ローディング中

Loading...

毎日の料理で欠かせない食材といえば卵ではないでしょうか。しかしなかなか賞味期限までに全て食べきれないこともしばしば。そんなときに使える、卵をたくさん使って大量消費できるレシピをたくさん紹介したいと思います。

卵はどんなときも強い見方!

メインのおかずにもお弁当にも、どんなときでも使える万能の食材と言えば卵です。どの家庭の冷蔵庫にも必ずといってよいほど常備されてるのではないでしょうか?

しかし、気がつくとあっという間に賞味期限が近くなってきて、仕方がないから今夜はオムライスにしちゃおう……なんて経験はありませんか?もちろんオムライスもよいですが、卵を多量消費できるレシピをたくさん知っていればさらに食卓が豊かになりますよ。

今回は卵について詳しく、アレンジレシピもご紹介いたします。

卵がたくさん余ったら

卵1パックは12個入り、少なくても6個入りがほとんどですよね。お得だからと12個入りを買っても、一人暮らしなどではなかなか賞味期限のうちに使いきれないこともありませんか。

目玉焼きだと1個しか使わないしどうしよう。というときは卵焼きや、サンドイッチの具材などの一回が多く卵を消費するレシピがいいですよね。

今回紹介するレシピは卵を大量消費できるレシピばかりですのでぜひ参考にしてみてください。

余ってしまった卵の保存方法

卵はお店では常温で置かれていますよね。しかし購入後は冷蔵庫に入れることがほとんどではないでしょうか。生で食べるものは冷蔵庫にいれることが好ましいですが、直射日光の当たらない、風通しのよい場所での常温保存も可能です。その際は冷暗所がベストです。

しかし、間違った保存方法をしてしまうと卵の鮮度を低下させたり、菌の増殖の原因となってしまうので気をつけてくださいね。

傷んだ卵の見分け方

傷んだ卵は食あたりの原因にもなりやすいですよね。傷んでいるかの見分け方は、割ってみて変色、においを確認するのが一番の手段ではあります。

ほかにも水に入れるという方法があるのをご存じですか?古い卵は水に浮くのです。コップなどに水を入れてそこに卵をゆっくりと入れます。沈めば完全に鮮度のよい卵となります。

卵大量消費レシピ25選!

1. 出汁巻き卵

出汁巻き卵は見た目以上の量の卵を使うので大量消費にとても向いている料理です。甘めにしたり、こちらのレシピのように大根おろしでさっぱりと、などいろいろな味も楽しめるので飽きることなく食べることができます。

2. チーズオムレット

弱火でじっくりゆっくり焼くことがポイントです。そうすることによって絶妙なとろとろ具合のチーズと卵がよく絡みます。トマトやポテトなども添えて、さわやかな朝にぴったりな料理の完成です。

3. かぼちゃとクリームチーズのキッシュ

キッシュといえば作るのに時間がかかりそうなイメージですが、これはタルト台に卵液と具材を流し入れて焼くだけ。見た目以上に簡単にできちゃいますよ。卵液をたっぷり使うことによってキッシュにまろやかさがプラスされ、やさしい味に仕上がります。

4. 半熟煮卵

なかなか煮卵を作ろうとしても絶妙な半熟加減にならないことが多いかと思います。このレシピ方法で作れば写真のようにとろっとろな半熟煮卵が完成します。どんなときも活躍してくれること間違いありません。

6. 卵ご飯チヂミ

いつもの卵かけご飯だと野菜は一緒に摂取することがなかなか難しいですが、チヂミにすることでたっぷりの野菜も一緒に摂取することができます。ひと口サイズにすれば小さいお子さんも手づかみでも食べやすいのでおすすめです。

7. スパニッシュオムレツ

いつものオムレツに飽きたらこのスパニッシュ風に変身させましょう。野菜もたっぷりとることができます。プレートなどにももちろん、お弁当に入れると色も華やかになるので、ぜひいれてみてください。

8. カニカマ卵焼き

とってもかわいらしいハートの卵焼き。カニカマを使っているので色も鮮やかですね。隠し味でカレー粉が入っているので、甘さだけではなくほのかに香るスパイシーがアクセントに。

9. 卵丼

親子丼ならぬ鶏肉抜きの卵丼です。1人前で2〜3個の卵が消費できちゃいますよ。少し甘めの味付けをすることによってご飯ととてもよく合います。食感もやわらかめでやさしいので、小さい子にも人気のある丼飯です。ぜひお試しください。

10. ごろごろポテトサラダ

デリ風で具材は贅沢な大きめサイズでゴロゴロと。とても食べ応えのあるポテトサラダです。いろいろな野菜もたっぷり入っているので、このポテトサラダひとつだけでも満腹感を得ることができます。

11. 卵プリン

卵の殻を使っているアイディア満載のデザートレシピです。カラメルを入れたり、生クリームにしたりといろいろアレンジを楽しむことができます。ホームパーティーなどで振る舞えば、絶対にびっくりされるはずですよ。

12. スイートチーズケーキ

旬のさつまいもをたくさん使ったレシピです。さつまいも、卵をたっぷり使っているので色が綺麗な黄色で食欲をそそります。すこしでも満腹感を感じられるレシピなので、食べすぎる心配もありませんよ。

13. チーズスフレオムレツピラフ

いつもの卵をスフレにしただけで食感がガラリと変わります。ふわふわもちもちでクセになる食感。チーズも入っていてとろ〜りまろやかに。そしてピラフまで入っています。おいしいもの全てが凝縮された感じが素敵ですね。

14. スクランブルエッグトースト

卵とパンはサンドイッチばかりではありません。半熟のスクランブルエッグにマーガリンとケチャップを混ぜてチンすればできあがり。忙しい朝でもすぐに作ることができます。ボリュームがあるように見えますが、意外とくどさはあまりなく、チーズの塩気と卵の甘みで食べやすいですよ。

15. カニ玉天津麺

こちらは天津飯ならぬ天津麺です。ふわふわとろとろの餡は、ご飯に合うなら麺に合わないわけがありません。これから寒くなる季節、身体の芯からあたたまること間違いなしですよ。卵をたくさん使うことで、よりまろやかに仕上がっています。

16. 卵かけチャーハン

卵とご飯を一緒に炒めるだけでのレシピではありません。一人前のチャーハンに、2個分の溶き卵を豪快にかけていただく卵かけチャーハンです。醤油ベースの味つけにするのがおすすめ。ちゅるんとした喉ごしがやみつきになりそうですよ。

17. ピーマンのオムレツ風

卵はもちろん、ピーマンも大量消費することができるこちらのレシピ。アツアツでいただくと、なかのチーズがよりとろとろでよく絡んでくれるので、ぜひできたてを食べてくださいね。

18. 殻を向いて食べる茶碗蒸し

茹で卵をむくように食べることができるおもしろい形の茶碗蒸しです。小さく穴を開けた卵の殻に、茶碗蒸しのもとを流し込んで作っているようです。具材はお好みで変えたりすることができるので、いろいろ楽しむことができますよ。新しい茶碗蒸しの形はこれに決まりですね。

19. 洋風卵かけご飯

いつもの卵かけご飯を、ベーコンとチーズとオリーブオイルで洋風に変身させちゃいましょう。カルボナーラに少し似たお味になります。ベーコンの塩気が卵のまろやかさと相性抜群ですよ。

20. 冷凍卵の天ぷら

卵の天ぷらを家で再現はなかなか難しいと思っていたそこのあなた。冷凍卵を使えば簡単に作ることができます。揚げ時間を調整すると中がトロトロ半熟になったりと変化をつけることができます。

21. スキレットトルティージャ

流行りのスキレットを使ったレシピです。豆腐、はんぺん、卵など食感も味もやさしい具材をふんだんに使っていますので、食欲のない日や風邪をひいてるときのスタミナ源として食べるのもおすすめです。

22. 韓国茶碗蒸し

ふわっふわ卵の韓国料理、ケランチムです。韓国料理ですが辛さはなく、にんにくがきいていていつもとはひと味違ったお味。時間が経つとしぼんでしまうので、熱いうちに食べてくださいね。

23. お豆腐のオープンオムレツ

豆腐とはんぺんを使っているので、オムレツだけどとろとろふわふわ。まるでチーズケーキのようななめらかな味わいです。そんなふわふわしたオムレツのなかで、チーズがいい塩気を出してくれています。

24. 甘酢あんかけ野菜炒め

シャキシャキの野菜を卵が包んでくれています。甘酢のほどよい酸味がありますが、卵を使っているので酸味は強くなりすぎず、食べやすくなっています。野菜もたっぷりとることができるおすすめのレシピです。

25. 卵プリンケーキ

スポンジとプリンの2層になっています。ブラウン系でまとめられた色合いですがなんともおしゃれ。カラメルの苦み、スポンジの甘み、プリンのまろやかさ、どこを食べても絶品のケーキです。

やっぱり卵は強い味方!

いかがでしたでしょうか。普段何気なく食べている卵ですが、まだまだ知らない素敵なレシピがたくさんあることに間違いありません。

せっかく買ったのに腐らせるのはもったいないですよね。ぜひいろいろなレシピにチャレンジしてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

フィナンシェ レシピ お菓子 おやつ まとめ

焦がしバターとアーモンドプードルの組み合わせが人気の「フィナンシェ」。代表的な焼菓子の1つである「フィナンシェ」の作り方、アレンジレシピを紹介いたします。お菓子屋さんの味をご家庭のキッチンで再現してみてくださ…

まとめ

釣り人兼ライターの横沢テッペイさんが愛用している「ヨコザワテッパン」。サイズは小さいながら、その実力は折り紙つきなんです。安いお肉でもおいしく焼けちゃうという魔法のグッズ、どこがそんなにすごいのでしょう?その…

レシピ

美容と健康におすすめの夏野菜「モロヘイヤ」。アラビア語で「王様だけのもの」という意味をもつモロヘイヤは、まさに王様が独り占めしたくなる高い栄養価を誇ります。その効能は女性に嬉しいものばかり。選び方や保存方法、…

ケーキ まとめ

アメリカンサイズの食品や雑貨が揃うことで有名な、会員制スーパーマーケット「コストコ」。魅力的な商品はたくさんありますが、特におすすめなのはケーキなんです。日本ではなかなかお目にかかれないようなビッグなケーキを…

まとめ

名前は聞いたことがあっても、なかなか調理したり、食べたことがある人は少ない「モロヘイヤ」。しかし野菜の王様、とまで呼ばれるだけあって、その栄養価は抜群!食べないなんてもったいないのです。今回はおすすめの食べ方…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

メイソンジャー レシピ サラダ まとめ

最近話題のジャーサラダ♡今回はノンオイルドレッシングで作るヘルシーなジャーサラダを3種類ご紹介します!是非、これからの時期のお花見にいかがでしょうか?とってもおしゃれなので差し入れにもピッタリですよ♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

もうすぐクリスマス!macaroniでは、ロッテ「ガーナチョコレート」を使ってクリスマスチョコスイーツを作り、「#手作りチョコガーナ」のハッシュタグをつけてSNSに投稿していただくキャンペーンを実施します。ぜ…

ヌテラ おやつ

今や200カ国で愛されている「ヌテラ」。日本でも密かなブームとなっていましたが、ここへ来て急速に人気が高まっています。「あの味がたまらない」「クセになる!」と評判の「ヌテラ」とは一体どういうものか、乗り遅れる…

毎回、料理写真に長けたインスタグラマーをひとり取り上げ、「いいね!」が集まる写真を撮るコツを考える連載企画。第1回は、真白なテーブルにランチョンマットを重ねて撮った真俯瞰写真が印象的なデリスタグラマー、uto…

焼肉 ランチ ローストビーフ

2015年7月のオープン以来、ランチメニュー「ローストビーフ丼」をはじめ、お得なお肉のメニューなどで大人気店となっている「焼肉ここから」。2016年5月には、人形町にも新規オープンを果たしました。今回は、ディ…

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...