ローディング中

Loading...

鮭とばってご存知ですか?北海道や東北地方の人には馴染み深い鮭を使ったおつまみです。食べ方はそのまま、あるいは炙って食べたりお酒好きの人は目がない一品。実は食事としても活用できる万能食材なんですよ。鮭とばの食べ方やレシピ、魅力を存分にご紹介!

鮭とばって知ってる?

「鮭とば」と聞いてそれを知っているという人は、北海道や東北地方出身の方でしょうか。鮭とばを知らない方でも、鮭という漢字がつくことから、私たちがスーパーなどで購入する、身近な鮭に関するものだということは何となく想像がつきますよね。
しかし、この鮭とば、一般的にいわれている「鮭」と「鮭とば」とは違いがあって、鮭とばはあまり一般的に食べられる食材ではないのです。今日はそんな鮭とばについて紹介していきたいと思います。

鮭とばとは

鮭とばとは、一般的にスーパーなどで売っている秋鮭を半身に切って、皮付きのまま細切りした形のもの。半身に切った身を海水でしっかりと洗って、海の風に当てながら干してできた干物です。
そのため、塩気が強くなっているので、一度にあまり大量に食べることは控えなければいけません。また、干してできたものとして硬さがあるため、差し歯をしている方や歯に自信がない方は食べる際に注意をした方がいいでしょう。とくに皮の部分は特に硬くなっているんですよ。
今では、どんな人にも食べやすいように、皮がついていない一口サイズのものも販売されています。鮭とばは細かく切って食べるもよいですし、するめなどのように炙ってもおいしく食べることができます。
ビーフジャーキーのお魚バージョンと言うとイメージがつきやすいでしょうか?あのように硬い身の部分があるかわきものです。イメージはできましたか?噛めば噛むほど味が出て、おつまみみに最高です。

鮭とばの由来は

鮭とばの「とば」という漢字は「冬葉」からきています。北海道や東北地方の冬によく食べられてきた食材のため、その地方以外の方は、鮭とばと聞いてもピンとこないかもしれませんね。最近はコンビニでも販売などもしていますが、その存在について詳しく知っている人はすくないでしょう。
北海道や東北地方の方でなくても、一度購入して食べてみたらおいしかったのでずっと食べ続けているという方がいるかもしれません。それで名前を知っている可能性もあるでしょうか。北海道地方といえば、寒い地域であり、ロシアに近い地域。そんなロシア地方においても鮭とばに似た食べ物が食べられているそうですよ。

意外とヘルシー?鮭とばは低カロリー

北海道・東北地方ではご当地食材として食べられている鮭とばですが、その塩気から想像はできにくいのですが、意外とヘルシーとされています。食べた方は分かると思うのですが、ビーフジャーキーのように噛み続けることで、おいしさが増していきます。
噛みごたえがあるので、噛む回数も多くなり量が食べられないという点もヘルシーさに繋がっているのかもしれません。鮭は脂がのっているのですが、それを干すことによって、良質なたんぱく質は残しつつ、脂肪をそぎ落としているのです。
鮭とばは「高タンパク低カロリー」とされています。また鮭の成分でもあるコラーゲンが多く含まれています。低カロリーでコラーゲンも多く、腹もちがよい食材となっていることから、女性やダイエット中の人からも人気が高い食品です。
そんな万能食材である鮭とばは、コンビニのおつまみコーナーで北海道厳選食材として手軽に購入できるようになっています。最近ではその中でも、やわらかくして食べやすくしているソフトタイプの鮭とばも販売されています。

鮭とばは手作りできるか

鮭とばは鮭の干物で、自宅などで手作りすることも可能です。

ご家庭での一般的な作り方

1、鮭の中に入っている臓器などをまずは全て取り除き、塩水につけておきます
2、そのままの状態で1週間保存します
3、1週間保存したら、鮭を開いて3~4日間干しましょう
作り方を見る限りはそこまで手間はないのですが、完成するまでには数日かかります。コンビニなどで売っているものを買うよりも手間がかかりますが、手作りなので達成感とでき立てのおいしいものが食べられるので、味は確かだと思いますよ。
しかし、ご自宅で作る場合には海水の塩分につけることはできないので、自然の味を出すことは難しいかもしれません。最後の工程の干すときには、屋外に干しているとハトやカラスなどに食べられないようにカバーなどをかける必要があります。

鮭とばの食べ方:基本編

細かく切ってそのまま食べる

鮭とばを初めて購入された方はどのように食べようか迷ってしまうと思います。基本的な食べ方としてはスルメのように細かくほどいてそのまま食べましょう。美味しい鮭とばは硬いものが多いです。硬くなっていることで、干しているときにも旨み成分が逃げずにできているため、味が濃くなっています。これこそが噛めば噛むほど味が出る理由なのです。

炙ってやわらかくする

もう1つの方法としては、炙って食べることです。炙ることで、さらに旨み成分が出てきますから、炙ることで鮭としての風味が蘇ってきて、おいしさが増します。炙ることで硬かった鮭とばが、少し柔らかくなるので、歯が弱い方も食べやすくなります。

鮭とばをもっとおいしく!アイデアレシピ

鮭とばごはん

鮭とばの深い味わいを感じるにはやっぱりご飯と一緒がおすすめです。鮭の歯ごたえもあっておいしいですよ。鮭とばは皮を外して細かく切っておきます。お鍋にお米とだし汁、他の調味料を入れて炊きましょう。ご飯が炊けたら鮭とばとネギをいれて完成です。

新タマネギと鮭とばのマリネ

塩気と野菜のさっぱり感の相性がよいマリネもおすすめです。セロリは斜めに薄くカット。玉ねぎは半分に切って薄切りにしておきます。鮭とばも食べやすい大きさに削ぎ切りにしてください。ボウルに調味料を合わせ、すべての材料を調味料と一緒に混ぜ合わせて冷蔵庫でしばらく寝かせ味をなじませたら完成です。

鮭とばのスタミナ炒飯

鮭とばのチャーハンはお米の水分を鮭とばが吸ってくれて、ご飯がパラパラになるとともに、鮭とばも柔らかくなって食べやすいメニューです。材料を全て細かく切り、フライパンで卵を炒めたらご飯をいれましょう。全ての材料と一緒に炒めておいしそうな焦げ目がついたら完成です。

鮭とばトースト

パンとの組み合わせもおいしい鮭とばレシピ。チーズとの組み合わせも抜群です。鮭とばは食べやすい大きさに切り、ほうれん草は茹でておきます。食パンの上に材料をのせて、チーズをかけたらトースターで焼いて完成です。

鮭とばと舞茸と春菊の炒め物

鮭とばには塩気がもともとついているので、鮭とばの味自体が調味料になります。そこに野菜を加えれば、簡単においしいアレンジ料理のでき上がりです。鮭とばをお酒につけてやわらかくしたら、鮭とばをほぐして食べやすくお好みの野菜と炒めるだけで完成です。

そのままでもお料理にも便利な鮭とば

鮭とばについてのお話いかがでしたか?鮭とばは北海道や東北地域の名物として知られていますが、まだまだ他の地域の方は知らない方も多いかもしれません。今ではコンビニでも手軽に買って食べられる鮭とば。もしまだ食べたことがない方はこの機会によかったらためしてみてくださいね。
鮭とばは、そのままでもおやつやおつまみにぴったりですが、アレンジしてお料理に使ってもとってもおいしい便利な食材です。日持ちもある程度するので、買っておいてお時間あるときにぜひ、今回ご紹介したレシピで気になるものがあればぜひ参考にしてくださいね。
▼こんな乾物レシピもありますよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

バター レシピ にんにく まとめ

一年を通して美味しいなす。お手頃価格で調理もしやすく、主婦の嬉しい味方ですよね。そんななすは油との相性がとても良い野菜です。焼きなすからパスタまで、バターを使ったおいしいアレンジレシピを多数ご紹介します。簡単…

レシピ サラダ まとめ

もやしは季節を問わずスーパーで手に入る食材で、価格も安く人気の食材です。他の食材との相性もよく、ナムルやサラダ、炒め物、蒸し料理、鍋物などレシピも多数あり、いろいろな料理に使えます。今回はそんな万能食材「もや…

レシピ

博多名物「おきゅうと」をご存じですか?こんにゃくのような見た目ですが、こんにゃくではありません。独特の食感が人気のおきゅうととは?名前の由来や作り方、味、食べ方までご紹介。知らなかった人は、食べてみたくなるか…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

タコライス レシピ まとめ

沖縄の人気料理「タコライス」を、お家で作ってみませんか?ピリッとスパイシーなひき肉、さっぱりトマト、シャキシャキレタスの組み合わせが絶品!今回は、基本の作り方や人気のアレンジレシピ、簡単に作れる裏技をご紹介し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ スイーツ プリン まとめ

冬になると土鍋を食器棚から出すという人もいるのではないでしょうか?なんと鍋料理以外の場面でも土鍋は活用できるんです。スイーツやパンなどの簡単レシピを紹介します。土鍋がせっかく出ているのに、鍋だけではもったいな…

もちきび レシピ まとめ

テレビでも紹介され話題になっている「もちきび」。雑穀初心者でもたべやすい「もちきび」ですが栄養価が高いのにヘルシーなのでダイエットや美肌効果も期待できるとか♪そんな「もちきび」を使ったおすすめレシピをご紹介し…

いなり寿司 まとめ

甘く煮た油揚げにほどよい酸味が効いた酢飯、いなり寿司って時折無性に食べたくなりますよね。こちらの記事ではいなり寿司のアイデアをご紹介します。具材や飾り付けを変えるだけで様々なアレンジが可能ないなり寿司、ぜひ参…

レシピ まとめ

今回は人気料理家・青山有紀さんのレシピをご紹介します。「お願いランキング」などの番組でおなじみの人気料理家で、料理好きの方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。体にやさしい和食ばかりなので、ぜひご家…

レシピ おつまみ お弁当 アレンジレシピ まとめ

スーパーはもちろん、コンビニでもすぐ手に入るカニカマ。サラダやおつまみにぴったりの食材ですが、実はアレンジレシピがとっても豊富なんです。さっと簡単に作れるものから、メインのおかずになっちゃうものまで、8つのレ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

今回は、冷凍コロッケを上手に仕上げる揚げ方やコツ、フライパンで簡単にできる方法などをご紹介します。コツを押さえるだけで、破裂したり衣が破れてしまうなどの冷凍コロッケあるあるが解決しますよ!ぜひご家庭で試してみ…

みなさんは、ガムが取れなくて困った……!なんて経験、したことありませんか?しょっちゅうあることではないけど、実際にそうなってしまうとかなり困りますよね。そこで今回は、ガムの正しい取り方をご紹介!これでもう大丈…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る