ローディング中

Loading...

冬になるとじわじわと出回り始めるいちご。あの赤い果実をきっと嫌いな人なんていないはず!今回はみんな大好きないちごをもっとおいしく味わうための食べ方を紹介します。この記事を読んだら、前よりもっとおいしくいちごを食べられますよ。

いちごをどうやって食べますか?

冬から春にかけて出回るいちごさん。そのまま食べるもよし、練乳をかけてたべるもよし。ちなみに私は練乳&牛乳をかけて、さらにいちごを潰して食べます。また、チョコレートフォンデュやショートケーキで食べるいちごもいいですよね。(ちなみにケーキの上のいちごは最後まで大事にとっておく派です!)主役にも名脇役にもなるいちご。みなさんはどうやって食べていますか? 

種類もたくさん増えました

ブランド化された昨今、スーパーで買えるいちごがどーんと増えた気がしませんか?昔からある「とちおとめ」や「あまおう」などは有名ですが、「スカイベリー」や「アイベリー」といった高級路線の大粒系品種、「桃薫(とうくん)」というモモの味がするいちご、「雪うさぎ」という名前の白いいちごなど、味も見た目もどんどん進化しています。ぜひ食べ比べてみたいものですね。

では、さっそくですがよりおいしくいちごを食べる方法について一緒に学んでいきましょう!

水洗いには注意

いちごを傷つけている?

いちごについているちょっとしたホコリや目に見えない農薬などは、できれば洗い流したいもの。ですが、いちごはとてもデリケートなフルーツです。水洗いをすると微妙に傷がつき、そこから腐敗が始まります。したがって水洗いをしたらすぐに食べることが大事です。放っておくと色が変わってしまったり、水分が出てきてぐちゃっとしてしまいますよ。

正しい洗い方は?

なるべく優しく洗うこと!それにつきます。ボウルにいちごを移し変えたら、ヘタをつけた状態のまま、やさしくかき混ぜるように洗いましょう。農薬が気になる人は、ちょろちょろと水を出しっぱなしにしたまま流水で数分放置するとよいでしょう。

おいしいいちごはヘタに注目

いちごを購入する際は、ヘタ近くまで赤いものを選びましょう。それから、たまに形が悪いいちごを見かけることはありませんか?通常、1本の苗から20個以上のいちごの実がなるのですが、その中でも一番最初にできたいちごで、一番栄養をもらって育ったため甘くなっているのだそう。そんな甘くなったいちごをおいしく食べるポイントは、ヘタのほうから食べることです。
イチゴの一番甘い部分は、先っぽの細い方に集中しています。そのため、ヘタ側から食べることでより甘みを感じておいしく食べることができるでしょう。

コンデンスミルクもおすすめ

スタンダードな食べ方として、コンデンスミルクがありますよね?かけるだけで、さらに甘みが加わるので甘党にはたまらないのではないでしょうか。森永のチューブ型がポピュラーですが、チョコ味があることは知っていましたか?コンデンスミルクとは違う甘みを感じられるのでチョコ味もおすすめです。
コンデンスミルクもおすすめ

出典:楽天市場

森永乳業/コンデンスミルク(チューブ入り) 120g

¥204

楽天市場で購入

こたつで冷凍いちごもおいしい!

寒くなってくるこれからの季節、こたつでアイスクリームならぬ、こたつで冷凍いちごはいかがですか?スーパーの冷凍食品売り場で売っている冷凍いちごなら、生のいちごとは違って一年中食べられます。そのままシャーベットにして食べてもいいし、ミルクと一緒にミキサーにかけてスムージーにもできます。もしいちごを大量に手に入れたら、いくつかは冷凍用にしてみてください。とってもカンタンに冷凍いちごを作ることができますよ。

作り方

1. やさしくいちごを洗う
2. ヘタを取る
3. ペーパータオルなどで十分に水分を拭き取る
4. フリーザー用の保存パックに入れる

砂糖をまぶしてから冷凍すると、いちごどうしがくっつきにくくなります。

手作りいちごジャムは格別!

いちごといったらジャムも外せませんよね。自分で作るいちごジャムはやっぱり別格です。パンやスコーンと一緒に食べたり、ビスケットにはさんでみたり。少しゆるめに作ってヨーグルトにかける食べ方もおすすめです。誰でも簡単に作れますから、ぜひチャレンジしてみてください!

ベーシックないちごジャム

ヘタをとったいちごとグラニュー糖とレモン汁を混ぜたものを鍋に入れて煮詰めていきます。そのあと、粉寒天を少量加えて焦がさないよう火にかけていきましょう。火を止め冷ましたら完成です。とろみのあるジャムをパンケーキやデザートのトッピングとして使ってくださいね。

電子レンジで簡単に!

半分にカットしたいちごをボウルに入れて、砂糖やレモン汁を加えて電子レンジで加熱していきましょう。沸騰するくらいまで加熱したら、柔らかくなったいちごをつぶしていきます。そのあとまた加熱し、粗熱がとれたら完成です。ちなみに、使ういちごは酸味がやや強めなものがいいかも。

ヘタ取りはキッチングッズで!

ヘタ取りはキッチングッズで!

出典:楽天市場

chef'n【シェフィン】 イチゴのヘタとり【ヘタ取り】

¥1404

楽天市場で購入
いちごのヘタ取りが簡単にできるキッチングッズをご存知ですか?ナイフではないのでお子さまも安全に使えますし、形がかわいいので、いちごを買ってきたら必ず使いたくなること間違いなしです!

いちごの甘みを堪能して♩

冬の季節には欠かせないいちご。甘みが強かったり、酸味が強かったり種類によってさまざまです。そのまま食べるのももちろんおいしいですが、素材の味を生かしながら、紹介したようにジャムや冷凍などでも食べてみてくださいね。

デリケートなフルーツなので、くれぐれも洗い方には気をつけてください。おいしさを損なわないよういちごの味を楽しみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブルーベリー ジャム レシピ

お家で簡単にできる、ブルーベリージャムの作り方をご紹介します。パンにつけたり、ヨーグルトにかけたり、使い方は無限大!冷凍のブルーベリーでも作れるので、一年中ホームメイドが楽しめますよ。レンジで簡単に作れるレシ…

おやつ

生活クラブ生協が、「ひとくちだんご(みたらし)」の共同購入を開始!モチモチのおだんごで、甘辛のみたらしタレを包んだひと品です。いつでも作りたての風味が楽しめるよう、冷凍で届けられます。つやとコシのあるモチモチ…

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

オムライス 東京 まとめ

お母さんが作ってくれたいつもの懐かしい味や、学生時代に食べた思い出の味など、甘酸っぱいオムライスにノスタルジーを感じる人も多いでしょうね。今回は東京でオムライスのおいしい有名店や人気店、おすすめのお店など13…

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

レシピ 和食

軽くてやわらかな食感が楽しい「ぶりフライ」を作ったことはありますか?今回は、そんなぶりのフライにみぞれあんをかけていただくレシピをご紹介します。ひと口噛むと「サクッ」「ホロッ」で「しっとり」な、たまらない食感…

とんかつ レシピ

揚げたてのとんかつはおいしくて幸せな気分になるけれど、毎回作るのが面倒……だからこそ冷凍保存が便利なんです!今回は、とんかつの冷凍保存法から上手な解凍法、そして冷凍とんかつを活用したおすすめレシピまで詳しくご…

マサコ

いろんな国でいろんな料理を食べること。現地のスーパーや市場を覗くこ...

ページTOPに戻る