ローディング中

Loading...

いつまでも若々しく、そして美しくありたい。それは世界中の女性にとって永遠の願いですよね。そして、若返りの水というものが実際にあるなら試してみたいとは思いませんか?ハンガリアンウォーターなら、その願いを叶えてくれるかも。

ハンガリアンウォーターって何?

14世紀の中世ヨーロッパ時代、ハンガリーの王妃であるエリザベート1世は70歳という高齢に加えリウマチかあるいは現代でいう痛風に悩まされていました。そんなハンガリー王妃エリザベート1世のためにイタリア修道院から、ローズマリーをアルコールに漬け蒸留されたものが献上されました。
エリザベート1世はその蒸留水をえらく気に入り、体に塗ったりまた飲用水として飲んだりしたともいわれています。やがてエリザベート1世は魔法のような蒸留水のおかげで元気と若々しさを取り戻していったそうです。
この魔法のような蒸留水こそがハンガリアンウォーターの始まりとされています。ちなみにこのハンガリー王妃のエリザベート1世、72歳のときに20歳のポーランド王子様にプロポーズされたそうですよ。若返りの水を使ってさらに美しさに磨きをかけたんでしょうね。

若返りの水?

若返りの水と聞くと、なんだかアニメにでてくる魔女御用達の不思議なものを想像しがちですがそんなことはまったくありません。じつは地中海沿岸で採れる良質なローズマリーをアルコールに漬け込んだもの(チンキ)が化粧水になったものなのです。
ハンガリー王妃エリザベート1世が、この化粧水で健康になり、見た目にも大きな効果があらわれ若々しく美しくなったというエピソードは、なかなかピンとこない方もいらっしゃるかと思います。ですが、今日までにローズマリーのチンキがハンガリー王妃の水ハンガリアンウォーターと呼ばれるようになり、また若返りの水という別の名前でも親しまれるようなものになっています。やはりそのパワーは絶大なもののようですね。

若返りの水を自分で作る!

ハンガリアンウォーターについてあれこれ説明してきましたが、ここまでの話ではとても高貴で手をだせないほど高価なもののようなイメージがありますよね。しかし、このハンガリアンウォーター、自分でも簡単に作れてしまうんです。ぜひチャレンジしてみてください!

ハンガリアンウォーターに必要な材料

ハンガリアンウォーターを作るにあたっての材料を紹介しましょう。やはりメインとなるのはローズマリーです。このローズマリーは多年性で地中海地方が原産ですが、現在は世界中いたるところで栽培されています。肌はもちろん低血圧、手足の冷、筋肉痛、気管支炎などにローズマリーは効果を発揮します。
■ドライハーブ
ローズマリー:10g
ペパーミント:10g
ローズ・レモンピールまたはオレンジピール:各5g
お好みでラベンダー:5g
■その他材料
精製水:200ml
無水エタノール:100ml
※飲用にする場合は精製水・無水エタノールをウォッカ300mlに変更
■遮光瓶
これらの材料はたいていどこでも簡単に手に入るものです。ドライハーブなど手に入らない場合は、フレッシュハーブをを乾燥させて使ってください。比較的大きなスーパーや八百屋さんであれば手に入りやすいですよ。また、最近ではハンガリアンウォーター用のドライハーブセットなども売っていますので、ネットで検索してみるのもいいですね。

ハンガリアンウォーターの作り方

作り方はいたって簡単!

・ハーブを煮沸消毒した保存容器に入れてください。
※必ず清潔なものを使ってください。

・ハーブがしっかりと浸かるまで精製水と無水エタノールかウォッカを入れます。
※空気とハーブが触れる部分が大きいとカビの原因になるので注意しましょう。

・たまに、瓶を振って中身を混ぜつつ、冷暗所で1ヶ月ほど保存してください。

・できあがったらコーヒーフィルターや茶こしなどを使ってこしていきましょう。

・精製水で15倍~20倍に薄めたらハンガリアンウォーターのできあがりです。

どうですか?とってもシンプルな作り方でぜんぜん難しくないでしょ。これはもう作ってみるしかないですよね!

使い方はさまざま

できあがったハンガリアンウォーターは、エリザベート1世のようにさまざまな使い方ができます。これから紹介するなかで、自分が取り組みやすい方法で綺麗になっていきましょう。

化粧水としてもボディに塗ってもOK

若返りの水とか世界最古の香水とかいわれているハンガリアンウォーターですが、あまり難しく考えないでくださいね。普通のエッセンシャルオイルと思って使ってみてください。もちろん顔に塗っても全身に塗ってもOKなんです。
ハンガリアンウォーターは、基本ローズマリーを使用して作られています。このローズマリーの効果や効能が、体だけではなく心にもよい影響を与えてくれるでしょう。

髪の毛や頭皮に

ローズマリーは、頭皮の血行をよくし、抜け毛や白髪、フケといった頭部にも効果を発揮してくれるのです。普段使いのシャンプーに混ぜたり、頭皮へのオイルマッサージといった使い方もおすすめですね。

飲料用にしても大丈夫

化粧水として肌や頭皮に塗ったりすることをおすすめしてきましたが、ハンガリアンウォーターを作るときに精製水の代わりにミネラル・ウォーター、エタノールの代わりにウォッカやブランデーに変更すればちゃんと飲めるんです。
水という名称がついてるとはいえ、アルコール度数の高いお酒を使っているハーブ酒のわけですから普通のお水のようにグビグビ飲むのはやめましょう。お酒があまり飲めない人は注意してください。

入浴剤に

若返りの水と称されているだけあって、ハンガリアンウォーターをお風呂に入れるとお肌はツルツル艶々に。ハンガリアンウォーターを精製したあとのローズマリーをお風呂に入れてもいいですね。肌のかゆみや筋肉の疲労にも効果がありますし、ハーブの香りが疲れた体と心を癒してくれます。1日の終わりに、こんなリラックスタイムは気持ちがいいですよね!

若返りとリラックスタイムを同時に

いつの時代も女性というものは若々しくそして美しくあり続けたいと願うものです。何百年という時間が経過しても愛され続けてきたハンガリアンウォーターです。ハーブの持つリラックス効果も楽しみながら同時に若返りの効果を試してみませんか?ぜひこの感動を実感してみてください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カクテル

ロシアで定番のお酒と言えば、ウォッカ。ビールやワインなどの醸造酒は、ロシアではお酒と思っていない人がほとんどだとか。今回は、ウォッカの基本的な飲み方、おすすめカクテル、度数などを総ガイド!お店やご自宅で楽しむ…

カクテル ワイン

「キティ」というかわいらしい名前のカクテルをご存知でしょうか?赤ワインをベースにしたカクテルで、アルコール度数も低めのため、お酒が苦手な人にも人気です。今回は、キティの由来やレシピを詳しくご紹介します。

フルーツ パフェ 表参道 女子会 スイーツ

キウイフルーツをふんだんに使用した特製パフェが楽しめる「ゼスプリ キウイ ハント」が表参道に期間限定でオープン。3種のヘルシーなキウイパフェがお目見え。見た目も体感も涼やかにしてくれる夏にぴったりのひんやりス…

カクテル

カクテルの中でも特に飲みやすく人気が高いカシスオレンジ。お好きな方も多いのではないでしょうか?カシスオレンジはどんなカクテルなのか、作り方、度数、カロリーなど詳しくご紹介します。ぜひご自宅でも作ってみてくださ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

タコライス 沖縄 メキシコ料理 レシピ

沖縄発の人気メニュー「タコライス」。今回はトマトやアボカドなどカラフル食材で作るタコライス簡単レシピをまとめてご紹介します!市販のものやレンジを使ったレシピもあるので、お家でお手軽に食べられるのがうれしいです…

チュロス おやつ レシピ まとめ

チュロスを手作りするのはちょっとハードルが高いかも…そう思いがちですが、意外と簡単に作れますよ。今回は、一般的な揚げて作る方法とオーブンでできる揚げないものなど人気レシピを紹介します。カリッとおいしいチュロス…

fukutatsu

仙台在住、フリーのグラフィックデザイナー・ライター・フードアナリス...

ページTOPに戻る