ローディング中

Loading...

スイーツの中で不動の人気を誇るパフェ。あなたはパフェの意味を知っていますか?今回はスペルや発音について、実は英語ではなかった衝撃事実、パフェに関する様々な豆知識をご紹介します。ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

パフェって英語?

子供から大人までさまざまな人に大人気のスイーツであるパフェ。たくさんのフルーツやアイスクリーム、生クリームなどがのった贅沢な見た目に、ついつい食べたくなってしまいますよね。

では、この「パフェ」という言葉、そもそもどこからきた言葉なのか少し気になりますよね。なんとなく、カタカナだから英語じゃないの?と考えていた読者も多いのでは?実は違うんです!

パフェは英語ではなくフランス語

パフェは、フランス語で「完全な」という意味の、parfait(パルフェ、パフェ)からきているのだとか。ちなみに、parfait(パルフェ)は、英語のperfect(パーフェクト)と同じ意味だそうです。風味の多様さと冷たい喉ごしの調和が完璧だということから、パーフェクト・アイスクリームが省略されて、現在の「parfait(パフェ)」になったのだそう。

現在の日本でのパフェは、背の高いグラスを使って、豪華に飾りつけるデザートとして定着していますが、元々フランスで供されていたパルフェは違います。生クリームやシロップ、卵黄で作られた濃厚なアイスクリーム状の冷菓に、甘いソースや冷やした果物を添えるデザートで、平たいクープ皿のような器に盛られて提供されていました。

そのようなフランスのパルフェにさまざまな手を加え、現在の日本のパフェが完成したのだとか。日本では昭和初期にフルーツパーラーが誕生し、果物を使ったさまざまなデザートが作られる中で、現在のパフェが作られてきたと言われています。

現在では、チョコレート、バナナ、ストロベリー、マンゴー、抹茶、ヨーグルト、コーヒーゼリーやフルーツなど、かなりのバリエーションのパフェがあります。変わり種では八つ橋、トマト、納豆などがありますが、とりわけ、鯛パフェの見た目が衝撃的です。たい焼きの口の中に生クリームやジェラートが入っているのです。また、たい焼きのように屋外で歩きながら食べられるのも特徴です。

パフェは英語でもパフェ!

フランスで生まれたデザートですが、英語圏でもparfait(パルフェ)の綴りはそのままで定着しています。日本語の「パフェ」とそれほど発音の違いがないことから、英語圏でも通じるようです。

さらに、アメリカ北部やカナダではヨーグルトを層状に重ねたり、桃、イチゴ、ブルーベリーなどの新鮮な果物をトッピングする例があります。イギリスでも、スタイリッシュなグラスが使われる同じようなパフェがあります。

パフェとサンデーの違い

サンデーは、アメリカ発祥のアイスクリームを主体としたデザートで、sundae(サンデー)と綴られます。アイスクリームを使い、チョコレートソースをかけるところがパフェとの共通点ですね。その名前の起源には、諸説あるようです。

1890年代初め、アメリカのアイスクリームショップでアイスクリームにチョコレートをかけたものを、日曜日限定で販売。評判もよかったことからサンデーと名付けられたと言われています。しかし、キリストの安息日であるSunday(サンデー)を商品名にすることに対して教会関係者の反発が大きく、Sundae(サンデー)に綴りを変更したのだとか。

そんなサンデーですが、パフェとの大きな違いは発祥地の違いです。パフェはフランスで生まれたことに対し、サンデーはアメリカで生まれました。フルーツやコーンフレークなどが層状になっている豪華なパフェに比べて、サンデーはアイスクリームにトッピングをしたシンプルなものが多く、パフェよりも安価でいただくことができます。

アイスクリームショップが考案したスイーツだからこそ、アイスクリームが主体となっているのかもしれませんね。

日本におけるサンデーとパフェ

日本のファミリーレストランでは、サンデーとパフェの両方がメニューにあることが多く、材料もフルーツ、アイスクリーム、フルーツソース、生クリームやシロップなどが使われていて、ほぼ同じです。日本におけるサンデーとパフェの違いはどこにあるのでしょうか。

材料や見た目にもほとんど違いはないようですが、強いていうなら、器の違いです。細長いグラスに盛られていることが多いパフェに比べて、サンデーは比較的低くて丸い器に盛られていることが多いのだとか。

しかし、お店によっては逆の器で使われていたり、雰囲気やイメージでサンデーとパフェを区別したりしているところもあり、違いが曖昧になっていることが多いようです。

イギリスでは「knickerbocker glory(ニッカボッカ・グローリー)」

一方英国では、knickerbocker glory(ニッカボッカ・グローリー)と呼ばれています。一見、ウイスキーなどを想像してしまいそうですよね!

ニッカボッカ・グローリーは、アイスクリームがまだ高級品だった1930年代に作られ、社交界デビューを果たした子供へのご褒美として親しまれてきたパフェなのだとか。 かつて若い女の子たちの間でニッカボッカとよばれる長い靴下が流行しており、その赤と白のストライプの伝統的なデザインに似ているので、ニッカボッカ・グローリー(全盛期)とよばれるようになったそうです。

パフェの豆知識をネタに楽しもう

いかがでしたか?パフェは英語ではなく、フランスからきた言葉だったことが分かりましたね。また、イギリスでは全く異なる名前で呼ばれていることに、とても驚いたのではないでしょうか。イギリスに訪れる際には、ぜひニッカボッカ・グローリーを食べてみたいですね。

今回紹介したパフェの起源やサンデーとの違いなど、パフェを食べるときのネタにしてみてくださいね♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ ホテル

八事サーウィンストンホテル内のカフェラウンジ「W Café」で、秋の実りを感じる旬のフルーツや食材を使って、ヘルシー&アンチエイジングを意識し仕上げられた『秋のインナービューティーアフタヌーンティー』が登場!…

佐賀 プリン スイーツ

最近Twitterで盛り上がり、メディアも注目しはじめている佐賀県の名物「人妻プリン」をご存知ですか?どこか艶っぽさを感じさせるネーミングがウケているだけでなく、その味わいも絶品だとか!今回は、気になるその詳…

ドリンク ブルーベリー かき氷 スイーツ

今年売れに売れまくっているファミリーマートのフラッペに、新しいフレーバーが仲間入り!今回でなんと第7段、矢継ぎ早に出てきますね。ヨーグルトとブルーベリーを組み合わせた夏らしい味わいだというこの新作を、実食レビ…

東京 東京駅 お土産 スイーツ

東京駅の京葉線へと向かう通路の途中に位置する商業スポット・京葉ストリート。そちらで売っているスイーツたちは、手土産だけでなく、おやつや自分へのご褒美などにもオススメです!今回は、若い女性に食べてもらいたいお土…

麦茶 コーヒー

今すぐ麦茶を飲みたいけど、家に麦茶がない……!そんな時に役立つかもしれない裏技をご紹介します。なんと、インスタントコーヒーを使うんですよ。普通の麦茶と味比べしてみましたので、作り方と合わせてご紹介します♩…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

まとめ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

豆腐

豆腐の水切り、忘れていませんか?水切りをすることでお料理の味がぐんとよくなるのですよ。レンジの時短テクから簡単にできる方法まで、一挙にお伝えします。水切りをしてできる豆腐レシピも併せてご紹介!ぜひ参考にしてく…

小松菜 お弁当 レシピ まとめ

緑の野菜「小松菜」は、お弁当の彩りや夕食の副菜などにぜひ取り入れたい健康食材です。今回は、小松菜のおひたし・ナムル・炒めものなど人気のレシピをたっぷりご紹介します。冷蔵・冷凍保存の方法も紹介するので、いま小松…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る