ローディング中

Loading...

酢の物はきゅうりとわかめの定番だけでなく、さまざまな食材で作ることができます。最近では調味済みの酢も販売されていますので、少し味を足すだけで食べやすい酢の物に仕上がります。今回は、和・洋・中、いろんな酢の物のレシピをご紹介!

さっぱりさが人気の「酢の物」

「酢の物」は、三杯酢や二杯酢で野菜や海藻、お肉、魚介を和えたものです。お酢のさっぱり感と砂糖の甘みが程よく、食欲のないときにでも食べやすいのも特徴です。さらに、様々な食材を使うため栄養バランスもいいですし、塩もみした野菜を使うので彩りもよくなります。

今回は、酢の物の特徴とレシピをご紹介しますね。

酢の物となますはどこが違うの?

おせち料理の定番メニューとして「紅白なます」がありますよね。塩もみしたニンジンと大根を三倍酢で和えたものです。

さて、「なます」と「酢の物」はどこが違うのでしょう?
基本的には同じと思っていただいて構いません。このふたつは、料理の成り立ちが違っており、なます(漢字で「膾」)はもともとは中国で考えられた調理方法ですが、生のお肉や魚を酢で漬け込み保存食にしたものです。

平安時代にはすでに、魚介や野菜をお酢で和えた食べ物が記録されていますし、魚介を抜いたものを「精進膾」と呼んだりします。調理法は現在と変わりませんので、酢の物も膾も同じ食べ物ですが、明確な使い分けはされていません。

「あと一品」に嬉しい酢の物レシピ20選

1.生姜たっぷりイカときゅうりの酢の物

イカときゅうりの酢の物です。見た目も涼しげで、どんなおかずにも合いそうですよね。市販の調味済みのお酢を使うので、味付けはとっても簡単です。さらに、しょうがを入れるのでピリッと少し辛口になります。お酒のおともにもぴったりですね。

2.切り干し昆布とツナの酢の物

昆布とツナを使った酢の物です。昆布はミネラルがたっぷり、うまみも詰まった食材です。また、ツナに含まれるオイルのおかげで、酢味がやわらぎますので、酢の物が苦手なお子さんも食べやすいですよ。

3.キャベツのさっぱり酢の物

キャベツと玉ねぎを使った酢の物を、オリーブオイルで洋風に仕上げてあります。スパイスキャラウェイシードを使い、ほろ苦さと甘い香り、プチプチの食感も加わります。作りたてではなく少し冷蔵庫で漬け込めば、酢の物の和えダレと、キャベツ、玉ねぎの甘みとがよくなじんで、さらにおいしくなります。

4.きゅうりとわかめの大豆酢

寿司酢で和えるだけの、簡単酢の物です。きゅうり、わかめ、中華くらげ、大豆が入っています。大豆の植物性たんぱく質に、ミネラル豊富なわかめで、栄養満点です。くらげのクニッとした食感も楽しいですね。ほんの少しごま油やラー油を落として中華風にしても、おいしくなりそうです。

5.切干大根とさきイカの酢の物

切り干し大根は煮物の食材と思われていますが、酢の物にしても味なじみがよく、食感を楽しめます。こちらのレシピでは、イカやカニカマでうまみを足して、きゅうりと一緒に酢の物にしています。切り干し大根はゆですぎると食感が損なわれますので、さっとゆでる程度で調理してくださいね。

6.わさび菜の茎の酢の物

わさび菜のピリッとした味を楽しめる、爽快テイストの酢の物です。わさび菜だけでもおいしくできますが、こちらのレシピではきゅうりとちくわを足しています。隠し味にははちみつを使い、さらに香りよくするためにレモン汁も加えていますよ。甘みが足りないときは、みりんで調整してください。

7.エビともずくときゅうりの酢の物

もずくとお酢は、とても相性がいいですよね。おつまみとしてもよく食べられます。そのもずくに、きゅうりとゆでたエビを足してあげると、とってもカラフルな酢の物になります。こちらのレシピでは、きちんと三杯酢を作っていますが、もずくについたスープに少し味を足しても簡単にできそうです。

8.三つ葉とタコの酢の物

きゅうりとタコは、酢の物の具材としてよく使われます。そこに、夏野菜のなす、香りを添える三つ葉を、一緒に和えましょう。和え酢に、おろししょうがとグレープフルーツ果汁が入っています。爽快感たっぷりの酢の物ですね。

9.ひじきとシャキシャキ野菜の酢の物

きゅうり、玉ねぎと、歯触りのいい食材を使った酢の物です。ひじきも一緒に和えているので、鉄分やミネラルの補給もできますよ。甘みを付けた和え酢には、塩の代わりに醤油を使っていますので香ばしく、酢の物が少し苦手な方でも食べやすくなっています。

10.大根の酢の物

シンプルに大根だけで作った酢の物は、どんなお料理にもお漬物代わりに楽しめますね。こちらのレシピでは、仕上げに少し多めの鷹の爪でピリッと大人向けに仕上げています。3時間ほどで完成しますが、ひと晩ほど漬けるほうがしっかりと砂糖とお酢の味がなじんでおいしくできます。

11.オクラの酢の物すだち風味

おくらをレンチンして、香りのよいすだちをたっぷり使った酢の物です。オクラのレンジ加熱は、出力にもよりますが2分ほどで済みますし、さっと調味料につけるだけですので、あと一品足りないときにも簡単に作ることができます。また、味をしっかりとなじませて食べてもおいしいですよ。

12.魚の酢の物サラダ

ホッケの塩焼きをリメイクして、酢の物にしています。ホッケはおいしいお魚ですが、大振りですのでひとりでは食べきれないときもありますよね。そんなときはほぐして、シラスや、カイワレ、ラディッシュと一緒に酢の物にしてみてください。

お魚は南蛮漬けでもわかるように、お酢との相性がいい食材です。ホッケ以外にも、青魚のアジやサバでもおいしくできます。

13.紫キャベツとレンコンの甘酢漬け

紫キャベツはお酢と合わせると、きれいなピンクの色素が出ます。これを利用して、レンコンも一緒に酢の物にすると、ふたつの食材が両方素敵なピンクの酢の物になります。月桂樹(げっけいじゅ)の葉っぱがあれば、一緒に漬けておくと香りが加わります。また、レシピには鷹の爪がピリ辛の隠し味に使われています。

14.菊の花の酢の物

食用の菊花を簡単酢に漬けて、生ハムを添えています。菊の花は少し苦みがありますが、酢の物にすれば食べやすくなります。お酢には食材の色を変える効果があります。菊の花では、お酢の効果で鮮やかさが上がりますよ。ただし、食材によっては全く変色してしまう場合がありますので、気を付けてくださいね。

15.とり皮と玉ねぎの酢の物

とり皮、玉ねぎ、カイワレ大根をサラダ風の酢の物にしています。お酢とレモン汁を同量使って和え酢を作っているので、まろやかになり酢の物が苦手な方でも食べやすくなります。ゆず胡椒でピリッとさせれば、あっという間に居酒屋風の酢の物の完成です。

16.もやしとカニカマの酢の物

お財布の味方の食材、もやしとカニカマを、酢の物にしています。だし汁も足した和え酢には、砂糖の代わりにはちみつが使われているため、コクがあります。また、もやしはさっとお湯をくぐらせるだけですので、時短レシピとしてもおすすめです。水分が出やすいので、食べる直前に和えてください。

17.きゅうりとセロリと焼き豚の酢の物

和え酢に粒マスタードを入れた、洋風の酢の物です。焼き豚のしょっぱさと、ほんのりとした甘み、さらに粒マスタードの風味で、箸がどんどんすすむひと品です。プチトマトをアクセントに使い、きゅうりのグリーンと豚肉のピンクがきれいな酢の物ですね。焼き豚のおかげで、食べごたえのある酢の物に仕上がりますので、男性にも喜んでいただけます。

18.液体塩こうじでタコとセロリの酢の物

液体塩こうじにお酢を混ぜた和え酢で、たことセロリを和えました。仕上げの糸唐辛子が美しいですね。セロリの香りを存分に味わえる酢の物です。また、塩こうじを味付けに使うため、味わいがまろやかになります。ポリ袋やジップ袋に入れて漬け込みますが、この時空気をできるだけ抜くと、味がしっかりと食材に入ります。

19.タコとおかわかめと長芋のわさびポン酢

おかわかめとは、こりこりの食感と粘りを楽しめるお野菜です。長芋、タコと、湯通ししたおかわかめをお皿に盛りつけるだけ。食べるときにポン酢をかけたら完成です。上品な見た目になりますので、おつまみや前菜にもおすすめのメニューです。

20.みかんと大根おろしの酢の物

みかんと大根を、お酢で和えています。大根は、おろしても、スライスしてもどちらでもOK!大根おろしにする場合は、水分を絞って和えてください。みかん以外にも、はっさくやグレープフルーツなど、柑橘類なら何でも合います。

柿なますもおいしい酢の物ですが、みかんを使ったこちらの酢の物レシピも、デザート感覚で楽しむことができます。

酢の物でヘルシーに

最近では「酢ショウガ」や「酢タマネギ」などがブームとなり、酢の健康効果が見直されてきていますよね。お酢には内臓脂肪を減少させたり、血圧を下げてくれたりと、様々な健康効果が期待できます。

また、酢の物にすれば甘みが加わりますので、幅広い年代の人においしく食べていただけます。どうしても、酸味が苦手な方には酢の物に少し油を落としてみてください。油には酸味を和らげてくれる効果があります。サラダ油、ごま油、オリーブオイルなど何でもOK!レシピに合わせて、入れるオイルをチョイスすれば、風味も変わってきますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お弁当 レシピ まとめ

今やキャラ弁はお子さんだけのものではありません。SNSでも話題のひまわり弁当は、多くの方が取り入れて注目を集めています。ひと口にひまわりと言ってもバリエーションはとっても豊富!ひまわりウインナーの作り方などア…

ハンバーグ レシピ まとめ

子供から大人まで人気のハンバーグ。ハンバーグの日の献立は何を組み合わせますか?ライスやパン、スープの他、あともう一品副菜があればもっと華やかな食卓に。ハンバーグの付け合わせにおすすめの、おかずレシピを17種ご…

アヒージョ レシピ まとめ

最近、バルなどで出てくるアヒージョが、簡単なのにおしゃれでおいしいと話題になっています。今回は、中でも特に人気の具材、牡蠣やエビ、タコ、マッシュルームなどを使った、簡単でおいしい、おすすめのアヒージョの作り方…

レシピ

薬味にピッタリのみょうが。たくさん貰ったとき、どのように保存すればよいのでしょうか?ここでは、みょうがの保存方法や保存期間を詳しく解説します。おいしい活用レシピも併せてご紹介しますので、試してみてくださいね。

ハンバーガー まとめ

佐世保バーガーの名店のなかでも、元祖や発祥店ともいわれる「ヒカリ本店」が評判です。させぼ五番街のなかにもお店を出している、ヒカリのハンバーガーとはどんなものなのでしょうか。おすすめの人気メニューや駐車場などの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ たまご まとめ

とってもかわいい目玉焼きアート♡こんなのが朝食なんかにでてきたら、毎日が楽しくなっちゃいますね!今回はそんなかわいくて、簡単に作れる目玉焼きアートを8つご紹介します♫

レシピ おつまみ まとめ

人気ブロガーで料理本も出される山本ゆりさん提案のおつまみレシピ。お肉からお魚、じゃがいもを使ったレシピ、火を使わないものまで美味しくて簡単なので帰宅後にちゃちゃっと作れちゃいますよ。ビールやワインはもちろん、…

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょとと便利なアレンジレ…

調味料 レシピ まとめ

タレ一つで料理がグッとおいしくなったり、まずくなったり……そんなときに役立つのが「黄金比タレ」のレシピ。今回紹介する『黄金比シリーズ』を知っていれば、料理の幅がグッと広がります♩みなさんもぜひ作ってみてくださ…

レシピ ゼリー まとめ

マシュマロはヨーロッパではのどの痛みや胃腸の炎症を抑える効果があるとして薬として使われていたんですって。そんなスーパーフードのマシュマロには美肌効果もありダイエット中のおやつにも最適!マシュマロを使ってゼリー…

チョコレート お菓子 レシピ まとめ イタリアン ティラミス

ティラミスは好きな人も多いと思いますが、意外とおうちでも簡単にできちゃうみたいですよ。ビスケットやインスタントコーヒーを使ったレシピ、是非あなたも作ってみてくださいね。イタリア語で「ティラミス」は「私に元気を…

レシピ 揚げ物 まとめ

かき揚げをサクサクに仕上げたいのに油を吸収してボテッと重くなりがちなんて人も少なくないはず。ひと口食べたときにサクッといい歯ごたえが楽しめるかき揚げの作り方のポイントをまとめました。アレンジレシピも紹介します!

レシピ まとめ

これからますます外に出たくなる季節になりますね。最近すでにチラホラBBQしている人も見かけます。もし、これからその予定があるなら要チェック☆お肉をさらに美味しくする漬けだれレシピをまとめちゃいましたので、参考…

寿司 韓国料理 レシピ まとめ アレンジレシピ

キンパとは韓国風海苔巻きのこと。ごま油を薄く塗った海苔と様々な具材を巻いた韓国の家庭料理が、日本のご家庭でも簡単に作れるということで人気がじわじわ上がっています♪ 今回はそんなキンパのアレンジレシピをご紹介☆

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー 六本木

2017年6月22日(木)から期間限定で「ブラックニッカ 香るバー」が六本木ヒルズにオープン!ニッカウヰスキーアンバサダーの玉山鉄二さんと、吉田沙保里選手がオープンイベントに登場しました。イベントの様子や、バ…

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

シャーベット オレンジ フルーツ

ミニストップの「贅沢なアイス」シリーズに第2弾が登場!濃厚なオレンジシャーベットにオレンジ果肉と皮付きオレンジスライスをトッピングし、ホワイトチョコでコーティングした見た目も贅沢なひと品です。いったいどんな味…

卵って販売時は常温で陳列されていますよね。では、皆さんは自宅でどのように卵を保存されてますか。おそらく大半の方が冷蔵保存と答えるのではないでしょうか。この差ってなんでしょうか?今回は、卵の保存に関する疑問につ…

misokko1

お休みの日にはにゃんことイモリを眺めて過ごすのが至福です。喜んでい...

ページTOPに戻る