ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

牛肉の旨味が全体に染み込んだ、牛ごぼうのしぐれ煮を作ってみませんか?甘辛い味付けに、七味唐辛子のピリッとした辛味がアクセント。お酒にぴったりです。牛肉とごぼうがあれば、あとは切って煮るだけのシンプルな黄金レシピです。常備菜にもおすすめ!

ご飯もお酒も、コレさえあれば!

牛ごぼうのしぐれ煮は、老若男女に愛される定番の味
食べ盛りの方にも、お肉大好きな方にも、食物繊維を摂りたい方にもおすすめのメニューです。

牛肉の旨味が全体に染み込むので、味付けは基本の調味料でばっちり仕上がります。
甘辛い味付けにご飯もお酒も進むこと請け合い。

つい出来立てをつまみたくなりますが、一旦冷まして味を落ち着けると、より美味しくなります。
冷めても美味しいし、お好みで薬味をまぶしたり、糸こんにゃくを加えたり、大根おろしを沿えても美味しい。

常備菜として押さえておきたい、定番の味わい深い一品です。

『ピリ辛牛ごぼうのしぐれ煮』の作り方

分量(作りやすい量)

牛バラ肉 200〜250g
ゴボウ 1本
酒 50cc
だし汁 50cc
A 醤油 大さじ2
A みりん 大さじ2
A 砂糖 大さじ1
七味唐辛子 3〜5振り
ごま油 小さじ1/2程度

作り方

①ごぼうはよく洗い泥を落とし、ささがきにして酢水につける。
ごぼうは食材用のスポンジやタワシで軽く表面をこそぐか、アルミホイル等で握って洗うと汚れが適度に落ちます。

酢水はボウルいっぱいの水に対して、酢が小さじ1程度です。
酢水に浸すことでごぼうのアクがぬけ、土臭さがぬけて味の入りが良くなります。
②酢水にさらしたごぼうは水洗いし、ザルにあけて水気を切る。
③牛バラ肉は食べやすいように切り分ける。
④鍋にごぼう、牛バラ肉を入れ、酒とだし汁を加えてひと煮立ちさせる。
水分が足りないように見えても、煮立てると具のかさが減るので大丈夫です。
⑤アクが出る場合は、アクを取り除く。
⑥Aの調味料を加え、汁気がなくなるまで中火〜強火で煮詰める。
⑦火を止め、ごま油、七味唐辛子を加えて混ぜ、冷まして味を落ち着ける。

ビールと一緒に乾杯!

甘辛い美味しそうな香りに誘われて、つい出来立てを食べたくなってしまいますが、ここはぐっと我慢。

一晩置いて味をなじませると、中までよく味が染みた美味しい牛ごぼうのしぐれ煮になります。

牛肉の旨味が染み込んだ牛ごぼうは、箸が止まらなくなります。
甘辛い味付けに、七味唐辛子のピリッとした辛さがあと引く味。

ビールでも良し、焼酎も日本酒も美味しい!ほかほかご飯にのせても美味しい!
お酒も人も選ばない、皆に愛される一品です。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

白菜 ミルフィーユ おつまみ

冬になってくると食べたくなる鍋。そのなかでもミルフィーユ鍋は見た目も豪華なのでいいですよね。今回はレンジで簡単に作れるミルフィーユ鍋風の「白菜と鶏ひき肉の重ね蒸し」のレシピをご紹介します。1/4カットの白菜と…

白菜 おつまみ

冬に欠かせない野菜「白菜」。でも、結構使い切れなくて持て余しちゃうんですよね。今回は、そんな白菜を大量消費もできる「白菜と油揚げの煮物」レシピをご紹介します!クタッとするまで煮た白菜に、甘じょっぱい味が染み込…

バター おつまみ

冬は「カジキ」がおいしい季節。脂がのったカジキは、シンプルなソテーがおすすめですよ。今回ご紹介するレシピは難しい調味料や行程はナシ!みんな大好き、バター醤油味に仕上げました。柔らかく焼く手順もお伝えしますよ。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ごぼう レシピ おしゃれ まとめ

少しずつ暖かくなってきましたね。もうすぐ"新ごぼう"の季節です。やわらかくて、上品な優しい香りが特徴。今回は、ごぼうを使った美味しいレシピをご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

専門店

世界で人気のオリーブオイル専門店「OIL&VINEGAR©(オイル&ビネガー)」が、銀座にオープン。アジア1号店として日本に初上陸します。オリーブオイルとビネガーを中心に、地中海地方の高級食材を扱う…

レシピ おしゃれ

先端が尖ったブロッコリーのような、なんとも不思議な印象の「ロマネスコ」。日本ではまだまだ珍しい野菜ですが、見た目とは裏腹にクセがなく、加熱すると柔らかな歯ごたえに。冬が旬のロマネスコには、体にうれしい栄養素が…

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/