ローディング中

Loading...

バナナは時間がない日の朝食にも、ちょっと小腹が空いたときのおやつにもぴったりの万能な果物です。いつも家庭に常備しているという方も多いのではないでしょうか。しかしバナナは置いておくと、だんだん黒ずんでしまいます。食べても大丈夫なのでしょうか?

バナナの黒い部分って食べる?

皆さんバナナの「黒い部分」って食べますか?バナナが大好きでよく食べるという人でも、あんまりあの黒い部分は食べたくない、という人は多いかもしれません。なんだかもったいないですが捨ててしまう、という方もいるのではないでしょうか。

そもそも、なぜバナナは黒くなるのでしょうか。そして、黒い部分は食べても大丈夫なのでしょうか。バナナをおいしく保存するための正しい方法とは。今回はバナナの特徴についてたっぷりご紹介します。この記事を読めば、バナナをもっとおいしく食べられるようになるでしょう。

バナナの黒い部分って何?

そもそもバナナの黒い部分って何なのでしょうか。病気になっていたり、虫にくわれていたりするんじゃないの?って思われる方もいるかもしれませんね。しかしご安心して下さい。これは実は、これはバナナの生理現象なんです。

バナナにはタンニンという成分が含まれています。タンニンは、お茶の苦味成分として知っている方もいるかもしれませんね。バナナが酸化するとこの成分がポリフェノールオキシダーゼという酵素で酸化され、酸化されたタンニンによってバナナの色が黒くなるのです。

バナナに元々含まれている成分ですし、腐っているわけではないので、そこまで心配する必要はありません。

おいしさを守りたいバナナの本能

でもなんでバナナは黒くなるのでしょうか。この現象は、おいしさを守りたいバナナの本能的な現象なのです。

バナナに刺激が加わるとそこから菌が発生してしまいます。菌の繁殖を防ぐために、黒く変色しているのです。

皮にできる黒い点は何?

バナナは自分でエチレンガスという果実の成熟を促進する成分を出しているので、追熟といって、自然に熟成が進んでいってしまいます。

おいしさの証「シュガースポット」

バナナの皮に黒い斑点が出来たころが食べごろだと言われています。これを「シュガースポット」と言います。

この斑点が見られる状態だと、ほどよく熟しているそう。それ以上おいておくと、皮も中身も黒くなっていってしまいます。

バナナの正しい保存方法

バナナは黄色い状態で収穫されるのではなく、まだ緑色のうちに収穫され、日本に輸入されていきます。そして、日本でエチレンガスをかけて黄色に熟させて、スーパーなどの店頭に並んでいます。

バナナはきれいな黄色で黒い斑点のないもののほうがおいしそうに思えますが、まだこの状態では甘くなりきっていません。追熟によって熟すことで、果実に含まれるでんぷん質やペクチンなどの成分が酵素で分解されて糖に変化します。そうすることであの甘いバナナになります。その証拠が皮の黒い斑点なんです。

新鮮でおいしいバナナの選び方と、おいしいバナナを長く楽しむための方法をご紹介します。

新鮮なバナナの選び方

まず、新鮮なバナナはどのように見分ければいいのか、4つのポイントをご紹介します。
よく言われているのは、シュガースポットと呼ばれる皮の黒い斑点が出ているものです。確かにこの状態のバナナは、追熟が進んでおりおいしい状態になっています。ただし、バナナはそのまま置いておいても追熟がどんどん進んでいってしまうので、こういったバナナを買ったらすぐに食べるようにしましょう。
また、バナナは黄色になる直前に収穫したものが美味しいです。こういったバナナは角張っていないのが目印です。
茎が短くて太いもののほうが、バナナの房の中でも根本のほうにできたものです。先端と比べて甘さが集まっているので、甘くておいしいはずですよ。
茎に筋が入っていると、熟させているスピードが早いので、味がいまいちなことがあります。筋がないものを選んだほうが甘くて美味しいバナナを食べられやすいでしょう。

バナナをおいしく保存するには?

おいしい新鮮なバナナを選んできたら、それで終わりじゃありません。保存方法に工夫をすると、おいしいバナナをもっと長く楽しめるようになります。
まずは、バナナの房を皮ごとラップでぐるぐる巻きにする方法です。ラップは空気を大幅に遮断してくれるので、こうすることで、空気に触れにくくなります。黒くなる原因は酸化ですが、酸化には酸素が必要です。空気に触れにくくなることで酸素も少なくなるので、酸化が進みにくくなります。
さらに、バナナはバナナスタンドなどで吊るしておくほうが、おいしい期間が長持ちするのだそう。普通に置いておくと、デリケートなバナナは接触した面から痛んでしまうのだそうです。バナナスタンドがなければ、普通のフックなどでも大丈夫だそうです。
また、バナナは一本ずつ離しておくようにしましょう。バナナ同士が発するエチレンガスの影響を互いに受けることで、追熟が進んでしまうからです。一本ずつ離して置くことで、他のバナナのエチレンガスの影響を受けなくなるので、まとめて置くよりも追熟が進みにくくなります。
上記二つは生のままなんとか長くおいしく食べよう、という方法です。冷蔵庫に入れて保存してもよいのですが、低音障害を起こしてしまう可能性があります。その場合は一本ずつ新聞紙で厚く包み温度の下がりすぎを防止した上で、ポリ袋に入れ、口を縛ることで空気との接触を減らすようにしてください。ただ、こちらも1、2日で食べるほうがよいとのこと。

もっと長く置いておきたい、という場合は冷凍バナナもまた違ったおいしさがあります。冷凍保存すると、低温で追熟を止めることができるので長くおいしく楽しめますし、黒くもなりにくいです。ただし低温障害には気をつけてください。冷凍していても早めに食べるようにしましょう。

バナナはすごく健気だった

バナナって実はすごく苦労していて健気な果物なんですよね。黒くなるのも自分を菌から守るためなんです。黒いところもおいしく食べましょう。

でもやっぱりバナナはきれいなうちに食べたいよという方は、保存方法も活用しつつ、ぜひお早目に食べるようにしてくださいね。バナナは小腹が空いたときにも簡単に空腹を満たしてくれる、食物繊維の豊富で優秀な果物です。ぜひみなさん朝食やおやつでバナナを取り入れてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

暑くなると食べたくなるアイスですが、冷凍庫に保存したアイスの賞味期限はいつまでかご存じですか?何週間も前に買ったアイス、未開封なら食べても大丈夫なのか、開けてしまったらアイスも腐るの?など、アイスの気になる保…

パイナップル スイーツ フルーツ まとめ

南国フルーツの定番パイナップル。日本で販売されているのは大半が輸入品ですが、国内では主に沖縄産で、5月~8月が旬ってご存知でしたか?今回は、夏においしいパイナップルを使った注目のパイナップルスイーツをご紹介し…

豆腐

いつでも買い求めやすい「豆腐」。ヘルシーで美容にも効果があり、使いやすい万能食材です。嬉しい栄養がたっぷりですが、気が付くと賞味期限が切れてしまった事もありますよね? 今回は、保存方法や長期保存可能な充填豆腐…

バナナ フルーツ

バナナの飾り切りの中でも特に人気な「バナナイルカ」の作り方をご紹介します!難しいテクニックは一切不要。ナイフと油性ペンがあれば、にっこりほほえむイルカちゃんが簡単に作れちゃいますよ!キュートなアレンジアイデア…

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

疲れた1日を締めくくる晩酌のおつまみは、おいしさと同じくらい「手軽さ」が大事。そこで今回は、冷蔵庫にあるものですぐにできるレシピをご紹介。お餅のカロリーが気になるという人も多い磯辺焼きも、長芋なら安心♩

東京 まとめ ランチ

夏になると食べたくなるメニューのひとつ「冷やし担々麺」。この夏ぜひ食べて欲しい絶品「冷やし担々麺」を食べられる東京のおすすめ店をご紹介します。「龍天門」などの高級店からおしゃれな広尾の「はしづめ」リーズナブル…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る