ローディング中

Loading...

グアンチャーレという食材をご存じですか。イタリア料理には欠かせないグアンチャーレ。見た目はパンチェッタなどのベーコン類と似ているけれど、何が違うの?作り方は?などの疑問に答えながら、お手軽かんたんレシピをご紹介していきます!

イタリア料理に欠かせないグアンチャーレ

皆さんはイタリア料理に欠かせない食材と聞くと、何を思い浮かべますか。おそらく大半の方がトマトやオリーブオイルを答えるのではないでしょうか。

今では日本でもイタリア料理を食べられるお店はたくさんあり、家庭で再現する際も、フランス料理と比べると作りやすいイタリア料理。そんななか、本場イタリアでは欠かせない食材のひとつ、グアンチャーレをご存じですか。

今回は、まだあまり馴染みのない食材「グアンチャーレ」の作り方やおすすめレシピをご紹介します。

グアンチャーレとは?

「グアンチャーレ」という食材を聞いたことがある方はいらっしゃいますか?まだまだ日本では馴染みがなく、よほどイタリア料理に詳しい方か、そういった仕事に従事している方でなければ知らないグアンチャーレですが、どうやらこれがかなりおいしいらしいのです。

グアンチャーレとは、豚ほほ肉(トントロ部位)を塩漬・熟成させたパンチェッタのようなもので、カルボナーラやアマトリチャーナといったパスタ料理に欠かせない材料のひとつとされています。

本場イタリアのカルボナーラには本来パンチェッタではなく、グアンチャーレを使います。
通常、グアンチャーレはブラックペッパーまたはレッドペッパーで風味をつけてあり、そのままでも十分おいしくいただけるそうです。なかにはハーブがつけてあるものもあり、ワインとともにその風味を味わう人も多いのだそうですよ。

パンチェッタとの違いは?

パンチェッタは、イタリア式の燻製していない少し塩辛い生ベーコンのことを言います。イタリア料理には欠かせない材料のひとつで、パスタやピザなど様々な料理に使用されています。

日本国内では、イタリア製のパンチェッタは手軽にいつも入手できるとは限らず、また、入手できたとしても非常に高価だそうです。また、衛生面といった観点でも、日本国内で手に入るパンチェッタはたいてい燻製してある場合が多いようです。

では、パンチェッタとグアンチャーレの違いはいったい何なのでしょうか。分かりやすく言うと、これらの違いは使われている豚肉の部位です。

グアンチャーレには豚ほほ肉が使われており、パンチェッタには豚バラ肉が使われるのが一般的なのだそうです。グアンチャーレ特有のコクと香り、脂の甘みは、日本でよくカルボナーラをはじめとするパスタやピザに使われる身近なベーコンとは一線を画するものがあるといわれています。

グアンチャーレはパンチェッタよりも脂身が多く、さらに濃厚なコクと風味があります。パスタやピザのトッピングとして使用するのも良いですが、まずはグアンチャーレ単体でその芳醇な香りと風味を楽しみたいですね。イタリア料理に欠かせないワインとの相性も良さそうです。

グアンチャーレの作り方

グアンチャーレの特徴やパンチェッタとの違いについてご紹介しました。まだまだ日本で既製品のグアンチャーレを手に入れることができるお店は限られていますが、原材料が豚ほほ肉と聞くと、自宅でできるのではないかと思ってしまいますよね。そこで、次に自宅でできる一般的なグアンチャーレの作り方をご紹介したいと思います。特別な設備や材料は必要ありませんので、ぜひ気軽にチャレンジしてみましょう。

材料

・豚ほほ肉
・塩
・ハーブ(お好みで)

作り方

材料はいたってシンプルですが、完成するまでに少し時間を要するそうです。

1. まず、豚ほほ肉に塩をねりこみ、冷蔵庫で1日ほど寝かせてます。

2. 一晩経ったらもう一度塩をねりこみ、黒コショウもやお好みのハーブを入れ、保存袋に入れて1週間ほど冷蔵庫で保存します。

3. 1週間後に塩抜きをするため、水洗いをし、1時間に一度お水を取り替える作業を3回ほどくりかえします。

4. タコ糸などで肉を縛り、風通しがよいところで1週間ほど干して、乾燥させればできあがりです。乾燥がすすむと脂が浮き出てくるので、これも干し上がりの目安になりそうですね。

保存方法

できあがってからの保存は、冷蔵庫で行います。すぐに使い切れないという場合は、食べやすい大きさにあらかじめカットし、ラップに包んで冷凍庫で保管も可能ですよ。

グアンチャーレはどうやって食べるの?

カルボナーラなどのパスタに入れて食べることで有名なグアンチャーレですが、実は煮込み料理にも適しているのです!野菜と煮込むとグアンチャーレの脂と塩気が程よく染み出し、野菜の甘みや旨みも合わさっておいしくいただけるそうですよ。

パスタのみならず、ピザやスープなどにもおおいに活躍してくれるグアンチャーレ。ピザは、濃厚な味わいになりそうでおいしそうですね。

いつものパスタやピザが、グアンチャーレを取り入れることによって、一気にオシャレな本格イタリアンに大変身しそうです。

グアンチャーレのレシピ3選

せっかく自身で時間をかけて作ったり、購入したグアンチャーレ。できることであれば、お店顔負けのおいしい料理として活用したいものですよね。そこで、次にグアンチャーレを使用したおすすめレシピをご紹介します。

チューボーですよ!カルボナーラ

グアンチャーレを使用した本格カルボナーラです。グアンチャーレを1cmの拍子木切りにし、オリーブオイルでカリカリになるまで炒めるところがポイントですね。カリカリになったら白ワインを入れて火を止め、かためにゆで上げたパスタにソースとともに絡めましょう。

本場さながらの味付けですが、簡単にできるので、忙しい人にもおすすめの優秀レシピです。仕上げにチーズと黒コショウをたっぷりかけていただきます。

ケッパー入りピリ辛アマトリチャーナ

たっぷりトマトとグアンチャーレを使用したレシピです。フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、焦げないよう炒めます。グアンチャーレ、ケッパーを投入し、玉ねぎが透き通ってくるまで炒めてから軽く塩胡椒を振り、トマトケチャップ、カットトマトを加え煮詰めます。茹でたパスタと絡めたら完成!

ケッパーや黒胡椒が入ることにより、少しピリ辛に仕上がるところがアクセントのひとつです。ワインとの相性も良さそうな大人味のパスタです。

グアンチャーレ入りオムレツ

淡泊な味になりがちなお弁当のオムレツですが、グアンチャーレを入れることで冷めてもおいしい本格イタリアンな味わいに仕上がります。

卵白を別で泡立てて、後から加えればふわふわ食感のオムレツに仕上げることができますね。合わせる食材としては、ニンジンやピーマン、パプリカなどが彩りも良くなりおすすめです。

どこで買えるの?

レシピを知ったとなると、どこで手に入るのか気になるところですよね。まだまだ入手できるお店は限られているグアンチャーレですが、通販で購入可能となっています。わざわざ足を運ばなくても、自宅にいながらお手軽に買えるとなると、主婦のみなさんには喜ばしいことではないでしょうか。

イタリア/カラブリア産

イタリア/カラブリア産

出典:楽天市場

イタリア/カラブリア産:プレシーラ社グアンチャーレ【約700g】【580円(税別)/100g当り再計算】【冷蔵/冷凍可】

¥4384

楽天市場で購入
イタリア最南端、カラブリア産のグアンチャーレです。伝統的な製法のもと、厳選した豚肉とカラブリア産の香辛料にこだわったグアンチャーレはコクと甘みがあり、口に入れた瞬間、とろけるような旨みが広がります。トマトベースの料理やカルボナーラにおすすめです。

スライス済みの商品

スライス済みの商品

出典:楽天市場

グアンチャーレ・クルードGuanciale crudo 100gスライス

¥1152

楽天市場で購入
厳選された豚のほほ肉とハーブ、それに自然塩のみで作られた、希少価値の高いグアンチャーレのスライスです。古い伝統を受け継ぐ熟練の職人達によって作られた自慢の逸品は、パスタやスープはもちろん、そのまま巻いて野菜スティックにしてみたり、和食にも使えますよ。

グアンチャーレを使って食卓を華やかに

グアンチャーレの作り方やレシピ、いかがでしたか。いつものベーコンやハムをグアンチャーレに変えるだけで高級感がでるような気がしてしまいますね。お友だちをお家に呼ぶときや、なにかの記念日のときなど、少し気分を変えて使ってみてもよいかもしれません。

難しいものでも、手に入りにくいものでもないのでもないので、みなさんの日常のレパートリーに加えてみてはどうでしょうか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

パックジュースに棒を刺すだけで作れる、簡単アイスキャンディーがツイッターで3万リツイート超えの話題となっています!ジュースを材料に使うのは一般的ですが、なんという発想の転換でしょう。詳しい作り方やアレンジを、…

レシピ サラダ まとめ

もやしは季節を問わずスーパーで手に入る食材で、価格も安く人気の食材です。他の食材との相性もよく、ナムルやサラダ、炒め物、蒸し料理、鍋物などレシピも多数あり、いろいろな料理に使えます。今回はそんな万能食材「もや…

レシピ

博多名物「おきゅうと」をご存じですか?こんにゃくのような見た目ですが、こんにゃくではありません。独特の食感が人気のおきゅうととは?名前の由来や作り方、味、食べ方までご紹介。知らなかった人は、食べてみたくなるか…

ペペロンチーノ レシピ

ペペロンチーノはシンプルな味付けで、にんにくの風味がおいしいパスタですよね。日本ではこのパスタを”ペペロンチーノ”として親しまれていますが、実は正式名称ではないのです!ペペロンチーノの意味や美味しくするコツな…

ブロッコリー レシピ サラダ まとめ

エビとブロッコリーを使った、おすすめのレシピを20選してご紹介します。定番のパスタから炒めもの、サラダまで大きく4つに分け、各5レシピずつをピックアップしました。エビ×ブロッコリーを使った料理のレパートリーを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

豆腐 おしゃれ レシピ まとめ

オシャレな食べ物の代表ともいえるディップ。パスタソースに始め、料理に使ってもよし、野菜スティックやクラッカーにつけてもよしのディップですが、お豆腐のディップならお家で簡単に出来ちゃいます。しかもヘルシーで美味…

納豆 レシピ まとめ

納豆は混ぜてそのまま食べるだけじゃない!納豆を使った揚げ物がなかなかイケるようです。普通に食べるよりも外はサクサク、中はふっくらになるとか!一度揚げたらやみつきになるかも!?皆さんもぜひ作ってみて下さい♪

いなり寿司 まとめ

甘く煮た油揚げにほどよい酸味が効いた酢飯、いなり寿司って時折無性に食べたくなりますよね。こちらの記事ではいなり寿司のアイデアをご紹介します。具材や飾り付けを変えるだけで様々なアレンジが可能ないなり寿司、ぜひ参…

まとめ カレー

カレーを作る時というのはキャンプなどのアウトドアで大勢人数がいるとき、もしくは数日先までカレーと腹を決めて、大量に作るときが多いですね。しかし、悲劇が起きるのは二日目で飽きはじめたとき・・。そんなときにはこの…

オムレツ サンドイッチ レシピ まとめ

オムレツを挟んだサンドイッチ、オムレツサンドを知っていますか?たまごサンドとは違う、ふわトロ感が嬉しいオムレツサンド。ここでは、そんなオムレツサンドの基本の作り方と、美味しいアレンジレシピをまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

カレー まとめ ランチ 東京

2014年、東京の数あるカレー屋の中から厳選したベストカレートップ5を発表!恵比寿や銀座、麹町で味わえる絶品カレーの名店たち。本当は教えたくないけど、皆にも食べてもらいたいから特別に公開しちゃうよ!カレーを食…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る