ローディング中

Loading...

しめじの賞味期限についてご紹介します。バターで炒めたり、お味噌汁に入れたり様々な料理に使えるしめじ。他の食材と違って傷み具合が分かりにくいですが、目安となる賞味期限を覚えておいしく食べましょう!選ぶポイントや冷蔵庫で保存するコツも確認して!

しめじの賞味期限っていつ?

炒め物や煮物などジャンルを問わず使える万能食材しめじ。しめじに限らず、一般的にきのこ類はカロリーが低くて食物繊維も豊富なことから、ダイエットにもおすすめの食材として知られていますよね。

炒めるだけでも立派なひと品になるため、まとめて買ってストックしている方も多いのではないでしょうか。

ですが、しめじをはじめとするきのこ類は賞味期限を記載しなくてもよいそうで、葉物野菜などと違い見ためではなかなか傷み具合を判断することができません。いったいしめじの賞味期限ってどれぐらいなのでしょうか。また、一言で「しめじ」と言っても、ほかにも種類があるのでしょうか。

しめじの種類

スーパーに行くと、一般的な茶色いしめじの他にも真っ白なしめじも置かれていますよね。実は、一言で「しめじ」と言っても、実はしめじには4種類あるのだそうです。それぞれの名称と特徴を見ていきたいと思います。

ぶなしめじ

スーパーなどでもっともよく見かけるおなじみのしめじです。ぶなしめじはしめじの中でも栽培がしやすく、日持ちもしやすいように改良されているので、日本全国に流通しています。価格も季節や地域にかかわらず、年間を通してリーズナブルなのも魅力ですよね。

ぶなしめじを本しめじだと思っている方も多いようですが、ぶなしめじと本しめじは見ためも味も全く異なっています。ぶなしめじはしめじの中でも比較的クセがなく、食べやすいのが特徴です。お味噌汁やパスタ、炒め物など幅広く使えます。

直近で使う予定はなくても、その安さとアレンジのしやすさからついつい買い物カゴに入れてしまいますよね。ぶなしめじは日持ちのよさを考えて改良されているだけあって、保存可能期間は4つのしめじの中でも群を抜いているそうですよ。

ひらたけしめじ

ぶなしめじと比べると、あまり市場には出回っていないひらたけしめじですが、実は一番初めにしめじが栽培された頃はもっとも流通していた品種なのだそうです。

「味しめじ」や「香しめじ」などとも言われており、ひらたけをしめじ状にしたもので、当時はしめじと言えばこのひらたけしめじを指すことが多かったのだとか。つまり、ひらたけしめじは実はしめじではなく、あくまで「ひらたけ」なのです。

ひらたけはきのこ類の中でも日持ちがしないため、今ではあまり流通しなくなったのだそうですよ。ひらたけやまいたけに似た食感で、天ぷらなどにして食べてもおいしそうですね。

ほんしめじ

松茸同様、栽培が難しいと言われていたほんしめじですが、2004年から量産の栽培に成功しており、徐々にスーパーなどでも見かけるようになってきました。

ほんしめじの特徴はなんと言ってもその肉厚さ。「大黒本しめじ」というブランド名で近年売り出し始めていますが、一般的にはまだまだ知名度が低く、希少価値が高い品種です。

ぶなしめじと比べると大きいので、食べやすい大きさにカットしてから調理した方が味がよく染みますよ。肉厚なので煮物などにも向いています。

はたけしめじ

あまり聞きなれないはたけしめじですが、その名の通り、かつて道端や畑によく生えていたことからその名前がついたのだそうです。

はたけしめじの特徴はシャキシャキとした食感のよさにあります。軸が長く、かさも大きめですが、ひらたけしめじ同様にあまり日持ちがしないため、まだまだ市場には流通していません。

シャキシャキとした食感を楽しむため、バター炒めなどシンプルな調理法がおすすめです。

各種しめじの賞味期限

しめじの種類についてご紹介しました。私たちが普段スーパーなどで目にするしめじは、そのほとんどがぶなしめじであって、しめじには他にも3つの種類があったのですね。

同じしめじでも風味や合う料理法は様々で、種類によって賞味期限も若干異なります。では、少しでもしめじを長持ちさせるにはどのような状態で保存するのがよいのでしょうか。まずは、それぞれの賞味期限を見ていきましょう。

ぶなしめじ

しめじの中でも最も市場に出回っているぶなしめじ。日持ちがよいように作られていると先ほどご紹介しましたが、そんなぶなしめじの賞味期限は一般的に5~7日と言われています

これよりも賞味期限を延ばしたいという方は買ってきた際、石づきは取らないで保存した方が、賞味期限は若干長くなります。直近で使うのでない場合は買ってきた袋の状態のままで保存しておいた方が賞味期限は長くなるということですね。

ひらたけしめじ

次に、ひらたけしめじです。

日持ちがあまりしないことを理由にまだ市場には出回っていないため、賞味期限はぶなしめじと比べると短く、2~3日と言われています。ぶなしめじと比べると水分が多いため、短い期間でも傷みが進行してしまうそうですよ。

ほんしめじ

ほんしめじはぶなしめじ同様、比較的賞味期限が長く、常温であれば5~7日、冷蔵庫での保存であれば7日は持つと言われています。

ですが、温度変化に弱いため、冷蔵庫の開け閉めをすることを考えると数日以内に使う予定がないのであれば冷凍保存しておいた方がよいのかもしれませんね。

はたけしめじ

畑や路地に生えていたことからその名前がついたはたけしめじ。市場ではほとんど見かけることがありませんよね。

はたけしめじの賞味期限はひらたけしめじ同様とても短く、賞味期限は3日程度と言われています

新鮮なしめじの選び方

買ってきたばかりのしめじが家に帰ってみるとなんだか少し傷んでいた!といった経験はありませんか。一般的に、生産者から直送でない限り、しめじが市場に出回るまでには数日ほどかかると言われています。どこの産地のしめじで、どこに届くのかによって鮮度は異なってきますが、日数を重ねれば重ねるほど確実に鮮度は落ちていきます。

なかなか生産者直送のしめじを手に入れるのは難しいですが、スーパーに売られているもののなかでも極力新鮮なしめじを手に入れたいですよね。そこで、新鮮なしめじを選ぶ際は以下のポイントに気をつけてみましょう。

しめじ選びのポイント

1. カサの部分があまり開いていないもの(開き具合がそろっていたらなおよい)
2. カサに弾力があるもの
3. 軸の部分が太く、しっかりと弾力があるもの
4. しめじを覆っている袋に水滴がついていないもの

以上の4つを目印に選んでみましょう。

しめじの適切な保存方法

せっかく新鮮なしめじを買ってきても、保存方法を誤ってしまっては元も子もありません。しめじを少しでも長持ちさせるためには、どのように保存すればよいのでしょうか。

冷蔵保存

スーパーでしめじを買ってきたら、袋のまま冷蔵庫へという方も多いのではないでしょうか。ですが、そのままの状態で保存してしまうと、石づきの部分から腐りやすくなり、日持ちしなくなってしまいます。

そのため、直近で使う予定はなくても、購入後は早めに石づきを取り、食べやすい大きさにカットしたら、ジップロックなどの保存袋に入れて冷蔵庫で保存しておきましょう。本しめじの場合は肉厚なため、スライス後冷凍保存も可能です。ただし、冷凍のものは解凍せずにそのまま料理に投入する形で使用した方がよいそうです。

ひと手間かかりますが、あらかじめカットしておくことで日持ちもしますし、料理する時に時短にもなるため、効率的ですよ。しめじの種類にもよりますが、一般的には冷蔵庫に入れておけば1週間ほどは日持ちするそうです。

冷凍保存

意外に思われる方もいるかもしれませんが、しめじは冷凍保存することができるのです。冷凍保存することで賞味期限が長くなるだけでなく、風味も豊かになり、栄養価の吸収もよくなるのだとか。これは冷凍保存しない手はありませんね!

冷凍する場合は、石づきを切り落としてから小房に分け、袋に入れて冷凍庫へ入れます。使うときは、自然解凍か、必要な分だけ取り出して凍ったまま調理しても問題ありません。冷凍庫で保存しておけば約1カ月は持つそうですよ。

保存時のコツ・注意点

しめじの冷蔵保存と冷凍保存の方法についてご紹介しました。いずれにしても早めに石づきを切り落としておくことが大切ですね。

また、賞味期限内とは言え、やはり少しずつ鮮度は落ちていきますのでなるべく早めに食べるようにしましょう。

干ししめじで長期保存もおすすめ!

しめじの冷蔵保存や冷凍保存方法、注意点についてご紹介しましたが、しめじはダシとしても使えることをご存じでしょうか。

しめじの中でも、特に乾燥させたひらたけしめじはよいダシがでるため、煮物や汁物などに利用できます。ひらたけしめじは冷凍保存すると、賞味期限は6カ月ほどと言われていますが、乾燥保存も可能で、乾燥させることでさらに賞味期限が長くなり、香りもよく、旨みが凝縮されたダシが出ます。

作り方も簡単で、ひらたけしめじを5mmくらいの大きさに切り、乾燥させておけば長期保存が可能になります。ほかのしめじでもできますが、香りの点ではひらたけしめじがおすすめです。まだまだ流通量は少ないですが、ひらたけしめじが手に入った際はぜひ試してみてくださいね。

正しい保存方法でしめじをもっとおいしく

しめじの賞味期限と保存方法、よいしめじの選び方などをご紹介いたしました。私たちが普段しめじだと思っていたものはそのほとんどが「ぶなしめじ」であって、しめじには4つもの種類があったのですね。

しめじはさまざまな料理に使え、カロリーも低いためダイエットにもおすすめの食材です。なかには手に入りにくいものもありますが、しめじの正しい保存方法を知り、日々の食卓においしいしめじを取り入れていきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

暑くなると食べたくなるアイスですが、冷凍庫に保存したアイスの賞味期限はいつまでかご存じですか?何週間も前に買ったアイス、未開封なら食べても大丈夫なのか、開けてしまったらアイスも腐るの?など、アイスの気になる保…

ズッキーニ レシピ

美味しい夏野菜のひとつであるズッキーニですが、正しい保存方法をご存知ですか?ズッキーニは傷みやすい野菜なので、間違った保存方法ではすぐに食べられなくなってしまいます。今回は、ズッキーニに適した保存方法や保存期…

ほうれん草 まとめ

ほうれん草を常備したいなら、冷凍保存すればグンと長持ちすることをご存じですか?冷蔵庫で数日放置するとヘタッとなってしまい、意外と日持ちがよくないですよね…。そこで今回は、ほうれん草の冷凍保存を方法別にご紹介し…

きゅうり

きゅうりは水分量の多い野菜です。また比較的、賞味期限が短いことでも知られていますね。家にあるきゅうりを使おうと思ったら萎びていたということも多いのではないでしょうか?今回は、きゅうりの賞味期限と保存方法をご紹…

トリュフ きのこ レシピ まとめ

皆さんにも聞き馴染みの多い「世界三大珍味」の一つ、トリュフ。チョコレートにもトリュフというものがありますが、珍味のトリュフとの関係は?さまざまな魅力があるトリュフについて、基本的な食べ方やおすすめレシピなどを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

うどん 讃岐うどん バター

香川県の花園駅からほど近い、有名店の「手打十段うどんバカ一代」。その名の通り手打ちでうどんを提供しており、シンプルながら独特の味つけでリピーターを増やしているのだとか。人気の「釜バターうどん」をはじめ、おすす…

北海道 お土産 まとめ

昨年度ついに初の2000万人の年間旅客数を突破した新千歳空港。豊かな自然やおいしい食材に恵まれた北海道は、年々観光客を増やし続けています。今回はそんなうれしい悲鳴がとまらない「北の玄関口」、新千歳空港のおすす…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る