ローディング中

Loading...

お昼の人気番組「ヒルナンデス!」で、レトルトの達人が、レトルト食品のトレンド、ぜひ味わうべきレトルト食品について紹介していました。とてもレトルトとは思えない高級感のある商品ばかり……ぜひチェックしてくださいね!

レトルトの達人が伝授!レトルト食品の三大トレンド

お昼の人気番組「ヒルナンデス!」で、年間なんと500食は食べるというレトルトの達人・今泉マユ子さんが、最新のレトルト食品のトレンドについて教えてくれました。大きく分けて3つのトレンドがあるのだそうですが、いったいどんなものなんでしょうか?ご紹介していきましょう。

プチリッチ化するレトルトカレー

達人によると、最近のレトルトカレーは、差別化を図るべく相場より200~300円お値段が高い商品「プチリッチカレー」を売り出すのがトレンドなのだそう。そういわれてみれば、確かにスーパーでもレトルトカレーの棚を見ると、結構高額なカレーが並んでいますよね。

ハウス「仔羊とマッシュルームのカレー」

まずご紹介するのは、ハウスの人気シリーズ「カレーマルシェ」のプレミアムシリーズです。具材には柔らかく煮込んだ仔羊を使っているのでクセがなく食べやすく、赤ワインと黒トリュフ塩で、風味豊かなカレーに仕上げています。

ほどよい甘みがありつつも、赤ワインの酸味も感じられ、口当たりもよいスパイシーなひと品。フレンチの名店「シエ・イノ」が監修しており、名前どおりにスペシャリテな商品ですよ。
▼ご購入はこちらからどうぞ

100時間カレー開発!株式会社アークス「濃厚ビーフカレー」

「100時間カレー」で有名なお店「B&R」は、100時間以上の長い時間をかけてじっくりと玉ねぎ、にんにく、にんじん、セロリ、トマト、りんごなどを煮込み、20種以上のスパイスを使ったカレーを作ることで知られています。玉ねぎは1人前あたりに、約1個溶け込んでいるというからおどろきです!今回ご紹介されたのは、そのメニューをもとにしてレトルト化された商品です。

現在、残念ながら公式サイトでは売り切れですが、気になる方は随時チェックしてみてくださいね。
▼ご購入はこちらからどうぞ

無印良品「プーパッポンカレー」

無印良品「プーパッポンカレー」

出典:www.muji.net

500円(税込)

年間15万食を販売している無印良品のレトルトカレー。素材の旨みを生かした「プーパッポンカレー」も販売されています。タイでは定番のカニと卵を使ったカレーで、ココナッツミルクやパームシュガー(ヤシ糖)も加えたその味は、まろやかで甘さも感じられます。バターをひと片溶かせば、さらに濃厚で味わい深くなるのでおすすめですよ。
▼ご購入はこちらからどうぞ

カルディで大人気!海外のレトルト食品

ふつうのスーパーでは入手しづらい、めずらしい海外のレトルト食品が見つけられると人気のカルディコーヒーファーム。あなたも一度は訪れたことがあるのでは?しかもカルディのレトルトカレーは、どれも絶品だと評判なんです。

一番人気!スイスデリス「ロスティ」

「ロスティ」はじゃがいもの細切りを表面がカリッカリになるまで焼いたスイスの伝統料理です。朝食やおやつにもなる便利なメニューで、1日に最大で2000個売り上げる大ヒット商品なんですって。野菜スープで味つけ済みなので、フライパンで焼くだけでおいしくいただけます。ポテトの甘みを存分に味わいましょう!
▼ご購入はこちらからどうぞ

月2万個売れた!カルディオリジナル「ラザニアキット」

こちらはご家庭で手軽にラザニアが作れるキットです。ホワイトソース、ボロネーゼ、生パスタが別々に梱包されて入っています。耐熱容器にホワイトソースを入れ、パスタをしいたら最後にボロネーゼをのせて、オーブンで20分焼くだけでOK!手間のかかるラザニアを簡単に味わえると評判で、月間2万個、累計で15万個を売り上げたのも納得の商品ですね。
▼ご購入はこちらからどうぞ

主婦に大人気!パスタソースでアレンジメニュー

いま主婦の間で人気なのが、レトルトのパスタソースをアレンジして料理に活用するというもの。パスタソースにもいろいろな味があるので、これひとつあればほかの料理にも使えて便利です。特に人気の商品とそのアレンジ方法を紹介しますね。

ハインツ「粒たらこの十勝産生クリーム仕立て」でポテトサラダ

200~250円前後(※ショップにより異なります。)

ハインツの大人向けパスタソース「粒たらこの十勝産生クリーム仕立て」は、たらこの濃厚な味と食感が楽しめるソースで、粒とすりつぶしたたらこ両方を使うことで、粒感だけでなく、ソース全体にたらこの旨みが行きわたるようになっています。

こちらを利用して、レンジで蒸したジャガイモの上にかけ、マヨネーズと和えて食べると絶品なんだとか。思わずまねしたくなるメニューですよね。
▼ご購入はこちらからどうぞ

無印良品「じゃがいもとトマトのジェノベーゼ」でアヒージョ

無印良品「じゃがいもとトマトのジェノベーゼ」

出典:www.muji.net

290円(税込)

「じゃがいもとトマトのジェノベーゼ」は、兵庫県産のバジルをふんだんに使ったソースで、カシューナッツの風味も豊か。バジルと相性ばつぐんのトマトとじゃがいもがごろっと入った商品ですが、お好きな具材(きのこやエビなど)をオリーブオイルで熱し、そこに加熱した本品を注ぐだけで、ワンランクアップしたアヒージョに変身するんです。にんにく、塩味がきいていますから、アヒージョの味がバッチリ決まるという心強いひと品、あなたも使ってみませんか?
▼ご購入はこちらからどうぞ

おわりに

レトルトの達人、今泉マユ子さんいちおしのレトルト食品を、今回はピックアップしてみましたが、どれもおいしそうで、一度食べてみたくなるものばかりでしたね。レトルトといえども決して侮れず、お値段が上がっているぶん、プレミア感のある、満足度の高い商品が増えているなと感じます。

テレビで取り上げられましたので、店頭でも売り切れの場合があるかもしれませんが、気になった商品があったらぜひゲットして、その味をご自身の舌で確かめてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

唐辛子

カルディコーヒーから、「ハラペーニョおかき」が登場しました!青唐辛子「ハラペーニョ」味のおかきなんてめずらしい!メキシコの食材と日本のお菓子が出会って、いったいどんな味に仕上がっているのでしょうか。実食レビュ…

コーヒーと輸入食品を取り扱うカルディコーヒーファームから、数量限定でオリジナルデザインの「ネコバッグ(保冷)」が発売!二匹のネコがトレードマークのフランスの紅茶ブランド「ジャンナッツ」のティーバッグやオリジナ…

カレー

成城石井のオリジナル商品シリーズ「desica(デシカ)」 から、「バターチキンカレー」「スパイシーカレー」「ビーフハヤシ」のレトルト食品3種が登場!本格的な味わいが手軽に楽しめる、夏にぴったりの…

アボカド おしゃれ

世界には、アボカドに芸術品さながらの彫刻をほどこすアーティストがいるのを知っていますか?さまざまなものにアレンジしてはSNSで発信し、見る人を驚かせています!信じられないほど美しく繊細なアボカドアートの世界を…

旅やレジャー、フェスタにも持ち運びやすく、伸縮自在で軽量、耐久性と安全性にも優れた新感覚のボトル「que Bottle(ケ・ボトル)」がクラウンドファンディング今注目をあびています。利便性も抜群なので、マイ水…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

コーヒー まとめ

ミルクの甘さとコーヒーの苦さがおいしい「コーヒー牛乳」。各地でオリジナルのコーヒー牛乳があるようです。その地域ごとの配合ブレンド、ミルクのコク、コーヒーの挽き方…。様々な工夫があり、コーヒー牛乳って案外奥が深…

まとめ ドリンク レシピ

梅には多くのクエン酸が含まれているため、とっても酸っぱいですよね!でも、そんな酸っぱさがとっても健康に良いんだとか。カルシウムや鉄も豊富に含まれているんです☆今回はそんな梅を使ったドリンクとそのアレンジレシピ…

まとめ B級グルメ

B級グルメは「安価で、庶民的でありながら、おいしいと評判の料理のこと」。そんなB級グルメを美味しい食材のとれる中部地方の各県別でまとめました。どれも美味しそうで面白い!料理ばかり。北陸・東海・甲信越にいく際に…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

トマト

夏場にトマトをたくさん購入したとき、どんなふうに保存していますか?トマトを長持ちさせたいなら、冷凍保存がおすすめです!今回は、丸ごと保存、カットして保存、そして冷凍保存など、トマトのさまざまな保存方法をご紹介…

東京 まとめ

一度食べたらヤミツキになる、塩気と辛さのバランスが絶妙な「明太子」。東京には、明太子を使用した絶品のお料理をいただくことができるお店がたくさんあるんです!今回はあの有名店・やまやを含む、東京のおすすめ店をご紹…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る