ローディング中

Loading...

一人焼肉がアリなら一人バーベキューだってアリでしょう!最近、一人でバーベキューをする様子をSNSに投稿する人が増え続けているんです。さみしい一人遊びのようで、やってみるとかなり楽しい「一人バーベキュー」。その魅力をご紹介します。

バーベキューもおひとりさまが当然!?

集団行動が得意と言われる日本人ですが、「一人のほうが楽」という人が増えていますね。その影響か、最近「一人焼肉」「一人カラオケ」などの「一人○○」がちょくちょく話題になっています。中でも注目を集めているのが、「一人バーベキュー」。

バーベキューといえば大勢でわいわい楽しむものというイメージが強いですが、「一人バーベキュー」にチャレンジする人が続出しているんです。一人バーベキュー用の道具もかなり売上げを伸ばしているそうですよ。

そこで今回は、この「一人バーベキュー」の魅力と、実際に「一人バーベキュー」をするにはどうすればいいか、お伝えしたいと思います!

一人バーベキューの魅力

のんびり食事を楽しめる

一人バーベキューの魅力のひとつは、準備さえ済ませてしまえばマイペースで食事を楽しめるところ。

食べる人がほかにいないわけですから、お肉がよい焼き具合になるまでじっくり待って、一番おいしいタイミングで食べることができます。

また、一人でバーベキューって準備と後片付けが大変そう、なんて思うかもしれませんが、一人分の食材を調理するだけなので、実のところ大した手間はかからないんですよ。

周りに気を使わなくていい

一人バーベキューの魅力は、なんといっても「他人に気を使わなくていい」ところ。

周りに人がいないなら他人の分までお肉を焼く必要はありませんし、お酒を無理強いされることもありません。

気遣い症の人がバーベキューに参加すると、周囲の人にお肉が行き渡っているか気になって、自分はほとんど食べられなかった……、なんてこともありますよね。でも、一人バーベキューなら大丈夫。気を使うのは網の上だけでいいんです。

思う存分好きな食材だけを食べられる

好きなものだけを好きなだけ食べられる。これも一人バーベキューのメリットです。

献立を自分で決められるわけですから、好物だけをそろえることができますし、苦手なものをお皿に乗せてくる友人はいません。

一切の憂いなく、バーベキューで得られる食の喜びを満喫できるわけですね。

一人バーベキュー、どこでやる?

とりあえず、自宅の庭やベランダなどではやらない方がいいでしょう。一人用として売られている小さなグリルでも、煙はそれなりに出てしまいます。ご近所迷惑になるようなことは避けてください。

また、大勢でバーベキューをする人が好んで集まるような場所もあまりおすすめできません。楽しそうな笑い声を聞いているうちにさみしくなってしまうかもしれないからです。

とはいえ、基本的には広々とした河原や山林などが一人バーベキューに向いています。ソロキャンプの雰囲気を出して一人バーベキューをやるのもなかなかおつなものですよ。ただし、バーベキュー場でない山林や河原などでは火器の使用が禁止されているところも多いので、バーベキューしてもいい場所かどうか、きちんと確認してから行うようにしてください。

結構みんなやっている!

先でもお伝えしたとおり、近頃は一人バーベキューをしている様子をSNSに上げている人が大勢います。

「一人バーベキュー。ストレス発散になったかな。 やり方とかなんとかは全く気にしないですよ。 それが普段の色々な事を忘れさせてくれるのかも。とにかく今良い気分♪ 」

「今日のお昼家の前で一人バーベキューやってたらお父さんに一人で何やってんだwwwって言われたけど楽しかったお\(^o^)/」

「パパんママンがばべきゅに行って、そのお裾分けで一人バーベキューなう。自分の焼き加減で食えるので極上だわ。 」

などなど、みんなそれなりに楽しそう♩マイペースに食べられる一人バーベキューの魅力を堪能しているのがわかる投稿がたくさんありました。

一人バーベキューに役立つグリル

ドッペルギャンガーアウトドア「オヒトリサマバーベキューグリル」

ドッペルギャンガーアウトドアの「オヒトリサマバーベキューグリル」は、一人バーベキュー用グリル界のiPhoneとも呼べる存在です。

付属品のすべてを収納して持ち運べる、A4サイズの超コンパクトバーベキューグリル。
ケースを開き、グリル網とトレイをセットすれば準備完了。火床に炭を置いてすぐにでもバーベキューを始められます。

何よりの魅力は、持ち運びしやすいこと。一人で持てる荷物には限界がありますから、携帯性が高いというのはとっても大切なんですよ。

ロゴス「ピラミッドグリル コンパクト」

ロゴスの「ピラミッドグリル コンパクト」も人気の高い商品です。

一人バーベキュー用のグリルとしてはやや大きめですが、造りがしっかりしていて頑丈。重量があるのはややネックですが、その分安定感があり、安全性の高さも魅力です。

ユニフレーム「ユニセラTG-Ⅲ」

ユニフレームの「ユニセラTG-III」は、卓上用のバーベキューグリル。その焼網は、大手焼肉チェーン店などで使われているものと同程度のサイズ感です。

V字の底部から風を吸い上げ、空気を大量に供給する構造になっていて、火力は高く、安定しています。また、内側にはセラミックパネルがあり、熱せられたパネルから出る遠赤外線が焼きの効率を高めてくれるそうです。

丸洗いできるので、使ったあとできれいな状態をキープしやすいところもいいですね。

フィールドア「折りたたみコンパクトバーベキューコンロ」

フィールドアの「折りたたみコンパクトバーベキューコンロ」は、火床がスライド式なので、簡単に炭の出し入れができます。またバーベキューコンロとしてだけでなく焚き火台としても使用可能。これがあれば、直火禁止の場所でも焚き火を楽しめますよ。

バンドック「バーベキューコンロミニ グリルQ」

見た目がかわいいバンドックの「バーベキューコンロミニ グリルQ」。以外と耐久性が高く、ハンドル付きなので持ち運びしやすい点も魅力です。

また、しっかりとした足が付いているので、安定感があります。グリルを倒して火傷、なんてことを心配してしまう人に向いているアイテムともいえるでしょう。

その他、必要な道具

木炭

バーベキューに欠かすことのできない燃料が木炭。これがなければ食材を焼くことができません。

一人バーベキューなら1kgもあれば十分でしょう。木炭に火をつける際は、新聞紙など燃えやすいものに着火してから、木炭に火を移すようにしてください。

軍手

炭を扱うバーベキューでは手が汚れやすく、熱くなったものを持つ機会もあります。そのため、軍手は必ず持参するようにしましょう。

なお、より安全性を考えるなら、耐熱性の素材でできた手袋が一番です。

トング

トングはバーベキューの必須アイテム。食材を焼くとき、網から引き上げるときなどに使います。炭用のトングも用意すると、より安全にバーベキューを楽しめるでしょう。

火消し壷

バーベキューでは後片付けも大切です。

食材を焼き終わったら、燃え盛る木炭をそのままにせず、火消し壷に入れて消火しましょう。トングなどで炭を壷の中に移し、ふたをするだけでOKです。

一人バーベキューにチャレンジしよう

一人バーベキューの魅力、おわかりいただけたでしょうか。

大勢で楽しむばかりがバーベキューではありません。開放感のある屋外で炭火で焼いた食材を食べる……、そのおいしさだけを追求するなら、むしろ一人の方がはるかにいいのは間違いのないところです。

今度の週末、好きな食材とコンパクトなグリルをもって、河原へ遊びに行ってみませんか?一人で楽しむバーベキューの魅力がわかったら、あなたも一人遊びの達人に一歩近づけたといえるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

海老 おつまみ

エビには旨味がたっぷり!その旨味を活かしつつ、クセになるバーベキューソースでさらにおいしく食べてみませんか?BBQグリルとはいってもフライパンで焼くだけなので簡単!香ばしく仕上げたやみつきグリルを、手づかみで…

マシュマロ レシピ

今やバーベキュー定番食材、マシュマロ。串に刺して焼くと、とろとろっと溶けていく姿に、見ているだけで頬がゆるんでしまいますよね。 そこで今回は、バーベキューで人気のマシュマロデザートのレシピをご紹介します。

鶏肉

ジャマイカ料理の「ジャークチキン」を食べたことはありますか?あの人類最速のウサイン・ボルトも、故郷のジャマイカでジャークチキンを食べて育ったとか。今回は、ジャークチキンという料理について、スパイスの作り方など…

牛肉 まとめ

会員制の大型スーパー「コストコ」。まるでアメリカの倉庫のような大きな売り場には、圧倒的な安さと品質を誇る商品が並んでいますが、今回はそのなかの「牛肉」に注目してみましょう。各部位ごとの特徴と、おすすめレシピを…

シュラスコ まとめ

2016年夏の話題はなんといってもリオデジャネイロ・オリンピック。開催国ブラジルの名物料理「シュラスコ」はご存じですか?みんなでワイワイ楽しめる、ブラジル料理「シュラスコ」とはなにか、おいしいお店やレシピまで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考に…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 韓国料理 食べ歩き アジア料理

海外旅行が好きな方、食べることが好きな方、ぜひご注目を!このたびmacaroniでは、「DeNAトラベル」の協力を得て、韓国「明洞屋台」&台湾「夜市」の2大食べ歩きエリアを特派員として取材してきてくださる記者…

チョコレート デニッシュ パン

イトーヨーカドーの「デニッシュブレッド」がとびきりおいしいデザートパンに大変身!その名も「オリジナル濃厚チョコデニッシュ」。ベルギーチョコがたっぷりと入り、しっとりとした食感になったこのパンの味わいを、発売前…

レシピ まとめ サンドイッチ パン

まあるいポッケみたいなピタパンは袋状なのでサンドイッチよりもこぼれる心配がなくて食べるときはちょっぴり気が楽ですよね!気分によって色々なものを詰めたくなります♡ピタパンそのものをおうちで作れますのでチャレンジ…

バーズワーズ(BIRDS' WORDS)から販売されているフリーカップをご存知でしょうか。自分で使うのはもちろん、プレゼントにも最適の素敵なカップなんですよ♪今日はこの素敵なカップについてご紹介いた…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...