ローディング中

Loading...

ジュースは英語でしょ?と思っている方も多いと思います。しかし、日本でいうジュースは英語で「汁」という意味なんです。ではジュースの本当の意味は何なのでしょうか。普段何気なく使っている言葉ですが、そこには私たちの知らない知識が数多くあるんです。

ジュースはジュースじゃない?

みなさんは、ジュースの正しい意味をご存知ですか?実は本来、果汁が入っていても、水で薄めている飲み物はジュース(juice)とは言ってはいけないのだそうです。

レモン果汁を薄めて甘味料を加えたものは、「レモネード」と訳すのが正しく、オレンジジュースを薄めたものは「オレンジ・ソフトドリンク」に言い換えた方がいいとのこと。すでに法律では、100%果汁でなければジュースとは表記できないとされています。しかし、あいまいなままジュースという言葉は使われ続けているようです。

ジュースは英語では「汁」

ジュースは英語で、果物や野菜の「汁」を意味します。果汁100%だけがジュースと呼べるのです。100%でないものは、ソフトドリンクに該当します。当然、果汁などが含まれないコーヒーやコーラもジュースではないのです。アメリカで大流行した、野菜や果物をコールドプレス製法で作ったコールドプレスジュースは、日本でも飲めるようになり、おいしいと人気がありますね。

Juiceはラテン語の jūs が語源で、古代フランス語 jus を経由して、英語の juice になったとのこと。フランスでも、現代語として jus とありのままで使われ、やはり100%果汁のみを意味する言葉となっています。

なぜ日本では「ジュース」と呼ぶの?

日本では、昭和40年前後に相次いで法律が改正され、果汁100%以外は、ジュースという名称で販売できないことになりました。しかし、それ以前は100%以外の果汁飲料だけでなく、無果汁の単なる甘味飲料もジュースとして販売されていたそうです。

ですから、ジュースは果物の汁という英語の訳ではなく、炭酸飲料も含む甘味飲料を総称する言葉になっていたと考えられます。戦後、日本に輸入されたバヤリスオレンジが爆発的な人気となり、ジュースブームに。他社もこれに続き、同様の製品を相次いで発売しました。

合成香料、人工着色料や乳化剤を添加した無果汁の甘味飲料もジュースと称して販売され、さらには粉末ジュースも販売されていました。しかし、ジュースブームを引き起こしたとされる、低果汁飲料バヤリス・オレンジや、その後の無果汁飲料ファンタ・オレンジ(グレープ)は、当時からジュースとは表記していなかったそうです。

ジュースを飲みたいときは「drink」

海外で日本でいうジュースが飲みたくなったら、ドリンクといいましょう。海外には大変な数のソフトドリンクがあります。日本では、お茶やウーロン茶など甘くない飲料がありますが、味覚の違いなのか甘いだけでなく、大抵の飲料に炭酸が入っているんです。

コカ・コーラ、ドクターペッパー、マウンテンデュー、スプライトなど日本では、薬っぽいにおいがダメという人が多く、あまり人気のないドクターペッパーですが、アメリカではコカ・コーラと同じぐらい有名な炭酸飲料なんだとか。

他には、ゲータレードなどが有名となっているスポーツドリンク、またエナジードリンクも数多く販売されていて、アメリカはドリンク大国でもあります。

様々なジュースの英語名

サイダー「soda pop」

日本では、三ツ矢サイダーのような炭酸飲料をサイダーと呼びますが、英語では通じないんです。サイダーは全く違うもので、リンゴの果汁を発酵させた果実酒(シードル)のことを指します。

また、フランスのシードルを英語ではサイダーと呼んでいます。日本で販売されているようなサイダーは、英語ではsoda popです。炭酸ガスを含む水のことをsodaというのだそうです。popは炭酸飲料のふたを栓抜きで開ける時に聞こえる、ポンという擬音に由来しているみたいですよ。

コーラは「coke」ペプシは「pepsi」

日本でコーラと言えばコカ・コーラを指しますが、コーラは炭酸飲料の種別名です。英語圏では数多くのコーラがあるので、コカ・コーラはcokeと呼ばれ、20世紀初期に愛飲者の間で呼ばれるようになった愛称なんだとか。また、このcokeとして商標登録もされています。コカ・コーラとライバル関係にあるペプシ・コーラも同様に、pepsiと呼ばれているんですよ。

果汁30%オレンジジュースは「orange drink」

日本では、ドリンクというと栄養ドリンク、ドリンク剤やスポーツドリンクなど、メディカル・ドリンクを意味することが多く、甘味飲料や果汁入り飲料はドリンクとはいいません。しかし、英語圏では果汁30%はジュースではなくドリンクというので、オレンジ果汁30%はorange drinkとなるのです。

水は「◯◯water」

日本では、ペットボトルに入っている水はミネラル・ウォーターほどで、他に○○ウォーターを見かけることは少ないですよね。しかし、英語圏ではスポーツ・ウオーター、フィットネス・ウォーター、ビタミン・ウォーターやさまざまな成分で香味付けしたフレーバー・ウォーターなど各種あります。

なかには、複数の炭水化物が添加され、高カロリーな商品も。ダイエット中の人には向かない○○ウォーターもあるので注意が必要ですね。

ジュースは栄養が摂取できるドリンク

スロージューサーで作られる野菜や果物のジュース(素材100%)は抽出液だけを絞り出すため、繊維質はほとんど含まれません。そのため、消化に対する負荷が少なく、ビタミンやミネラルなどの栄養素が効率良く吸収できるんです。

また、濃縮されて空気が混ざりづらいため、酸化しにくいのも特徴です。ジュースもここまでくると、飲むというより美容と健康のために摂取するドリンクということになりますね。みなさんも、自分の健康状態に合わせたジュースの摂取方法をしていみるといいかもしれませんね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

フルーツ

ヘルシーなイメージの果物、でも甘い果物は太るのでは?どちらも正しく、どちらも要注意。果物にまつわるウソホントを解明します。果物についてちゃんと知っていれば、ダイエット&ビューティーに有効活用することができます…

ブルーベリー フルーツ

「ブルーベリー」をお家で育ててみませんか?栽培に適した気候や、実の大きさによっていろいろな品種があるので、最適なものを選びたいですよね。今回は、ブルーベリーの品種や、それぞれの特徴、適した気温などをご紹介しま…

おやつ

映画館といえばポップコーン!あの香りに鼻をくすぐられると「久しぶりの映画館だ!」と気分が高まりますよね。でも、なんで映画を観ながらポップコーンを食べるようになったんでしょうか?本場アメリカの驚きの習慣が元にな…

ドリンク スイーツ

シェイクシャックで人気のシェイクにクリスマス限定のホリデーシェイクが登場!今年は、クッキー、ジンジャーブレッド、アップルパイの3つのフレーバがラインナップ♩食感も楽しい限定ドリンクをぜひご賞味くださいね。

バナナ フルーツ

バナナは時間がない日の朝食にも、ちょっと小腹が空いたときのおやつにもぴったりの万能な果物です。いつも家庭に常備しているという方も多いのではないでしょうか。しかしバナナは置いておくと、だんだん黒ずんでしまいます…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

もうすぐクリスマス!macaroniでは、ロッテ「ガーナチョコレート」を使ってクリスマスチョコスイーツを作り、「#手作りチョコガーナ」のハッシュタグをつけてSNSに投稿していただくキャンペーンを実施します。ぜ…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

ケーキ エクレア

別府駅を降りて10分程歩くと可愛らしいケーキ屋さんがあります。それが「パティスリー夢の樹」です。こちらの看板メニューは何といっても「長すぎるエクレア」なんと全長は約30センチ!でも見た目だけではないとても美味…

レシピ まとめ 中華

中華どんぶりは甘くてとろ~りのあんがご飯に絡んでおいしいですね。うずら卵をいつ食べるのか?エビはいつ?と食べる順番も悩んじゃう。それにお野菜たっぷりで栄養面のバランスがいいのも嬉しいですね。今回は中華丼の基本…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...