ローディング中

Loading...

パソコンやスマホの普及により、頭で考えずとも自動で漢字変換が可能に。一方で、漢字の表記による意味の違いを意識する機会が減っているのは確かです。その代表的なひとつ「匂い」と「臭い」。今回は使い方による違いを掘り下げてみようと思います。

臭いと匂い、使い分けてる?

"匂い"と"臭い"、皆さんはこの違いを明確に説明できますか。言われてみれば2つあるな、といったところですが、きちんとした使い分けを知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。

このように、読み方が同じ漢字同士のことを「異字同訓」と言い、日本語には様々な異字同訓があります。異字同訓の中には、声に出して読むとイントネーションなどが違ったり、そもそもの意味が違うものがあります。しかし、「匂い」と「臭い」は、声に出してみても分かりませんし、イントネーションも同じです。意味もそれほど違いがないように感じます。いったいこれらに明確な違いはあるのでしょうか。

きちんとした使い分けや、意味の違いについて説明していきたいと思います。今さら人には聞けないけど、詳しく知りたいという方、必見ですよ!

臭いと匂いの微妙な違い

それでは早速、「臭い」と「匂い」の違いについてお教えします。使い方を間違えると相手を不快にさせてしまう可能性があるこれらの表記、しっかりとその違いを知っておきましょう。

匂いの用法

「匂い」は、“快いにおい”だと言われているそうです。下記にいくつか例を挙げてみます。

・おいしそうな料理の匂い
・シャケを焼く匂い
・ごはんが炊けた匂い
・食欲をそそるにんにく匂い
・ステーキの香ばしい匂い

このようにどれも嗅いでいて心地よく、かつ心の幸福感がアップしたときに使うようです。
また嗅覚を刺激し、感情がポジティブになり目の前にお花畑が広がるような視覚的表現として使つかうときもあるそう。

好き嫌いがはっきり分かれる納豆は、一見不快に感じそうなものでも、食べる人やまわりの人たちが不快に感じていなければ、匂いを使ってもいいみたいです。

臭いの用法

一方で「臭い」は、“不快なにおい”を感じたときに使います。たとえばこうです。

・玉ねぎの腐った臭い
・生ゴミの臭い
・香水の臭い
・排水口の臭い

といった具合に、フッと鼻に入ったときに不快感をおぼえたり、不愉快に感じてしまう場合は「臭い」を使うようです。臭い(くさい)とも読むように、嫌な感じを抱くと匂いから臭いに変化するのかもしれませんね。

言葉として発するとき頭ではその違いを理解できていたとしても、それをいざ漢字にするとわからない、という人もより深く理解ができたのではないでしょうか。

カタカナのニオイは?

ところで、カタカナの「ニオイ」もまた何か特別な使い方があるのでしょうか。この表現の仕方は、生理的な面ではなくにおい成分を強調したい場合に使うそうです。このニオイには、よい悪いの区別はさほどないみたい。

・快いニオイは”香気”
・不快なニオイは”臭気”
・不快感を引き起こさせるニオイ

といったような使い方です。快感を得るか、不快感を得るかの違いではなくて、”におい”という単語自体に重きを置きたいときに使えるのがカタカナでの”ニオイ”ということになりそうですね。上記の「臭い」か「匂い」の判断に迷われる場合はこのカタカナを使ってみるのもアリかもしれません。

香りは?

匂い・臭い・ニオイと近い関係にある、「香り」はどう使い分けたらいいのでしょうか。香りは、あなたの快感を引き起こすにおいのことだそうです。例としては下記のようなものがあります。

・柔軟剤の香り
・バラの香り
・お茶のよい香り
・スパイスの香り

といったような使い方。香りと聞くと、不快感や悪いものが含まれていなくて、プラスな感覚がありますよね。いい意味として使っていた方も多いかと思われます。事実その通りで、香りは花や食べ物など、嗅いでいていい印象を持つものに使うことが多いようです。

くさいにおいは感じでどう書く?

では、”くさいにおい”はどうやって書くのが正解?どちらも漢字で表記したり、カタカナにしてみたりとさまざまですが、正式には「臭いにおい」と書きます。

常用漢字の改定により、”臭”に”におい”の訓が追加され、これと同時に”匂”の漢字と”におう”の訓が追加されることとなったそうです。それにより、この臭いにおいは「臭い匂い」とも書けるようにもなったらしい。

何をくさいとするかは人それぞれ!

ここでひとつ、注意していただきたい点があります。それは、においの感じ方は人それぞれだ、ということ。自分にとってはいいにおいだったとしても、相手にとっては不快感じてしまう場合があるからです。反対に、自分は不快なにおいだと感じ取っていても、相手にとっては心地よく感じる場合だってあるかもしれません。

タバコや香水がその代表的な例だと言えるでしょう。最近では専用の消臭スプレーが常備されている喫煙ルームがあるほど。また、香水は付ける部分や量はもちろんシーンに細心の注意を払わないと、まわりの人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。

自分が感じているにおいが必ずしも、いいものだとは限らないということでしょうか。

”におい”をうまく使い分けてみよう!

いかがでしたでしょうか?あなたが日頃何気なくつかっていた「におい」は快感を現すときには匂い、不快に感じたときは臭いと、使い方が大きく変わるんですね。漢字で書くときは、心地よく感じているかいないかを判断すれば、きっとさらに違いがわかるようになるかもしれません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

「お酒をのむ」は「飲む」ですか?それとも「呑む」?普通に考えると「飲む」ですよね。しかし「呑む」と表記される場合もあるのです。ではどんなときに「呑む」と表記されるのでしょう。「飲む」と「呑む」2つの漢字の使い…

おしゃれ

みなさんは「フレーバー」というと何を思い浮かべるでしょうか。また、正しい意味をご存知ですか?今回は、フレーバーの意味とフレーバーと名の付く飲み物、またそのレシピまでフレーバーについてをまるごとご紹介。今日から…

ランチや飲み会…。外食にあとに洋服についた食べ物のニオイが気になった経験ないでしょうか?ふと自分の家や職場に帰ってきたときに気がつくそのニオイ…。至急取り去りたいというときに使える方法を紹介します。…

レモン キムチ コーヒー

みなさんは、「冷蔵庫の臭いが気になる」という経験はありますか?それには、数々の原因が存在するんです。せっかくの食材を保存する場所が臭うなんて嫌ですよね。そんなお悩みを解決すべく、今回は冷蔵庫の臭いを取り除く方…

たこ焼き

ある人にとっては好ましいものでも、他の人には不快に感じることがあります。2015年あたりからネットで大きな話題になっているのが、新幹線における“たこ焼きテロ”です。そんな言葉が生まれた原因に触れるとともに、問…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

B級グルメ レシピ

ニューヨークの屋台めしとして大人気なのが、「チキンオーバーライス」なんです。レシピはサフランライスの上に、チキンやラムをのせて、お好みのソースをかけたものなんです。チリソースやホワイトソースなど、好きなものを…

レシピ アレンジレシピ まとめ

永谷園の社長、ミルク茶漬けを提案する--そんな衝撃的なニュースが飛び込んできました。この提案は、“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子さんやお笑い芸人の柳原加奈子さんらが出席した、お茶漬けの新しい食べ方を消費者…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る