ローディング中

Loading...

つやつやの健康的な髪の毛は、いつの時代も素敵な女性の象徴ですよね。シャンプーやオイルでヘアケアをしている方は多いと思いますが、内側からのケアはどうでしょう?亜鉛をたっぷり含む食べ物をとることで、さらなる美髪を目指しましょう!

亜鉛が髪にいいってホント?

亜鉛は、髪の毛の99%を占めるたんぱく質を、髪の毛へと構成する為に必要な栄養素であることをご存知でしょうか?どんなに良質なたんぱく質を摂取したとしても、亜鉛が不足していたら髪の毛の成長には繋がらなくなるのです。

また、それだけではありません。亜鉛は抜け毛・薄毛の原因であるDHTを生み出す5αリダクターゼの抑制にも効果があるとされているのです。

髪の毛にとっても健康を維持する為にも亜鉛は必須栄養素と言えます。亜鉛を効率よく摂取することによって、綺麗な髪の毛を目指しましょう。

亜鉛が髪にいいと言われる理由

亜鉛は抜け毛の原因である5αリダクターゼ酵素を抑制したり、発毛に効果的と言われている毛母細胞を活性化させたりする働きを持っていると言われています。これらの効果によって髪の細胞分裂が促されて、新陳代謝が活発になっていくのです。

頭皮や髪の新陳代謝が促進されることによって、薄毛や白髪など毛髪に関するトラブルの緩和・改善を期待できるのです。

亜鉛は食事で摂取したたんぱく質を髪の毛に生成する働きがあり、結果として薄毛対策や美髪を作る手助けをしてくれるのです。

亜鉛が不足すると髪にどう影響する?

抜け毛や白髪の増加

一度気になると気になり続けてしまうのが抜け毛。抜け毛の原因は5αリダクターゼと呼ばれる酵素にあります。この5αリダクターゼ酵素を抑制する働きが酵素にあるとされているのです。ですから結果として、亜鉛を摂取すると抜け毛を防いていくことができるのです。

亜鉛の効果はそれだけではありません。白髪防止にも役立つと言われています。白髪は、髪の毛のメラニン色素が減少することによって引き起こります。メラニン色素を生成するためにチロシナーゼという酵素が必要となります。メラノサイトの機能低下を防ぎ、チロシナーゼの働きを促進することができるのが亜鉛なのです。

髪の毛が細くなる

亜鉛の不足は髪の生成に大きく関わります。

亜鉛を十分言摂取できない場合、髪の毛を生成する「ケラチン」が不足していくことで髪の毛が細くなっていきます。これによって全体的に頭皮が見えて頭髪が少ない印象になってしまいます。

他の栄養が髪に行き渡らない

髪の毛を丈夫にしていくためには亜鉛は欠かすことはできません。しかし、そんな亜鉛も摂取し過ぎることによって、逆効果を生むことにつながります。

一日に必要な亜鉛の摂取量は、成人男性は12mg、成人女性は9mgと言われております。そして、成人男性は40mg~45mg、成人女性は30mg~35mgを越える亜鉛を一日に摂ることで、身体に不調が起きたり、ほかの栄養素を上手く摂取できなくなると言われています。亜鉛の摂り過ぎには気を付けていく必要性があるのですね。

亜鉛による副作用は?

亜鉛は健康維持に非常に大切な栄養素である反面で、摂取し過ぎることによって健康に害を及ぼすこともありますので注意が必要です。

亜鉛は食材に含まれる量が少ないため、普段の食事で害を及ぼす可能性は低いものの、サプリメントを過剰に飲んだり、牡蠣を食べ過ぎてしまうことによって亜鉛中毒になってしまうことがあるんだとか。

亜鉛を摂取していて、胃痛や嘔吐などの胃腸障害や貧血、下痢などの症状が現れたら亜鉛による副作用の可能性もありますので、かかりつけの医者に診てもらうことも大切です。

亜鉛を多く含む食品

牡蠣

亜鉛を含む食材としてダントツ1番なのが「牡蠣」です。牡蠣100gあたりに含まれる亜鉛の量は13.2mgと非常に豊富です。亜鉛含有量第2位の豚レバーで100gあたり6.9mgとなるため、2倍近い亜鉛量を含んでいるのです。

牡蠣はサイズの違いはあるものの1日あたり5~6個食べるだけで推奨されている亜鉛の摂取目安量を摂れてしまうほど優れた食材なのです。この亜鉛が不足すると、味覚障害や免疫力の低下を引き起こしてしまうため、体を作るためにも大切な栄養素であるのです。

数の子

魚卵系のものの中で亜鉛を一番多く含んでいるのが「数の子」です。数の子は100gあたり1.3mg含まれております。数の子はあまり量を食べることは少ないのですが、しっかりと栄養素が凝縮されているのです。

ほかにもビタミンEや鉄分も多く含んでいることから、貧血防止をはじめとするさまざまな不調の改善に効果的です。

牛レバー

亜鉛を上手く摂取するためには牡蠣と牛を食べるとよいと言われているほど、牛は亜鉛を多く含んでおります。中でも「牛レバー」には100gあたり3.8mgの亜鉛が含まれております。

牛レバーには亜鉛だけでなく、ビタミンBやミネラルが豊富であることからも、貧血予防の効果などだけではなく、美容効果にも適しているのです。レバーの匂いが少し苦手という方は、牛乳などを使用してくさみをとることで食べやすくもなります。

牛もも肉

亜鉛を多く含む食材として「牡蠣」が有名どころに上がります。しかし、牡蠣はシーズンものであるため一年を通じて亜鉛が豊富な牡蠣を食べることは極めて困難なのです。また、毎日牡蠣を食べるというのも現実的ではないと言えるのです。

その反面、「牛もも肉」であれば日常の料理の中で手軽に使用することができ、亜鉛も摂取していくことができます。

「牛もも肉」には、100gあたり4.1mgの亜鉛が含まれております。亜鉛は熱でなくなる栄養素でもないため、牛もも肉を食べることで亜鉛の摂取もバランスよくしていけるのです。

大豆

亜鉛を豊富に含む食材として「大豆」があります。牡蠣や牛肉など亜鉛を多く含んでいるものはあるものの、それだけで一日の亜鉛量を摂取するのは少し厳しい面があります。

そこで「大豆」の出番です。大豆にはきな粉や豆乳といったものが存在します。豆乳であれば200mlで0.2mg、きな粉であれば100gあたり3.7mgの亜鉛が含まれております。そのため、大豆類の食材を食べることで亜鉛を多く摂取することができるのです。

そら豆

亜鉛を豊富に含む食材として「そら豆」があります。そら豆の優れているところは、日本という寒暖の激しい土地柄ゆえに、一年通して旬のそら豆を手に入れることができるところにあります。

また、そら豆は「若返りの野菜」とも言われており、ビタミンだけでなくたんぱく質や鉄分も豊富に含まれております。そら豆に含まれている亜鉛量は100gあたり2.4mgとなり、豆類の中でも亜鉛量は多く含まれております。

玄米

栄養満点亜鉛満点なのが「玄米」です。玄米はデトックス効果が高くミネラルも豊富であるため、ダイエットに向いている食材として有名です。

さらに、この玄米には亜鉛も多く含まれています。玄米には100gあたり1.4mgの亜鉛量が含まれているのです。ご飯を食べるときには、白米ではなく玄米を食べていくようにしていきましょう。

チーズ

亜鉛不足の方には「チーズ」がおすすめです。チーズはその種類が豊富にありますが、平均して100gあたり1~7mgの亜鉛が含まれております。

チーズの中でも特に亜鉛量が多いのがパルメザンチーズです。パルメザンチーズには100gあたり7mgの亜鉛が含まれており、パスタやサラダなどのトッピングとして食べていくのがおすすめです。

近年ではバルなどで大きなパルメザンチーズを目の前ですりおろしてくれたりする演出もあり、注目を浴び始めています。

トウモロコシ

亜鉛を多く含む食材として、「とうもろこし」があります。とうもろこしはその食べ方などに応じて亜鉛量が変わってきます。

とうもろこしの「玄殻」には100gあたり1.7mg、コーンミールには100gあたり1.4mg、
ポップコーンには100gあたり2.4mg、ジャイアントコーンには100gあたり1.6mgの亜鉛量を含んでいます。自身で食べやすいとうもろこしの食べ方で亜鉛を摂取してみてください。

亜鉛の吸収率を高める食品

亜鉛は摂取がしにくい反面、身体の健康つくりには最適な栄養素と言えます。だからこそ、しっかりと亜鉛を吸収していく必要性があるのです。

亜鉛を上手く摂取するには「食べ合わせ」がポイントとなってきます。亜鉛の吸収を助けるものとして、梅干しやレモンなどに多く含まれる「クエン酸」、パプリカやパセリ、柿などに多く含まれる「ビタミンC」、肉類や魚類に含まれる「動物性たんぱく質」などがあります。

これらと一緒に摂取することによって、亜鉛をしっかりと吸収していくことができるのです。牡蠣にレモンをかけて食べるのは亜鉛摂取に最適と言えるのです。

美髪効果を期待できるレシピ3選

牡蠣とトマトのパスタ

亜鉛を摂取するのに最適な料理として「牡蠣とトマトのパスタ」があります。亜鉛を多く含まれている牡蠣と亜鉛の吸収を助けるトマトの掛け合わせのレシピになります。

パスタを茹でます。 フライパンで調味料と牡蠣を炒めます。お皿に盛りつけてバジルを乗せたら完成です。

千切り人参のナッツ和え

亜鉛を取り入れる料理として手軽に作ることができるものがあります。人参とナッツを和えるだけの簡単レシピになります。簡単ながらも亜鉛をたっぷり摂取していくことができます。

人参は斜めにカットしていきます。人参を塩とオリーブ油で軽く和えていきます。

好みのサイズにナッツを砕いていきます。しんなりした人参にナッツを加えて和えたら完成です。

千切大根の煮物

肉や魚にも亜鉛は含まれています。そんな肉や魚を使い亜鉛を最大限摂取できる簡単レシピのご紹介になります。どこか懐かしい味わいを感じながら食事をしていくことができます。

千切大根を軽く洗い、水気を取っていきます。 すりおろし生姜・砂糖・粉末だしを加えて炒めていきます。

千切大根と、その他の材料を加えて油をまわしていきます。軽くかぶるくらいの水を入れて、柔らかくなるまで煮ます。 柔らかくなったら、めんつゆを加えてひと煮たちさせ、味を調えて完成です。

亜鉛を積極的に摂ろう

亜鉛は身体にとって必要不可欠な栄養素であるとともに、髪の毛にとってもプラスの働きをしていくのです。亜鉛が不足することで髪の毛が細くなりハゲる原因にもなっていくのです。亜鉛は多くの食材から摂取することができますが、中でも牡蠣やレバーは亜鉛摂取には欠かすことができません。

簡単な料理でも亜鉛は摂取していくことができますので、ぜひ自宅で亜鉛を摂取できるよう一品増やしていってみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

日本橋

雑穀(グレイン)を丼ぶりスタイルで楽しめるグレインボウルのお店「グレインズ(GRAINS)」が、日本橋にオープンします。日本人のルーツにも基づくおいしくヘルスコンシャスな『雑穀主義』のお店。健康志向の方は必見…

ベリー フルーツ

オルビスのスーパーフードをはじめとする美容、健康果実を配合した『Kirei Charge Bar(キレイチャージバー)』に限定味「赤い果実ミックス」が数量限定で登場。夏に嬉しい酸味の効いたベリー風味の商品です♩

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

甘酒 マンゴー オレンジ

ベジエから「菌活美人のフルーツ甘酒 マンゴーオレンジ」が登場。マンゴーとオレンジを使ったフルーティーな粉末甘酒。夏場の栄養補給に、忙しい人の朝ごはんの代わりに、ファスティングに、お風呂上がりの1杯に、様々なシ…

フランスショコラブランド「CHAPON(シャポン)」から、「シャポンの食べてキレイになるバーアイスセット(3本入り)」が発売!美容効果が高いとされるエディブルフラワー(食べられる花)やフルーツが入った、女性に…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

学芸大学 パン パン屋 お土産

学芸大学「Panaderia TIGRE(パナデリーヤ ティグレ)」は、自然派製法にこだわった絶品ベーカリー。定番メニューも美味しいけれど、まだ皆が気づいていない美味パンを知りたくありませんか?今回は『ミルク…

グラノーラ 銀座

グラノーラ専門店「Fructus(フラクタス)」。東京唯一の常設店がある「松屋銀座」では、ここだけのオリジナルグラノーラを販売しています!ナッツとフルーツが一緒に楽しめる限定のグラノーラは、朝食にも最適です♪

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る