ローディング中

Loading...

じゃがいもを切り、しばらくそのまま放置していると黒っぽく変色していることってありませんか?品質には問題ないとはいえ、できるだけ変色させたくないのが本音ですよね。そこで、今回は変色の理由や、変色を防止できるおすすめの方法をご紹介いたします。

緑、紫…じゃがいも変色七変化

じゃがいもといえば、お料理に使う代表的なお野菜のひとつですよね。ほうれん草やトマトなどの野菜と比べると日持ちもすることから、常にストックがあるという方も多いのではないでしょうか。
じゃがいもはアレンジが豊富なだけではく、実は栄養価も高い優秀野菜なのです。特に、「新じゃが」はビタミンCやカリウム、マグネシウムがたっぷり含まれているそうなので、「新じゃが」の季節にはぜひ食べたいですよね。
ですが、切ったじゃがいもを放置していると、中身がピンクや紫になったり緑色あるいは黒色に変色していたといった経験ありませんか?少し放置していただけなのに、なぜこんなにも早く変色してしまうのでしょうか。実は、ちゃんとした理由があったのです。
見た目が悪くなってしまったから捨ててしまってた!なんてもったいないことがないよう、ここでは変色する理由から変色を防止できる方法や保存方法までをご紹介していきたいと思います。

じゃがいもが黒や紫に変色する理由

買ってきたばかりなのに、変色してしまったじゃがいも。味に変化はないとは言え、なんとなくおいしさが半減してしまいそうですよね。そもそも、なぜこんな短期間に変色してしまうのでしょうか。

酸化が原因

じゃがいもが変色してしまう理由のひとつは、ポリフェノールの褐変反応によるものです。この反応は、ほかの食物にもあらわれるものだそうで、りんご、バナナ、ももなどの果物をはじめ、野菜やいも類にも多く発生するのだとか。この反応により、黒く変色してしまうのです。
一般的な食品の褐変には、酸化酵素が関係していますが、じゃがいもの場合はチロシンというアミノ酸の一種が関係しています。チロシンが空気に触れ、酸化されることで、「メラニン」と呼ばれるものが発生します。これが変色している元となっているのです。
メラニンという物質は聞き慣れている方も多いでしょう。日焼けをすると紫外線を吸収して、ほくろやシミ、そばかすの原因になるものですよね。これがじゃがいもでも起こっているのです。色はピンク、赤褐色、茶色、黒色という順に変わっていきます。言われてみれば、これは人間の日焼けのメカニズムと似ていますよね。

食べられるの?

気になるのは黒くなってしまったじゃがいもはそのまま食べてもいいのかということについてでしょう。病気や雑菌などの反応ではないので、もちろん食べることができます。
また、さきほど紹介した物質のメラニン自体に毒性はありません。とはいえ、なんだか食べるのを躊躇してしまうという方は、黒くなった部分を取ってしまえば、問題なくお料理に使用して安心して食べられますよ。

緑色に変化していたら食べない方が良い

じゃがいもの一部が黒色に変色しているのは基本的に問題ありませんが、緑色に変色をしている場合には注意が必要です。じゃがいもが緑色に変色するのは、ほかの動物に食べられないようにするためなんだそう。自己防衛の意味があったのには驚きでよすね。
緑色に変色している場合はソラニンやチャコニンという有毒物質である可能性が高く、食べ過ぎると腹痛やめまい、嘔吐などの中毒症状を引き起こすことがあるそうで、子供の場合は命にも大きく関わってきてしまうのだとか。もし食べてしまった場合は、速やかに病院へ行きましょう。
ソラニンやチャコニンは熱にも強く、火を通しても食中毒を引き起こす可能性があるそうなので、十分注意しましょう。この毒素の特徴としては、苦味やえぐ味、渋みがあるそうなので、少しでもそう感じたらすぐに食べるのをやめて処分してください。
また、家庭菜園でじゃがいもを栽培している方も注意が必要だそうです。小ぶりな未熟ものでも、たとえ芽が出たり、緑色に変色をしていなくてもソラニンやチャコニンを含んでいる可能性があるそうです。自家栽培したものでもちゃんとした知識を持っていないと、危険な目に合うかもしれないので、十分注意してください。

じゃがいもの芽はどう処理すればよいの?

じゃがいもの芽に含まれているものは、ナス科の植物によくみられるソラニンというアルカロイドの一種だそうです。実は、これは芽だけではなく正常なじゃがいもにも多く含まれているそうなのですが、芽以外の部分に含まれるソラニンは少量なので、毒性は少ないそうです。
じゃがいもの芽は、根元を含めて完全に取り除き、 包丁の手元の方を使って、円を描くようにすると取りやすいようです。深めに取ってしまったほうが、安心かもしれません。緑に変色をしたときと同じように、有害物質が含まれているということでこちらにも十分に注意が必要です。

変色を防止するにはどうしたらよいの?

水に浸ける

変色を防止する方法として、最も簡単なものに水に浸けるという方法があります。そもそも、切った部分が空気に触れることで、変色が始まってしまうため、しっかりとじゃがいもが隠れるぐらい水に浸せば、空気に触れず変色を防止することができます。タッパーなどに入れて冷蔵庫へ入れ、1週間ほど保存が可能ですので、忙しくて毎日買い物に行けないという方は実践してみてくださいね。
しかし、じゃがいもの栄養素は水に流出してしまうため、できるだけ早く食べることをおすすめします。水につけるだけという簡単な方法で変色が防止できるとなると、試さないわけがないですよね。

酢水につける

酸化してポリフェノールが褐変反応を起こすのを止めるには、酢水につけるのが効果的です。

食べるときにちょっと躊躇してしまうような変色も、下ごしらえの時点で酢水につけておくことで防ぐことができます。

冷凍する

もうひとつの方法として、冷凍するという方法があります。ちなみに、生のままの冷凍は避けたほうがよいそうです。生のまま冷凍すると細胞組織が壊れるそうで、解凍後は水分がなく食感も悪く、おいしく食べられなくなってしまいます。
冷凍保存をするなら、茹でるか蒸すかして火を通すことをおすすめします!残ってしまったじゃがいもは潰して冷凍しておけば、解凍後もコロッケやマッシュポテトとしてもおいしくいただけます。また、離乳食にも便利ですよ。
茹でてしまったじゃがいもは生の場合より日持ちが悪いため、冷蔵庫で1〜2日しか保存ができません。早めに使い切るか、冷凍をするとよいですね。水につけて冷蔵庫へ入れるか、冷凍保存がよさそうです。

じゃがいもを賢く使おう

じゃがいもの変色について説明しましたが、いかがでしたか。大量に買ったじゃがいもを変色させてしまい、泣く泣く捨ててしまったといった方も多いのではないでしょうか。この方法を覚えておけば、じゃがいもを無駄なく賢く使うことができそうですね。
じゃがいもは、お味噌汁、ポトフ、肉じゃが、コロッケ、カレーライス、グラタンなどなど使える料理がたくさんあるのでなるべく長持ちさせて、多くの料理に使ってみたいですよね。ビタミンCが多く、加熱しても損なわれないところも魅力です。
野菜の保存方法はそれぞれ違ってくるため注意が必要です。今回は、じゃがいもの変色する原因からの理由と変色防止、保存の仕方までもれなくご紹介してきました。
じゃがいもを多く買ったり、もらったりしたときに、これらの変色防止方法を活用していろいろなじゃがいも料理にチャレンジしてみてくださいね!これであなたも「じゃがいもマスター」になれるかもしれませんよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

北海道 じゃがいも レシピ まとめ

いももちをご存じですか?いもだんごと聞いたらわかるという方もいるかと思います。いももちという呼び名は、北海道地方で浸透しているそうです。今回はそんないももちの定番の作り方、人気のレシピ、アレンジレシピをたっぷ…

マッシュルーム きのこ

マッシュルームは日持ちしない食材です。生のまま保存していると、2~3日で傷んでしまいますね。長期保存は冷凍保存やオイル漬けがおすすめ。マッシュルームのおいしさもアップしますよ。上手な保存方法についてご紹介しま…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

暑くなると食べたくなるアイスですが、冷凍庫に保存したアイスの賞味期限はいつまでかご存じですか?何週間も前に買ったアイス、未開封なら食べても大丈夫なのか、開けてしまったらアイスも腐るの?など、アイスの気になる保…

じゃがいも ガレット レシピ まとめ

年中手に入るじゃがいもは、常備している方も多いですよね。じゃがいもを使ったガレットは、カットして焼くだけで豪華なおかずが完成。味付けは様々ありますが、チーズ味やソースを使ったガレットを中心にガレットレシピを紹…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ パスタ

フライパンを使わずに電子レンジだけで作れる「焼かないカルボナーラ焼きそば」のレシピをご紹介します!とろ〜り卵の食感がたまりません。フライパンで焼かないのにこんなにおいしくできるなんて、驚くこと間違いなしです♩

バター レシピ

さまざまな輸入食品を扱うセレクトショップ「カルディ」。中でも「たらこスプレッド」というたらこを贅沢に使ったバターが爆発的に売れているのをご存知でしょうか?今回は、「たらこスプレッド」を使った時短×絶品レシピを…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る