ローディング中

Loading...

お魚を正しく数えることができますか?日本にはものの数え方がたくさんあり、日本人であってもあやふやだったりします。ちょっと気恥ずかしくて、大人になった今では聞けないお魚の数え方、何がどう違うのかを確認して現代のヤマトナデシコを目指しましょう!

魚を数えるのって難しい

普段、会話をしているときは気にもとめない数え方ですが、ふとした瞬間に「あれ?このお魚ってなんて数えるんだろう?」と頭をよぎる時があります。小さなお子さんに「このお魚はなんて数えるの?」と改めて聞かれるとドキッとすることもありますね。
日本にはものによってさまざまな数の数え方が存在します。数の数え方のことを“助数詞”と言いますが、一説に日本の助数詞は約500種類も存在すると言われています。クイズ番組などでおなじみなのは、うさぎの“羽(わ)”やタンスの“棹(さお)”でしょうか。日本語の豊かさを感じるひとときでもありますが、現在ではあまり使われなくなったものもあり、日本人でもあやふやなものが助数詞なのです。
スーパーはパック詰めのため、お魚を数える機会自体が少ないうえ、お店のひとと話さなくてはならないお魚屋さんですら、たいていが“匹”で事足りてしまいます。実際に匹以外の数え方を使う機会はほぼないと言ってもいいでしょう。しかし、実際に使うことはなくても、お魚の数を数えるときに“匹”以外の数え方があることは知っていますよね。何がどう違うのか、気になったことはありませんか?

魚の数え方

お魚を数えるときに“匹”以外のことばで数えているのを聞いたことはありますか?これから冬に向かって旬を迎えるお魚に鰤(ぶり)があります。テレビ番組などを気をつけて観ていると、市場からのレポートなどでは、鰤を数えるのに1本、2本と“本”を使うことが多いです。また、同じ鰤でも釣り人が数えるときは“尾”を使うことが多いように思いますし、料理番組で料理人が使うのは“枚”“切れ”を使います。
同じお魚を数えるのに、いろいろな数え方があるのは不思議ですね。このように日本では、同じお魚でも、その形や大きさによって数え方が変化するという特徴があります。つまり数え方を表わす助数詞とは、そのもの自体を見たことがなくても、ある程度大きさや形が想像できることばなのです。

普通は匹、匹と頭の違い

お魚を数える助数詞で最も一般的なのは匹です。匹は、お魚だけでなく動物を数えるときにも使います。もともと“匹”という漢字はふたつのものが対になっていることを表わします。古くから人間にとって一番身近な動物は馬でした。乗ったり、農耕に使ったり、と馬のお尻を見る機会も多かったためか、馬のお尻がふたつに割れていることから、ふたつに割れたお尻を持つものを匹で数えるようになりました。
馬を数えることばとして匹が定着した様子は、源氏物語や今昔物語でも見ることができます。その後、動物を数えることばとして匹が広まり、馬のみならず動物全般を数える助数詞として匹は広まっていきます。そのため、お魚や動物、昆虫などを含めた生き物全般が匹で数えられるようになったのです。
ところが、現代では馬は匹よりも頭で表されます。お魚でもジンベエザメのような大きなものは頭で数えられます。つまり、匹は小型のもの、頭は大型のもの、と数え方によって大きさが分かれているのです。頭は明治初期にアメリカより入ってきた牛や馬の数え方“head”が語源と言われています。この頃から、人間が抱きかかえられないような大型の動物は頭、小型の動物は匹、と意味の分化が起こってきたと言われています。

細長い魚

お魚を数えるときに、よく使われる“匹”という助数詞ですが、細長いお魚に関しては匹以外にも別の数え方をする場合は多いのです。小型の細長いお魚、例えばサヨリなどには“条(じょう)”や“筋(すじ)”を使います。どちらの数え方も細く長いものを数えるときに使うことばで、光や流れ星を「ひとすじ」と表わすこともありますね。
鰤やカツオ、まぐろといった大きな細長い形のお魚は“本”で数えられるのが一般的です。本で数えられるのは、頭からしっぽまでついている加工されていない状態の数え方で、包丁が入ることで形が変わると数え方も変わります。鰤やカツオ、マグロの切り身はスーパーなどでもよく見かけますね。切り身の数え方にはなじみがある方も多いのではないでしょうか。

平たい魚

ほかにもお魚もともとの形によって数え方が違うお魚があります。ヒラメやカレイなどの平たいお魚は、“枚”で数えられます。これは、そもそものお魚の形が平たいことからくる数え方です。枚は平面的なものや切り取った部分を数えるときに使われる助数詞で、お魚のほかに紙やお皿などの薄いものも枚で数えられますね。
タチウオも平たいお魚の代表ですが、タチウオは平たさよりも長さのほうに目が行くお魚です。そのため、枚ではなく本で数えられることが多いようです。枚はヒラメやカレイ、エイや鯛などある程度面積の広い木の葉型のお魚に使われることが多いようです。
また、もともとの形が平たいお魚だけでなく、厚みのあるお魚自体を切ったり、加工することで薄くしたものも“枚”で数えられることがあります。

調理次第では数え方も変わる

お魚を身と骨の部分に分けることを「3枚におろす」といいますね。このように切って厚みを薄くしたものも“枚”で数えます。例えば、アジはそのままの状態は“尾”もしくは“匹”で数えられますが、開いて干物になると“枚”になります。つまり、包丁を入れて加工することによってお魚の形が変わり、数え方が変わってくるのです。
まぐろのような細長いお魚は“本”で数えられると説明しましたが、解体されて形が変わると数え方も変わります。頭としっぽを落として半身にしたものを“丁”、さらにブロック状の肉塊に分けたものを“ひところ、ふたころ”と数えます。もっと小さく短冊状にすると”冊(さく)”になり、刺身のような切り身になると“ひときれ、ふたきれ”になります。
また、ウナギはもともと“匹”で数えられるお魚ですが、調理方法によって数え方が変わります。開いて蒲焼になったものは“枚”、串を打って焼かれると“ひと串、ふた串”と数えられるようになります。アジは焼魚だと“匹”や“尾”、干物やフライは“枚”になります。このように調理方法によっても数え方が変わるものもあるのですね。

鯉は折(おり)?

意外なことかもしれませんが、その昔、鯉は鯛と並ぶ高級魚として珍重されていました。その傾向は内陸部に多く見られ、さらに鯉は「登竜門を昇って龍になる」という言い伝えがあったことから武家では特に珍重されました。そのため、鯉は箱や竹籠などに入れて搬入されたのです。箱や竹籠を“折”と数えたことから、鯉もまた“折”と数えられるようになったと言われています。
同じような理由から、鯛も“折”と数えられるケースがあるようですが、鯉ほど一般的ではありません。鯛は「めでたい」ということばの語呂合わせと美しい紅白の身から、江戸時代には祝い事には欠かせない高級魚となりましたが、室町時代には鯛よりも鯉のほうが格上のお魚とされていたのです。その名残りが“折”という数え方で鯉に残っているのかもしれません。

匹と尾に違いはあるの?

もともと馬のお尻がふたつに分かれていることから生まれた“匹”という数え方ですが、現在では、さらに意味が分化され、生きている小型の動物(鳥類を除く)を表わす助数詞として広く使われています。お魚の場合、水族館やいけすなどの水中で元気に泳いでいるお魚は匹で数え、市場やスーパーに商品として並んでいるお魚は尾で数えるのです。
辞書や数の数え方の本によると、助数詞の正しい使い方としては、生きているお魚を数えるときには“匹”死んで商品として数えるときには“尾”と言われています。しかし、この見解には若干の違和感も感じます。お魚の生死によって数え方が変わるというよりも、生き物として見るか、それとも取引商品として見るか、という視点の違いによると言ったほうがよさそうだと感じるのです。
それというのも、活魚店でいけすのなかに泳いでいるお魚を数える場合、お店の方は“尾”で数えます。生きて元気に泳いでいるお魚であっても、商品として見ている場合は、匹よりもむしろ“尾”という助数詞で数えるのです。お魚の生死そのものよりもむしろ、数える対象のお魚が生き物なのか、商品なのかで数え方が変わってくると考えた方が自然だと思いませんか?

日本語って難しい……!

日本語は難しい、とは日本語を勉強している海外のかたからよく言われることばです。英語だともっと簡単なのでしょうね。お魚の数を数える助数詞ひとつとっても、こんなにたくさんの種類の読み方があるのですから無理もありません。バラエティ豊かな日本語の助数詞は、専門の研究者泣かせだとも言われているのです。
日本に生まれ育ったわたし達も、普段使わないことばは自然と忘れてしまいます。ひとつの言い方さえ知っていれば、会話に困ることがないということもあり、自然とさまざまな表現を使わなくなってしまいます。
現在では、数を指定してお魚を買うこと自体が少なくなってきました。そもそも、マグロなど大型のお魚は頭からしっぽまである姿に出会うこと自体が少ないものです。そんななかで、大きさや状態さえも表わす助数詞を使う機会はどんどん少なくなっています。せっかくことばの豊かなこの国に生まれたものとして、なるべく多くのことばを文化として次世代につなげていきたいものです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

そば

節分は「豆まき」をして「恵方巻」を食べる。多くの家庭で習慣になっていることかと思いますが「節分そば」は知っていますか?大晦日に食べる「年越しそば」と同じように「節分そば」には重要な由来があります。今年の節分メ…

シナモン

同じようで何かが違うニッキとシナモン。このふたつの違い説明できますか?今回は、ニッキとシナモンの違いや、それぞれの使われ方や食べ方、楽しみ方についてご説明します。知っているけど具体的な違いはよくわからない、ニ…

揚げ物

何げなく食べている「カツ」と「フライ」。このふたつの違い、すぐに答えられますか?カツとフライは、はっきりとした違いがあります。豚カツを豚フライと呼ばない理由もご紹介!身近にあっても、よく知らなかったカツとフラ…

創業69年を誇る茨城県神栖市の越田商店の名物「もの凄い鯖」を使用した『鯖の塩焼き専門店 鯖なのに。』が2017年4月3日(月)より大森駅前にオープン。同店は、鯖の塩焼きに強いこだわりを持ち、メニューは1種のみ…

とんかつを食べる時にロースにするかヒレにするか迷うことはありませんか?そもそもロースとヒレの違いは何でしょう?やわらかいのはどっち?それぞれにあったお料理やカロリーの違いなど、ロースとヒレの違いについてご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです…

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

まとめ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

大阪 餃子 ランチ 北新地

大阪府大阪市北区にある餃子・韓国料理屋、「餃子鍋 A-chan(あーちゃん) 北新地」に行ってきました。

レシピ サラダ まとめ

豆苗はエンドウのスプラウト(発芽新芽)です。袋をよく見て!ここから切ってね!という点線があるんです。その点線に沿って切った後お水につけておけばもう一度収穫ができるんですよ!一袋で二度オイシイ♡豆苗とレシピの紹…

yuco_1111

現在高1女子と中3男子を持つ、ぐうたら母 時々ライター。 お弁当作...