ローディング中

Loading...

今までおでんだと思って食べていた大根やこんにゃく、実は「関東煮」という料理だったのです!関西では関東煮と呼んでいる人も多いんですよ。関東とつくのに関東人が知らないなんて!なぜおでんと呼ばれるようになったのか、関東煮とは何か、ご紹介します。

関西ではおでんを「関東煮」と呼ぶ?

衝撃の事実が発覚しました。なんと、今まで私たちがおでんだと思っていたものは「おでん」ではなく「関東煮」という料理かもしれないのです。それを知ってか、関西にはおでんのことを「関東煮」と呼ぶ人も多いんですよ。そもそも「おでん」ってどういう意味なの?身近な料理にひそむ謎についてお教えします。

「おでん」と「関東煮」の違いは?

「おでん」は味噌田楽を指していた

寒い冬の心の支えといっても過言ではない「おでん」。ひらがな3文字のその名前の由来を知っていますか?言葉の響きだけでは、どこか「もったり」「どっしり」としていて、味わい深いだしをたっぷり吸った大根やぷるぷるのこんにゃくにぴったり合う気がします。

おでんを漢字で書くと「御田(おでん)」。「田」の字は、味噌田楽(でんがく)を表しています。味噌田楽は、豆腐やこんにゃく、里芋、ナスなどの食材を串に刺して、甘く味を調えた味噌を塗って食べる料理です。

「御」の字は、「御茶碗」「御返事」と単語の前につきますよね。「御田(おでん)」とは、味噌田楽のことを表した女房言葉だったのです。女房言葉とは、位の高い人の身の回りのお世話をする「女房」という役職の女性が使う、お上品な言葉のことです。

味噌田楽は、室町時代に登場した料理です。具材を串に刺して焼く「焼き田楽」と、具材を煮込んで作る「煮込み田楽」があり、どちらも「おでん」と呼ばれました。江戸時代になると、焼き田楽を「田楽」、煮込み田楽のことを「おでん」と呼ぶようになります

「煮込み田楽」は具材を昆布だしで煮込んで、甘い味噌をつけて食べられていましたが、銚子で醤油が作られるようになると、醤油や砂糖、みりんなどで甘からく煮込んで作られるようになります。煮込むだけで作れるおでんは関東に広まり、関西へも伝わりました。

関東生まれ大阪育ちの「関東煮」

具材を煮込んで醤油で味付けする「おでん」のことを、関西では「関東煮」と呼びました。読みは「かんとうに」ではありませんよ。「かんとだき」と読みます。早口な大阪の人々は「かんとう」ではなく「かんと」と読むんですね。さらに、関西では煮ることを「アラ煮(だき)」「大根を炊く」というふうに、「炊く」というのです。

関東風の煮込み料理ということですね。昆布だしで煮込んだ具材に甘味噌をつけて食べる「煮込み田楽(おでん)」と区別するためにこう呼んだのでしょう。さらに、昆布だしや薄口醤油を使った関西風の味付けにアレンジされ、タコや、さえずりと呼ばれるクジラの舌、牛すじなど、関西独自の具材が生まれ、発展していきました。

関東煮の誕生と広まった経緯については諸説ありますが、関東大震災の際に、関西の「関東煮」が関東へ逆輸入されて広まったという説が有力です。

日本最古の関東煮屋さんは大阪に!

日本一歴史のある関東煮(おでん)屋さんは、大阪の道頓堀にあります。その名も「たこ梅」。創業はなんと1844年!170年以上の歴史があるなんて驚きですね。初代の岡田梅次郎さんから5代目の哲生さんまで引き継がれ、大阪のこの街で愛され続けてきたのです。池波正太郎さんや開高健さんなど、多くの作家や文化人にも愛された名店です。
たこ梅の関東煮の目玉は、なんといっても「さえずり」でしょう!初代の梅次郎さんが初めて関東煮の具として使い、大阪中に広まったんだとか。希少なくじらの舌の部分を、丁寧に一週間以上かけて仕込んでいるのです。大阪を訪れた際は、ぜひ食べてみたいですね。
店舗情報
■店舗名:南たこ梅 (ミナミタコウメ)
■最寄駅:大阪難波駅
■住所:大阪府大阪市中央区難波1-7-16 現代こいさんビル 1F
■電話番号:06-6213-6218
■営業時間:16:00~22:00
■定休日:水曜日
■参考URL:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27071160/
■公式HP:http://takoume.jp/

関東と関西の「おでん」の違い

私たちが食べている「おでん」は関西で発展した「関東煮」がベースになっているとわかりましたが、現在ではどのような違いが残っているのでしょうか。

味付け

鰹節と昆布のだしがベースであることは東西共通していますが、やはり味付けが少し異なります。関東では醤油をしっかりきかせてからめに仕上げるのに対し、関西は薄口醤油とみりんで少し甘めのあっさり味。

コンビニでは、基本的に全国どこでも関西風の透き通ったあっさり味のだしを採用しています。これは、関東風だとおでんのしっかり味がお店じゅうに充満してしまうから。北海道ではだしを利尻昆布でとったり、中国地方では煮干しだしを加えたりと、地域ごとの個性が出るようです。

具材

具材にも東西で違いが見えました!大根やちくわ、卵などの定番の具材に加え、関西ではコロと呼ばれるクジラの皮やたこの足が親しまれています。対する関東では、もっちり食感がたまらないちくわぶや、ふわふわ食感のはんぺんも人気。それぞれ関東、関西ではなじみのない具材ですよね。

冬が待ち遠しい!

今年の秋、冬にお出かけする際は、ぜひだしや具材に注目してご当地おでんを味わってみてください。地元で慣れ親しんだ味わいとのギャップに、新鮮な驚きがあるはずですよ!出身地が違うお友達や恋人がいれば、自分の地域のおでんを紹介しあうのも楽しいですね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

牛肉 ステーキ ハンバーグ 肉料理 ローストビーフ まとめ

人気番組『ソレダメ』で紹介された「牛肉料理の新常識」は、もうご覧になりましたか?どうやら家庭で簡単にできる、プロのマル秘テクニックがたくさん紹介されたようですよ。今回は番組で紹介された内容から、意外と知らない…

まとめ おでん 新宿 新宿三丁目 居酒屋

日本人のソウルフードともいえる「おでん」。新宿には、おでんを出すお店が数多くあり、夜は居酒屋としておでん種をお酒のつまみに一杯いきたいところですよね。今回はでんやとく一、お多幸など各店舗ごとに異なる魅力溢れる…

チョコレート スイーツ

オリジンヌ・カカオから期間限定で2017年バレンタインコレクションが登場します。選び抜かれたカカオと職人の腕によるこだわりのショコラがラインナップ♩パッケージもデザインもリニューアルしたオリジンヌ・カカオをぜ…

まとめ レシピ レモン キムチ パクチー

カルディコーヒーファームから新発売のオリジナル商品「パクチー鍋の素」は、手軽にパクチー鍋を楽しめる洋風鍋の素です。パクチー鍋を食べてみたいけど、いちから自分で作るのはちょっとめんどう…&hell…

お弁当

たくさん炊いたご飯は冷凍する家庭も多いでしょう。一度冷凍したご飯をお弁当に使うことはできるのでしょうか?固さや香りが気になるから使わない、という方は必見!上手く保存解凍すると冷凍ご飯をお弁当に使うことができる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考に…

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね?今回は朝に特に何を食べるといいのかについてご紹介したいと思います。海外のニュースを元にお話ししますね。朝食を作るときに是非参考になさってください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

レシピ サラダ

夏野菜は旬に入るとそのうまみも増してきます。ハウス栽培よりもずっとおいしくなっているんですよ!そしてお塩は野菜の水分を出しながらうまみを引き出してくれる調味料♡夏こそあっさりと食べる「塩サラダ」の季節!塩サラ…

スープ レシピ まとめ

スープストックトーキョーは「食べるスープ」をコンセプトに全国展開しているスープの専門店。あの味をおうちでも味わいたい!そう考えている方も多いと思います。今日はスープストックトーキョーのスープを再現しているレシ…

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...