ローディング中

Loading...

伝説の料理人と言われるフランス人シェフ、ジョエル・ロブションが日本のテレビ番組のために卵ご飯を考案。どの家庭にもある食材で作った料理が、どこにもないオリジナル料理に大変身。ロブションの「目玉焼きを乗せたガレット」をレシピも含めてご紹介!

世界最高の卵かけご飯、ここに爆誕!

10月25日放送の、NHK朝の情報番組「あさイチ」に、世界最高のフレンチシェフといわれるジョエル・ロブションさんが出演。この番組のためだけに考案した朝ごはんを、まさに世界初公開。伝説の料理人と言われるシェフが新たに考えた卵料理とは?

番組内で紹介されたメニューの貴重なレシピをご紹介します!

ジョエル・ロブションの「目玉焼きを乗せたガレット」

世界一のフレンチシェフとも言われるジョエル・ロブションが日本のテレビのためだけに公開したのは、「目玉焼きを乗せたガレット」。日本の卵かけごはんをヒントに考えたそうですよ。

冷やご飯とチーズ、ハムで作ったライスパテを焼き、その上に目玉焼きを乗せていただくというもの。身近な食材を使い誰にでもできそうな卵料理なのに、おしゃれな見た目と繊細さに、視聴者からは、放送直後から感動のコメントがツイッターにあがるなど、話題になっています。

ジョエル・ロブションとは?

ジョエル・ロブションさんは、現在71歳のフランス人シェフ。フランスや日本だけでなく、世界中にファンをもつ一流の料理人です。31歳の若さでM.O.F(国家最優秀職人章)をフランスで受賞し、39歳でミシュラン3つ星を獲得。

51歳の時に一旦料理人の世界を引退しましたが、彼の味を愛してやまない人達からの熱烈な声を受けて、55歳で現役復帰。現在は、世界各国でその腕をふるい、これまでに獲得したミシュラン星は31といいます。まさに世界料理界の鉄人として、多くの人に認められています。

「目玉焼きを乗せたガレット」の作り方

材料

・冷やごはん:150g
・ハム:35g
・パルメザンチーズ:75g
・卵:2個
・水菜:適量
・サラダ油10ml
・無塩バター:20g
・しょうゆ:適量
・塩:適量
・七味とうがらし:適量

作り方

1 パテにするご飯には冷やごはんを用意し、よくほぐして使います。ほぐしにくいときは、少量の水を加えるとほぐしやすくなります。
2 5ミリ角に刻んだハムとチーズを、冷ごはんに混ぜあわせます。ハムやチーズがなければ、冷蔵庫にあるお好みのもので大丈夫です。
3 8センチのセルクル(型)の中に、ご飯を入れて、押し固め、形を整えます。そのあとすぐに調理を進めるよりも、型に入れたご飯を、冷蔵庫で一晩置いておいた方が、崩れにくくなります。
4 多めのサラダ油を敷き、火を点けてフライパンを温めます。両面がきつね色になるまで強火でご飯のパテを焼きます。片面をしっかりと焼いて香ばしさを出します。もう片面は、余熱で焼く程度でOKです。
5 次に、焼いたご飯の上にのせる目玉焼きを作ります。多めのバターをフライパンに入れて強火で温めます。バターを少し焦がすと、香ばしさが加わり、絶妙な味わいになります。
6 バターが少し焦げたら、一旦フライパンを火から離し、火力を弱火にしてから卵を焼きます。卵をフライパンに落として、白身の部分が固まってきたら、白身の部分だけに塩を適量かけます。白身の部分にだけかけることでぐんと見栄えがよくなります。
7 七味とうがらしは白身の部分にかけ彩りをよくし、黒こしょうは、黄身の部分だけにかけて仕上げます。ご飯を型抜きした型と同じものを使うと、重ねた時にきれいな見た目になりますよ。

卵かけご飯に心酔

世界中の人から愛される料理を生み出してきたジョエル・ロブション。きっと多くの素晴らしい食事を重ねてきたはず。しかし、そんなジョエル・ロブションは、日本の卵かけご飯に心酔し、今回のオリジナルレシピを思いついたといいます。

和の天才料理人と言われる小山裕久さんは、キュレーションサイト「GQ」の中で、自身が作った卵かけご飯をジョエル・ロブションさんへ出した時のエピソードを通し、ロブションさんの卵かけご飯好きについて語っています。

ご飯の温度や卵と合わせる時間やタイミングにこだわった小山さんの卵かけご飯を食べたロブションさんは、「なぜこんなにうまいのか」と、一度に4杯も食べたそう。

ご自宅で一流の味を

ジョエル・ロブションが作ったお料理を食べる機会は、なかなか得られるものではないかもしれませんが、目玉焼きを乗せたガレットなら、ご自宅にあるもので十分再現してたのしむことができますよ。

少ない素材で作る料理ですが、ところどころに一流シェフならではのこだわりと繊細さが光るレシピでした。テーブルコーディネートを合わせて、おしゃれな食器に盛り付ければ、記念日にもぴったりのひと皿ができ上がります。よかったらぜひ試してみてはいかがでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

アレンジレシピ レシピ まとめ

日本三大漬物のひとつ「野沢菜漬け」。野沢菜の栄養素は、漬物にしても残るって知っていますか?そんな野沢菜や野沢菜漬けを使った、アイデアレシピをご紹介。漬物以外のレシピもたくさんありますので、ぜひ試してみてくださ…

アボカド おつまみ お弁当 春巻き レシピ まとめ

いまSNSでも「アボカド春巻き」がブームなのを知っていますか?熱することで、トロリとした食感が味わえるアボカドは、春巻きにしてほかの具材と一緒に味わってもおいしく、どんな素材にもマッチするすぐれものなんです。…

おでん レシピ カレー まとめ

おでんは大鍋でたっぷり作るとおいしくできますね。でも余ったらどうしよう…という心配も。そんな時はリメイクがおすすめ!最後までおいしく食べきれます。今回はカレーやお好み焼きなど、簡単にできておいし…

レシピ

みなさんは「どぶ汁」って知っていますか?「どぶ」な「汁」って、って一体なに?とか思ったアナタ、どぶ汁とはアンコウを使ったおいしいお鍋なんですよ!今回は、ちょっと変わった名前のどぶ汁についてご紹介していきたいと…

レシピ

真っ赤なピーマン、パプリカ。生でも焼いても、幅広く使えるパプリカはおしゃれなだけでなく、栄養満点のアンチエイジングべジタブル!今回はそんなパプリカのインナービューティーに役立つ栄養と簡単レシピをご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おにぎらず お弁当 レシピ まとめ おにぎり

今、ブームになっている「おにぎらず」の人気アレンジレシピを10種類まとめました。握る必要がないので簡単で尚且つ食べやすいので、お弁当に入れる方も多数♡「おにぎらず」という響きも可愛いですよね♪

レシピ まとめ カフェ

syunkonでおなじみの人気料理ブロガー、山本ゆりさんをご存知ですか?彼女のレシピは多くの人から支持され、ブログも本になって200万部突破の大ヒットを記録するほど。そんな山本さんのカフェ風ごはんからおすすめ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

ヌテラ おやつ

今や200カ国で愛されている「ヌテラ」。日本でも密かなブームとなっていましたが、ここへ来て急速に人気が高まっています。「あの味がたまらない」「クセになる!」と評判の「ヌテラ」とは一体どういうものか、乗り遅れる…

とうもろこし

夏が近づき、スーパーなどには季節の野菜が増えてきました。「とうもろこし」もその一つ。そろそろ甘いゆでとうもろこしが食べたくなってきたのでは?シャキッと食感と、ジューシーな食感。絶対に試したい、とうもろこしのお…

お茶

発売以来、年齢、性別を問わず多くの人に親しまれてきた「爽健美茶」。時代とともに何度か変化してきましたが、このほど“爽健美茶史上最高のおいしさ”と澄み切った味わいにリニューアル!そこで今…

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...