ローディング中

Loading...

どこか懐かしさを感じるコッペパン。学校給食で食べた方も多いのではないでしょうか。そのままでも美味しいですが、シンプルな味わいを生かして色々アレンジするのもおすすめですよ。今回は、そんなコッペパンのアレンジレシピをご紹介します。

給食のおかずを詰めた、懐かしのコッペパン

コッペパンにおかずを詰めている様子

Photo by soleil

コッペパンといえば学校給食の定番だった、という方も多いのではないでしょうか。
味付けされていないので、ジャムやマーガリン、はちみつなどが添えられることも多くありましたが、切り込みの入ったコッペパンにおかずを挟むセルフサンドが出ることもあり、そんな日は給食の時間がいつも以上に待ち遠しいものでした。

ちなみに焼きそばパンは、学校給食にコッペパンと焼きそばが一緒に出た時、子どもたちがコッペパンに焼きそばを挟んで食べたことがはじまりという説もあります。焼きそばの他にも、色々なおかずを挟んで、違った美味しさを楽しんだ方も多いのではないでしょうか?

学校給食の定番「コッペパン」のルーツは?

コッペパンとサラダ、脱脂粉乳の学校給食

Photo by soleil

学校給食のイメージが強いコッペパンですが、実は、栄養価の高い食品として戦時中に配給されていたこともあります。お米を節約しなければならない時代、その代わりとして配給されたのでしょう。

本格的に親しまれるようになったのは、やはり戦後の学校給食です。
日本での学校給食のはじまりは明治時代に遡りますが、本格的に開始したのは戦後になってから。それには、深刻な食糧難による栄養不足の子ども達がたくさんいた当時、そんな子ども達に少しでも栄養を与えようと、アメリカから脱脂粉乳や小麦粉の援助を受け、ミルクやコッペパンを提供したことが背景にあります。

衛生的で調理の手間がかからないコッペパンは、学校給食にぴったりなものでした。

「パンが主食」は、アメリカの戦略!?

また、パンが主食なのは、子どもたちにパンの味を慣れさせるというアメリカの戦略もあったといわれています(日本が食糧難の頃、ちょうどアメリカでは小麦粉など余剰作物の処理に困っていました)。

子どもの頃から食べ慣れたものは生涯にわたって食べ続けるといわれていますが、学校給食でパン食に慣れた子どもたちはその後もパンを食べ続け、それに伴い食生活の洋風化が進み、日本の食生活が大きく変化したといっても過言ではないでしょう。

しかしながら、敗戦後の混乱期においてお弁当を持ってこられない子どももたくさんいたことを考えると、みんな同じものを食べられる学校給食は素晴らしく、多くの人々に歓迎されたことと思います。

コッペパンを手作りしてみましょう!

コッペパン

Photo by soleil

コッペパン目当てにパン屋さんを訪れるも、見当たらないことがしばしば……。最近ではコッペパンの専門店も流行していますが、一般のパン屋さんではどうしても、華やかなパン達の陰に隠れてしまいがちです。

ところで、大人になってから食べたコッペパンの味が、学校給食で食べたものと違うと思ったことはありませんか?それは、学校給食用のコッペパンの材料が、専用の基準に基づいて作られていることが理由に挙げられます。

※ちなみに、「学校給食のパンはパサパサしていて、翌日にはカチカチに硬くなっていた。」という記憶がある方もいることと思いますが、これは質の良くない小麦粉が使われていたことが大きな原因のようです。

そんな独自な味わいの学校給食コッペパンですが、あの味を再現するには手作りがおすすめ!ホームベーカリーを使った簡単レシピをご紹介しますので、是非お試しください。

材料(6個分)

・小麦粉 …… 300g
・インスタントドライイースト …… 6g
・砂糖 …… 大さじ1
・塩 …… 小さじ1
・バター …… 10g
・ぬるま湯 …… 200ml

手順

1、パン生地の材料をホームベーカリーに入れ、一次発酵まで行う。
2、6等分し、丸めてラップをかけ、10分置く。
3、コッペパンの形に成形し、天板に並べてラップをかけて二次発酵を行う。(オーブン発酵40℃で30分)
4、ラップをはずし、200℃に予熱したオーブンで15分焼く。

コツ・ポイント

・発酵中は、乾燥しないようにラップやぬれ布巾をかけてください。
・成形したら綴じ目をしっかり綴じ、下にして並べてください。

※ちなみに昭和30年代当時の学校給食コッペパンは、子どもの顔ほどの大きさもある、大変大きなものでした。このレシピでは、ちょうど半分の分量となっていますので、当時の雰囲気を味わってみたい方は、是非倍量で作ってみてはいかがでしょうか。

コッペパンを使った、アレンジレシピ10選♩

ポテサラを挟んだコッペパン

Photo by soleil

そのままでも美味しく食べられますが、様々なアレンジを楽しめることもコッペパンの魅力。具材によって、おかず系・スイーツ系どちらもまかなえるので、ランチにもおやつにも活躍してくれそう!

どれも簡単に作れるものばかりなので、是非お試しくださいね。

1、たまごサンド

たまごサンド

Photo by soleil

サンドイッチの王道・たまごサンドは、万人受けするシンプルな美味しさ。ピクルスの爽やかな味わいがアクセントです。

材料(1個分)

・コッペパン …… 1本
・卵 …… 1個
・マヨネーズ …… 大さじ1
・ピクルス(みじん切り)…… 小さじ1
・パセリ(みじん切り)…… 適量

作り方

1、卵はかたゆでにし、みじん切りにする。
2、塩、胡椒、マヨネーズ、ピクルスとあえる。
3、切り目を入れたコッペパンに詰め、パセリを振りかける。

2、杏ジャム&バター

杏ジャム&バター

Photo by soleil

どこか懐かしい味わいの杏ジャム。今日、ジャムパンといえば苺ジャム入りが一般的ですが、考案された当初は杏ジャムが使われていました。

市販品でも結構ですが、今回はドライフルーツを使った簡単な杏ジャムをご紹介します。杏の芳醇な香りが広がる、濃厚な美味しさを味わえますよ。

材料(1個分)

・コッペパン …… 1個
・バター …… 適量

【あんずジャムの作りやすい分量】
・干し杏 …… 50g
・砂糖 …… 大さじ3
・水 …… 200ml

作り方

1、杏ジャムを作る。干し杏は細かく切り、水と砂糖とともに水気がなくなるまで煮詰める。
2、バターとともに切り目を入れたコッペパンに挟む。

3、甘味噌ひき肉

甘味噌ひき肉

Photo by soleil

昭和20年代のレシピをアレンジしたものです。当時は、バターやマヨネーズなど、サンドイッチによく使われる材料がまだまだ高価だったので、このように手に入る材料で無理なく作ることができるような工夫がみられました。

甘味噌にひき肉……というと、ご飯に合いそうなイメージですが、意外とパンにも合いますよ。簡単に作れるうえ、ボリュームもあるので、お弁当にも是非どうぞ。

材料(1個分)

・コッペパン …… 1個
・ひき肉 …… 50g
・油 …… 大さじ1/2
・味噌 …… 大さじ1/2
・砂糖 …… 大さじ1
・キャベツ …… 1枚

作り方

1、ひき肉を油で炒め、味噌と砂糖で調味する。
2、キャベツは千切りにする。
3、切り目を入れたコッペパンに、ひき肉とキャベツを挟む。

4、バタークリーム

バタークリーム

Photo by soleil

その昔、ケーキのデコレーションといえばバタークリームが定番でした。バターが原料なのでどうしても重く感じがちですが、本物のバターから作るバタークリームの美味しさは格別ですよ。

材料

・バター …… 75g
・卵白 …… 1/2個分
・砂糖 …… 大さじ3
・水 …… 小さじ2

作り方

1、室温に戻したバターを、泡立て器で空気を含ませるようにクリーム状になるまでよく混ぜる。
2、砂糖と水を小鍋に入れて火にかけ、シロップを作る。
3、卵白を、角が経つまで泡立てて、の熱いシロップを数回に分けて加え、しっかりとした固さのメレンゲを作る。
4、1にメレンゲを少しずつ加え、なめらかになるまでよく混ぜ合わせれば完成。

バタークリームを使ったコッペパンレシピを、ふたつご紹介しますね。

バタークリーム&ラムレーズン

バタークリーム&ラムレーズン

Photo by soleil

ラム酒に漬け込んだレーズンと、バタークリームの風味が最高の一品です。

【材料】
・コッペパン …… 1個
・バタークリーム …… 適量
・レーズン …… 適量
・ラム酒 …… 適量

【作り方】
1、レーズンに熱湯をかけ、ペーパータオルなどで水気を切っておく。空き瓶などにレーズンを入れ、ラム酒をひたひたになるまで注ぐ。これでラム酒漬けレーズンの完成。1週間ほどおくと、より風味がなじんでおいしくなります。
2、切り込みをいれたコッペパンに、バタークリームを絞り、ラムレーズンをトッピングする。

バタークリーム&ドレンチェリー

バタークリーム&ドレンチェリー

Photo by soleil

レトロでかわいい一品。ドレンチェリーの両端にスライスしたアンゼリカを飾れば、お花のようでよりかわいらしく仕上がります。

【材料】
・コッペパン …… 1個
・バタークリーム …… 適量
・ドレンチェリー、アンゼリカ …… 各適量

【作り方】
1、切り込みを入れたコッペパンにバタークリームを絞り、ドレンチェリーとアンゼリカを飾る。

5、Wチョコ

Wチョコ

Photo by soleil

「銀チョコ」をご存知ですか?
コッペパン全体にチョコレートがコーティングされ、間にホイップクリームがサンドされた菓子パンです。その派生形「ホワイト銀チョコ」を作りました。チョコレートを存分に味わえる、ごちそうコッペパンです♩

材料(1個分)

・コッペパン …… 1個
・製菓用ホワイトチョコレート …… 40g
・生クリーム …… 50ml
・ココア …… 小さじ1
・砂糖 …… 小さじ1

作り方

1、ホワイトチョコレートを湯煎で溶かす。
2、生クリームに砂糖とココアを混ぜて、角が立つまで泡立てる。
3、切り込みを入れたコッペパンに、溶かしチョコレートを全体的にコーティングする。
4、チョコレートが乾いたらのココアクリームを絞る。

6、きなこ揚げパン

きなこ揚げパン

Photo by soleil

学校給食の中で好きだったメニューとして、真っ先に揚げパンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。中でも香ばしい味わいのきなこ揚げパンは、特に人気だった記憶があります。学校給食仕様のパンだからこそだせる味わいを、是非試してみてください。

材料(1個分)

・コッペパン …… 1個
・サラダ油 …… 適量
・きな粉 …… 適量
・砂糖 …… 適量

作り方

1、コッペパンは170℃の油できつね色になるまで揚げる。
2、きな粉と砂糖をお好みの甘さになるように混ぜ、にたっぷりまぶす。

7.魚肉ソーセージフライ

魚肉ソーセージフライ

Photo by soleil

懐かしい味わいの魚肉ソーセージ。ちなみに昔のレシピをみると、「魚肉ハム」を使ったものもあります。ハムやソーセージ類が高価だった時代、その代わりとして特に親しまれたものでした。

そのままでも美味しいですが、フライにすればボリュームも満点。ソースはたっぷりめにするとより美味しいですよ。お財布に優しいところもポイントです!

材料(1個分)

・コッペパン …… 1個
・魚肉ソーセージ …… 1/2本
・薄力粉 …… 適量
・パン粉 …… 適量
・揚げ油 …… 適量
・ソース …… 適量

作り方

1、魚肉ソーセージは縦ふたつに切り、水溶き薄力粉とパン粉をまぶす。
2、中温の油で揚げ、油を切っておく。
3、切り込みを入れたコッペパンに挟み、ソースをかける。

8、ホワイトめんたいチーズ

ホワイトめんたいチーズ

Photo by soleil

溶けたチーズと明太子の風味が美味しい、グラタン風の一品。とろっとした中身と、カリッとトーストされたパンとの相性は抜群ですよ。是非熱いうちにどうぞ。

材料(1個分)

・コッペパン …… 1個
・明太子 …… 1腹
・ホワイトソース(市販)…… 適量
・ピザ用チーズ …… 適量
・パセリ …… 少々

作り方

1、明太子を身を出し、ホワイトソースをあえる。
2、切り込みを入れたコッペパンにを入れ、チーズをかけてトースターで5分程度焼く。
3、パセリを振りかけて完成。

作りたてを味わうのが美味しさのカギです

作りたてを味わうのが美味しさのカギです

Photo by soleil

お弁当にもぴったりのコッペパンサンドですが、こちらは作りたてを食べるのがおすすめ。カンパーニュなど、様々なパンで試してみても美味しそうです。

9、きんぴらサラダ

きんぴらサラダ

Photo by soleil

ごぼうサラダではなく、きんぴらを洋風のサラダに加工した一品。残り物のきんぴらがあった時など、このアレンジなら味わいが変わっておいしく食べられます。

材料(1個分)

・コッペパン …… 1個
・きんぴらごぼう …… 50g
・マヨネーズ …… 大さじ1

作り方

1、きんぴらごぼうはマヨネーズとあえる。
2、切り込みを入れたコッペパンに挟む。

10、コッペメロンパン

コッペメロンパン

Photo by soleil

クッキー生地を、コッペパンに塗って焼いた「コッペメロンパン」。広島県の一部地域では、メロンパンのことを「コッペパン」と呼ぶそうなので、それにあやかって作ってみました。中にメロンクリームを詰めてもいいですね。

材料

・コッペパン …… 1個

【クッキー生地…作りやすい分量】
・バター …… 30g
・砂糖 …… 大さじ3
・小麦粉 …… 70g
・卵 …… 1/2個
・ベーキングパウダー …… 少々
・エッセンス(バニラまたはメロン)…… 少々

作り方

1、クッキー生地を作る。室温に戻したバターに砂糖を数回に分けて加え、白っぽいクリーム状になるまでよく混ぜ、エッセンスを加える。溶き卵を少しずつ加えてその都度よく混ぜ、小麦粉とベーキングパウダーを加えてさっくり混ぜる。この生地を綿棒でうすくのばしておく。
2、コッペパンにの生地をのせ、包丁で格子状の模様をつける。
3、トースターで5分程度(焼き具合を確認しながら)焼く。

色んなアイディアでコッペパンを楽しんでみましょう!

今やひそかなブームとなっているコッペパン。シンプルな形や味わいゆえ、色々なアレンジを楽しむことができます。

今回ご紹介したレシピ以外でも、工夫次第でアレンジは無限大に広がりそう!ひらめきを大切に、何でも思いついたものを試してみてはいかがでしょうか。意外なところに美味しいレシピを発見できるかもしれません♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大根 レシピ 和食 まとめ

そのまま食べてもおいしい鯖缶。大根と組み合わせて和食のメニューを作ってみませんか?鯖缶は下処理も必要なく骨ごと食べられるうえ、汁ごと使えばうま味たっぷりでだしいらず。簡単に手早く作れて、食卓の主役になりますよ…

おしゃれ お弁当 レシピ まとめ おつまみ ちくわ

いまInstagramやクックパッドで話題の「ハートちくわ」。ちくわをカットしてハート形にするだけで、とってもかわいく、お弁当に入れるとビジュアル抜群のおかずになります。どのように作るのか、みんなのアレンジレ…

スープ レシピ まとめ

水菜はなんとなく栄養がありそうだなと漠然と思っている方は多いと思いますが、その栄養がどのようなものなのか、どういう調理法がおすすめかまではなかなか知らないと思います。実はスープにするのが、一番栄養を引き立てて…

上野 イタリアン パスタ ピザ まとめ

意外にイタリアンのお店が多い、上野エリア。ランチにぴったりなお店から、お酒好きにたまらないバルまで、バラエティ豊かな人気店が軒を連ねています。今回はそんな上野のおすすめイタリアンをご紹介。上野の街をちょっとオ…

とんかつ 東京 まとめ

東京にはおいしいとんかつ屋さんがたくさんあります。コスパ抜群のお店から本当においしいお肉が堪能できるお店まで、今回はおすすめのとんかつ屋さんをエリア別に紹介したいと思います。どこも魅力的で、行きたくなること間…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ チーズ トースト まとめ

チーズとトーストは相性がバツグン!朝食やブランチなどにぴったりのチーズを使ったトーストのアレンジレシピのご紹介です。食事系からデザート系まで幅広いアレンジレシピをぜひご家庭でも♪

お弁当 サンドイッチ レシピ まとめ

可愛らしく形を抜いたサンドイッチは見てるだけで幸せな、楽しい気分になりますね。お弁当に入れてもよし、パーティーで皆が集まったときに出す一品としても、喜ばれること請け合いです^^おすすめのレシピをご紹介しますね♪

サラダ レシピ まとめ

日本でもすっかりおなじみの「パクチー」。ビタミンも豊富でアンチエイジングやデトックス効果もあるとされていますね^^抗酸化作用にもとてもすぐれて大豆の10倍パワーがあるともされています。パクチーを使ったサラダの…

マドレーヌ レシピ まとめ

フランスの焼き菓子の1つマドレーヌ。あまりにも有名ではありますが時折「無性に食べたい!」となることはありませんか?この記事ではそんな時のために基本のマドレーヌのレシピからアレンジレシピまでをご紹介します♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

ビーツ レシピ

濃い赤紫色が目にも鮮やかなビーツ。名前を聞いたり、見かけたり、また一度は食べたことのある人もいるかもしれませんね。とても甘い野菜で、料理を華やかにしてくれます。飲む血液と呼ばれるビーツは栄養豊富!夏にぴったり…

パイナップル

パイナップルといえば、甘酸っぱさが特徴のトロピカルフルーツですよね。今回は、日本でもおなじみの南国フルーツ、パイナップルのカロリーや栄養素、ダイエット効果などについてご紹介します。おすすめのレシピもあるので挑…

soleil

レトロでかわいい食べ物が大好きです♪ パンケーキよりもホットケーキ...