ローディング中

Loading...

毎朝起きがけに飲めば整腸作用、夜眠る前に飲めば安眠効果が期待できる「スパイス白湯」。コリアンダーやブラックペッパー、クミンなどのスパイスを調合した白湯の進化系とも言えるこの飲み物は、効果もハイレベルです。飲むとどんな効果があるのでしょうか?

白湯を上回る「スパイス白湯」って何?

100℃まで沸騰させたのち50℃まで冷ましたお湯を、一般的に白湯と呼んでいます。
この白湯を飲むだけで、胃腸の働きを改善したり代謝をアップする効果が見込めるんです。何と言っても、お金をかけずに着実に美に近づけるのが最大の魅力。
今回ご紹介する「スパイス白湯」は、数々のスパイスをブレンドさせた白湯の進化系で、肌・体に最高にいいと世の女性たちの間で話題にあがっているものです。
白湯単独でもすばらしい活躍を見せてくれるけど、スパイスの投入によりさらなるパワーを引き出してくれる「スパイス白湯」のその驚きの効果とは、一体どんなものなのでしょうか……?

スパイス白湯の効果は?

便秘解消

辛い便秘でお困りの女性のみなさま、うれしいお知らせです。朝起きてすぐスパイス白湯を飲んでみて。冷え切った内蔵が温まるので代謝がアップします。早い人だと3日目くらいに変化があり、ぽっこりお腹やニキビや吹き出などの肌トラブルともさよならできるかもしれません。詳しいスパイスについては、後ほど。

香りで満腹感

ターメリック、ジンジャー、シナモン、クミンなどのスパイスには、アロマ的効果が期待できるんです。心地よい香りを嗅ぐだけで脳の満腹中枢が刺激されて、スパイス白湯1杯で満腹感を得られるんだそう。ダイエットとして取り入れるなら、食事前がおすすめ。

バリエーションがある

「朝起きて白湯、お腹が空いたら白湯、夜寝る前に白湯……」。来る日も来る日も白湯だけなんて、いくらなんでも飽きてしまうでしょう。料理で使う機会が多いバリエーション豊かなスパイスたちが、あなたの白湯ライフに華を添えてくれます。

基本のスパイス白湯の作り方

それでは実際に「スパイス白湯」を作ってみましょう。と言ってもやり方はびっくりするほど簡単です。グツグツに沸騰したお湯をマグカップに移し、2〜5分ほど放置して白湯を用意。猫舌の方は、5分くらいおくとちょうどいいかもしれません。
そしてその白湯に、ブラックペッパーやコリアンダーなどそのときのあなたの体の調子、気分に合わせてスパイスを入れるだけ。ちょうどいい湯加減になるまでの間、歯を磨いたり洗顔したり、メイクをしたり隙間時間を有効活用できるから、あなたの生活のおじゃまは致しません。

おすすめのブレンド

スパイスとひと口に言っても、種類によって効果はさまざま。しかも、ほかのスパイスとブレンドしたり、量の比率を変えたりと何かしらのちょっとした変化を加えるだけで、得られる効果は全然違うんです。多くの女性が抱えるであろう、悩みやストレスに合わせたブレンドをご紹介します。

冷えなら…

消化を助ける働きのあるコリアンダーと、脂肪燃焼効果が高いクミンのブレンドベースに、体を温め血行促進をサポートするジンジャーをプラス。朝の1杯にぜひ。辛い冷えは頭痛や生理痛、肩こりや顔のくすみなど全身にその影響が出ますから。

風邪のひきはじめに…

「あれ?なんか熱っぽいかも」と感じたときは、抗菌作用や痛みを和らげる鎮痛効果が期待できるブラックペッパーを。発汗を促して代謝をアップさせてくれるジンジャーを加えれば、ポカポカして体が楽になるのを感じられるはず。

腸のトラブルに…

私便秘なの。。。私は逆にお腹がゆるくて。。。どちらの方も腸に何らかのトラブルがあるのかも。そんなときは、体の中に溜まってしまった重金属を外に出す働きに長けたコリアンダーと、腸内の環境を整える効果があるクミンを組み合わせてみては、いかがでしょうか。お腹がゆるめの場合はコリアンダー多めがいいでしょう。

二日酔いに…

頭痛や吐き気など、辛い二日酔いから一刻も早く脱出するためには、体の中に溜まったアセトアルデヒドを外に出す必要があります。コリアンダーは利尿作用にすぐれていて、体内の不要な毒素を外に出してくれるんです。そこに七味唐辛子をプラスして発汗を促せば、汗と一緒に毒素が出ていってくれます。

イライラに…

仕事で、プライベートで、なかなかうまくいかなくてイライラしてしまうこと、あるでしょう。そんなときは、気持ちのイライラを和らげてくれるブラックペッパーとコリアンダーをササッとプラスして、飲んでみてください。夜眠る前に飲めば、あなたを心地よい夢の中へ誘ってくれるでしょう。

スパイス白湯の注意点

温かいうちに飲む

できれば、温かいうちに飲みましょう。なぜなら、白湯の温度によってスパイスの香りがより引き立ち、アロマ効果を高めてくれるため。なおかつ、冷え切った体を芯から温めてくれるから、ホットな状態でいただいてください。

まずは少量から

もしあなたが胃腸が弱いのだとしたら、少しずつからトライしてみてください。スパイスの刺激が強すぎて、逆にお腹がゆるくなって下してしまう場合があるからです。気持ち悪くなったり、気分がすぐれないな、と感じたときは少量にとどめておくか、思い切ってやめたほうがいいかもしれません。

より美しく、より健康に

コリアンダーやクミン、ジンジャーなどのスパイスをブレンドした白湯の進化バージョン「スパイス白湯」は、整腸作用や体の冷え、二日酔いなど体のトラブルに対する効果は絶大。これから本格的な寒さとの戦いが訪れる冬に向けて、ぜひ毎朝の1杯をコーヒーからスパイス白湯にしてみてはいかがでしょうか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

アヒージョ レシピ まとめ

パーティーにも人気なエビのアヒージョ。エビとマッシュルームを使った基本の作り方はもちろん、簡単レシピやおすすめレシピ、お手軽にアレンジできるおいしい食べ方まで、いろいろなレシピが登場しますよ。ぜひチャレンジし…

鶏肉 レシピ まとめ

「チキンライス」は、オムライスやドリア、ライスコロッケなど、さまざまなレシピに応用できる便利な料理ですよね。今回は、基本の作り方や炊飯器で作る簡単レシピ、シンガポールのチキンライスなど、人気レシピをご紹介しま…

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

カクテル

爽やかな飲み口で人気のカクテル、ジンバック。でも、ジンバックの作り方や名前の由来って意外と知らない人も多いかもしれません。今回は、ジンバックの作り方や由来について詳しく調べてみました。バーで注文するとき、ちょ…

レシピ まとめ

しっとり柔らかな「蒸し鶏」は、和洋中さまざまな料理に活用できます。レンジを使った手軽な作り方もあるので、火を使わずサクッと料理をしたいときにもおすすめなんですよ♩今回は、基本の作り方や、いろいろなアレンジで楽…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ 新宿 お土産 まとめ

人に手土産を選ぶのは難しいですよね。そんな時は新宿伊勢丹なら間違いなし!高品質なスイーツが集まっている伊勢丹なら、定番のものから最新のものまで、相手の好みに合わせて購入することができるんです。まずはおすすめの…

まとめ ドリンク レシピ

梅には多くのクエン酸が含まれているため、とっても酸っぱいですよね!でも、そんな酸っぱさがとっても健康に良いんだとか。カルシウムや鉄も豊富に含まれているんです☆今回はそんな梅を使ったドリンクとそのアレンジレシピ…

まとめ

スターバックスアメリカには裏メニューが実に多く存在するそうですが、今回は人気の高いフラペチーノ編5選の紹介です。共通しているのは見ているだけで甘さが伝わってくるところでしょうか。相当量の砂糖を覚悟して試してみ…

まとめ B級グルメ

B級グルメは「安価で、庶民的でありながら、おいしいと評判の料理のこと」。そんなB級グルメを美味しい食材のとれる中部地方の各県別でまとめました。どれも美味しそうで面白い!料理ばかり。北陸・東海・甲信越にいく際に…

居酒屋 カクテル メイソンジャー まとめ

「居酒家 土間土間」で2015年5/19日(火)から、アメリカ発祥の保存容器を利用したドリンク「Jarカクテル」が新登場!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

まとめ

和スイーツやドリンクなどの素材として人気の「きな粉」。なんとなく健康効果が高いというイメージはあっても、実際どのような作用が期待できるかご存じですか?女性にうれしい「きな粉」の効果、おすすめレシピをご紹介しま…

ハイブリッドスイーツ スコーン クッキー レシピ

ハイブリッドスイーツの「スコッキー」って知っていますか?これはその名のとおり、スコーンとクッキーを組み合わせたもので、外はサクッと中はしっとりの新感覚が楽しめます。ホットケーキミックスで簡単に作れるんですよ。

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。

ページTOPに戻る