ローディング中

Loading...

食事中、ざくっと口の中を噛んでしまった瞬間!痛いですよね……。血豆になったり、口内炎になったり地味に痛みます。また、噛んでしまう時は立て続けに噛んでしまうのに、噛まない時はしばらく噛まない日が続きます。これはどういうことなのでしょうか?

気づいたら口の中を噛んでいませんか?

あれ、気づいたら口の中に傷が……。なんてことありませんか?もしかしたら、無意識に口の中を噛んで傷つけているかもしれません。傷ができたことによって、調味料がしみて食べにくいという不便を感じてしまうでしょう。原因はさまざまですが、もし当てはまることがあれば改善はできます。今回は、口の中を噛んでしまう行動について詳しくご紹介していきます。

なんで口の中を噛むの?

疲れが原因かも?

人は普段の食事中、無意識に口の中で頰の内側や舌を噛まないよう、脳が口の動きを制御しています。ただ、疲労物質が溜まって分解が追いつかなくなると、口の中の動きを制御する脳の働きが鈍ってうまく制御することができなくなってしまうことがあるそうです。最近よく噛むなぁ……なんて思う時は自分が思っている以上に体が疲れているのかもしれませんね。
最近は食習慣の変化に伴って食事を咀嚼する回数が減ってきて、顎が細くなっている人が増えていると言われています。顎が細くなると歯が並ぶスペースが狭くなるため歯並びが変わってきますし、生えてくる歯が1本少ない「癒合歯(ゆごうし)」などという症状もあります。実は私がこれに当てはまるのですが、そういう人は、顎が細い分余計に口の中を噛みやすい傾向にあると、歯医者さんで注意をされたことがあります。

ストレスが原因になることもある?

人はストレスを感じた時、そのストレスを取り除こうとして何かしらの行動を起こします。爪を噛んだり、頭を掻いたり、子どもだと指をしゃぶったり。そのような行動のひとつに口の中を噛む行為もあるそうです。
食事中以外にも、ストレスによって口の中を噛んだり、頰をすぼめたりしているとその行動が癖になって、食事中にも噛んでしまうということがあるようです。

太った

最近体重も増えてる……そんな人も口の中を噛みやすくなります。頰に肉が増え、今までよりも口の中のスペースが小さくなるからです。太った状態に慣れてくれば噛みにくくもなりますが、肉がつき始めた頃はその状態に口の中が慣れていないので噛んでしまいます。

頬のたるみ

太ったのと同様に、加齢によって頰がたるむことも口の中を噛む原因になります。これも、自分が今まで無意識で回避していた頰の内側が、たるみによって内側にせり出してきたことに体が慣れていないためです。また、加齢とともに口の動きを制御する脳からの指令も伝達力が弱まったり、遅くなったりします。

むくみ

むくみも口の中を噛んでしまう原因のひとつです。顔のむくみは鏡などで見れば一目瞭然ですが、そんな時は舌もむくんでいることが多いそうです。そして、舌も頰もむくんでいれば通常の口の動きでは邪魔な物が多くなるため口の中を噛みやすくなってしまいます。原因は顔や体のむくみと同様に疲れや水分の代謝不良、冷えなどです。

できてしまった傷はどうする?

薬を使う

口の中を噛んでしまうと、その傷から細菌が入って口内炎になりやすくなります。そのため、薬を使って早く直すのがおすすめです。簡単なものだと、マウスウォッシュやうがい薬で口の中の殺菌ができます。ひどい傷の時は口内炎のお薬を使うとよいでしょう。おすすめは貼るタイプのもので、傷を直す成分はもちろん、傷口が隠れるので食事や歯が当たることもなく快適に過ごすことができます。
また、お薬が手元にない時、買いに行く時間がない時などにおすすめなのは蜂蜜です。蜂蜜の殺菌成分が傷の殺菌にぴったりです。あまり薬を使いたくないお子さんにもおすすめです。(※1歳未満のお子さんには蜂蜜を与えないでください)

ビタミンBを積極的に

お薬もいいけれど、やっぱり自然治癒で直したい気持ちもありますね。皮膚や粘膜の再生を助ける働きがあるのはビタミンB群です。ビタミンBを多く含む食品は、レバーや卵、チーズ、納豆など。サプリメントなどを利用するのもいいと思います。ただし、ビタミンBを多く含む食品だけをとっているだけでは意味がありませんので、バランスのよい食事を心がけてください。

刺激物は取らない

口の中に傷がある時はちょっとした刺激でも衝撃を受けるくらいの痛みになりますね。熱いものや冷たすぎるもの、辛いものや酸味の強いものはしばらく避けるのがいいです。また、お砂糖は体の中でビタミンやミネラルをたくさん消費しますので、甘いものも摂りすぎないように注意しましょう。

血豆は?

血豆も口内炎同様に刺激物を避けて安静にしていると次第に治ることが多いです。ただし、血豆の場合は病気が原因でなる可能性もあります。血豆ができてからの期間が長い時や、同じ場所に頻発する場合、他にも気になる症状がある場合は早めに医師に相談をしましょう。単純な口内炎や血豆でもレーザーを使えばすぐ治る、なんていうこともありますよ。

カタル口内炎

口の中を噛んでしまったあとに、味がわかりにくくなったりおいしいはずの食事がおいしく感じなかったり、味覚が鈍化する、普段の痛みはないのに刺激物に異様に反応してしまう場合などは「カタル口内炎」の可能性があります。痛みがないからと油断するのは得策ではありません。早めに対処して治すようにしましょう。

口の中を噛まないようにするためには

手軽な改善方法は?

ストレスを軽減させるのに手軽なのが、ガムです。あまり力を入れすぎずに軽くガムをかむと、幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」が分泌されます。「セロトニン」はその別名の通り、ストレスを軽減して幸せを感じさせるホルモンなので適度に噛むことでストレスが多少軽減されるかもしれません。
ただ、強いストレスを感じている時は頭痛を引き起こしたり、逆にガムをかんでいる最中に口の中を噛んだりすることもありますので気をつけて下さい。また、軽く汗をかくくらいの適度な運動はストレスを解消するのにはもってこいです。普段あまり運動をしない方は1駅分だけ歩いてみるとか、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使うといった簡単な物からでいいので、じんわりと汗をかく程度に運動をしてみるのもよいと思います。

バランスの取れた食事と休息

疲れにもストレスにも病気にも、やっぱり大事なのはバランスの取れた食習慣と睡眠です。外食になりがちな方は自然食レストランを選んだり、苦手な食材も1週間に1回くらいは挑戦してみたり、できるだけ旬のおいしい食材をとり入れてみてください。また、和食中心の生活もよいと言われていますね。体内のバランスが整っていると、少しの疲れもすぐにとれますしストレスがかかってもへこたれないメンタルにもつながります。

口の中を噛むのは癖だと思い込まないで

ただ単純に自分の癖だと思っていたのですが、実は裏に色々な理由が隠れていることがわかりましたね。口は、おいしく食事をする為になくてはならない重要な器官です。あまりにもよく口の中を噛んでしまう時には軽視せずに歯科医や口腔外科、耳鼻科などを受診して根本的な原因をしっかり見極めることも大切です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

あなたのまわりにもきっといる、なぜかモテる女性。フェロモンの出し方次第で、あなたの人生がより華やかに、鮮やかに色付くかもしれません。あなたが密かに思いを寄せるあの人も心を奪われるであろうフェロモンは、毎日の食…

眠いのに寝れない、このまま朝が来てしまう……!! 細切れ睡眠になり、気が付いたらカーテンの隙間から朝日が差し込んでいる、みたいな状況ありませんか?フィジカル・メンタルだけではなく、…

涙は成分によって味が違うの、知っていますか?悲しみの涙はサラサラしていて甘く、怒りの涙は粘りがあって塩辛い。しかも、涙の原料は血液というから驚き。今まであなたが流していた涙の成分は、そのときの感情に大きく左右…

口臭は女性にとってとても気になるもの。歯磨きしているから大丈夫!いえいえ、その口臭、胃に原因があるのかもしれませんよ。胃の不調によって起こる口臭、あなたもチェックしてみませんか?原因から予防法までまとめました。

口内炎になると甘いものもしょっぱいものも温かいものもなんでもしみて痛いですよね。一刻も早く治したいところ。そんなあなたにオススメなのが、高いお薬……ではなく、キッチンにあるはちみつ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

台湾 韓国料理 食べ歩き アジア料理

海外旅行が好きな方、食べることが好きな方、ぜひご注目を!このたびmacaroniでは、「DeNAトラベル」の協力を得て、韓国「明洞屋台」&台湾「夜市」の2大食べ歩きエリアを特派員として取材してきてくださる記者…

ニューヨーク スイーツ ドリンク カフェ パフェ

いまニューヨークでは、『ブラックタップ』というお店の「ミルクシェイク」が大流行中!よくある飲み物のシェイクとは違い、一風変わったインパクト抜群のミルクシェイクなんですよ。一体どんなスイーツなんでしょうか?ご紹…

コーヒー

普段使っているコーヒーカップはどんな風に選んでいますか?大きさや、デザイン、素材や形など多くの種類が販売されるコーヒーカップ。自分好みのコーヒーカップで飲むコーヒーはよりおいしく感じるものです。素敵なコーヒー…

vorgue

美味しいものを食べるのが大好き!だけど最近ちょっと体重も気になるお...