ローディング中

Loading...

あまり知られていない塩の賞味期限。いつまでも使えるイメージがありますが、果たしてどうなのでしょうか。本記事では、塩の賞味期限・保存方法について解説いたします。意外な事実がわかるはずです。特に塩の味付けが好きな方は要チェックですよ!

この塩、まだ使っていいの?

毎日の料理に欠かせない塩。そんな塩の賞味期限はいつだと思いますか?今まで考えたこともなかった、という人は多いのではないでしょうか。いつも、ひと振りや適量加える程度でなかなか無くなりませんよね。今回は、味付けのちょい役として活躍している塩の賞味期限・保存方法などについて詳しくお伝えしていきます。

塩にも賞味期限ってあるの?

ズバリ、塩には賞味期限はありません。

塩には時間の経過による品質の低下はなく、腐ることもないのです。そのため賞味期限を省略してもよい商品とされています。例え、開封後何年経とうが、食べることができるんです。しかし、湿気があると固まったり、においを吸着しやすい特徴があるので、保存場所は高温多湿の場所を避け、また、においの強いものと一緒に置かないよう気をつけなければいけません。

なんで塩は腐らないの?

では、なぜ塩は腐らないのか気になりますよね。それはというと、「浸透圧(しんとうあつ)」が関係しているのです。浸透圧ってなに?という方に説明いたします。

・浸透圧とは
半透膜(はんとうまく)を通じて溶液が移動し、ふたつの液体が同じ濃度になろうとする力(圧力)のこと


この浸透圧によって、雑菌が繁殖しにくくなるのが理由。塩分濃度の高い物の中に雑菌が入ったとすると、生物の細胞膜は半透膜なので、浸透圧現象が起きます。すると、雑菌は浸透圧により、体内の水分が奪われてしまい、結果死滅してしまうのです。

これが腐らない理由です。

本当にいつまでも使えるの?

大丈夫です。たとえ、何年、何千年経とうが食べることができます。実際に何万年も前の岩塩が売られていることもあります。ただ、塩に他の物質が混ざって腐ってしまったという場合は、使わない方がよいでしょう。また、塩は温度や湿気の影響を受けやすく、湿気の影響で固まってしまうこともありますが、それでも食べることは可能です。

実は砂糖も大丈夫!

なんと、塩だけでなく砂糖にも賞味期限はありません。なので、商品に賞味期限の表示はなく、また、しなくてもいいとされています。ただし、砂糖は長期間保存しておくと、黄色く変色したり、風味が落ちることがあるので、古くなったものは使わない方がよいでしょう。

保存方法は未開封の場合なら常温で大丈夫です。また、開封済の場合は密閉容器に移し乾燥しないよう気を付けます。砂糖は乾燥に弱く固まってしまうのが理由です。

かなり稀ですが、ダニがわくことがあります。そんなときは、冷蔵庫内で保存するのがおすすめ。ダニは乾燥に弱いので砂糖につきませんよ。

砂糖に賞味期限がない理由

なぜ賞味期限がないのでしょうか。それは、野菜と違い水分量が多くないからです。そして、雑菌などにより痛むことはありません。乾燥して固まってしまうことはありますが、霧吹きなどで湿らせてあげると問題なく使うことができます。

ただし例外もあります。黒砂糖は、水分量が多いため、ある程度時間が経つと味やにおいが変化してしまいます。なので、黒砂糖の場合賞味期限が表示されている場合もあります。

塩は湿気に弱く、におい移りする

いざ使おうとするとき、塩が固まって不便ということがあると思います。これは、湿度の変化が原因です。気象や、キッチンの湿度の変化により塩は固まってしまいます。面白いことに、湿度が高ければ高いままなら固まりませんし、その逆に湿度が低ければ低いままならやはり、固まることはありません。

塩は空気中の水分を吸湿する特徴があり、湿度が高くなると塩の表面は溶けます。反対に、空気中の湿度が下がれば、塩の表面は乾燥し結晶は成長していきます。このような変化を繰り返す内に結晶同士はくっつき、やがてどんどん大きくなっていきます。その結果固まってしまうのです。

また、塩はにおい移りしやすい特徴もあります。なるべくにおいの強いものの側で保管しないよう気を付けなければいけません。ただ、この特徴を生かせば消臭剤の代わりに利用することもできます。

塩はどう保存したらいいの?

今までお伝えしてきたように、塩は湿気に弱いので、密閉できる容器に入れて保存しましょう。もしも湿気によって固まってしまったら、電子レンジでチンしたり、フライパンで炒めてあげると水分が飛び、サラサラの元の状態へ戻りますよ。

固まらないための予防策は、水分を吸ってくれるものと一緒に保存すること。例えば、パンくず・つまようじ・お菓子に入ってる乾燥材などがおすすめです。どれも手に入りやすいので今からでもできますよ。

最後に、塩の保存にピッタリな容器を紹介いたします。これから密閉容器を購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみてください。
【日本製】LOLO(ロロ) 調味料入れ ベーシック キャニスター 木蓋付 Φ94×H102mm(320ml)

出典:楽天市場

【日本製】LOLO(ロロ) 調味料入れ ベーシック キャニスター 木蓋付 Φ94×H102mm(320ml)

¥1000

楽天市場で購入
とってもおしゃれで使い勝手のいい「ロロ キャニスターベーシック」です。シンプルだけどどこかかわいらしさがあるので、いくつか欲しくなってしまいますね。

おいしい塩をいつまでも

塩の賞味期限について、お分かりいただけましたでしょうか。今まであまり意識したことはなかったかもしれません。そして、今回の記事で紹介した塩の保存方法などは、知っておくと何かと便利です。いざ料理で塩を使おうとしたとき、固まっていたら困りますね。また、におったりしたら使うのに躊躇してしまいます。

少しでも保存方法に気を付ければ、塩はいつまでもおいしく食べることができますよ。何気なく使っている塩の状態を把握してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

調味料 エスニック

ナンプラーという調味料がどんなものか?またどんな味かご存じですか?タイやベトナム料理に欠かせない調味料ですが、日本の家庭ではなじみの薄い調味料かもしれません。日本では魚醤とも呼ばれるナンプラー。今回はナンプラ…

まとめ

炊きたてのご飯はツヤもあり、それだけで食が進みます。しかし炊飯器の保温機能を活用したまま時間が経過すると、パサパサになってしまいますよね。ご飯はいつまで保温できるのでしょうか?おいしくご飯を保温する方法は?詳…

オクラ レシピ

歯ごたえと独特なねばりがおいしいオクラ。オクラは固そうに見えますが、生で食べられるのをご存じですか?他の食材とも相性のよいオクラ。カットしてさっと他の野菜と和えるだけでもおいしいサラダになります。オクラの下処…

卵って販売時は常温で陳列されていますよね。では、皆さんは自宅でどのように卵を保存されてますか。おそらく大半の方が冷蔵保存と答えるのではないでしょうか。この差ってなんでしょうか?今回は、卵の保存に関する疑問につ…

調味料

ひそかなブームが続いているオリーブオイルスプレー。ほんの少しの量でオリーブオイルの香りを楽しめるので、ダイエットにも最適とコストコでも人気です。オリーブオイルスプレーにはどんな特徴があって、どんな料理に使える…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

東京 まとめ

「シカ肉」に今、注目が集まっているようです。その理由は健康食品といっても過言ではないといわれる栄養とヘルシーさ。あまり馴染みのないシカ肉にはどのような魅力が隠されているのでしょうか…?都内で食べ…

卵は身体に良いのか、悪いのか。卵に関する色々な説が長年飛び交っていましたが、最新の研究によると、卵は最も健康的で、且つ栄養豊富な食品であることがわかってきたそうです。ダイエットの強い味方で、ヘルシー。そんな卵…