ローディング中

Loading...

ピーマンとパプリカの違いってご存じですか?味こそ違えど、見た目はとても似ているふたつ。ピーマンは緑で、パプリカは赤や黄色だと思っている方が多いかもしれません。今回は、意外と知られていないピーマンとパプリカの違いについてご紹介します。

ピーマンとパプリカの違いってわかる?

みなさんは、ピーマンとパプリカの違い、説明できますか?大きさや味は違うけど、形や見た目は似ているし、ほとんど同じ。果たして、ピーマンとパプリカは同じ野菜なのでしょうか?ピーマンとパプリカにどういう違いがあるのか、様々な観点から比較してみました。

ピーマンとは?

まずは、ピーマンについて。ピーマンはナス科の一年草およびその果実で、トウガラシの栽培品種に分類されています。しかしトウガラシとは違って果実は肉厚で、果肉は種子以外ほとんど空洞なのも特徴です。緑色は未成熟の果実のためであり、成熟すると一般的なものは赤色のほか黄色、橙色に変わるものもあるのだとか。

高温を好み、湿度と乾燥には弱い植物のため、日本では冬から春にかけての時期はハウス栽培が行われています。温暖な気候となっている宮崎県と高知県で特に盛んに行われ、日本国内で冬から春に出回るピーマンはこれらの県で栽培されたものが多いのです。

ピーマンは、一般的に5月頃に植え付けされ、7月から10月頃にかけて収穫されます。生産量は茨城県が1位で、その他県では、宮崎県、高知県、鹿児島県、岩手県、福島県などが主な産地として知られています。

熟成する前に収穫する理由

熟成すると緑のピーマンも赤くなってしまうとのことですが、どうして緑のうちに収穫してしまうのでしょうか。例えばトマトは緑のうちには食べず、赤くなってから収穫しますよね。

その理由は、ピーマンが赤くなるまで待っていると時間も手間もかかるため、価格も上がってしまって売れにくくなるから。また、緑のうちに収穫すると早く次のピーマンを育てることができ、それだけ栽培の回転も良くなるので、安く提供することができます。

しかしながら、実際は赤いピーマンの方が栄養価が高く、甘みも出ておいしいのだそうですよ。

パプリカとは?

続いて、パプリカについて説明します。パプリカは、ナス科の多年草であるトウガラシ属トウガラシの栽培品種。または香辛料のことを言います。カラーピーマンの一種であり、日本では肉厚で辛みがなく、甘い品種のことを指します。

日本で流通する果実の多くは、赤色や黄色、橙色ですが、紫色、茶色などの品種も存在。ピーマンと同じく辛くない品種で、肉厚で果実の部屋数が3〜4に分かれた綺麗なベル形をしています。また、パプリカの色素は、着色料としても使われているんですよ。

果皮はやや硬いものの、果肉は豊富な果汁を含み、肉厚で糖度が高いのも特徴です。果実は加熱調理するのはもちろん、生でもおいしく食べることができます。日本国内では、宮城県や熊本県でも生産されています。

どちらもナス科トウガラシ属!

それぞれ調べてみたところ、実はピーマンもパプリカもナス科のトウガラシ属という同じ栽培品種に分類されることが分かりました。植物学的には、ほとんど同じということになります。

海外では、トウガラシ属の中でもピーマンやパプリカはスイートペッパーと呼ばれており、いわゆる普通のトウガラシはホットペッパーと呼ばれています。

ピーマンとパプリカの違いは結局…

ピーマンも熟せば赤くなるようですし、結局ピーマンとパプリカは植物学的にはそこまで大きな違いもなく、しっかりとした違いの定義がされていないのが事実のようです。

ふたつの見分け方

結局のところ、ピーマンとパプリカの大きな違いは外皮の状態。ピーマンはパプリカに比べて果肉が薄く、小ぶりで細長いのが特徴です。どちらも同じようなベル型をしていますが、パプリカは外皮がピーマンの倍ほどの厚みがあります。

緑色のものはピーマンで、赤や黄色、オレンジのものはパプリカ、という覚え方もありですが、厳密に言えば赤や黄色のピーマンだってありますし、緑色のパプリカも存在します。きちんと知っておきたいなら、色以外の特徴で覚えておいた方が良さそうですね。

味の違い

味に関して、ピーマンは苦味が強いことから子供の嫌いな食べ物の代表格。生で食べることは少なく、煮たり焼いたりしてから食べることが多い野菜です。一方、パプリカは甘みが強く、生でもサラダやディップなどにして食べることができます。それぞれよいところがあるので、料理法や状況に合わせて使い分けるとよいですね。

ピーマンもパプリカもおいしく食べよう!

ピーマンとパプリカの違い、いかがでしたか?ピーマンとパプリカに、植物学上は明確な違いがないというのには驚きましたよね。また、パプリカの方が彩りもよく甘みもあるので、ピーマンの苦さがあまり得意ではない方は、パプリカで代用してみてもいいかもしれません。

パプリカは、油と共に調理するとその栄養を効率よく摂ることができるため、オリーブオイルなどの油と一緒に調理するのが相性がいいようですよ。一方ピーマンは、ピーマンの肉詰めやチンジャオロース、酢豚など、ピーマンが欠かせない料理がたくさんあります。

それぞれの食材に適した調理法で、おいしくいただきたいものですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サンドイッチ レシピ まとめ

好きなものを挟んで食べるのが楽しいサンドイッチ。みなさんはサンドイッチにどんな具を入れていますか?定番野菜にハムやチーズ、鉄板具材の他、人気の食材を使って簡単でおしゃれな、おいしいサンドイッチを作りませんか?…

アイスクリーム

ラクトアイス、アイスクリーム、アイスミルク。みなさんはアイスに種類があるのをご存知ですか?この3種類を見れば、成分や味の違いも想像できるんです。今日からあなたのアイス選びがガラッと変わるかも♩ぜひ参考にしてみ…

カレー

カレーに入れる人参の切り方は千差万別です。好みのよるもので正解というものはないのかもしれません。レシピによって切り方も様々。人参の切り方一つで、カレーの味も変わってくるかもしれませんね。今回は、切り方による違…

とうもろこし レシピ

あなたの家に電子レンジがあるなら、とうもろこしを沸騰したお湯で茹でるのはもうやめましょう。光熱費の節約のためにも、その味を余すことなく楽しむためにも、とうもろこしは電子レンジで手間なく茹でるのが一番です♩

レシピ

気づくとしなしなになってしまうキュウリ、キュウリは冷凍保存で長持ちさせられます。キュウリの上手な冷凍方法と保存期間についてご紹介。ちょっと多めに買った場合も、冷凍庫に入れてしまえば最後までおいしく食べられます…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

オーストラリア スイーツ パン レシピ

妖精のようにかわいらしいスイーツ「フェアリーブレッド」。オーストラリアでは定番のスイーツですが、日本ではまだ知らない方のほうが多いのではないでしょうか?今回は「フェアリーブレッド」の簡単な作り方からおすすめの…

コーヒー 韓国

スイーツがおいしいうえに、安くてかわいい韓国グルメ。日本でも韓国料理屋さんが増えましたね。そんな韓国で、いま「アメラテ」というドリンクが流行中。カフェラテにアメが入っているわけではありません。一体どんなドリン…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る