ローディング中

Loading...

とうめしって、聞いたことありますか?いまツイッターやインスタなどのSNSで話題になっている、絶品ごはんです。ごはんの上にのっかっている、この茶色くて大きな物体の正体は?どんな味なのか、どこで食べられるのか、さっそくご紹介しましょう!

食べなきゃ損する「とうめし」

大正12年創業の老舗「お多幸」は、”東京でおでんといえばお多幸”と称されるほどのおでんの名店です。

お多幸本店の名物ともいえる「とうめし」は、TwitterやInstagramなどSNSを中心に、話題になっている絶品ごはん。「お多幸」と検索すると、おでんよりむしろ、とうめしの話で盛り上げっているくらいなんですよ。

とうめしはあまりに大人気のため、ランチタイムは早い時間から行列ができます。開店時間の11時30分には通常、とうめしを目当てに来た20人以上の行列ができていて、30分以上は待たなければ中には入ることができません。

おでん出汁をたっぷり吸った「とうめし」

「とうめし」というのは、おでんのおつゆをたっぷりかけた茶飯に、じっくりと煮込まれた豆腐がのったごはん。なめらかな口当たりの豆腐はお多幸特製です。鰹節と日高昆布をダブルに使用した、秘伝の甘辛出汁がしみこんでいます。

お豆腐でごはんが食べられるの?と不思議に思われるかもしれませんね。豆腐は豆腐でも、お多幸の煮込み豆腐はごはんにぴったりなんですよ。煮崩れしかかるまで煮込まれたふわふわの豆腐は、やや固めに炊かれた茶飯と一緒に食べるとまさに至福の味。

豆腐を崩しながらごはんと一緒に食べると、ふわふわでとろっとした、卵かけご飯のような食感を楽しめます。食べる人のほとんどが大絶賛していて、リピーターも多いそうです。

昼定食

遠くからもわざわざ食べに訪れる人が多いというウワサのとうめし定食は、日本橋にもかかわらず、たった670円という嬉しい価格。コスパ最高のランチです。

この絶品ごはんに、牛スジとゆで玉子、大根のおでんと、和風大根サラダ、大根のつぼ漬、しじみのお味噌汁まで付いてきます。近くにあったら、頻繁に通いたくなっちゃいますね。

飲んだ後の〆にも最適

とうめしは単品でも、用意されています。390円というお手軽価格で、夜には飲んだ後の楽しみの〆として注文する人が多いようです。お豆腐のやわらかな風味が、飲み疲れた胃腸をやさしくいたわります。

でも、お茶碗にはみ出そうなほどの大きなお豆腐は、飲んだ後には食べ切れなさそうですよね。そんな人のためには、ハーフサイズの「半とうめし」(200円)もあります。嬉しい気配りですね。

おいしさがネットでも話題

Twitterでとうめしを検索すると、お多幸本店のとうめしが絶品だというツイートが後をたちません。正直な感想や批判も飛び交うTwitterの中で、とうめしに関しては、賞賛するツイートばかりで占められています。
こういったおいしそうな画像やツイートをみて、さらに食べたくなる人が急増中です。「念願のとうめしをついに食べた」とか、「前から食べてみたかったとうめし」という報告も多数。

確かに、これだけおいしそうな写真をたくさん目にすれば、ぜひとも食べに行きたくなっちゃいますよね。

お多幸本店で食べられる

おでんの名店、お多幸本店は、日本橋というロケーション抜群の立地にあります。平成14年に、銀座5丁目(ソニービルの隣)から日本橋に移転。老舗の風格ある、落ち着いた店構えです。移転前から、10数年通い続ける常連さんも多いとのこと。

カウンターに座れば、ずらりと並んだおでんの具を目にすることができて臨場感を味わえます。「これください。」、と指さし注文できるのも魅力。目の前でお皿に盛り付けてもらえて、熱々のうちにほおばることができます。

メニューにはおでんのほかにも、お刺身や焼き鳥、牛すじなど、お酒に合うおつまみがたくさんそろっています。

名物のとうめしは、創業当初に常連さんの希望で生まれた裏メニューでした。これがあまりにもヒットしたため、日本橋に移転したことを機にメニューにのぼるようになったそうです。

おでんが有名

とうめしの話題が尽きないお多幸ですが、おでんももちろん最高の味。創業以来、代々継ぎ足されている、甘辛い秘伝の出汁がしっかりと染みた具材は絶品です。この秘伝の出汁は、関東でもひときわ濃い色が特徴なんですよ。この濃さが忘れられず、やみつきになってしまう味のヒミツなんだとか。

何を食べようか迷ったら、3人前、12種のおでん盛り合わせ「大皿盛り込み」(2,800円)がおすすめ。人気のがんも、ちくわぶ、玉子、はんぺん、大根、ゴボウ巻き、厚揚げ、ちくわなどが、それぞれの持ち味を活かし、丁寧に炊きあげられています。

お多幸のおでんの味が忘れられず、夏でも足しげく通うファンも多いようです。

店舗紹介

■店舗名:日本橋 お多幸本店
■最寄駅:東京メトロ東西線「日本橋駅」B5出口より、徒歩1分。
東京メトロ半蔵門線「三越前駅」B3出口より、徒歩3~4分。
JR線「東京駅」八重洲北口より、徒歩5分。
■住所:東京都中央区日本橋2-2-3 お多幸ビル
■電話番号:03-3243-8282
■営業時間:[月~金]ランチ11:30~14:00(L.O.13:30)ディナー17:00~23:00(L.O.22:15)
[土・祝]ディナーのみ16:00~22:30(L.O.21:45)
■定休日:日曜日
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13000323/

おでんがおいしいこれからの季節に!

とうめしは一年を通じて大人気のメニューで、ランチには行列が絶えることがありません。とはいえ、秋が深まり、いよいよおでんが恋しくなる季節になってきました。肌寒くなれば、一段ととうめしがおいしく感じられること間違いなし。

秋の日本橋散策がてら、ウワサのとうめしを食べに出掛けてみてはいかがでしょうか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

焼肉 日本橋 トリュフ

「肉割烹 KINTAN(キンタン) コレド室町」が日本橋に2017年3月31日(金)よりオープン。「生・焼き・炙り・揚げ・湯引き」と5つの調理法を駆使して作るお肉の創作料理が味わえるお店です。洗練された空間で…

日本橋 天ぷら 天丼

三越前駅から徒歩3分ほどのところにある「天ぷらめし金子半之助」は、大人気の天ぷら屋さんです。本格的な天ぷらにもかかわらず、お手頃な値段でいただくことのできる料理は、待ち時間を考慮してもぜひ行きたいお店です!絶…

おでん おつまみ

寒い日には、味噌おでんで一杯いかがですか?ほっくり味の染みた大根はたまりませんね。味染みまで時間のかかる大根ですが、このレシピではなんと10分煮るだけでOK!フライパンだけで、見た目にも美味しい即席みそおでん…

日本橋

雑穀(グレイン)を丼ぶりスタイルで楽しめるグレインボウルのお店「グレインズ(GRAINS)」が、日本橋にオープンします。日本人のルーツにも基づくおいしくヘルスコンシャスな『雑穀主義』のお店。健康志向の方は必見…

おでん

今までおでんだと思って食べていた大根やこんにゃく、実は「関東煮」という料理だったのです!関西では関東煮と呼んでいる人も多いんですよ。関東とつくのに関東人が知らないなんて!なぜおでんと呼ばれるようになったのか、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

ベジタリアンの彼と同棲を始めた20代女性から相談に対して、国際恋愛専門家のCocoさんが、ベジタリアンの彼向けに簡単につくれるヘルシーベジタリアンレシピを紹介しちゃうぞ♡

レシピ チーズ トースト まとめ

チーズとトーストは相性がバツグン!朝食やブランチなどにぴったりのチーズを使ったトーストのアレンジレシピのご紹介です。食事系からデザート系まで幅広いアレンジレシピをぜひご家庭でも♪

うどん レシピ まとめ

カルボナーラうどん、イタリアンうどんなど、アレンジうどんが話題になっています♪マンネリしがちだったうどんを、洋風・中華風などおしゃれにアレンジして、おいしくいただいちゃいましょう☆

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

渋谷 ネパール料理 カレー エスニック

ネパール料理といえばカレー、と思っていませんか?実は、ネパールの家庭的な料理は「ダルバート」というものなんです。カレーとはちょっと違った、本格ネパール料理が食べたいひと、必見ですよ。

恵比寿 フレンチ

恵比寿駅から徒歩3分ほどのところにあるフレンチ店が「ビストロアム(Ame)」になります。最近では人気が出過ぎて予約も取りづらくなってきてるそう。値段も、料理も、お店の雰囲気も、全てが魅力的な素敵なお店です。

wasante

2歳児をはじめとする、3児のママです。パクチーとココナッツとナンプ...

ページTOPに戻る