ローディング中

Loading...

食事と一緒に水分を取る習慣の人は必見です。「食事中に水分を取ると太る原因になる」という話を知っていますか?なぜ、食事と一緒に水分を取ってはいけないのでしょう?それなら、水分を取るタイミングはいつなのでしょう?

食事中に水分を取るのはダメなの?

みなさんは食事中、水分を取っていますか。わたしは毎日食事のときには、水分を取っています。水分といっても、朝食ならコーヒーや紅茶、牛乳、昼食や夕食は、お茶またはお水、お酒を飲みながらの人もいますよね。何の疑問も感じず当たり前のようにおこなっている習慣なのですが、この食事中の水分が体に何らかの影響を与えているようです。
しかし、こまめな水分補給は大切だと、多くのメディア紹介されています。健康のため、美容のためにもよいことなのではと思いますよね。
成人が1日に必要な水分は約2リットル。野菜や果物など食べ物にも水分は含まれているので、そのうちの1リットルを飲料水から補給すればよいのです。
今回は、食事中というところが、重要なのです。では、食事中の水分は体にどのような影響を与えるのでしょう。詳しくみていきましょう。

食事中の水分摂取は太る?

なぜ太るの?

食事中に水分を多く取ると、胃酸や消化酵素が薄まり、胃の中で消化できなかった食べ物が小腸に届きます。小腸では、酵素を使って食べ物を分解しますが、多量の水分摂取により薄まった酵素では、消化機能がうまく働きません。その結果、痩せにくい体になってしまうと考えられるのです。
また、水分を取るとそしゃく回数(噛む回数)が減ってしまいます。確かにそうですよね。水で流し込んでしまうわけですから、あまり噛む必要はありません。“よく噛んで食べましょう”といわれているのは、こういうことがあるからなのでしょうか。
多量の水分摂取は太る原因になるということは、少しならよいのでしょうか。例えば、コップ何杯とか。それとも、1滴も飲んではいけないの?と大丈夫な量が気になりますよね。どうしても飲みたいときは、どうすればよいのでしょう。

どうしても飲みたい時は?

食べ物の種類によっては、水分を取らないと喉につかえてしまいそうです。全然飲まないのは苦しいような気もしますし、今までよく飲んでいた人にとっては少し不便に感じるかもしれませんね。でも少し気をつけるだけで大丈夫ですよ。
食事中は、基本的に汁もの以外、お水やお茶は控えましょう。飲むならコップ1杯くらいがよいでしょう。ただし、ゴクゴク飲んではいけません。ゆっくり飲むように心がけてください。
また、食事を始める前にひと口お水を飲むと満腹感を得やすくなり、食事の量を減らすことができます。ダイエットにもいいですね。

ベストなタイミングはいつ?

お水を飲むときのタイミングは、食前の30分前がベストです。お水は20分くらいで、胃から腸に移動します。食事を取る30分前なら、胃酸や消化酵素も薄まらなくてすみます。
食前にお水を飲むことで空腹感が和らぎ、過食を防ぐことができるのです。また、食後は消化するために必要以上にエネルギーを使ってしまうため、眠気に襲われることも。おなかが満腹になって眠くなるのかと思っていましたが、こんな理由があったのですね。
喉が渇いたときにお水をガブガブ飲むのはいいのですが、食事中のガブ飲みはくれぐれも控えてくださいね。胃酸や消化酵素が薄まると、消化不良を起こす原因にもなります。心当たりのある方は、水分摂取のタイミングを間違えているのかもしれません。少しずつ、飲む量を減らしていくとよいでしょう。

便秘を解消することも?

食事中の水分は控えたほうがよいのですが、水分を取ると便を柔らかくしてスムーズに排出できるようになるので、便秘の人にはおすすめです。
なぜなら、食事のとき以外にお水を飲むと、大腸にいくまでにほとんど吸収されずに尿として排出されてしまうからです。これなら、ただトイレが近くなるだけです。食事と一緒にお水を飲むことで、腸まで届くようになり、便秘解消につながります。
食事以外でお水を飲む場合は、スポーツドリンクや牛乳、野菜・果実ジュース、スープがよいでしょう。水の濃度が高いものを取ることによって、水分が腸まで届くようになります。便秘で悩んでいる人は、ぜひ試してみてくださいね。

和食中心の食事は水分量に注意!

健康のため、洋食ではなく和食中心の食事をしている人も多いかと思います。しかし、これには大きな落とし穴があったのです。お米や野菜の煮物などの和食には水分が多く含まれています。それにプラスして、お茶やお水を飲むと、水分の過剰摂取になってしまうのです。水分の過剰摂取は、むくみの原因にもなります。とくに、水分が外に出ていきにくい梅雨の時期には注意が必要ですね。適度な水分摂取でマイナス効果を出さないようにしていきましょう。

食事中は適度に水分を

いかがでしたか?水分の取り方にもタイミングがあるんですね。体の代謝をよくするためには、こまめな水分補給が重要です。睡眠前後や入浴前後・スポーツ前後には水分を取るようにしてくださいね。
また、空気が乾燥すると、体の中の水分が減ってしまいます。そんなときは、汗をかいていなくても、水分補給は大事です。体内の代謝もスムーズになるので、今までより少し気をつける程度の認識でお水と向きあうくらいが丁度いいのではないでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

チーズ

チーズはワインと楽しむもの?そんな風に決めつける前に、新発売の「午後の紅茶 ティー ウィズ ミルク」を試してみてください。これは、食事と合うよう開発された、甘さを抑えたミルクティー。特に、チーズとの相性の良さ…

みんなでワイワイ食べる食事、楽しいですよね。おいしそうな料理や大皿の料理が出てきたとき、どうやって取り分けていますか?自分の箸で取り分ける直箸、じつはマナー違反です。おいしい料理を楽しく食べるための箸マナーを…

食事のとき気をつけたいマナーはいろいろありますよね。例えば「クチャクチャ噛む」「箸の持ち方が変」「犬食い」など。その中に「迎え舌」があるのをご存じですか?あまり馴染みのない名前なのではじめて聞いた人も多いでし…

レシピ

口あたりがなめらかな生チョコですが、なかなか固まらないから難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。デリケートな生チョコ作りですが、ポイントを押さえれば大丈夫です!基本の作り方を習得して、アレンジレシピ…

聞いているときにはどうということもないことばも、いざ文章にしようとすると「あれ?」ということはありませんか?漢字には、同じ読み方をしても、異なる文字を使うことが多いものです。「食事をとる」、あなたならどちらの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

オクラ 納豆

今回は食欲がない時にもサラッと食べられちゃうネバネバ丼の(レシピ)を15点ご紹介します。長芋やオクラ、めかぶに納豆など、さまざまなネバネバ食材を使った丼メニューが登場しますよ。ネバネバ食材は身体に良いので、ぜ…

青森 レシピ

青森県の郷土料理として親しまれている「じゃっぱ汁」。魚のアラなどを津軽弁で「じゃっぱ」といいます。津軽地方では冬を代表するお料理として有名です。そんなじゃっぱ汁について、身も心もあたたまるレシピからおすすめ店…

ページTOPに戻る