ローディング中

Loading...

いい気分でお酒を飲んでいるのに、なんだかまぶたが重くなる。そんな経験は多くの人がしていると思います。どうしてお酒を飲むと眠くなってしまうのでしょうか。それは体にとってよいことなのでしょうか、悪いことなのでしょうか。

お酒を飲むといつも眠くなる…

今年も残すところあと少しとなりました。年末から年始にかけて、何かとお酒を飲む機会が増える人も多いでしょう。
ほろ酔いで楽しいお酒ならいいのですが、ベロベロに泥酔して、翌朝気が付いたら服のまま寝ていた。化粧もコンタクトもそのままだった。なんて経験のある人もいそうですね。さてお酒を飲んで眠くなってしまうのはなぜでしょうか。それは体にとって、どんな影響があるのでしょうか。

お酒を飲むとどうして眠くなるの?

「これだけ飲めば眠くなる!」なんてお酒の飲み方はありません。どんなお酒をどのくらい飲んだかだけでなく、飲む人の体調や気分にも左右されますが、お酒を飲んで眠くなる理由は、大きく分けて3つあります。

エタノールの作用で眠くなる

お酒に含まれるエタノールは、緊張を緩和させる作用があります。これは飲んだ人の脳が麻痺したり、神経が抑制されたりする結果で、ほどほどの量であれば、気分が高揚して、“笑い上戸”や“泣き上戸”ともなり、身も心もリラックスした状態で眠気につながります。ただしお酒の量が多くなると、泥酔状態(急性アルコール中毒)となってしまい、最悪の場合には命に関わります。

血糖値が低くなって眠くなる

空腹時や食後に眠くなる現象は、血糖値が低くなることによるもので、お酒を飲んでも似た状態を引き起こします。肝臓は、飲んだお酒(アルコール)を分解する役割を持つと同時に、糖を体中に送る役目も果たしています。お酒を飲むと、肝臓はアルコールを分解する役割が中心となるため、低血糖の状態となり眠くなるのです。

体が冷えて眠くなる

眠る時は体温が低下しますが、体温が低下することで、眠くもなります。適量のお酒を飲むと、血行がよくなるため、汗をかいたり着ているものを脱いだりします。その後、体を冷やすことで眠気につながります。また適量を超えたお酒を飲むと、アルコールを分解する肝臓の機能を超えた量のアルコールが体に入ることになります。すると血中のアルコール濃度が上昇し、血管が収縮して体温が下がり、やはり眠くなってしまいます。

肝臓の機能が衰えていることも

「以前は、もっと飲めたんだけどなあ」そんな風に考えている人もいそうですね。年齢を重ねることで、体力や気力が衰えるだけでなく、内臓の機能も弱っていきます。若いころは肝臓も活発に働いて、せっせとアルコールを分解してくれたのでしょうけど、年をとってくるとそうはいきません。お酒を飲む量やおつまみを食べる量を減らて、体への負担を軽くしましょう。
さらに自治体や職場などでおこなわれている健康診断を受けつつ、異常を感じたら医師に診察してもらいましょう。思わぬ病気が隠れているかもしれません。

寝酒は体にいいの?

お酒を飲んで眠くなるのであれば、眠りたい時にお酒を飲めばいいのでは?と考えても不思議ではありません。寝酒の習慣は昔からありますし、寝る前に飲むお酒やカクテルを示す“ナイト・キャップ”なる言葉もあります。ただしすんなり眠れるのであれば寝酒(ナイト・キャップ)はよさそうですが、習慣にするのは要注意です。
お酒を飲んで眠ると、眠ったあとも肝臓はアルコールを分解するために働き続ける必要があります。自分では眠ったつもりでも、内臓は一生懸命働いているのでは可哀そう。眠るときは内臓も休ませてあげたいものです。

眠っている最中も働く内臓

「寝る前に食べてはいけない」との文句を見聞きした人もいるはずです。寝る前に摂取した食べものが、そのまま蓄積されることで太りやすくなるのに加えて、眠った後も内臓が働き続けるため、睡眠の質が悪くなるからです。これはそのまま寝酒にも当てはまります。寝酒しつつおつまみも食べてしまうと、徐々に太ってしまうかもしれませんね。肥満の危険があることを頭に入れておきましょう。

眠りへの効果が弱くなる

最初のほうにも書きましたが、「これだけ飲めば眠くなる!」なんてお酒の飲み方はありません。むしろ脳のエタノールへの耐性が進むことで、寝酒として1杯ですんでいたものが、2杯、3杯と量が増えていくことがほとんどで、アルコール依存症への道を歩むことになります。寝酒をしないと寝られない状態=アルコール依存症になると、急に寝酒をやめようとした時に不眠がちになるそうです。
不眠症になっても睡眠薬は習慣化が怖いので、お酒を飲んで眠ったほうがよいと考える人がいるかもしれませんが、習慣化を避けなければいけないのは、睡眠薬もお酒も同じです。安易に薬に頼るのはよくないかもしれませんが、医師の診察を受けつつ適度に睡眠薬を利用する方が安全性が高いと言えるでしょう。

ナイト・キャップ

もし寝酒をするのであれば、カクテルの“ナイト・キャップ”がおすすめです。ブランデーをベースにアニゼット、オレンジ・キュラソーとシェイクしたものです。いろいろ異なるレシピもあり、卵黄を加えたり、シナモンやナツメグを用いたりすることもあります。
このレシピに限らず、アルコール度数が高めで刺激の少ないカクテルを、寝る前に飲むのに適しているとの意味で“ナイト・キャップ”のグループに入れることもあります。

睡眠をお酒に頼るのは厳禁

行政や民間の調査によると、眠りに何らかの悩みを抱えている人は、少ないものでも日本人の2割、多いものでは半数近い人になるそうです。
楽しくお酒を飲んで、そのままバタンキューとなり、翌朝スッキリ目が覚めた……なんて経験を覚えている人もいるでしょう。その再現を期待するのも無理からぬこと。でも、それは例外中の例外。むしろ快適な眠りを求めるのであれば、お酒に頼るべきではありませんね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

バーボンを飲んだことはありますか?高価なお酒というイメージがありますが、どんな飲み方をすればおいしく飲めるのでしょうか。おすすめ銘柄は?今回は、バーボンの基礎知識や飲み方、おすすめ銘柄など、余すことなくご紹介…

カクテル

「口の中で作るサイドカー」と呼ばれるカクテル、ニコラシカ。見た目はグラスが帽子をかぶったようにカワイイですが、実はお酒の強い人向けのハードボイルドなカクテルです。ニコラシカの飲み方、作り方、味の特徴などを詳し…

浅草

日本の伝統食である醗酵食をメインとする「Hacco’s Table(ハッコーズテーブル)」が浅草にオープン!ただ発酵食を食べるだけでなく、現状の腸内の菌バランスを測り、より効率よく身体にいい食事を提案してくれ…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

カクテル

浅草で有名なお酒「電気ブラン(デンキブラン)」。隠れた名物として知られていますが、その名前からはどんなお酒なのか想像がつきませんよね。今回は、そんな電気ブランについて詳しくご紹介!味わいから飲み方まで、余すこ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

ワイン

ワインを劇的においしくする魔法の装置「ソニック・デキャンタ」がすごいんです!格安ワインでも、たった20分でまろやかな味と芳醇な香りが引き立てられ、何年も熟成されたかのような高級ワインに早変わり!21世紀の革命…

レシピ

カレーに欠かせない香辛料のひとつ、カルダモン。料理をスパイシーにするぐらいのことは知っていても、どのような効果があるのかまで理解している人は少ないのではないでしょうか。今回はカルダモンの効果やことカレー以外で…

agatasei

まずはよろしくお願いいたします。

ページTOPに戻る