ローディング中

Loading...

秋野菜には、夏の間にたまった胃腸の疲れを癒し、冬に向けて免疫力を高める効果が期待できるものが多くあるんです。そこで今回は、今が旬の秋野菜をとり入れるコツをご紹介します。秋野菜をお料理に取り入れ冬に備えましょう。

秋野菜を上手に食べるコツ

秋野菜には、夏の間にたまった胃の疲れを癒し、冬に向けて免疫力を高める効果が期待できるものが多くあります。今が旬の秋野菜をとり入れるコツをあすけん栄養士が解説します。

欲しいメリットでチョイス!秋野菜のとり入れ方

胃に優しい食事にしたいなら

里芋・きのこ類・つるむらさき・れんこんなどの秋野菜には、胃粘膜を守る働きをもつムチンが含まれていて、夏の間に疲れた胃をいたわるのにぴったりです。

アルコール類・香辛料を摂るときに一緒に食べるのもおすすめ。 調理中に溶け出た栄養素を逃さず食べることができる汁ものにするのもよい方法です。

免疫力を向上させたいなら

秋が深まり湿度が低下すると、風邪やインフルエンザなどのウイルスがカラダに侵入しやすくなります。こういった感染症の予防をするなら、免疫力を高める作用があるビタミンC・β-グルカンを含む野菜を積極的に摂ることも大切です。

ビタミンC・β-グルカンをたっぷり摂ることができる主な秋野菜は下記のとおりです。
■ビタミンCが豊富な秋野菜:さつまいも・れんこん
さつまいも・れんこんに含まれるビタミンCはでんぷんでコーティングされているため、加熱しても壊れにくく、調理による損失が少ないという特徴があります。

■β-カロテンが豊富な秋野菜:しいたけ・まいたけ・しめじなどのきのこ類
きのこ類に含まれる食物繊維のひとつ「β-グルカン」には、免疫細胞を活性化し、免疫力を高める作用があるとされています。特に、しいたけ・まいたけに多く含まれています。

ダイエッター必見!秋野菜をヘルシーに楽しむコツ

さまざまな効果が期待できるものの、さつまいも・里芋・れんこんをダイエットにとり入れるなら、適量を守り、調理法を工夫することが大切です。

さつまいもをとり入れるコツ

カロリーが気になるさつまいもですが、中サイズのものを1/3本ほどを食べれば150kcal以下となりカロリーオーバーになる心配がありません。

むしろ、便秘解消に役立つ食物繊維や美肌作りに効果を発揮するビタミンA(β-カロテン)・ビタミンEなどを摂ることができるため、甘いお菓子を食べるよりベターです。

さつまいもの甘みを十分に引きだすコツは、じっくり加熱すること。 例えば、アルミホイルに包んださつまいもを160℃に設定したオーブンで約90分焼けば、甘みが強くしっとりとした焼き芋に。

もちろん、シナモンシュガーやバターなどは付けずにシンプルに食べるようにしましょう。

里芋をとり入れるコツ

里芋は、いも類のなかでは比較的カロリーが低めで、糖質量も少なめです。100gあたりの里芋とさつまいもを比較すると、里芋のカロリーは58kcalでさつまいもの半分以下。

糖質量は36%ほど少ない11.2gです。このうれしい特徴をダイエット中の食事に活用するなら、砂糖を使った煮物にするより、「きぬかつぎ」にしてみましょう。カロリーオーバーになりにくく、ねっとりとした食感と素朴な味わいを楽しむことができます。

《きぬかつぎの作り方と食べ方》
1.洗った里芋を皮付きのまま蒸し器で15~20分蒸す。
2.蒸したての里芋の皮をむき、少量の塩をつけて食べる。
蒸し器がないときは、里芋を1個ずつラップで包み、電子レンジで約5分加熱すればOKです。

れんこんをとり入れるコツ

れんこん100gあたりの糖質量は14.2gと里芋より多め。実は食べ過ぎに注意したい食材です。

きんぴらにするなら、れんこんだけで作るのではなく、こんにゃくを加えて糖質とカロリーを抑えるとダイエット向きのメニューになります。砂糖を控えめにして薄味にするのもおすすめです。

秋野菜には、冬へ向けて体調を整えるのに役立つ栄養素がたっぷり含まれています。カシコクとり入れてみてくださいね。
提供元:

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

たけのこ

旬の時期にぜひ生をのものを味わいたい、たけのこ。「生だと傷みやすいし、保存方法が難しそう」とお考えのあなた!実はたけのこは保存方法によっては1年間保存ができる優れものだと知っていますか?ここではアク抜きの方法…

ナス

年中食べることができ、色々なメニューで大活躍するなすの保存方法せっかくならばおいしい状態を一日でも長く保ちたいですよね。今回は、なすの長期保存方法から選び方、おいしいレシピまで、たっぷりとご紹介します。

スイーツ

ダイエット中でもスイーツが食べたい方必見!DHCから期間限定で「糖質10g以下スイーツ」6品が新発売します。糖質オフなのに本格的なスイーツが楽しめるので、ぜひこの春のティータイムに楽しんでみてはいかがですか?

レシピ

みずみずしく、シャキシャキの食感が特徴の水菜。でも、水菜はすぐしなびてしまい、保存に困ったことはありませんか?実は、水菜もコツを押さえれば保存が可能なのです!水菜の保存方法は冷凍?冷蔵?おすすめレシピと併せて…

鎌倉 レストラン

「AWkitchen」が鎌倉にオープン。新鮮な野菜、魚介をふんだんに使用した料理は見た目も美しく、絶品です。一軒家のレストランの敷地内からは、江ノ電を望む開放的なテラスガーデンも!雰囲気も◎。鎌倉に行ったら、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

パン まとめ

アメリカンなボリュームの商品が大人気のコストコ。そこの定番商品「ディナーロール」は、見た目はごく一般的なシンプルなパンですが、かなりおいしいと大好評のようです。冷凍保存してサンドイッチやラスク、フレンチトース…

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ホワイトデー まとめ

今回ご紹介するのは、イトーヨーカドーオリジナルブランドのホワイトデーギフト6品。毎年魅力的な商品をリリースしている同店ですが、今年はかつてないほど充実したラインナップ!どれを買うか悩んでしまうあなたのために、…

森永製菓が濃厚な抹茶がおいしい「味わい深い抹茶あいす」をコンビニ限定で発売しました。抹茶アイスの下には、胚芽入ビスケットがあり、サクサクとした歯ごたえが楽しめるのも特徴です。こだわりの宇治抹茶の味と香りを楽し…

スムージー

スムージーにカットフルーツやナッツなどを加えたボリュームたっぷりの「スムージーボウル」を作ってみましょう。食べ応え抜群でヘルシー!スムージーでは物足りないと感じたときは、スムージーボウルにアレンジしてみてくだ…

macaroni_repro

提携メディアの記事を配信するアカウントです。美容系のコラムや百貨店...