ローディング中

Loading...

おなじみ、雪印メグミルクの「さけるチーズ」。「さく」楽しさ、そして独特の「キュッキュッ」という食感が楽しいチーズですね。ところが最近、そのなかに“爆発”するものがあるという物騒な噂があります。そんな危険なチーズが本当にあるのでしょうか。

さけるチーズが爆発する?

さけるチーズといえば、雪印メグミルクの、北海道の牛乳を100%使用したチーズ商品、「北海道100」シリーズのひとつ。1980年に発売されて以来、他社の追随を許さず、今や独占といってもよいほど大ヒット商品となっています。ヘルシーなおやつとして、そしてビールのおつまみに、さらにサラダなどにのせてもおいしいチーズですよね。

ところが最近、その中に「爆発」しているものがあるという噂があるのです。こんな物騒な世の中だというのにそれは穏やかではありませんね。

そもそも「さけるチーズ」とはどんなチーズ?

きれいに繊維状にさけて、あの独特の「キュッキュッ」という食感が楽しい「さけるチーズ」。しかし製造方法は意外にシンプル、ナチュラルチーズを80℃のお湯で温めてよく練り、その後、引っ張っては伸ばし、お湯につける、という作業を繰り返すだけ。この作業の中でたんぱく質がきれいに並び、細かく繊維状にさけるようになるのです。

家庭でもナチュラルチーズを使って作ることができるくらいですから、ライバル会社も同様の商品を作ることは可能なのです。それでもここまで市場を独占できたのは、社員にですら極秘とされている独自の大量生産技術によるもの。大量生産を可能にしたことで他社より低価格での販売を可能にし、競争を勝ち抜いてきたようです。

本当に爆発してしまうの?

さて、その「さけるチーズ」が爆発しているという噂になっているわけですが、さすがに本当に爆発する食品が販売されていいわけがありません。実は爆発といってもパッケージの商品画像のお話。パッケージの商品画像を一部、どんどん細かくさいたチーズの画像に変えてあり、そしてそれがまるで「爆発」しているように見える、というものなのです。中には「イソギンチャクに見える」という声もあります。そして、商品の中身自体は爆発することもなく、通常のものと何ら変わらないようです。安心していただけたでしょうか?

社内では通称「ボンバーさけチー」

ただし雪印メグミルク社内でもこのデザインを「爆発」と判断しているようで 、このレアパッケージ版、これまでのノーマルな「さけるチーズ」を通称「さけチー」と呼んでいたのに対し、レアパッケージタイプは「ボンバーさけチー」と呼ばれているそうです。もちろん商品パッケージのどこにもそうは書いてありません。お店のスタッフに「ボンバーさけチーください」と言ってもわかってもらえませんのでご注意ください。

いつから爆発するようになったの?

1980年に「ストリングス」チーズとして発売されたこのチーズは、1995年に「さけるチーズ」に商品名を変更し、この時に「スモーク味」が加わりました。そして2015年9月にはさらに「ローストガーリック味」と「バター醤油味」がラインナップに加わりました。この時に、この2商品の一部のパッケージを「爆発」タイプにしたのです。

だから噂が広がったのが最近なのは当然のこと。ちなみにそれまでのプレーンタイプとスモーク味は「爆発」させていないようです。お店で探したい方は「ローストガーリック味」と「バター醤油味」の中から探してみてくださいね。

なぜ爆発させてしまったのか?

なぜ一部のパッケージのみを「爆発」させたのでしょうか?雪印メグミルクの担当者によると、この2商品を発売するにあたり、遊び心を持たせたかったこと、さらに、SNSやネットで話題になれば売り上げ増にひと役買うかも、と考え商品の一部のパッケージデザインを爆発タイプに変えてみたそうです。それがさっそく話題となり、ネットで情報が拡散され、「爆発しているパッケージが紛れ込んでいる!」と噂となりました。ちょっとネットで検索してみても「爆発」商品を見つけてSNSに掲載している人が数多くいます。まんまと担当者の狙い通りになったということですね。

四葉のクローバーより見つけやすい?

この「ボンバーさけチー」、いったいどれくらいの確率で出会えるのでしょうか?少なすぎて見つける人がいなくては話題になりにくく、逆に多すぎたら発見する喜びがありません。聞くと、2本入りタイプが16分の1、コンビニエンスストアでの販売がメインの1本入りタイプは32分の1とのことです。つまり2本入りは6%、1本入りは3%。ちなみに四葉のクローバーができる確率は1万分の1、0.01%以下らしいです。

ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典栄誉教授はあの世紀の大発見のみならず四葉のクローバーを見つけるのも大得意だそうですが、この「ボンバーさけチー」ならスーパーで置いてあるものの中にひとつやふたつはありそう。ノーベル賞並みの発見能力が無くても見つけられそうです!

お店に買いに行ってみよう

プロ野球球団のファン感謝デーのように、企業がちゃんとその利益を顧客を楽しませることに還元する、つまりファンサービスをする事は企業イメージのアップのためにもとても重要ですね。アイスのピノの一部が星形やハート型だったり、コアラのマーチのコアラが後ろ姿だったりというレアデザインや、このレアパッケージ商品はヒット商品だからこそできる余裕の表れでもあります。(売れていなければ商品自体がレアですからね・・・。)

でもそれがファンたちをワクワクさせてくれて、しかも話題になれば宣伝費をかけずに勝手に消費者がネットで宣伝してくれるという一石二鳥にもなり得るわけですね。さて、この「ボンバーさけチー」は、新しく「とうがらし味」が加わったようです。こちらのレアデザイン版はまた少し違って、ドラゴンが火を吹いているタイプらしいですよ。さっそく探しに行ってみましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

チーズ

まるで玉子焼きのような見た目の「焼きチーズ」がツイッターでねとめしとして話題になっています。100%チーズのみでできた焼きチーズは「カロリーの味がする」というほど危険な味に……⁉︎…

韓国 スイーツ

韓国にはコスメや服などかわいらしいものがたくさんありますよね。実はそのスイーツもそのひとつ。韓国のスイーツはとてもキュートでフォトジェニックなものが多いんです!今回はそんな中から「Creamfields」のス…

コーヒー

ほっと一息つきたいときに飲みたくなるスターバックスのコーヒー。そんな癒しに満ちたあの味、家庭でも味わえるってご存知ですか?今回は、多彩にそろったスターバックスの家庭用コーヒーをみんながどんな風に楽しんでいるの…

ジャム トースト

「チェックトースト」、もう試しましたか?おしゃれでカラフル、その上おいしい、ジャムを使ったトーストの最新トレンドです。今回は、インスタグラムハッシュタグ「#チェックトースト」の投稿から、真似したくなる素敵な作…

プリン

2016年11月の日本上陸以来、人気メニューとなっているスターバックスのプリン。そのスタバプリンに、バレンタイン限定のパッケージが数量限定で登場しました。スタバプリンをもっと楽しめるよう、カスタマイズや再利用…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

浅草 食べ歩き どら焼き まとめ

浅草には観光名所がたくさんありますが、たくさん歩けばおなかも減りますよね。でもでも!歩きながら食べられるようなちょっとしたグルメも一杯あるんです!今回はそんな歩きながら食べられる食べ歩きグルメを紹介します!デ…

マカロン お菓子 カフェ まとめ

今では様々なお店で目にするようになったマカロン☆とても可愛らしい形と色で、見ているだけでも癒されます♡おいしいマカロンがたくさんありますが、その中でも今回はお取り寄せできる有名店のマカロンをご紹介します♪

ワイン まとめ

最近、カルディ(KALDI)で販売されているワインが、ハイクオリティ&ローコストで話題になっています。今回はそのなかでも、おすすめしたいワインをまるっとご紹介。人気者ばかりなので、ワイン好きの方は要チェックで…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

台湾 韓国料理 食べ歩き アジア料理

海外旅行が好きな方、食べることが好きな方、ぜひご注目を!このたびmacaroniでは、「DeNAトラベル」の協力を得て、韓国「明洞屋台」&台湾「夜市」の2大食べ歩きエリアを特派員として取材してきてくださる記者…

カフェ バー デート 女子会 まったり まとめ

カフェでランチやティータイムも良いですが、夜にデートや女子会、一人の時間を過ごすのにも良いですよね。今回は、都内の夜まで開いてるお洒落なカフェご紹介します♪中でも、ちょっとノスタルジックな異空間カフェをピック…

レシピ

イタリア料理などで使われることの多い“オリーブ”の実。ピクルスやパスタなども美味しいですよね。ですが、オリーブの葉にもすごい魅力が詰まってるって知ってました?アンチエイジングやダイエッ…