ローディング中

Loading...

今年も、ボジョレーヌーボーの解禁日がやって来ます。その日は11月の第3木曜日午前0時と定められているので、2016年は11月17日です。そこで今回は、ボジョレーについてのアレコレをまるごとご紹介させていただきます。

ボジョレーヌーボーの季節がやってきた!

今年もブドウの収穫シーズンと共に、ボジョレーヌーボーの解禁日が近づいて来ました。以前のワインブームの頃のような派手なお祭りさわぎは影をひそめましたが、単に「新酒」というだけでなく、本当に飲んで“おいしい”と思える高品質なボジョレーヌーボーが味わえるようになりました。

ひと口に「ボジョレーヌーボー」といっても、数多くの生産者・銘柄があり、その味わいとお値段はさまざまです。各地で解禁日をお祝いするイベントも開催予定で、味わえる機会はたくさんあります。あなたにとっての、お気に入りのボジョレーヌーボーをお探しになるチャンスですよ。

そもそもボジョレーヌーボーって?

名前の意味

ボジョレヌーボーとは、フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレ地区で製造されるワインの新酒(ヌーボー)のことです。ですから、他の地区で生産された新酒はヌーボーであっても、ボジョレーは名乗れません。

その年に収穫されたブドウの作柄を見るための、いわば試飲用のワインなので長期間の熟成はせず、短期間で醸造したフレッシュなお酒です。

使われる品種

使われているブドウは、「ガメイ」のみの単一品種で、ブルゴーニュ地方で盛んに栽培されており、世界の生産量の約60がこの地域に集中しています。ワイン用のブドウとしては大粒で明るい赤色をしており、タンニンが控えめな代わりにしっかりとした酸があり、フレッシュな香りが魅力です。

ブルゴーニュ地方でも白ワインも造られていて新酒は毎年できますが、いわゆる“ボジョレヌーボー”とはガメイ種の赤ワインをさします。

醸造方法

ボージョレ・ヌーボーは、単なる新酒というだけでなく、「マセラシオン・カルボニック」という特殊な醸造方法で製造されています。通常は収穫したぶどうを破砕してから発酵させますが、マセラシオン・カルボニック法では、破砕をせずに縦型の大きなステンレスタンクに上からどんどん入れられます。

タンクの下の方のブドウは重さでつぶれ、果汁が流れ出て自然に発酵が始まります。つぶれていないぶどうの細胞内部で酵素の働きによってリンゴ酸が分解され、アルコール、アミノ酸、コハク酸などが生成され、ぶどうの皮からも成分が浸出します。発酵が始まると炭酸ガスが生成され、次第にタンク全体が炭酸ガスで充満します。

味や特徴

マセラシオン・カルボニック法で造られたワインは、タンニンが少ないわりには色が濃く、渋みや苦味が通常のワインより少ないために全体的にライトで、リンゴやバナナのような香りのするフレッシュ感のあるワインに仕上がります。

2016年の解禁日はいつ?

ボジョレーヌーボーの解禁日は、11月第3木曜日の午前0時と世界的に取り決められています。なので2016年は、11月17日の午前0時になります。ところが時差の関係で、日本では原産国のフランスよりも早く飲むことができるのです。なんだかフランスの方に申し訳ないような、ちょっとだけお得感がありますね。

解禁日が決められた秘話

じつは、解禁日が以前は、11月11日に固定して決められていました。それだと暦の年によってはお店がお休みの日に重なってしまう場合があって不都合なので、1967年にフランス政府によって第3木曜日に変更された経緯があります。

更に当初は解禁日が決められていませんでした。ボジョレーヌーボーの人気が高まるに連れて、メーカーや販売業者はこぞって出荷を早め、中には熟成度が足りないもまで出荷され、品質の低下を招いてしまいました。そこで、解禁日を設けて一定の品質を確保しようとしたのです。

解禁日の楽しみ方

おいしく飲む方法は?

フレッシュさが特徴のボージョレ・ヌーボーは、少し冷やした方がおいしく味わえます。冷蔵庫なら1時間くらい冷やしておくといいでしょう。早飲みタイプのワインなので、購入後はなるべく早いうちにお飲み頂くことをおすすめします。

ボージョレ・ヌーボーに合うお料理は?

渋みが少なくフルーティーなボージョレ・ヌーボーは、生ハムやサラミ、鶏肉、フレッシュチーズなどとの相性がよく、牡蠣や和食との相性も抜群です。重いソースを使ったお料理よりも、素材を活かした炭火焼きのようなシンプルな調理法や、お野菜を使ったお料理に向いています。塩味の焼鳥やサーモンのフライ&タルタルソース、八宝菜などにいかがでしょうか?

ボジョレー解禁を祝うイベント10選

解禁日にワインバーやホームパーティーを楽しむのも結構ですが、ボージョレ・ヌーボーの解禁日を祝うパーティーやイベントが各地で開催されますので、ご紹介しますね。人気のイベントは、予約ですぐに満員になることが多いので、気になったらお急ぎを!

1.グランドニッコー東京 台場「秋の収穫祭」

11月17日(木)・18日(金)の2日間、2Fのアトリウムにおいて1,000円のチケット制で20種類ものボジョレ ヌーボーとシェフご自慢のお料理を楽しむことができます。また「ワイン当てクイズ」や「お楽しみ抽選会」も実施されます。

2.ネオ屋台村 スーパーナイト ボジョレーナイト

有楽町の東京国際村フォーラムの広場で毎年開催されているイベントで、例年、ワイングラスのプレゼントなどの特典があり、今年はボジョレーの帝王と言われているジョルジュ・デュブッフ氏が来日して講演が予定されています。

3.オーガニックボジョレーヌーボー解禁パーティー@銀座

オーガニックワインの専門店『マヴィ』によって、ブルガリ銀座タワーで開催されるボジョレーヌーボーの解禁パーティーです。オーガニックワイン好きの方におすすめなイベントです。ワインに合うお料理も出ますので、お楽しみに。ただし、大人気のイベントなので、早期に予約が満員になる可能性があります。

4.ボジョレー•ヌーボーとミュージックナイト

フランス政府の公式機関によるイベントです。フランス語の学習の他に映画や講演会なども多く開催されて、フランス文化や人と触れ合うイベントの多いアンスティチュ•フランセ東京にあるレストラン「ラ・ブラスリー」で開催されます。

ビュッフェスタイルの特別ディナーともに、今年のボジョレー・ヌーボーを味わえます。アンスティチュ・フランセ東京の講師であり、歌手・作詞家・女優のシュブリームさんのライブ演奏も予定されています。

5.ボジョレー・ヌーヴォー解禁パーティー 2016

銀座のレストラン『アルケントーレ』(RISTORANTE AL KENTRE)で、ボジョレー・ヌーヴォー解禁日の11月17日(木)に開催される毎年恒例の解禁パーティです。

他ではなかなか飲めない、小規模生産者によるこだわりのボジョレー・ヌーヴォー5種類に加え、ブルゴーニュ白ワインのプリムール(新酒)であるマコン・ヴィラージュを2種類、イタリアの新酒ノヴェッロを2種類、乾杯用のクレマン・ド・ブルゴーニュ1種類の豪華10種類でのパーティーです。

100名近く入る会場は立食形式で、アルケントーレの高田シェフによる立食用特別メニューがご用意されます。お申し込みは、定員になり次第締め切りますのでお早目に。

6.ボジョレ・ヌーヴォー2016 天浜線ワイン列車

天浜線(天竜浜名湖鉄道)は、静岡県の掛川駅から浜松市の天竜二俣駅を経て湖西市の新所原駅に至る鉄道で、毎年ワイン列車を運行しています。「昼の部」と「夜の部」の2列車を運行して、ソムリエによる解説とおつまみ弁当付きのステキなイベントです。

7.ボジョパ(ボジョレーヌーボーパーティ)in USJ

毎年ご好評のボジョレーヌーボーの解禁パーティが、今年もユニバーサル・スタジオ・ジャパン内のステージ33で開催されます。開催日時は11月17日(木)19:00~21:00、280名限定です。ボジョレーヌーボーの帝王と呼ばれる「ジョルジュ デュブッフ」に合わせたお料理と、キャラクターグリーティングやスペシャルショーもご用意されています。

8.『マノン』2016年 ボジョレヌーヴォー解禁イベント

ワイングラスに注がれた赤ワイン

写真はイメージです。

福島県郡山市にあるクラブ『マノン』では、毎年恒例となったボジョレ・ヌーヴォー解禁イベントを開催します。15Lのボジョレ木樽をご用意し、当日はウエルカムワインを1杯サービスされます。なくなり次第終了ですので、ご訪問はお早めに。

9.フランス語学校 ボジョレー・ヌーヴォーパーティー2016

赤ワインで乾杯している男女

写真はイメージです。

フランス語学校が主催する毎年大好評のボジョレー・ヌーヴォ―パーティーが、解禁日に開催されます。在校生や講師の他、一般の参加もOK!ワイン・おつまみ付きで一般の方は2,160円(税込)とお手軽な料金が魅力です。

10.ボジョレー・ヌーヴォー解禁ディナー

熊本市のレストラン『ル・キャトル 』で、毎年恒例の「ボジョレー・ヌーヴォー解禁ディナー」が催されます。ボジョレー・ヌーヴォーは、ブルゴーニュの名門「アルベール・ビショー」に焦点を当て、特別フレンチコース+ヌーヴォー含むフリードリンク+Jazzの生演奏という豪華な内容です。

ボジョレーヌーボーが飲めるお店3選

1.オテル・ドゥ・ミクニ (HOTEL DE MIKUNI)

解禁日に合わせて11月17日(木)〜11月30日(水)の期間限定で、「ボジョレーヌーヴォー 2016」プランを提供します。おまかせのディナーコースにシェフが選んだマルセル・ラピエールの『シャトー・カンボン』を1杯セットにして、7,550円ととてもお得です。
■店舗名:オテル・ドゥ・ミクニ
■最寄駅:四谷駅
■住所:東京都新宿区若葉1-18
■電話番号:03-3351-3810
■営業時間:ランチ:12:00〜14:30(L.O.)、ディナー18:00〜21:30(L.O.)
■定休日:日曜日の夜、月曜日
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13000846/
■公式HP:https://oui-mikuni.co.jp/

2.ジャックポット 新宿店

都内で多店舗を展開しているオイスターバー/イタリアンのお店です。販売元のサントリーが全国で行っている「ボジョパ」(ボージョレーヌーボー・パーティー)の参加店となっており、解禁日の11月17日からジョルジュデュブッフのボジョレーヌーヴォーが味わえます。ただし、売り切れじまいとなりますので、ご来店はお早めに。
■店舗名:ジャックポット 新宿店
■最寄駅:新宿3丁目駅
■住所:東京都新宿区新宿3-12-2 安室ビル 1F
■電話番号:03-5312-0345
■営業時間:[月~金]ディナー:17:00~23:30(L.O.22:30)[土日祝]ランチ:12:00~14:00、ディナー:14:00~23:30(L.O.22:30)      
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13026489/
■公式HP:http://www.jack-pot.co.jp/shop5.html

3.鶏旬菜お酒 てけてけ お茶の水店

塩つくねと博多水炊きが人気のカジュアルなチェーン店です。普段からハウスワインを出していますが、ボージョレーヌーボーは解禁日の11月17日から提供予定です。渋みを抑えたボージョレーヌーボーと焼き鶏や水炊きは、きっとベストマッチの組み合わせでしょう。
■店舗名:鶏旬菜お酒 てけてけ 御茶ノ水
■最寄駅:御茶ノ水駅
■住所:東京都千代田区神田駿河台3-5-4 サンジュ共和十番館2F
■電話番号:03-3219-7130
■営業時間:【月~土】17:00~23:30(LO.22:30)【日祝】17:00~23:00(LO.22:00)【ランチ】11:30~14:00(LO.13:30)※平日のみ
■定休日:年末年始(詳細は店舗までお問合せください)
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13052037/
■公式HP:http://www.teke-teke.com/

このお店で、ボジョレーヌーボーを予約しよう!

ボージョレーヌーボーは生産量が限られているので、中でも良い品を確実に入手するためにはご予約が必須です。専門のワインショップや酒屋さんではもちろんご予約が可能ですが、敷居が高いとか面倒だと思われる方もいらっしゃるでしょう。でも最近は、スーパーやコンビニ、ネットショップで簡単に予約ができるんです。

オーガニックワイン専門店『マヴィ』(MAVIE)

パーティーのコーナーでご紹介したオーガニックワインの専門店『マヴィ』(MAVIE)が選んだ限定2種類オーガニックのボジョレーヌーボーです。そのひとつ「ドメーヌ クレ ド ビヌー」は、ビオディナミ農法を実践するシュブラン家がブドウを栽培し、伝統的な「マセラシオン・セミ・カルボニック製法」で醸造。自然に発生した二酸化炭素の中で浸漬。しかも保存料は無添加です。

もうひとつの「アンドレ ランポン」は、オーガニック農法によるわずか3haの小さな畑から生み出され、手摘みで圧搾も人力という、非効率なこだわり。2年連続で解禁日前に完売した極上ヌーボーです。他のお店では手に入りませんよ。

イオン(AEON)

大手流通グループのイオンでは、多くの種類のボジョレーヌーボーを用意しています。その内容は、最高金賞を受賞したワインや自然派のこだわりワイン、あるいはマスターソムリエが選んだワインからカジュアルなワインまで幅広い品ぞろえ。10月30日までの注文で「早割」もありますよ。

成城石井

ワインの品ぞろえで定評のある成城石井では、ネットショップで予約可能なボジョレーヌーボーを4銘柄を用意。いずれもフルサイズ(750ml)で2,000円台とお手頃な価格帯です。買い得なセット商品も用意し、注文時期によって割引率が変わる「早割」や先着400名様にはソムリエ・ナイフのプレゼントもあってお得です。

成城石井の商品はローソンでも取り扱われていますが、予約の締め切り日が異なりすのでご注意ください。

ボジョレーを早めに予約!

ボジョレーヌーボーに関するまとめは、いかがでしたか?

以前とくらべ販売されている種類が増えて、コンビニやネットショップでも手に入るようになりました。解禁日は平日の深夜の0時なので、2本、3本と違う銘柄とお値段のワインを買い求めて、ご自宅で飲み比べてもいいでしょう。

今年のボジョレーヌーボーの作柄に期待感が高まりますね!ぜひ楽しんでくださいね。同じ時期にリリースされる日本の赤ワイン固有品種「マスカット・ベイリーA」と比較しても面白いですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハロウィン かぼちゃ おしゃれ まとめ

朝の番組「ZIP!」にて、カルディで販売中のハロウィンフードがかわいいということで、取り上げられました。どのフードもハロウィンらしくカラフルで、ユーモアのあるものばかりです。気になるものがあったら、ぜひお店で…

京都

京都のモダンアメリカンダイナー「MOTION DINER KYOTO」から栗ゴラゴンゾーラバーガーが新発売。ハンバーガーに栗をサンドした、なんとも大胆でユニークなこの秋限定の商品となっています。いったいどんな…

パフェ スイーツ フランス

たくさんのスイーツの中で不動の人気を誇るパフェ。パフェってどういう意味なのか、ご存知ですか?英国では、想像を超える名前で呼ばれていました。今回はパフェに関するさまざまな豆知識、盛りだくさんでお教えします!ぜひ…

スイーツ

ローソンから発売中の「鹿児島県産安納芋の純生クリーム大福」。今旬の安納芋をたっぷりと使った大福にフレッシュな生クリームが入った和洋折衷スイーツ。ふわふわの求肥に包まれた安納芋ペーストと生クリームのバランスが最…

ワイン フランス まとめ

ワインのなかでも特に人気の高いブルゴーニュワイン。お手軽な価格のものから、特別な日に開けるようなもの、もしかしたら人生で一度しか飲めないかもしれないようなものまで、種類は様々です。そんなブルゴーニュワインの特…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

レシピ まとめ

食に関わるブログをご覧になったことはありますか?実は日本の食ブログはとてもレベルが高く、見ていて楽しくなってくるものが沢山あります。今回は中でも大人気の日本人食ブロガーについてご紹介いたします。

まとめ トマト

色も形も様々な、個性豊かな野菜たち。いざ料理に使おうと思ったらダメになってたり、まだ早かった、なんて事も。今回は食材のお買い物に役立てたい、意外と知らない野菜の選び方についてまとめてみました!中でもお馴染みの…

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

ヌテラ おやつ

今や200カ国で愛されている「ヌテラ」。日本でも密かなブームとなっていましたが、ここへ来て急速に人気が高まっています。「あの味がたまらない」「クセになる!」と評判の「ヌテラ」とは一体どういうものか、乗り遅れる…

レシピ まとめ サンドイッチ

南フランス、ニース生まれのサラダを丸いパンに詰めたサンドウィッチ、パン・バーニャ。数種類の生野菜のもつ素朴な味を、独特の形のパンに挟んで楽しむ、とてもヘルシーでおしゃれなスタイルのサンドウィッチです。今回、海…

おしゃれ スイーツ お土産

もともと秋田県に古民家を改装してカフェとして生まれた「CAFE OHZAN(カフェ オウザン)」。現在は東京・銀座と新宿に店舗を構えています。このお店の看板商品である『クロワッサンラスク』が可愛くて絶品と、特…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/