ローディング中

Loading...

小沢賢一さんという木工作家をご存知ですか?テーブルウェアが好きな女性の間では、ちょっとした有名人なんですよ。彼が作るカッティングボードが、おしゃれでイケてるとブームの兆しを見せています。入手困難になる前にぜひゲットしておきましょう。

小沢賢一さんのカッティングボード

「小沢賢一さん」という方の名前を聞いたことはありますか?初めて聞くという方は、インターネットでぜひ小沢賢一さんの名前を検索してみてください。素朴ながらも味のある木工製品の数々が、画面上にたくさん出てくるかと思います。インスタグラムだけでも2万件以上の写真が投稿されているんですよ。

中でも特に目を引くのがカッティングボード。実はこのカッティングボードが、ひそかなブームとなっています。テーブルウェアに気を遣っている女性たちの間では、小沢さんのカッティングボードを使うことがおしゃれとされており、ちょっとした話題となっているようです。

まずは、小沢賢一さんがどういう方なのかご紹介します。

そもそも小沢賢一さんってどんな人?

小沢賢一さんは、1955年生まれの千葉県出身の木工作家さんです。スキー場や食堂、居酒屋などでのお仕事を経て、そのあと独学で木工技術を学んだという経歴の持ち主。無垢材の木工品をひとつひとつ丁寧に制作しており、デザインにも強いこだわりを持っておられます。

カッティングボード以外にも、テーブル、スツール、箸、楊枝など、さまざまな作品を作られており、オーダーメイドも承っているそうです。ご興味のある方はぜひご注文されてみてはいかがでしょう。

小沢さんの営む「木工房PUU」は、福島県南会津たかつえスキー場の入り口近くにあります。「PUU」とはフィンランド語で「ツリー(木)」という意味だそうですよ。

施設情報

■施設名:木工房PUU
■住所:福島県南会津郡南会津町八総684
■電話番号:0241-78-5505
■営業時間:日の出から日の入りまで
■定休日:年末年始
■公式HP:http://puu-ozawa.com/index.html

みんな、こんな風に使っています!

それほど人気のある小沢賢一さんのカッティングボード、おしゃれ女子さんたちはどのように使っているのでしょうか?実際の使用例をいくつかご紹介させていただきますね。

ワンプレートディッシュ

カッティングボードでワンプレートディッシュはいかがでしょう?こんな朝食が食卓に並んでいたら、その日一日元気に過ごせちゃいそうです。

パンにベーコンエッグなど、いつもと同じメニューでも、盛り付けしだいでおしゃれなカフェスタイルに早変わり。お休みの日のブランチにもぴったりです。「一日の始まりは朝食から」なんて言いますから、ぜひ真似してみたい実用例ですよね。

ケーキをカット

お手製のケーキが焼けたら、いよいよおしゃれなカッティングボードの出番です。普通はキッチンで切り分けてからお出しするケーキも、あえてお客様の目の前でカットしちゃいましょう。

シンプルなパウンドケーキも、こちらのカッティングボードにのせるだけで、なんだか特別なケーキのように見えてしまうから不思議ですよね。ナチュラルっぽさも感じさせてくれるので、天然酵母のパンや無添加のケーキなどに大変よく似合います。

アンダープレートとして

小沢賢一さんのカッティングボードを使用した、おすすめのテーブルコーディネートがこちらです。お皿の下にもう1枚カッティングボードを置くことで、アンダープレートとしての役割を十分に果たします。ランチョンマットよりも重厚感があり、お料理を豪華に引き立ててくれますよ。

無垢な素材はどんなお皿ともよく合うので、ガラス製の食器や、鮮やかな色合いのものなどと組み合わせてもいいですね。

ランチタイムに

お友達を招いてランチをするときは、カッティングボードを使ってカフェ風ご飯にしちゃいましょう。

パンをスライスしてサラダと一緒に盛り付けるだけなのに、手の込んだランチに見えてしまいます。パンがなければおにぎりを作ってのせてもいいですね。手間をかけなくても見栄えがよいので、カッティングボードって本当に便利なアイテムです。

おうちカフェ

一人でゆっくりとくつろぐ時間って大事ですよね。そんなとき、マグカップにコーヒーを注いで飲むだけではNGです。一人で過ごす時間でも、きちんとおうちカフェすることが、リラックス効果を高めることにつながります。

そこで登場するのが小沢賢一さんのカッティングボード。お茶とお菓子をのせるだけで、なんとなくゆるりと時間が流れる気がします。木のやさしいぬくもりも、ブレイクタイムにひと役買ってくれますよ。

和食にもぴったり

小沢賢一さんのカッティングボードは、洋食だけでなく和食ともよく合います。お魚を焼いて玉子焼きとデザートを添えるだけで、割烹料理屋さんのような立派なお食事になりますよ。

きれいに見せるポイントは、おかずの配置と色取りです。頭の中で完成図を思い浮かべながら、ていねいに盛り付けていきましょう。

インテリアとして

ひとつゲットしたら何個も欲しくなるカッティングボード。せっかくおしゃれなデザインなので、しまっておくのはもったいないです。

使わないときはこうやって、壁に立て掛けておきましょう。それだけでお部屋のインテリアになっちゃいます。丸型や四角型、大きさもさまざまなので、用途に合わせて何種類か持っておくと便利です。

小沢賢一さんの作品はどこで買える?

小沢賢一さんの作品は、先ほどご紹介した工房で購入できるようですが、遠くてなかなか足を運べないという方も多いと思います。工房のほかにも、全国の雑貨屋さんやオンラインショップでも購入できるようなので、いくつかご紹介をしたいと思います。店舗に足を運ぶ際は、あらかじめ在庫を確認してみてくださいね。

東京「jokogumo(よこぐも)」

神楽坂にある生活雑貨屋さんです。オンラインショップでも小沢賢一さんの作品をいくつか取り扱っているようです。

北海道「Ach so ne(アソネ)」

北海道札幌市にある生活雑貨屋さんです。オンラインショップもありますので、ぜひ一度のぞいてみてください。

大阪府「カモシカ雑貨店」

全国各地の器と生活雑貨を取り扱っている、大阪府高槻市にある雑貨屋さんです。こちらもオンラインショップがありますので、遠方の方も確認してみてください。

京都府「TORYBAZAR」

京都府の鴨川近くにある雑貨屋さん。世界各国の身近に使える台所雑貨や日用雑貨を販売しています。オンラインショップもぜひ利用してみてください。

ほかの木工作家さんの作品もチェック

小沢賢一さん以外にも、日本で活躍されている木工作家さんは多数いらっしゃいます。おすすめの作品とともにご紹介しますので、テーブルウェアがお好きな方はチェックしておきましょう。

川端健夫さんのランチプレート

トースト皿やスコーンプレートなど、平たい木皿が代表作の川端健夫さん。こちらのランチプレートは、いろいろな用途に幅広く使えると人気のある作品です。

こんな風にちょこちょこっとおかずをのせれば、品数も増えて栄養バランスがとてもよくなります。何より見た目にも楽しいですよね。

筒井則行さんの桜小皿

「icura」という、木製品を中心としたキッチン用品を作成・販売している作家さんです。カッティングボードやカトラリーなどのほか、さまざまな大きさの木皿も取り扱っています。

こちらの桜小皿は、ちょっとしたお茶うけなどをのせるのにちょうどいいサイズ感。洋菓子にも和菓子にも合うので何かと使えます。

渡邊浩幸さんのパン皿

「木でつくる小さな食器」の著者でもある渡邊浩幸さん。ブラックウォールナットやクルミの木を使ったパン皿が人気です。

木のお皿はパンの余分な水分を吸ってくれるので、パンを最大限おいしくいただきたいという方には大変おすすめです。

盛永省治さんのコーヒーメジャー

木の風合いや木目を生かした作品を得意とする渡邊浩幸さん。ウッドボウルを主作品とするかたわら、木で作った器を型どりして磁器で制作するなどと、新たな挑戦をしつづける職人さんです。

こちらのコーヒーメジャーも人気の作品。毎日飲むコーヒーだからこそ、こだわりの道具を使って煎れたいですよね。

富井貴志さんのバターケース

木の魅力にはまった方は、日常のあらゆるものを木製品で揃えたくなるようです。パンを置くのが木皿なら、バターケースだって木製品にしたいですよね。

こちらのバターケース、もちろん木でできてます。カパっと開けたらバターが出てくるなんてとってもおしゃれだと思いませんか?トーストやパンケーキが毎日食べたくなっちゃうかも⁉

木工製品を生活の一部に

小沢賢一さんのカッティングボードを始め、ほかの木工作家さんの作品も一緒にご紹介させていただきました。

木のある暮らしって、どことなくほっとしていいですよね。木工製品を生活の一部に取り入れて、ぬくもりのあるライフスタイルを作りましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

女子会 カフェ まとめ

今シーズン話題のドラマ『東京タラレバ娘』。ストーリーもさることながら、ロケ地がおしゃれで気になる!と話題になっています。どんなシーンで、どこのお店が使われているんでしょう。実際に行かれた方の感想も一緒にご紹介…

おつまみ レシピ まとめ

オリーブの実は、そのまま食べてもおいしいですが、お料理にプラスすると酸味がアクセントになって、見た目も味もワンランク上の仕上がりに!今回はブラックオリーブやグリーンオリーブを使った人気のおつまみやサラダレシピ…

スープ レシピ まとめ

冷えた身体にうれしい温かいスープ、電子レンジで手作りできると手軽です。材料を入れて温めるだけなのでとても簡単、一人暮らしの食卓にもしっくりきます。家にあるものだけでさっと作れるスープレシピ、早速見ていきましょ…

レシピ スイーツ まとめ

お料理するのも食べるのも好き!でも洗いものはちょっと苦手という方もいるのでは?混ぜたり和えたりは、ポリ袋を使えば楽々♩作ったあとは捨てられて、洗いものも少なく時短もばっちりです。保存必至のポリ袋レシピ10選に…

カフェ おしゃれ 女子会 ランチ 東京駅

大丸東京に「都内の中の海辺のテーブル」をイメージしてつくられたビーチスタイルカフェ「ソルトウォーターテーブル」がオープンします。都内ではなかなか味わうことのできない雰囲気と空間が、きっと私たちの心を癒してくれ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ワイン まとめ

普段、何気なく捨てているワインやシャンペンのコルクでとってもお洒落な小物が作れるんですよ。どれも簡単に作れるものばかりで環境にも優しいリサイクルと3拍子揃った14選をここに紹介します。

お菓子 ドリンク まとめ

最近テレビでも紹介された遊べる本屋「ヴィレッジ・ヴァンガード」。本屋さんだけどいろんなグルメ関連雑貨もあり面白い!と今だ人気の絶えない本屋さんです。まだ行ったことが無い人は、一度行くとハマるかも‥。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

チョコレート デニッシュ パン

イトーヨーカドーの「デニッシュブレッド」がとびきりおいしいデザートパンに大変身!その名も「オリジナル濃厚チョコデニッシュ」。ベルギーチョコがたっぷりと入り、しっとりとした食感になったこのパンの味わいを、発売前…

いちご

セブンイレブン限定で「まるごと小粒苺のひとくちアイス」が2015年12月に発売されました。小さないちごがそのまま丸ごと1つ濃厚なミルクアイスとホワイトチョコで包まれています。この時期しか楽しめないのでぜひお見…

ほうれん草 レシピ まとめ

冬限定の旬野菜「ちぢみほうれん草」を知っていますか?普通のほうれん草より甘みがあってさらにおいしいんだとか。せっかくですから今しか味わえないちぢみほうれん草を堪能しちゃいましょう。おすすめレシピを紹介しますね!

pomipomi

食べるのも作るのも大好き!ついでに美味しい食べ物に関する情報集めも...