ローディング中

Loading...

11月の第3木曜日は、ボジョレーヌーボーの解禁日です。毎年激しいヌーボー商戦が交わされますが、実際に飲んでみると、知名度が高いわりには何だかライトなテイストで物足りなく感じたことはりませんか?ボジョレーヌーボーはまずいのか?ご説明します。

秋の風物詩、ボジョレー解禁

日本は緯度の関係で原産国のフランスより早く飲めることもあり、毎年11月の第3木曜の解禁日になるのを待って、ワインバーなどで一斉に栓を空ける光景が必ずニュースで流れます。バブル時期のような派手なお祭りやブーム感は乏しくなりましたが、その代わりにコンビニやネットショップなどでもお手軽に買えるようになりましたね。

ボジョレーヌーボーの解禁日は、農民の収穫祭が元になっているとも言われますが、最近の日本では、グランドホテルや大型ライブホール、ワインスクールやフランス語学校などでも解禁日に合わせ各種イベントが開催されており、解禁のワインクルーズや記念列車を走らせて車内でワインと特製のお弁当を楽しめる企画もあります。

ボジョレーヌーボーとは

フランス産のブルゴーニュワイン

ボジョレー地区は、フランスワインの産地として有名なブルゴーニュ地方の中にあります。ボジョレーワインは、ブルゴーニュワインの中で特定産地のワインということになります。

多品種をブレンドして相乗効果を狙うボルドーワインと違い、ブルゴーニュワインの特徴として、単一品種のワインが多いことが挙げられます。赤ならピノ・ノワール、白ならシャルドネが代表的な品種です。だからブルゴーニュに属するボジョレーも「ガメイ」による単一品種のワインを作り上げたのでしょう。品種の個性を楽しめるワインなんです。

ワイン業者にぶどうの出来を確かめてもらう

本来のボジョレーヌーボの目的は、その年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としたもので、ワイン業者が主な顧客でしたが、次第に解禁日をイベントとして新酒を大々的に売る販売戦略や販売手法が確立され、日本を筆頭に輸出量も増加の一途をたどりました。

元々は品質のチェック用に速醸法で造られたワインなので、醸造期間が短く熟成が足りません。リーズナブルな価格の製品が多いとは言え、大衆向きにおいしいワインを提供することが目的ではありませんでした。いわば業務用で、残ったヌーボーは地元でテーブルワインとして飲まれていました。

なぜ解禁日は11月第3木曜日?

ボジョレー・ヌーボーも最初は解禁日が定められていませんでした。しかし、早く新酒を味わいたい消費者の要望に応える形で販売業者が先を争って早い時期に新酒を販売するようになり、発酵が十分でないワインが出回るようになって品質が低下してしまいました。その対策として、フランスのワイン法によって解禁日が設定されましたが、最初に制定されたのが最も早い収穫時期に合わせた11月11日でした。

この日は「サン・マルタンの日」という聖人の日であったため、縁起も良かったのですが、後に11月11日は「サン・マルタンの日」から「無名戦士の日」に変更されてしまったため、その日から一番近い別の聖人の日、サン・タルベールの日である11月15日に解禁日を移しました。

ところが解禁日を固定してしまうと、フランスではほとんどのワインショップ・レストランがお休みである土日と重なった年は大きな影響が出ます。その結果、フランス政府が1984年に「11月の第3木曜日」という変動日に設定したという経緯があります。

ボジョレーって、実はまずい?

さあ、そんなボジョレーヌーボーですが、実際に飲んでみると物足りない……これって“まずい”のかも?と感じた経験のある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

ワインの良し悪しって、一般の人にはわかりづらいですよね。
ポイントは、原料となる「ガメイ種」のぶどうの特性です。収穫量が多めで、ワイン用のぶどうとしては粒が大きめ。そのため皮に対して実の量が多く果汁が豊かなので色調は明るめで、タンニンによる渋みは少なめです。

・フレッシュで、さわやかな香りは感じられるか?
・傷んだコルクによる「ブショネ」のカビ臭などの異臭はしないか?
・酸味と甘みのバランスはどうか。
・渋みの具合はどうか?
・味に雑味はないか?
・後味のキレや余韻の広がり具合はどうか?


その年のワインの良し悪しを判断するなら、去年と同じ銘柄を飲んで印象を比較するとか、複数の銘柄を飲みくらべると、わかりやすいですよ。

ボジョレーヌーボを美味しく飲む方法

ワインは一般的に「赤は室温で、白は冷やして」と言われますが、それは日本より緯度が高く気温の低いフランスの気候での条件です。高温多湿の日本では赤も冬以外は14~16℃くらいに冷やしほうが美味しく味わえます。

赤ワインは冷やし過ぎると渋みを感じやすくなりますが、ボジョレーヌーボはタンニンの少ない製法ですので、一般的な赤ワインよりも少し低めの10℃~12℃くらいに冷やすのがオススメなんです。冷蔵庫なら1時間くらい冷やすと適温ですよ。

おすすめボジョレーヌーボー 最高金賞の特選3品!

1.ボジョレー・ヌーヴォー’16 ウリッス・ジャブレ

http://macaro-ni.jp/36438

出典:楽天市場

ボジョレー・ヌーヴォー’16 ウリッス・ジャブレ★11月17日解禁日お届け★

¥2462

楽天市場で購入
ウリッス・ジャブレ社は、1834年にローヌの銘醸地タン・レルミタージュで創立し、ワイン商として欧州各国に輸出しました。1873年に双子の息子ポールとアンリが跡を継ぎ、1881年には分社化して20世紀に入ってアンリの息子ウリッス・ジャブレが事業を拡張するため、ブルゴーニュに会社を移しました。

リヨン杯2014、2015年に最高金賞を連続受賞しています。2,000円台で味わえる最高の味わいをどうぞ!

2.ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー'16 P・ミスレイ

http://macaro-ni.jp/36438

出典:楽天市場

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー’16 P・ミスレイ★11月17日解禁日お届け★

¥2786

楽天市場で購入
ポールとピエールのミスレイ兄弟が1904年、ボーヌに創業したドメーヌ(自社畑蔵元)です。ボジョレーに進出して成功を収め、タストヴィナージュ(ブルゴーニュの利き酒騎士団)の認定を受け、毎年コンクールで入賞を重ねる実力派です。

リヨン杯2010年の最高金賞を受賞しています。例年、400本以上のワインが出展され、最高金賞に輝くワインはわずか15本程度です。

3.ドメーヌ・ド・オート・モリエール・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2016

http://macaro-ni.jp/36438

出典:楽天市場

【新酒先行予約11月17日以降お届け】ドメーヌ・ド・オート・モリエール・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2016【

¥2138

楽天市場で購入
5世代続く名門ワイナリーで、2007年最高金賞、 07最高金賞、さらに08、10、11、12年と4度の金賞に輝く、常にトップクラスのクオリティを提供しています。例年、豊かな果実味とやわらかな口あたり、繊細かつフルーティな味わいが多くの人を魅了してやみません。

ボジョレーを美味しくいただこう

いかがでしたか?
このボジョレーヌーボに関する記事は。

まだ「おいしいボジョレーヌーボを味わったことがない」というあなたにも、まだまだ出合ったことのないたくさんの銘柄があり、適温に冷やすなどのちょっとした工夫で、これまでにない新鮮な驚きがあるかもしれません。

ボジョレーヌーボは、フレッシュ感があってライトボディなものが多いので、フルーツやスイーツとの相性も抜群ですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

手がかかるイメージのホワイトソース。急いで食事の準備をしたいときにイチから作るのは少し面倒ですよね。そんな時はまとめて作って冷凍してしまいましょう!小分けに冷凍しておけば、ソースはもちろん、グラタンやコロッケ…

東京 まとめ

記念日のお祝いにちょっとリッチなディナーはいかが?東京都内でおすすめのアニバーサリープランつきディナーを厳選してご紹介します。お誕生日や結婚記念日などで大切な人に喜んでもらいたい方は必見!満足度120%の贅沢…

東京 お土産

お店の1番人気商品の陰であまり目立たない2番人気。実は不動の2位をキープし続ける実力派の商品ばかりが勢揃いしています。今回は東京駅周辺で評判の名店にスポットを当てて、お店の2番人気商品について調べてみました。…

レシピ

特徴的な香りが人気のセロリ。みなさんはセロリが冷凍保存できることをご存じですか?様々な料理に使えるセロリを冷凍保存すれば、長い期間おいしいセロリ料理がたのしめます。どれくらい長持ちするのか、保存方法のコツなど…

じゃがいも レシピ

じゃがいもは生でも食べられるって知っていましたか?日頃の食卓で煮物や炒め物、揚げ物はもちろん、和風、洋風問わず食べられる身近な野菜ですよね。なじみのあるじゃがいもですが、今回はじゃがいもを生で食べる方法と、お…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

蒲田 餃子 中華 まとめ

蒲田の餃子は栃木県出身の僕も侮れないと思ってます。 ちなみに歓迎という蒲田のお店で餃子10人前を一人で食べたことがあります(笑)

コーヒー まとめ

今日の朝食は、なにを食べました?朝の定番となっているアレも実はあまり朝にはオススメできないものだったりします。1日のスタートは朝食から。見直してみましょう。

コーヒー おしゃれ テイクアウト まとめ

コーヒー片手に歩く姿はちょっとカッコいい。なんて、思ったことないですか?もちろんただのコーヒーカップでもいいですが、珍しいコーヒーカップを持っていたらちょっと注目を集めちゃうかも♪持つだけでおしゃれ度がアップ…

フルーツ マンゴー まとめ

紅茶ブランド「リプトン」から、この秋、フルーツティーシリーズを新発売。定番の人気フレーバー「アップルティー」、「レモンティー」に、紅茶としては珍しいフレーバーである「ミックスベリーティー」、「ピーチ&マンゴー…

ケーキ スイーツ チョコレート まとめ

1月23日(金)、全国の「シャトレーゼ」で「産直スイーツフェア」が開催!フェアでは、産地直送の苺を贅沢に使用したショートケーキ『農家直送苺とうみたて卵をたっぷり使った特撰ショートケーキ』など注目スイーツが期間…

まとめ

タレントのローラさんが作るお家ご飯が話題!日本を代表するオシャレガールであり、そのおちゃめなキャラクターからバラエティ番組でも活躍するローラさんは、実は料理もかなりの腕前だそうです!Instgramにアップさ…

お土産 茨城 納豆 水戸 まとめ

この記事では茨城におでかけしたときに手に入れておきたい、食べてみたいお土産を7つご紹介します。せっかく茨城に行くからには、その土地ならではのお土産を食べてみたいものですよね!ぜひ茨城に行かれる前にチェックして…

ゼリー まとめ

暑い毎日の清涼剤。冷たいデザートはいかがですか?お取り寄せできる、夏にぴったりの涼しげで美味しいゼリーを集めてみました♪目に美しく舌に涼しく、気持ちもワクワクするような一品をどうぞ。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

台湾 韓国料理 食べ歩き アジア料理

海外旅行が好きな方、食べることが好きな方、ぜひご注目を!このたびmacaroniでは、「DeNAトラベル」の協力を得て、韓国「明洞屋台」&台湾「夜市」の2大食べ歩きエリアを特派員として取材してきてくださる記者…

レシピ まとめ 豆腐

豆腐は今や世界中で愛されている食品ですが、海外ではベジタリアンやヴィーガンを中心に、タンパク源として肉のかわりに使われるレシピが多いようです。日本人にはあまり馴染みのない食べ方は興味深いですよ。さっそくレシピ…

レシピ まとめ スイーツ

毎日の献立を考え作るのはやはり大変、どこかで適当に息抜きしたくなりますよね。そんな時のために、3つの材料で簡単にできるレシピをメインからスイーツまでご紹介します。簡単なのに見た目はとても美味しいそう。3つの材…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/