞いたことはあるものの、はっきりと意味は知らなかったりしますよね。ワインのフルボディってどういう意味?フルボディのおすすめワインは?今回は、フルボディワイン…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ サラダ まとめ

中東地方では定番の料理「タッブーレ」というものがあるそうです。各家庭によって味つけが違うという料理だそうなんですが、一体どんな料理なんでしょうか?とってもヘルシーでおいしいみたいですよ。レシピもご紹介しますね。

富山 まとめ

北陸新幹線が開通して以来、更に人気の観光地として多くの方が訪れる富山。そんな富山へのご旅行などで訪れた際に食べたい、おいしいグルメを7選してご紹介します。人気のご当地グルメもありますので、ぜひご覧くださいね♡

エターナルライス

はじめまして。エターナルライスと申します。 東京都在住、美味しいも...

https://eternalrice.cookpad-blog.jp/