ローディング中

Loading...

チリメンモンスター、略してチリモンをご存じですか。今話題の「ポケモンGO」に負けるとも劣らない!可愛くて子どもたちに人気を集めている「チリモンGO」とは何なのでしょうか。チリモン図鑑もある話題のチリメンモンスター、詳しくまとめてみました。

チリモンgo

ここ最近、連日のように耳にする「ポケモンGO」。そんなポケモンに引けを取らず、今ちょっとした話題のチリメンモンスター略してチリモンをご存じですか?
チリメンのモンスター?チリメンってしらす?……名前を聞いただけではあまり想像がつかないですが、これを読めば「なるほど、そういうことか!」と納得もいくはずです。
今回は、今じわじわときているチリメンモンスターの概要とその魅力について迫ってみたいと思います。あなたもこれを見終わったら、チリモンを探す旅に出かけてしまうかも⁉︎

そもそもチリメンモンスターとは?

「チリメンモンスター」と聞いただけでは、なんのことだろう?と頭にが浮かぶ方も多いかもしれませんが、実はいたってシンプルなものだったのです。このチリメンモンスターの正体は、ちりめんじゃこに入っている小さな小魚のことです。
ちりめんじゃこを買うと、たまに他の小さな小魚が入っていることってありますよね。通常、あまり気にも留めないかもしれませんが、実は一部の方の中では、これを探すのが楽しみとなっているようです。

人気になった理由

実はこのチリメンモンスター、最近流行り始めたのではなく、実はじわじわと2004年頃から人気を集めてきたのです。その人気は衰えることを知らず、最近では、チリメンモンスターのみを集めたちりめんが発売されるほどになってきたようです。
人気となった理由は、和歌山県にある「株式会社カネ上」がホームページで更新しているコーナー、「ヨーコおねーさんのつぶやき」の内容が始まりだったそうです。「しらすの中に混じって捕れる生き物たち」という紹介をおこなったところ、そのコーナーを見たきしわだ自然資料館から「いろいろ混じったしらすが欲しい」という依頼が入りました。なんでも夏休みの子供たちのイベントのために使うということで購入し、その後、きしわだ自然資料館が夏休みのイベントで「チリメンモンスターを探せ!」をおこなったところこれが話題を集め、人気を博すようになったのだそうです。

どんな種類のチリモンがいるのでしょう

チリメンモンスターの種類は数多くあり、その数をどんどん見つけていくのも「チリモン」の楽しみ方のようです。今年流行ったポケモンと同じですね。では、なぜちりめんじゃこ以外の小魚が入っているのかというと、その秘密は製造過程にあったようです。
そもそも、ちりめんじゃことは、イワシ類の稚魚を天日干しした食品ですが、製造工程でさまざまな海洋生物が混じってしまいます。そのため、機械でほとんどの海洋生物は不純物として途中で取り除くのですが、稀に取り除かれずそのままちりめんじゃこに混ざった状態で商品になり、私たち消費者の手元に届くということです。
こう聞くと、むしろなんだかチリメンモンスターに出会えるというのは、すごく幸運な気がしてきますよね。では、いったいどのようなチリメンモンスターがいるのでしょうか。

チリモン図鑑

調べ出すとキリがない、チリメンモンスターの種類ですが、まずは代表的なものをご紹介したいと思います。ポケモンで言うところのピカチュウでしょうか。初めに、基本のチリメンモンスターを抑えておきましょう。

カワハギ

カワハギは、フグ目カワハギ科に分類される魚です。皮が厚く、おいしいことでよく知られていてる海水魚です。
全長は30cmほどで、口は小さいものの、丈夫な歯が特徴です。秋から冬にかけて旬を迎え、この頃のカワハギは、ほどよく脂がのて特別においしいと言われています。特に、肝の味のよさは格別で、裏ごしして醤油に溶いて食べる食べ方はカワハギならではと言えるでしょう。
身は脂身が少なく、歯ごたえもある白身で、煮つけや刺身、フライ、干物などさまざまな調理法で楽しむことができます。

イカ

こちらは比較的よく遭遇できるモンスターの1種類だそうですが、このサイズなのでイカの中でもどの種類のイカなのかを見極めるのは至難の技のようです。
私たちもよく知っている魚だからこそ、なぜか親近感がわきますよね。こんなに小さくてもきちんと、足があり頭があり……私たちが知るイカと同じ形をしています。

タコ

イカもあれば、もちろんタコもあります!
イカと同じように私たちにとってとても身近な魚ですが、この大きさなので、やはりイカとの区別がつきにくいとされているそうです。もちろん、どういった種類のタコなのかを見極めるのもかなり難しいもの。
足が8本であることを確認できれば、タコであると断定できるようです。こちらは、なんとこの大きさでも食べることができるのだとか。食感や風味はホタルイカのような感じでしょうか。小ぶりなサイズでも食べるとおいしいみたいですよ!

カニ

見た目で、小さいながらもカニということが分かりますよね!しかし、これは数あるチリメンモンスターの中でもレア度がかなり高く、見つけ出すのは難しいようです。遭遇できればかなり幸運の持ち主と言えるでしょう。いつか出会いたいものですね。
小さくてもしっかりとカニの形をしているこのかわいらしい姿、ついついずっと見つめていたくなるほどですよね。

タツノオトシゴ

こちらは、チリモンの中でもカニ以上にかなりの希少価値の高いものらしく、そのあまりのレア度から、発見したあとは観賞用にとっておく方もいるようです、
ただでさえレア度が高く、これまでのイカやタコと比べると普段の生活であまり目にする機会がないタツノオトシゴ。普通に生活していれば、水族館以外でタツノオトシゴを見る機会はほとんどありませんよね。見た目がテレビや水族館などで見るタツノオトシゴそっくりそのままですから、かっこよくて持っておきたくなってしまうのかもしれませんね。
たまたま買ったチリメンにタツノオトシゴが発見できれば、なんだかとてもいいことが起こりそうですね。

チリモン図鑑がある!

代表的なチリメンモンスターについてご紹介しました。「他にはどんなチリモンがいるのだろう?」「全部で何種類ぐらいいるのかな?」と気になり始めた方も多いのではないでしょうか。
そんな方に朗報です!なんと、チリモン図鑑というサイトが存在してるということです。これはチリモンマニアにはたまりませんよね。マニアでなくとも、いったいどれほどのチリモンが今現在発見されているのか気になるものです。
このチリモン図鑑はチリモンを特徴別、大きさ別などで検索ができて、自らのチリモンを投稿もできるようなのです。これは日々チェックしたくなってしまいますね!閲覧しているだけでもなんだかとても楽しそうです。
このサイトには、チリモンの探し方や、入手の仕方などが細かく載せられているので初心者の方にも分かりやすいサイトになっているようです。

チリモン専用のじゃこがあるって本当!?

一度、実際に自分の目でチリメンモンスターを見てみたいという方にも朗報です。なんと、チリモン専用のちりめんじゃこがあるのだそうです。
ファンの方には嬉しい、チリモン採取専用に作られたじゃこが存在するのです。必ずチリモンが入っているとなると、ワクワクも倍増しますよね。しかし、このチリモンは食用のものではないそうなので、間違っても白いご飯にかけたりせず、あくまでも趣味の範囲で行ってみてくださいね。

子どもの自由研究にぴったり

じわじわ来ている話題のチリモン、いかがでしたか。
チリモンゲットを自由研究などに活用してみるお子さんが増えているそうなのです。かわいらしい見ためと、この小ささなのでおうちのなかでも気軽にできそうですよね。
小さい時はこのくらいの大きさで、大きくなったらどのくらいになるかなど成長の様子を調べてまとめたりしてもおもしろいかもしれませんね。お子さんと一緒にチリモンにハマってみてはいかがですか?魚の種類も勉強できそうですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

寿司

日本人にはお馴染みの魚、「鮭」。読み方にも「サケ」と「シャケ」のふた通りあり、川で生まれて海で育ち、また川に戻って産卵をするという不思議な生態の魚です。ここでは、そんな不思議な魚、鮭の謎に迫っていきたいと思い…

おつまみ

魚のみりん漬けは、甘い風味が全体に染み渡りおいしいですね。でも、市販のものはちょっと味が濃かったり、甘みが強かったりします。そんな時は、自家製みりん漬けを作りませんか?甘さ控えめ、着色料ナシで安心の一品です。

豚汁 レシピ まとめ

具だくさんの豚汁。野菜もたくさん摂れますし、豚肉からも出汁がでてとってもおいしいですよね。でも豚汁以外は何を作ろう?と悩んだときは、こちらの記事をご覧ください。簡単に作れる豚汁献立をご紹介いたします。

北海道

寒い時期になるとスーパーに並び出す、ししゃも。特に子持ちししゃもなんかは、そのまま焼いてまるごと食べるのが好き、という方も多いですよね。でも、じつはそのししゃもは偽物かもしれません!あなたの食べたそのししゃも…

唐揚げ おつまみ

素揚げだとどこか物足りないアジやワカサギなどの小魚。ほんのちょっとカレー粉をプラスすれば味が大変身!ビールに負けないしっかりとした味で、お酒との相性も抜群です。ビニール袋で味付けして、フライパンで揚げ焼きする…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

ココア おつまみ

おつまみというとしょっぱいものが多いですが、日本酒やウィスキー、ブランデーには甘いおつまみがよく合います。そこで今回は、落花生を使って簡単にできる甘いおつまみをご紹介!余ったバターピーナッツでも作れる手軽でお…

かき氷

ミニストップの夏季限定スイーツ「ハロハロ」に、新フレーバーが登場!みたらしだれとあられ、きざみ海苔をたっぷりトッピングした、「ハロハロ みたらし団子」。発売直後から大きな話題になっているその味わいを、実食レビ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る