ローディング中

Loading...

ちまきには、日本伝統の甘いちまきと、中国から伝わった具だくさんなおこわちまきがあります。今回は、これからのイベントにおもてなしメニューにぴったりな、見栄えも腹もちもよい中華風ちまきのレシピについて紹介していきます。

おもてなしにピッタリな「ちまき」

「ちまき」と聞くと、葉に包んでいることから、「難しそう」「手間がかかりそう」と敬遠されがちですが、実はとっても簡単につくることができるのです。そして葉で包むことで、見栄えもよく、おもてなし料理としても最適。

ここでは、日本伝統の甘いちまきではなく、具だくさんの腹持ちのよい中華風ちまきについて紹介していきます。

ちまきとは?

ちまきには、地域によって複数の種類があります。主に、もち米やうるち米、米粉などでつくったもちを、笹やチガヤの葉で包んでイグサで縛った、おにぎりのような三角形の食品です。葉のまま蒸したり、茹でて調理します。

日本伝統のちまきは、もち米をついて、笹で包み、きな粉などをまぶして食べる和菓子です。地域によっては笹団子とも呼ばれています。

一方、中国のちまきはもち米と具材を一緒に炊き上げたおこわ型が多くなっています。また、東南アジアにもそれぞれ独自のちまきが存在しています。

ちまきの歴史

ちまきはもともと、中国で生まれた食べ物です。
日本には、平安時代ごろに伝わったとされています。材料にもち米を使用することで、日持ちもよく保存食として重宝されていました。今では日本でも中国でも、こどもの日にあたる端午の節句や祝いごとの席で食べる風習があります。

ちまきの由来は、かつてチガヤの葉で包まれていたことにあるようです。そして時間とともに「チガヤ巻き→チ巻き→チマキ(粽・茅巻き)」と呼ばれるようになったと言われています。

中華風ちまきの作り方

材料(4人前)

・もち米 …… 3合
・焼き豚 …… 150g
・干しシイタケ …… 4枚
・干しえび(桜えび)…… 大さじ2
・ウズラの卵 …… 8個
・たけのこ …… 100g
・ごま油 …… 大さじ1
・その他お好みでニンジンなど
・笹の皮(アルミホイルで代用可)…… 10枚~20枚
・タコ糸 …… 適量

【調味料】
・干しシイタケ、干しえびの戻し汁 …… 300cc
・しょうゆ …… 大さじ2
・オイスターソース …… 大さじ1
・酒 …… 大さじ1
・砂糖 …… 小さじ1
・ごま油 …… 大さじ1
・塩、こしょう …… 少々

手順

干しシイタケと干しエビは水で戻し、もち米は1時間以上、水に浸けて吸水させておきます。ウズラの卵以外のひと口大にカットした材料ともち米をごま油で炒め、戻し汁と調味料を鍋に投入。水分が1/3になったら、ウズラの卵を入れ水分がなくなるまで煮詰めます。煮詰めたものを笹の皮に包み、蒸し上げたら完成です。

焼き豚や干しシイタケ、干しえびを使用することで、手軽に本格的な味を再現できます。

簡単ちまきの包み方

難しそうに見える笹の葉での包み方も、コツさえ掴めば簡単です。上の動画では、2枚の笹の葉を使ってのちまきの包み方を紹介しています。

いろんなちまきレシピを4選ご紹介♩

さまざまな具材を加えてアレンジがきくのも、ちまきの魅力のひとつです。包む葉がないときは、アルミホイルやクッキングシートで包むのもおすすめですよ。

1.自宅で簡単!中華ちまきレシピ

ひと口大に切った具材ともち米を鍋でごま油で炒め、調味料と一緒に炊き上げます。水分がなくなったら、蒸し器へ移して蒸しあげ、蒸らします。そしてかたちを整え、竹の皮に包めば完成です。干しシイタケや干しえびの戻し汁で炊き上げることで、味に深みがでますよ。

2.中華ちまき風炊き込みご飯レシピ

もち米と白米を吸水させておきます。具材はカットし、調味料に漬けておきます。その後、すべてを一緒に炊飯器で炊き合わせれば完成です。うずら卵の代わりに天津甘栗を加えるのもおすすめ。

具材を事前に調味料につけておくことで、味の染み込みがよく、美味しく仕上がります。もち米や白米は、炊飯器に入れる前に調味料を混ぜた水で吸水させると、パサついてしまうので注意してくださいね。

3.とうもろこしちまきレシピ

とうもろこしをもち米とバターで炒め、水としょうゆで煮詰めます。煮詰まったら、とうもろこしの葉に詰め、蒸し上げれば完成です。とうもろこしを皮まで楽しめるバターが食欲をそそる、ひと品です。バターを焦がさないように注意しましょう。

4.栗の中華ちまきレシピ

天津甘栗以外の具材を、創味シャンタンDX入りの調味料と炒めます。そして炒めた具材と天津甘栗、もち米を炊飯器で炊き上げれば完成です。創味シャンタンを投入することで、高級食材を使わずとも、味に深みがでます。お好みで焼き豚を加えると、より本場の味に。

あなたもちまきを作ってみませんか?

いかがでしたでしょうか。
ちまきは、手間と時間がかかるイメージですが、こんなに簡単に調理ができます。これからのハロウィンやクリスマス、お正月など、人がたくさん集まるイベントに、中華風ちまきでおもてなしするのはいかがでしょうか?きっと、みんなに喜んでもらえるはずですよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おつまみ

持ち寄りの定番料理といえばマリネ!火を使わずに作ることができて、華やかなのが嬉しいひと品ですね。今回は、ゆずを入れるのがポイント。酸味のなかに柑橘の香りが立ち込めて、ちょっと目を引くひと品ですよ。簡単でオシャ…

いちご スイーツ ビュッフェ 東京 ホテル まとめ

苺がフルーツの中でいちばん好き!という方も多いのではないでしょうか。いちごのスイーツが好きなだけ食べられたらとても幸せですよね。今回はそんな願いに応えるべく、ヒルトンを始め東京でいちごビュッフェを楽しめるお店…

みかん ケーキ レシピ フルーツ スイーツ

こたつのお供であり、冬のフルーツといえばのみかん。今回ご紹介するのは、そんなみかんを大胆に使って作る「みかんケーキ」のレシピです。みかんそのものの味を丸ごと味わうことができるので、みかん好きを自認するならこれ…

韓国 スイーツ まとめ おしゃれ レシピ お土産

いま韓国のセブンイレブンで販売中の「ヤクルトグミ」。パッケージからヤクルトで、中身のグミもヤクルトの形でとてもかわいいんですよ。市街地のセブンイレブンでは品薄になってしまうくらい、大人気のヤクルトグミについて…

缶詰 まとめ

人気バラエティ番組『ヒルナンデス』で、2017年ヒット間違いなしのレトルト&冷凍食品が発表されました!「こんなにおいしいの!?」と、レトルトや冷凍食品の概念を覆す名品ぞろいですよ。しっかりおさらいして、お店へ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 レシピ まとめ

餃子を作っていて「タネが余っちゃった!!どうしよう…。」なんて経験ありませんか??あわてる必要はありません!タネが余っても大丈夫☆餃子以外にもいろいろ使えるタネのアレンジレシピをご紹介します!

レシピ まとめ お弁当 寿司

巻き寿司は子供も大人も好きですよね!色目も美しいしおいしいし、お花見を始めとしてこれからの行楽シーズン、お弁当に入れるのもいいですね。皆さんの工夫をこらしたレシピをご紹介します。是非参考にしてみてくださいね☆

レシピ ゼリー まとめ

マシュマロはヨーロッパではのどの痛みや胃腸の炎症を抑える効果があるとして薬として使われていたんですって。そんなスーパーフードのマシュマロには美肌効果もありダイエット中のおやつにも最適!マシュマロを使ってゼリー…

レシピ おつまみ まとめ

レタスってサラダなどでそのまま食べるイメージが強いですが、実はおつまみにもピッタリなんですよ♫シャキシャキした食感は食べ応えもあって、なおかつヘルシー!今回はレタスを使ったおつまみのレシピを9個ご紹介します♡

サラダ エスニック パクチー まとめ

夏は何かと食欲が落ちがちになってしまいますよね。食べれるものばかり食べていると栄養も偏ってしまいます。今回はそんな食欲のない夏でも食べれちゃう栄養満点のエスニックなサラダのレシピを紹介したいと思います。

イワシ レシピ まとめ

カルシウムやビタミンDが豊富なイワシ。イワシは、秋に旬を迎える美味しい食材です。いざ調理しようとすると、何を作ろうか迷う方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんなイワシを使ったおすすめレシピをいくつかまと…

レシピ アイスクリーム まとめ

甘酒というと、お正月に飲むものかな、ひな祭りに飲むのは白酒だったっけ...とか恥ずかしながらそんな知識でしたが古来は夏バテ対策に飲むものだったようですね。「飲む点滴」とも言われています。アイスにすると美味とい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

都営大江戸線の本郷3丁目駅から徒歩5分ほどのところに、ミシュランで星を獲得した、予約の取れない割烹「くろぎ」の甘味専門店がOPENしました。「進化した和菓子」と「猿田彦珈琲」のコラボがほかにはない、新しい味を…

レシピ スイーツ パイ まとめ

上質のクリームを使って作るパイは贅沢なスイーツ。柔らかく口の中でとろけそうな食感は何度でも味わいたいですよね。濃いめのコーヒーと一緒に至福のティータイムにぴったり。前日から作っておけば、冷え具合もばっちりです…

AIKAIK

料理をつくるのも、食べるのも大好きな元エステティシャンです。 食べ...