ローディング中

Loading...

寒さが増してきた今日この頃。落ち葉を集めて焼き芋を焚き火で作ってみてはいかがでしょうか。何分かかるの?何を用意するの?とイマイチよく分からないという人。今回は一からお教えします。また、お家で作りたい派の人にもおすすめ情報盛りだくさんです!

焚き火で焼き芋がおいしい季節!

肌寒くなってきた今日この頃。「い~しや~きいも~!おいも!」の声が恋しくなってきたのではないでしょうか?でも、食べたいな……と思ったときに近くで販売していない。でも食べたい……という葛藤をしているあなた!必見です。

今回は、おいしい焼き芋を焚き火で手作りする方法と、外で焚き火ができないときでもおいしく焼き芋を作る方法を伝授いたします!

焚き火で焼き芋のやり方

焚き火で焼き芋を作るときに大切なのは、【火床】【おき火】をしっかり作ること。

【火床】
たき火をするスペースのこと。焚き火が失敗するのは、地面の湿気に熱を奪われてしまうこと。地面を触ってみて、湿っている時は何枚か薪を地面に敷いて、そこを火床にするとよいでしょう。また、穴を掘って少しくぼみを作ることで熱伝導がよくなり、成功しやすくなるみたいですよ!

【おき火】
薪が燃えた後の赤くなった状態のことを言います。焚き火で焼き芋をする際に非常に重要なのが、おき火状態の灰の中にサツマイモを入れることです。漫画のように炎が燃え盛っている焚き火の中にサツマイモを入れても、周りだけがまるこげになってしまい、中までしっかり火が通らず、おいしい焼き芋ができません。

サツマイモがかぶるくらいの灰ができたら、サツマイモを灰に埋めます。灰の中にサツマイモを入れて、上から落ち葉をかぶせてふたをのせます。ふたの隙間から煙が上がってきたら、おき火の成功と言えます。灰の中に入れて、約1時間20分程度じっくり待てば完成です!

おいしく焼くポイント

上に記載した、おき火を作ることが絶対条件!よりおいしく仕上げるためには、サツマイモを濡らした新聞紙で包み、さらにアルミホイルで包んだものをおき火に入れると熱伝導が上がり、火が通りやすくなります。あとはご飯を炊くときと一緒で、じっくり待ってホクホクになったらおいしくいただきましょう!

焼き芋専用の鍋と石がある

よく移動販売している石焼き芋。たまに食べたくなることがありますよね。焚き火で焼き芋を作りたいけど、自分が住んでいるところは近所迷惑にもなりそうだし……という悩みを抱えているかた必見です。実は、石焼き芋を自宅で作れる鍋と石が販売されているのです!

▼実際に販売されている焼き芋器はこれ!
http://macaro-ni.jp/36254

出典:楽天市場

【在庫あり・あす楽】高木金属 ホーロー石焼きいも器24cm HA-IY24 【本格ほくほく石焼き芋 石1.1kg付】【R

¥2160

楽天市場で購入
陶器でできたものや、専用の土鍋など、デパートやホームセンターで4,000~5,000円くらいで購入できます。

実は家にあるもので作れる?

焼き芋をつくる専用の鍋を買おうにも、そんな頻繁に焼き芋を作ることなんてないし、そうなるとお金がもったいない!自宅にあるお鍋で作れないの?と考えちゃう人はいませんか?実は自宅のお鍋でも石焼き芋が作れてしまうんです。

使えるお鍋は、土鍋、中華鍋、鉄鍋、ヤカンなどでも作れるみたいです。ですが、石焼き芋を作ったあとのお鍋はボロボロになってしまうこともあるので、古くて、もう捨ててもいいと思っているような鍋で一度試してみてください。

用意するものと作り方

土鍋は割れてしまうこともあるので要注意。また、テフロン加工してある鍋も石焼き芋に向かないようなので避けましょう。鍋が用意できたら、まずは石を準備しましょう。河原などに落ちている石でもできないことはないようですが、熱すると割れたりはじけたりすることもあるので、園芸店やホームセンターに売っている熱処理後の【玉砂利】水槽に敷く砂利の【大磯砂】がいいでしょう。比較的安価で石焼き芋にぴったりの石です。

鍋と石がそろったら、鍋に石を敷き詰めて強火で10分くらい加熱し、5~10分間放置して、内部の温度が均一になるようにします。温度が均一になったら芋を石の中に埋め、弱火で50~1時間ほど加熱します。竹串がすっと通れば自宅でも石焼き芋が食べられるというわけです。

ポイントはサツマイモの内部を70℃くらいの温度で長く維持すること、また余分な水分を除くこと。これで自宅でもホクホクの石焼き芋が作れますよ。石焼き芋専用の鍋を買ってもよし、自分でお鍋や石を用意して作ってもよし!楽しく石焼き芋が作れるような準備をしましょう。

なぜ焚き火で焼くとおいしく感じるの?

自宅や家にあるものでも焼き芋はできますが、やっぱりおいしくできるのは焚き火でしょう。焚き火でサツマイモを焼くとなぜおいしく感じるのでしょうか。【焼き芋】とはいっても、実際にはアルミホイルに包んで水蒸気を逃さないようにしているので、焼き芋は【蒸し焼き】。アルミホイルに包むことで適度な水分が保たれているので、直火で焼いたときのように水分が抜けることなく、ホクホク感が増しておいしく感じるのです。また、低温でじっくり焼かれることにより甘みも増します。

みんなで楽しく作るための注意点は?

さぁ、みんなで協力して焚き火で焼き芋を作ろう!の前にちょっと待った。いくつか注意点があるので確認してくださいね。どこでも焚き火をしていいわけではなく、火を使うことが禁止されている場所もありますので、周りをしっかり確認して、やろうとしている場所が火を使っていい場所かチェックしておくことが大切です。また、火を使っていいところであっても、焼き芋は煙が出るものなので、ご近所さんにクレームを言われることもあるかもしれません。迷惑にならない場所でおこないましょう。

また、周りに火移りしそうなところでは、大変な火事になる可能性もあるので、絶対に焚き火をしないでください!何かあったらすぐに鎮火できるように、水を用意するなど、焚き火で焼き芋をする際には、十分な注意を払うようにしてくださいね!

周りを確認し、安全に

冬になったらなぜか食べたくなる焼き芋。でも近くに焼き芋屋さんがいない……。

そんな時は思い切って自分で手作りしてみてはどうでしょう?石焼き芋を作る方法とそのポイントさえ覚えてしまえば、簡単に石焼き芋が作れますね。少し時間はかかりますが、それもまたよし。お友達と話を弾ませながら完成を待ちましょう。また、一度材料をそろえてしまえば、食べたいときに石焼き芋を食べることもできます。さまざまな注意点を守り、おいしい焼き芋を作ってみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

神奈川 スイーツ 和菓子

これからの時期、トラックでゆっくり流している「あの音楽」が恋しくなってきますよね。そう、「石焼き芋」です。しかし、そんな中、ちょっと変わった「つぼ焼き芋」のお店「やきいも日和」が誕生しました。新たなブームの予…

埼玉

埼玉にある行列が絶えないお店「OIMO cafe(オイモカフェ)」。農家の方が営んでおり、料理は全て自家製の新鮮な野菜を使用しています。店名の通り、どのメニューにもお芋がさまざまな形で忍び込んでおり、新鮮な変…

まとめ

寒くなると恋しくなるもの……皆それぞれにあると思いますが、焚き火にあたりたくなるという人も多いのでは。暖をとるために焚き火をするなら、料理をしなきゃもったいない!焚き火の火力があれ…

さつまいも スイーツ

あのようかん駄菓子がアイスになった「焼きいもようかん風アイス」。見た目はそのままの弾力とプルプル感ある不思議な焼きいものアイスになっています。ムースのようなギッシリとした変り種アイスをぜひ味わってみてください!

レシピ スイーツ

サツマイモに少し詳しい人であれば、「鳴門金時」がどれだけ甘いかは知っていますよね。フルーツのような糖度と、ほくほくの食感……。その魅力に少しでもふれたなら、もう一度食べたいという気…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ フルーツ まとめ

デトックスウォーターとは、ミネラルウォーターに果物や野菜のエキスがたっぷりと染み込んだもの。さっぱりとした味わいながら、素材の栄養を吸収できるので、ダイエット効果も期待できるのだとか。人気を集めるデトックスウ…

レシピ フルーツ おしゃれ まとめ グレープフルーツ

グレープフルーツはダイエット向きの料理に色々と使える優しいフルーツです。低カロリーで繊維とビタミンが含まれていて料理におしゃれなアクセントを添えてくれます。グレープフルーツを使ったフレッシュな味と香りの料理を…

メイソンジャー レシピ サラダ まとめ

最近話題のジャーサラダ♡今回はノンオイルドレッシングで作るヘルシーなジャーサラダを3種類ご紹介します!是非、これからの時期のお花見にいかがでしょうか?とってもおしゃれなので差し入れにもピッタリですよ♪

お花見 お弁当 揚げ物 レシピ まとめ

お花見などのお弁当には欠かせない揚げ物料理。お花見ではお酒を飲む方も多いと思いますが、おつまみにもなるレシピを8選ご紹介します。彼とお花見を計画している方、必見ですよ♡

うどん レシピ まとめ

カルボナーラうどん、イタリアンうどんなど、アレンジうどんが話題になっています♪マンネリしがちだったうどんを、洋風・中華風などおしゃれにアレンジして、おいしくいただいちゃいましょう☆

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 韓国料理 食べ歩き アジア料理

海外旅行が好きな方、食べることが好きな方、ぜひご注目を!このたびmacaroniでは、「DeNAトラベル」の協力を得て、韓国「明洞屋台」&台湾「夜市」の2大食べ歩きエリアを特派員として取材してきてくださる記者…

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

ダイエット効果もあり、人気のお酢。最近ではカシスやざくろなど、飲みやすいフレーバーのドリンク酢も増えていますよね。製法や原料の種類によって、お酢の味わいは大きく異なることをご存じでしたか。今回はそれぞれのお酢…

ゼリー おやつ レシピ

製氷皿をつかったゼリーが、ひそかなブームになっています。ハートの形や星型などのかわいい製氷皿を使うと、ゼリーがいっそうオシャレに変身です!ここでは製氷皿ゼリーの、アレンジレシピをご紹介します。ゼリー以外の製氷…

DIET_SPO_k

運動好きのアクティブ管理栄養士。 食べること、動くこと、楽しいこと...